三菱一号館美術館ニュース | 新しい私に出会う、三菱一号館美術館

三菱一号館美術館

美術館ニュース

2011年12月22日

【年末年始 営業時間のご案内】

三菱一号館美術館全館の年末年始営業時間をご案内致します。 
各施設により営業時間・休業日が異なりますので、ご注意ください。
 
【三菱一号館美術館】  
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:oo~18:00
※最終入館時間は17:30まで。
12月26日(月)~2012年1月16日(月) 休館 
 
【Café 1894】 
12月23日(金・祝) 11:00~19:00
12月24日(土)、25日(日) 11:00~22:00
※但し、18:oo~22:00は、完全予約制のクリスマス特別ディナー営業です。
12月26日(月)~31日(土) 11:00~18:00(L.O.17:00)
2012年1月1日(日) 休業 
2012年1月2日(月)~1月15日(日) 11:00~18:00(L.O.17:00)
2012年1月16日(月) 休業 
 
【Store 1894】
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00
12月26日(月)~2012年1月16日(月) 休業
 
【歴史資料室】 
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00 
12月26日(月)~28日(水) 10:00~19:00 
12月29日(木)~31日(土) 10:00~17:00 
2012年1月1日(日) 休業 
2012年1月2日(月)、3日(火) 10:00~17:00
2012年1月4日(水)~6日(金) 10:00~19:00
 
※1月7日(土)~通常営業。但し、1月14日(土)~16日(月)は臨時休業致します。
 
【デジタルギャラリー】
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00 
12月26日(月)~28日(水) 10:00~19:00 
12月29日(木)~2012年1月3日(火) 休業
2012年1月4日(水)~6日(金) 10:00~19:00 
 
※1月7日(土)~通常営業

 
 
 
 
 
 
 

 

【ご来館にあたっての大切なお知らせ】

「トゥールーズ=ロートレック」展ご好評につき、館内が大変混雑しております。お客様の安全を配慮し、11月26日(土)~12月25日(日)の会期終了まで、以下のように運用を変更致します。  

 
■地下通路を会期終了まで終日封鎖致します。
地下からお越しのお客様は、スターバックスコーヒー横のエスカレーターもしくはエレベーターで1Fにお上がり頂き、広場側入口からご入館下さい。 
※車いすでお越しの方は、1Fにございます段差解消機にて館内にお入り頂けます。
 
■混雑時は、正面入口(有楽町側)を出口専用とさせて頂きます。 
混雑時は広場側入口からのみのご入館とし、正面入口は出口専用とさせて頂きます。 
ご来館の際は、係員の案内に従ってご利用下さい。
※ストア1894をご利用の方は正面入口からお入り下さい。
 
ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいます様、よろしくお願い致します。

2011年12月17日

ロートレック展ぬりえコンテスト 入選作品発表!!!

ロートレック展ぬりえコンテストにご応募頂いた皆様、素敵な作品を沢山生み出して頂き、本当にありがとうございました! どれも選び難い作品ばかりでしたが、高橋館長によって選ばれた入選作品を発表致します!   
 
【 高橋館長賞 】  花島 結花里さん(49歳)の作品/色鮮やかでとてもきれいです!

  
 

  ■   丸山 満ちるさん(9歳)の作品/元気いっぱい!楽しげなコンフェッティです! 
 
                  
 

■ 肥塚 豊子さん(?歳)の作品/ラメがキラキラと効いてます!
  
 

■ 三林 妙子さん(26歳)の作品/なんて独創的なシンプソンのチェーン!!! 
 
 

■ 野中 陽介さん(32歳)の作品/紙吹雪の広告にちなんだアイディアある作品! 
 
 

 
高橋館長のコメントはこちら
「ロートレックの素晴らしい線と色―、応募作品を観ていると、沢山の人たちがその虜になっていることが良く分かりました・・・。」
 
【高橋館長と館長賞作品】 
 
 
【選考風景】 

 
 
入選された5名の方には、2012年1月17日から開催する「ルドン展無料鑑賞券」をお一人につき2枚プレゼント!おめでとうございます!!!  
また、この度は残念ながら選考にもれてしまった方も、ご応募頂き誠にありがとうございました。今後当館で行うまた別のイベントにも、皆様是非ご参加くださいませ!

2011年12月12日

ロートレック展ぬりえコンテスト応募締め切りました

みなさま沢山のご応募ありがとうございました! 
入選作品の発表は、2011年12月17日(土)です。
お楽しみに!!

2011年12月7日

ロートレック展ぬりえコンテスト開催中!!

線と色面構成の天才との呼び声も高いロートレックにちなみ、11月25日(金)~12月12日(月)まで、全ての方を対象にした「ロートレック展ぬりえコンテスト」を開催しています!

「トゥールーズ=ロートレック」展特設サイト内、「ロートレック展を楽しむ10のこと」から4種類のぬりえがダウンロード出来ます。自由に色を塗って、三菱一号館美術館内のポストに応募して下さい。応募作品の中から、入選作品5点が選ばれます。受賞者の作品は当館webサイトに掲載される他、賞品として2012年1月17日から開催する「ルドン展無料鑑賞券」をお一人につき2枚プレゼントします!ふるって応募して下さいね! 

ぬりえダウンロードはこちらから→

   
【開催概要】
応募資格:どなたでもご参加頂けます
募集期間:2011年11月25日(金)~12月12日(月)
応募場所:三菱一号館美術館「歴史資料室」内、コンテスト応募箱へ投函して下さい。
※歴史資料室営業時間:月~金/10時~19時、土・日・祝・年末年始/10時~18時
※応募期間外、または郵送での応募は受け付けません。
発表日 :2011年12月17日(土)
発表方法:受賞者名及び受賞作品は、三菱一号館美術館webサイト内、「美術館ニュース」で発表します。
選考者 :三菱一号館美術館館長 高橋明也

 
 
【応募にあたってのご注意点】
1.作品の裏面に、住所・氏名・年齢・電話番号を明記して下さい。
2.本コンテストにあたり取得した個人情報は、受賞者の発表及び賞品の発送以外の目的には使用しません。 
3.受賞者の発表にあたり、作品、氏名・年齢がwebサイト上に掲載されますので予めご了承下さい。(ペンネームをご希望の方は、氏名に加えてペンネームもご明記下さい
4.応募用紙はA4サイズをご用意下さい。
5.着色の道具は問いません。(絵の具、色鉛筆、クレヨン、マジック等)
6.応募作品はお返ししません。 
7.賞品は発表日当日付で受賞者宛発送します。

  

2011年11月25日

ロートレックバースデーbag販売のお知らせ

ロートレック展特設ショップでは、11月24日のロートレックの誕生日にちなみ、happy birthday to Lautrec と題して、バースデーbagを販売しております。

3000~4000円相当の商品を2000円(税込)で、100個限定販売!(なくなり次第終了となります。)中には特別なプレゼントの入った当たり入りも。。。数量限定ですのでお早めにお求め下さい。

※こちらのバースデーbagは好評に付き売り切れました。ありがとうございました。

 

2011年11月24日

Happy Birthday! Monsieur Toulouse-Lautrec

実は本日11月24日はロートレックのお誕生日です。1864年のこの日、南仏アルビで生を受けました。お誕生日おめでとう、ロートレックさん。

2011年11月21日

11月29日 BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」でロートレック展紹介

11月29日(火)20:00~20:54 、BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」にて、ロートレック展が紹介されます! 
 
名解説でお馴染みの山田五郎さん、名ツッコミおぎやはぎさん、美しい相沢紗世さんに、三菱一号館美術館の高橋館長が加わって、ロートレック展を楽しくご紹介します。是非ご覧下さい! 
 
詳しくはこちら→

2011年11月16日

「ロートレック展 小学生クイズ」始まりました!

「トゥールーズ=ロートレック」展では、会期中、小学生向けのクイズを出題しています。 

 
【クイズの流れ】 
チケット窓口で、小学生に問題用紙をお渡しいたします。

クイズになっている作品の場所は、問題用紙に載っている地図を参考になさって下さい。

全部のクイズが解けましたら、歴史資料室のスタッフへお声掛け下さいませ。 問題の答えと、参加賞としてご参加頂いたお子様全員へ、ロートレック展オリジナルポストカードを1枚差し上げます。

皆様是非、お子様と一緒にクイズに挑戦してみて下さい!

 
【ご注意点】
ポストカードは全部で4種類ございますが、ご希望に添えない場合がございます。
予めご了承下さいませ。

2011年10月31日

NHK「日曜美術館」で紹介された作品について

10月23日(日)(再放送:10月30日)に放送されたNHK日曜美術館「人間は醜い、されど人生は美しい~ロートレックが愛した女たち~ 」で紹介された作品のうち、三菱一号館美術館コレクション<Ⅱ>「トゥールーズ=ロートレック」展で展示されている作品をご紹介致します。   
 

1.《ジャヌ・アヴリル(ジャルダン・ド・パリ)》、1893年、リトグラフ

 
 

2.《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》、1891、リトグラフ 

  

3.《アンバサドゥールにて、カフェ・コンセールの女歌手》、1894、リトグラフ  
     
    

4.《悦楽の女王》1892年、リトグラフ 
 
 

5.《メイ・ミルトン》1895年、リトグラフ 
 
 
6.《メイ・ベルフォール》1894年、リトグラフ 
 
 
7.《『イヴェット・ギルベール』表紙》1894年、リトグラフ 
   
 
8.《『カフェ・コンセール』ポーラ・ブレビオン》1893年、リトグラフ
 
 
9.《『カフェ・コンセール』イヴェット・ギルベール》1893年、リトグラフ 
 
 
10.《A・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人》 1882年、油彩・カンヴァス、トゥ―ルーズ=ロートレック美術館 (アルビ) 
 
 
11.《化粧》 1898年、油彩・板、トゥ―ルーズ=ロートレック美術館 (アルビ)
 
 
12.《『彼女たち』(ポスター)》 1896年、リトグラフ
 
 
13.《『彼女たち』横たわる女-目覚め》 1896年、リトグラフ  
 

14.《『彼女たち』体を洗う女-身繕い》 1896年、リトグラフ 
 

15.《『彼女たち』鏡を見る女-手鏡》 1896年、リトグラフ 

16.《『彼女たち』髪を梳る女-髪結い》 1896年、リトグラフ 
 

17.《『彼女たち』コルセットの女-束の間の征服》 1896年、リトグラフ 
 

18.《『彼女たち』仰向けの女-倦怠》 1896年、リトグラフ
 
 
※No.10、11以外は全て三菱一号館美術館蔵

2011年10月24日

丸の内仲通りに「ロートレックガーデン」が登場!

週末から開幕した、丸の内仲通りガーデニングショー2011のテーマガーデンに「ロートレックガーデン」が登場しました。
ガーデンデザイナー 保立 美智子さんとジャパンガーデンデザイナーズ協会による“トゥールーズ・ロートレック”(黄色のバラ)を使用した庭をぜひ見に来てください。10月30日まで。
【トゥールーズ・ロートレック品種】
四季咲きで、フランスの有名画家にちなんで名づけられたバラ。 鮮やかなイエローの花びらがさわやかな花。 その特徴でもある濃厚な甘い香りは、1993 年にモンツァ国際コンクールで銀賞および芳香賞を受賞したこともあるほど。

2011年10月21日

ロートレックにまつわるクイズのご紹介

三菱一号館美術館のWEBサイトでは「3×56 美術館クイズ」と題し、その名の通り56週間、毎週3問ずつ美術館、展覧会、丸の内に関するクイズを出題しています。
ロートレック展のクイズも出題中ですので、是非、奮ってチャレンジしてみてください。
「3×56美術館クイズ」
(ロートレックに関する出題は10月7日更新分からスタートしています)

2011年10月20日

ロートレック展の開幕にあたり

ロートレック展の開幕にあたり、フランス・アルビのドゥヴァンク館長をはじめ関係者が集まり開会式が行われました。それ際し、館長の高橋も皆さまにご挨拶申し上げたものを纏めましたのでご高覧ください。
【トゥールーズ=ロートレック展開会に際して】
高橋明也
今回のトゥールーズ=ロートレック展は、三菱一号館美術館が所蔵するロートレックの作品群をはじめて皆様にお見せする機会であると同時に、コレクションを通じて姉妹館となったアルビのトゥールーズ=ロートレック美術館との共同作業を記念する最初の展覧会でもあります。
美術館の性格というものはコレクションの存在によって決定付けられると言っても過言ではないくらい、コレクションというものはひとつの美術館の顔であり心臓でもあります。世界的にもみても評価の高い美術館は必ずといっていいほど個性的で質の高いコレクションが中核となって発展しています。
例えば、その良い例のひとつが、ドゥヴァンク館長率いるアルビのトゥールーズ=ロートレック美術館です。人口僅か5万人ほどの小さな町であるにも関らず、世界中から観光客が訪れ、世界遺産にも指定されたこの町の魅力の大変大きな部分をこの美術館が担っている理由はひとえに、ロートレックの没後にこの画家の残した芸術を後世に伝えようとした無二の親友モーリス・ジョワイヤンや、画家の両親、友人たちの心によって形作られた作品コレクションが類稀な魅力を放っているからに他なりません。
この展覧会の最後には、ささやかですがロートレック美術館を紹介するコーナーも設けてあります。そこに掲載された記録写真を見ていただければ分かるように、故ミッテラン・フランス共和国大統領や俳優のジャン=ポール・ベルモンドをはじめ、イギリスの皇太后、そして我が国の天皇・皇后陛下ご夫妻など、各国のVIPたちもこぞって訪れるような魅力がこの美術館にはあります。

そしてその親友ジョワイヤンが所持していた画家自身のコレクションという、きわめて正統的で輝かしい経歴をもつのが私たちの三菱一号館美術館のロートレックのグラフィック作品コレクションなのです。これは、全体としては一般の美術館の収集品の規模から言えば未だにささやかではありますが、すでに充分個性的であり、将来きわめてユニークな存在となるであろう、当館のコレクションの全体像の出発点であると同時に、その最初の根幹を成しています。
今回、皆様がご覧になる作品はそうしたほぼ250点余りの当館所蔵の作品の中からえり抜かれたおよそ180点に及ぶ作品で、それに加えてアルビからお借りした、当館のコレクションには欠けている油彩画7点を含む21点の作品、そして砂子の里資料館からお借りした貴重な歌麿の続きものの浮世絵版画が展示されています。
日本人に深く愛されているロートレックの展覧会は、我が国でもこれまでも何度か大規模なものが開かれてきました。しかし、今回の展覧会のように、版画・ポスターなどのデザイン性の高いグラフィック作品、そして署名や献辞の付いたメニューや招待状などの私的性格の濃い作品にはっきりと焦点をあて、他方で、常にパリのモンマルトルと結び付けて語られるこの画家の画業に故郷アルビと南西フランスという新たな視点を導入する展覧会は、本展が初めてではないでしょうか。こうした性格付けはひとえに、このコレクションが画家と親友ジョワイヤンというきわめて親しい関係の中で生み出されたということから成立したものなのです。ご来場の皆様には、このユニークな展覧会を是非ご覧いただき、喧騒の世紀末の中を36歳で駆け抜けたこの天才画家の作品を、常に友人を大切にしながら、女性たちや社会の弱者たちに極めて優しかった彼の心情に思いを馳せながらご堪能いただきたいと思います。

2011年10月18日

10月23日のNHK日曜美術館でロートレック展紹介。

10月23日(日)あさ9:00~10:00 NHK Eテレ「日曜美術館」の本編でロートレック展が紹介されます。
(再放送は10月30日よる20:00~21:00)
ゲストの夏木マリさん、司会の千住明さん、森田美由紀さんが展覧会場を巡りながら、ロートレックが言い残した、『人間は醜い、されど人生は美しい』と言う言葉の意味を探っていきます。VTRで中村佑介さん(イラストレーター)、野村誠一さん(写真家)もご出演されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

2011年10月15日

10月17日からロートレックカフェがスタート!

10月17日(月)~10月30日(日)まで、丸ビル1階の丸の内カフェイーズにて「ロートレックカフェ」イベントがスタートします。
ロートレックにちなんだテーマカフェに装飾。『ミセス』(10月号)・創刊50周年特別企画として特集される「鈴木保奈美さんと行くフランス ロートレックの故郷、アルビ」の写真展が開催されます。
詳細はこちらから
さらに、『秋の実りたっぷり セ・ボンな贅沢ランチ』と題し、丸の内シェフズクラブ4人のフレンチのシェフが画家ロートレックが残したレシピをアレンジしたランチメニューをご提供します。
詳細はこちらから

2011年10月13日

年間パスポート販売/団体利用受付 はじめました

本日より、年間パスポートの販売と、団体利用の受付を開始致しました。
年間パスポートは数に限りがございますので、どうぞお早めにお買い求めくださいませ。

「ロートレック」展 TVCM絶賛放送中!

「トゥールーズ=ロートレック」展開催期間中、TVCMでもロートレック作品に出会えます。
TVCMにちなんだスペシャルコンテンツはこちら

ロートレック特集:「芸術新潮」「Pen」発売!

「トゥールーズ=ロートレック」展の開幕に先立ち、雑誌『芸術新潮』(発売中)、雑誌『Pen』(10月1日発売)でロートレックが特集されました!

芸術新潮 小特集
生誕から終焉の地まで、
ロートレックを追いかけろ!

Pen 創刊300号記念・完全保存版 男が知るべき、男のパリ
第 2 特集
パリの裏側を描いた画家 ロートレック再発見。

どちらも充実した内容になっております。
展覧会の予習にお薦めです!
是非ご覧ください!!

「トゥールーズ=ロートレック」展本サイトOPEN!

2011年10月13日(木)~12月25日(日)まで開催する、「トゥールーズ=ロートレック」展の展覧会サイトがオープン致しました。
http://mimt.jp/lautrec2011/

2011年9月8日

ファッション誌「ミセス」アルビ/ロートレック特集号が発売になりました!

10月13日~12月25日まで開催する「トゥールーズ=ロートレック」展に向けて、ファッション誌『ミセス』にて、ロートレック生誕の地・アルビ(フランス/世界遺産)と画家・ロートレックが紹介されました。
フランス・アルビの美しい風景が満載です!是非、ご覧ください。
ミセス 10月号 
<フランス特集>
鈴木保奈美さんと行くフランス
ロートレックの故郷、アルビへ

【速報】
ロートレック展の音声ガイドの“スペシャル・ガイド”を鈴木保奈美さんがご担当下さることになりました!アルビの情景とロートレックへの想いが綴られるガイドは必見です。

美術館ニュース

美術館ニュース

2011年12月22日

【年末年始 営業時間のご案内】

三菱一号館美術館全館の年末年始営業時間をご案内致します。 
各施設により営業時間・休業日が異なりますので、ご注意ください。
 
【三菱一号館美術館】  
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:oo~18:00
※最終入館時間は17:30まで。
12月26日(月)~2012年1月16日(月) 休館 
 
【Café 1894】 
12月23日(金・祝) 11:00~19:00
12月24日(土)、25日(日) 11:00~22:00
※但し、18:oo~22:00は、完全予約制のクリスマス特別ディナー営業です。
12月26日(月)~31日(土) 11:00~18:00(L.O.17:00)
2012年1月1日(日) 休業 
2012年1月2日(月)~1月15日(日) 11:00~18:00(L.O.17:00)
2012年1月16日(月) 休業 
 
【Store 1894】
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00
12月26日(月)~2012年1月16日(月) 休業
 
【歴史資料室】 
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00 
12月26日(月)~28日(水) 10:00~19:00 
12月29日(木)~31日(土) 10:00~17:00 
2012年1月1日(日) 休業 
2012年1月2日(月)、3日(火) 10:00~17:00
2012年1月4日(水)~6日(金) 10:00~19:00
 
※1月7日(土)~通常営業。但し、1月14日(土)~16日(月)は臨時休業致します。
 
【デジタルギャラリー】
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00 
12月26日(月)~28日(水) 10:00~19:00 
12月29日(木)~2012年1月3日(火) 休業
2012年1月4日(水)~6日(金) 10:00~19:00 
 
※1月7日(土)~通常営業

 
 
 
 
 
 
 

 

【ご来館にあたっての大切なお知らせ】

「トゥールーズ=ロートレック」展ご好評につき、館内が大変混雑しております。お客様の安全を配慮し、11月26日(土)~12月25日(日)の会期終了まで、以下のように運用を変更致します。  

 
■地下通路を会期終了まで終日封鎖致します。
地下からお越しのお客様は、スターバックスコーヒー横のエスカレーターもしくはエレベーターで1Fにお上がり頂き、広場側入口からご入館下さい。 
※車いすでお越しの方は、1Fにございます段差解消機にて館内にお入り頂けます。
 
■混雑時は、正面入口(有楽町側)を出口専用とさせて頂きます。 
混雑時は広場側入口からのみのご入館とし、正面入口は出口専用とさせて頂きます。 
ご来館の際は、係員の案内に従ってご利用下さい。
※ストア1894をご利用の方は正面入口からお入り下さい。
 
ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいます様、よろしくお願い致します。

2011年12月17日

ロートレック展ぬりえコンテスト 入選作品発表!!!

ロートレック展ぬりえコンテストにご応募頂いた皆様、素敵な作品を沢山生み出して頂き、本当にありがとうございました! どれも選び難い作品ばかりでしたが、高橋館長によって選ばれた入選作品を発表致します!   
 
【 高橋館長賞 】  花島 結花里さん(49歳)の作品/色鮮やかでとてもきれいです!

  
 

  ■   丸山 満ちるさん(9歳)の作品/元気いっぱい!楽しげなコンフェッティです! 
 
                  
 

■ 肥塚 豊子さん(?歳)の作品/ラメがキラキラと効いてます!
  
 

■ 三林 妙子さん(26歳)の作品/なんて独創的なシンプソンのチェーン!!! 
 
 

■ 野中 陽介さん(32歳)の作品/紙吹雪の広告にちなんだアイディアある作品! 
 
 

 
高橋館長のコメントはこちら
「ロートレックの素晴らしい線と色―、応募作品を観ていると、沢山の人たちがその虜になっていることが良く分かりました・・・。」
 
【高橋館長と館長賞作品】 
 
 
【選考風景】 

 
 
入選された5名の方には、2012年1月17日から開催する「ルドン展無料鑑賞券」をお一人につき2枚プレゼント!おめでとうございます!!!  
また、この度は残念ながら選考にもれてしまった方も、ご応募頂き誠にありがとうございました。今後当館で行うまた別のイベントにも、皆様是非ご参加くださいませ!

2011年12月7日

ロートレック展ぬりえコンテスト開催中!!

線と色面構成の天才との呼び声も高いロートレックにちなみ、11月25日(金)~12月12日(月)まで、全ての方を対象にした「ロートレック展ぬりえコンテスト」を開催しています!

「トゥールーズ=ロートレック」展特設サイト内、「ロートレック展を楽しむ10のこと」から4種類のぬりえがダウンロード出来ます。自由に色を塗って、三菱一号館美術館内のポストに応募して下さい。応募作品の中から、入選作品5点が選ばれます。受賞者の作品は当館webサイトに掲載される他、賞品として2012年1月17日から開催する「ルドン展無料鑑賞券」をお一人につき2枚プレゼントします!ふるって応募して下さいね! 

ぬりえダウンロードはこちらから→

   
【開催概要】
応募資格:どなたでもご参加頂けます
募集期間:2011年11月25日(金)~12月12日(月)
応募場所:三菱一号館美術館「歴史資料室」内、コンテスト応募箱へ投函して下さい。
※歴史資料室営業時間:月~金/10時~19時、土・日・祝・年末年始/10時~18時
※応募期間外、または郵送での応募は受け付けません。
発表日 :2011年12月17日(土)
発表方法:受賞者名及び受賞作品は、三菱一号館美術館webサイト内、「美術館ニュース」で発表します。
選考者 :三菱一号館美術館館長 高橋明也

 
 
【応募にあたってのご注意点】
1.作品の裏面に、住所・氏名・年齢・電話番号を明記して下さい。
2.本コンテストにあたり取得した個人情報は、受賞者の発表及び賞品の発送以外の目的には使用しません。 
3.受賞者の発表にあたり、作品、氏名・年齢がwebサイト上に掲載されますので予めご了承下さい。(ペンネームをご希望の方は、氏名に加えてペンネームもご明記下さい
4.応募用紙はA4サイズをご用意下さい。
5.着色の道具は問いません。(絵の具、色鉛筆、クレヨン、マジック等)
6.応募作品はお返ししません。 
7.賞品は発表日当日付で受賞者宛発送します。

  

2011年11月25日

ロートレックバースデーbag販売のお知らせ

ロートレック展特設ショップでは、11月24日のロートレックの誕生日にちなみ、happy birthday to Lautrec と題して、バースデーbagを販売しております。

3000~4000円相当の商品を2000円(税込)で、100個限定販売!(なくなり次第終了となります。)中には特別なプレゼントの入った当たり入りも。。。数量限定ですのでお早めにお求め下さい。

※こちらのバースデーbagは好評に付き売り切れました。ありがとうございました。

 

2011年11月24日

Happy Birthday! Monsieur Toulouse-Lautrec

実は本日11月24日はロートレックのお誕生日です。1864年のこの日、南仏アルビで生を受けました。お誕生日おめでとう、ロートレックさん。

2011年11月21日

11月29日 BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」でロートレック展紹介

11月29日(火)20:00~20:54 、BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」にて、ロートレック展が紹介されます! 
 
名解説でお馴染みの山田五郎さん、名ツッコミおぎやはぎさん、美しい相沢紗世さんに、三菱一号館美術館の高橋館長が加わって、ロートレック展を楽しくご紹介します。是非ご覧下さい! 
 
詳しくはこちら→

2011年11月16日

「ロートレック展 小学生クイズ」始まりました!

「トゥールーズ=ロートレック」展では、会期中、小学生向けのクイズを出題しています。 

 
【クイズの流れ】 
チケット窓口で、小学生に問題用紙をお渡しいたします。

クイズになっている作品の場所は、問題用紙に載っている地図を参考になさって下さい。

全部のクイズが解けましたら、歴史資料室のスタッフへお声掛け下さいませ。 問題の答えと、参加賞としてご参加頂いたお子様全員へ、ロートレック展オリジナルポストカードを1枚差し上げます。

皆様是非、お子様と一緒にクイズに挑戦してみて下さい!

 
【ご注意点】
ポストカードは全部で4種類ございますが、ご希望に添えない場合がございます。
予めご了承下さいませ。

2011年10月31日

NHK「日曜美術館」で紹介された作品について

10月23日(日)(再放送:10月30日)に放送されたNHK日曜美術館「人間は醜い、されど人生は美しい~ロートレックが愛した女たち~ 」で紹介された作品のうち、三菱一号館美術館コレクション<Ⅱ>「トゥールーズ=ロートレック」展で展示されている作品をご紹介致します。   
 

1.《ジャヌ・アヴリル(ジャルダン・ド・パリ)》、1893年、リトグラフ

 
 

2.《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》、1891、リトグラフ 

  

3.《アンバサドゥールにて、カフェ・コンセールの女歌手》、1894、リトグラフ  
     
    

4.《悦楽の女王》1892年、リトグラフ 
 
 

5.《メイ・ミルトン》1895年、リトグラフ 
 
 
6.《メイ・ベルフォール》1894年、リトグラフ 
 
 
7.《『イヴェット・ギルベール』表紙》1894年、リトグラフ 
   
 
8.《『カフェ・コンセール』ポーラ・ブレビオン》1893年、リトグラフ
 
 
9.《『カフェ・コンセール』イヴェット・ギルベール》1893年、リトグラフ 
 
 
10.《A・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人》 1882年、油彩・カンヴァス、トゥ―ルーズ=ロートレック美術館 (アルビ) 
 
 
11.《化粧》 1898年、油彩・板、トゥ―ルーズ=ロートレック美術館 (アルビ)
 
 
12.《『彼女たち』(ポスター)》 1896年、リトグラフ
 
 
13.《『彼女たち』横たわる女-目覚め》 1896年、リトグラフ  
 

14.《『彼女たち』体を洗う女-身繕い》 1896年、リトグラフ 
 

15.《『彼女たち』鏡を見る女-手鏡》 1896年、リトグラフ 

16.《『彼女たち』髪を梳る女-髪結い》 1896年、リトグラフ 
 

17.《『彼女たち』コルセットの女-束の間の征服》 1896年、リトグラフ 
 

18.《『彼女たち』仰向けの女-倦怠》 1896年、リトグラフ
 
 
※No.10、11以外は全て三菱一号館美術館蔵

2011年10月24日

丸の内仲通りに「ロートレックガーデン」が登場!

週末から開幕した、丸の内仲通りガーデニングショー2011のテーマガーデンに「ロートレックガーデン」が登場しました。
ガーデンデザイナー 保立 美智子さんとジャパンガーデンデザイナーズ協会による“トゥールーズ・ロートレック”(黄色のバラ)を使用した庭をぜひ見に来てください。10月30日まで。
【トゥールーズ・ロートレック品種】
四季咲きで、フランスの有名画家にちなんで名づけられたバラ。 鮮やかなイエローの花びらがさわやかな花。 その特徴でもある濃厚な甘い香りは、1993 年にモンツァ国際コンクールで銀賞および芳香賞を受賞したこともあるほど。

2011年10月21日

ロートレックにまつわるクイズのご紹介

三菱一号館美術館のWEBサイトでは「3×56 美術館クイズ」と題し、その名の通り56週間、毎週3問ずつ美術館、展覧会、丸の内に関するクイズを出題しています。
ロートレック展のクイズも出題中ですので、是非、奮ってチャレンジしてみてください。
「3×56美術館クイズ」
(ロートレックに関する出題は10月7日更新分からスタートしています)

2011年10月20日

ロートレック展の開幕にあたり

ロートレック展の開幕にあたり、フランス・アルビのドゥヴァンク館長をはじめ関係者が集まり開会式が行われました。それ際し、館長の高橋も皆さまにご挨拶申し上げたものを纏めましたのでご高覧ください。
【トゥールーズ=ロートレック展開会に際して】
高橋明也
今回のトゥールーズ=ロートレック展は、三菱一号館美術館が所蔵するロートレックの作品群をはじめて皆様にお見せする機会であると同時に、コレクションを通じて姉妹館となったアルビのトゥールーズ=ロートレック美術館との共同作業を記念する最初の展覧会でもあります。
美術館の性格というものはコレクションの存在によって決定付けられると言っても過言ではないくらい、コレクションというものはひとつの美術館の顔であり心臓でもあります。世界的にもみても評価の高い美術館は必ずといっていいほど個性的で質の高いコレクションが中核となって発展しています。
例えば、その良い例のひとつが、ドゥヴァンク館長率いるアルビのトゥールーズ=ロートレック美術館です。人口僅か5万人ほどの小さな町であるにも関らず、世界中から観光客が訪れ、世界遺産にも指定されたこの町の魅力の大変大きな部分をこの美術館が担っている理由はひとえに、ロートレックの没後にこの画家の残した芸術を後世に伝えようとした無二の親友モーリス・ジョワイヤンや、画家の両親、友人たちの心によって形作られた作品コレクションが類稀な魅力を放っているからに他なりません。
この展覧会の最後には、ささやかですがロートレック美術館を紹介するコーナーも設けてあります。そこに掲載された記録写真を見ていただければ分かるように、故ミッテラン・フランス共和国大統領や俳優のジャン=ポール・ベルモンドをはじめ、イギリスの皇太后、そして我が国の天皇・皇后陛下ご夫妻など、各国のVIPたちもこぞって訪れるような魅力がこの美術館にはあります。

そしてその親友ジョワイヤンが所持していた画家自身のコレクションという、きわめて正統的で輝かしい経歴をもつのが私たちの三菱一号館美術館のロートレックのグラフィック作品コレクションなのです。これは、全体としては一般の美術館の収集品の規模から言えば未だにささやかではありますが、すでに充分個性的であり、将来きわめてユニークな存在となるであろう、当館のコレクションの全体像の出発点であると同時に、その最初の根幹を成しています。
今回、皆様がご覧になる作品はそうしたほぼ250点余りの当館所蔵の作品の中からえり抜かれたおよそ180点に及ぶ作品で、それに加えてアルビからお借りした、当館のコレクションには欠けている油彩画7点を含む21点の作品、そして砂子の里資料館からお借りした貴重な歌麿の続きものの浮世絵版画が展示されています。
日本人に深く愛されているロートレックの展覧会は、我が国でもこれまでも何度か大規模なものが開かれてきました。しかし、今回の展覧会のように、版画・ポスターなどのデザイン性の高いグラフィック作品、そして署名や献辞の付いたメニューや招待状などの私的性格の濃い作品にはっきりと焦点をあて、他方で、常にパリのモンマルトルと結び付けて語られるこの画家の画業に故郷アルビと南西フランスという新たな視点を導入する展覧会は、本展が初めてではないでしょうか。こうした性格付けはひとえに、このコレクションが画家と親友ジョワイヤンというきわめて親しい関係の中で生み出されたということから成立したものなのです。ご来場の皆様には、このユニークな展覧会を是非ご覧いただき、喧騒の世紀末の中を36歳で駆け抜けたこの天才画家の作品を、常に友人を大切にしながら、女性たちや社会の弱者たちに極めて優しかった彼の心情に思いを馳せながらご堪能いただきたいと思います。

2011年10月18日

10月23日のNHK日曜美術館でロートレック展紹介。

10月23日(日)あさ9:00~10:00 NHK Eテレ「日曜美術館」の本編でロートレック展が紹介されます。
(再放送は10月30日よる20:00~21:00)
ゲストの夏木マリさん、司会の千住明さん、森田美由紀さんが展覧会場を巡りながら、ロートレックが言い残した、『人間は醜い、されど人生は美しい』と言う言葉の意味を探っていきます。VTRで中村佑介さん(イラストレーター)、野村誠一さん(写真家)もご出演されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

2011年10月15日

10月17日からロートレックカフェがスタート!

10月17日(月)~10月30日(日)まで、丸ビル1階の丸の内カフェイーズにて「ロートレックカフェ」イベントがスタートします。
ロートレックにちなんだテーマカフェに装飾。『ミセス』(10月号)・創刊50周年特別企画として特集される「鈴木保奈美さんと行くフランス ロートレックの故郷、アルビ」の写真展が開催されます。
詳細はこちらから
さらに、『秋の実りたっぷり セ・ボンな贅沢ランチ』と題し、丸の内シェフズクラブ4人のフレンチのシェフが画家ロートレックが残したレシピをアレンジしたランチメニューをご提供します。
詳細はこちらから

ロートレック特集:「芸術新潮」「Pen」発売!

「トゥールーズ=ロートレック」展の開幕に先立ち、雑誌『芸術新潮』(発売中)、雑誌『Pen』(10月1日発売)でロートレックが特集されました!

芸術新潮 小特集
生誕から終焉の地まで、
ロートレックを追いかけろ!

Pen 創刊300号記念・完全保存版 男が知るべき、男のパリ
第 2 特集
パリの裏側を描いた画家 ロートレック再発見。

どちらも充実した内容になっております。
展覧会の予習にお薦めです!
是非ご覧ください!!

2011年9月8日

ファッション誌「ミセス」アルビ/ロートレック特集号が発売になりました!

10月13日~12月25日まで開催する「トゥールーズ=ロートレック」展に向けて、ファッション誌『ミセス』にて、ロートレック生誕の地・アルビ(フランス/世界遺産)と画家・ロートレックが紹介されました。
フランス・アルビの美しい風景が満載です!是非、ご覧ください。
ミセス 10月号 
<フランス特集>
鈴木保奈美さんと行くフランス
ロートレックの故郷、アルビへ

【速報】
ロートレック展の音声ガイドの“スペシャル・ガイド”を鈴木保奈美さんがご担当下さることになりました!アルビの情景とロートレックへの想いが綴られるガイドは必見です。

CATEGORIES
ARCHIVES