三菱一号館美術館ニュース | 新しい私に出会う、三菱一号館美術館

三菱一号館美術館

美術館ニュース

2021年6月30日

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)の有効期限の延長

MSSサポーターの皆さま、いつも当館をご支援いただき
ありがとうございます。

当館は「コンスタブル展」を
4月25日(日)から5月30日(日)まで、36日間休館いたしました。
※月曜日を含む日数

本休館に伴う対応として、
お手持ちのサポーターカードの有効期限の延長についてご案内いたします。

休館により、MSSサポーターの方々が、有効期限中であるにもかかわらず
来館できなかった日数分(機会損失日数)を、6月30日を起点に延長いたします。

詳しくは[新有効期限の早見表]の該当する日付をクリックしてご覧ください。

ご来館の際に、カードをご提示いただければ、
新有効期限の期間中、お手持ちのカードでそのままご利用いただけます。
カードの交換や書き換え等は必要ございません。

これからもMSSをどうぞ宜しくお願いします。

[新有効期限の早見表]
旧有効期限が
2021年4月25日~2021年7月31日の方
2021年8月1日~11月30日の方
2021年12月1日~2022年3月31日の方
2022年4月1日~2022年4月25日の方

【三菱の至宝展】夜間開館時間変更のお知らせ

三菱一号館美術館は、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止(まん延防止等重点措置)のため、当面の間、夜間開館を20:00までといたします。

変更がございましたら、美術館ニュースにて随時お知らせいたします。

皆様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021年5月26日

コンスタブル展閉幕と全館臨時休館継続(Café 1894含む)のお知らせ

新型コロナウイルス対応における緊急事態宣言の発令及び緊急事態宣言の延長に伴う東京都の休業要請をうけ、4月25日より当面の間、全館臨時休館としておりましたが、休館を継続することに伴い「テート美術館所蔵 コンスタブル展」(会期5月30日まで)を閉幕することにいたしました。

展覧会の再開を楽しみにお待ちいただいた皆さまには、大変残念なお知らせとなり心苦しい限りですが、ご理解いただきますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。

なお、「テート美術館所蔵 コンスタブル展」の閉幕前に、以下の日程でInstagramアプリを利用したライブ配信を行う予定です。

「テート美術館所蔵 コンスタブル展」をご紹介するInstagram Live配信
■日時:
〈Part1:展示室3階〉5月27日(木)12:30~13:00
〈Part2:展示室2階〉5月28日(金)12:30~13:00
■内容:
ゲスト視聴者としてオンラインで和田彩花さんをお迎えし、担当学芸員・杉山菜穂子のギャラリートークをコンスタブル展の会場から配信します。詳細はこちら

【閉幕】
「テート美術館所蔵 コンスタブル展」

【臨時休館対象施設】
Café 1894
Store 1894
三菱一号館歴史資料室
三菱センターデジタルギャラリー

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)につきましては、臨時休館に伴い販売を中止しております。
臨時休館中の対応として、既存のMSSサポーターカードの有効期限を延長いたします。
延長する期間については、決まり次第ご案内します。

2021年5月25日

三菱一号館美術館 Instagram Live(インスタライブ)配信のお知らせ

三菱一号館美術館は、休館中の館内から「テート美術館所蔵 コンスタブル展」をご紹介するInstagram Live配信を、下記のとおり予定しております。今回は、当館のことを様々な場面で取り上げてくださっている和田彩花さんとの実験企画として開催します!
■日時:
〈Part1:展示室3階〉5月27日(木)12:30~13:00
〈Part2:展示室2階〉5月28日(金)12:30~13:00

■内容:
ゲスト視聴者としてオンラインで和田彩花さんをお迎えし、担当学芸員・杉山菜穂子のギャラリートークをコンスタブル展の会場から配信します。

■視聴方法:
Instagramアプリで
三菱一号館美術館公式インスタグラムアカウント [@mitsubishi_ichigokan_museum]
和田彩花さんの公式インスタグラムアカウント [@ayaka.wada.official]

のいずれかをフォローしていただき、お時間になりますとInstagramご自身のホーム画面の左上の丸いアイコンに「live」の表示と輪郭が点滅しはじめます。点滅しているアイコンをタップするとライブ画面が表示されます。
※事前のお申込み、参加費等は不要です。

■お願い:
この度当館は初めてInstagramのライブ配信機能を使用します。展示室内の通信環境は事前に確認をしておりますが、皆さまがアクセスしてくださる環境においては検証しきれておらず、通信が中断する可能性もございます。
通信が途切れる現象が長く続くと判断した場合は、お送りする場所と一部内容を変更する場合がございます。
予めご理解ならびにご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

2021年5月11日

全館臨時休館(Café1894含む)継続のお知らせ

新型コロナウイルス対応における緊急事態宣言の発令により4月25日より全館臨時休館しておりましたが、緊急事態宣言の延長に伴う東京都の休業要請をうけ、引き続き、当面の間、全館臨時休館とさせていただきます。
【臨時休館対象施設】
「テート美術館所蔵 コンスタブル展」
Café 1894
Store1894
三菱一号館歴史資料室
三菱センターデジタルギャラリー

再開の見込みが立つ場合は、当館WEBサイトの美術館ニュース欄にてお知らせいたします。

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)につきましては、臨時休館に伴い販売を中止します。
臨時休館中の対応として、既存のMSSサポーターカードの有効期限を延長いたします。
延長する期間については、決まり次第ご案内します。

なお、本サイトトップページの開館カレンダーについて、東京都の休業要請に従い、5月末日まで「休館」と表示しております。

皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

2021年3月19日

開館11周年 4月6日(火)~11日(日)までトートバッグキャンペーン  丸の内エリアの物販、飲食店舗も参加!

2010年に開館した三菱一号館美術館(東京・丸の内)は、来る4月6日(火)に開館11周年を迎えます。感謝の気持ちをこめて、2021年4月6日(火)~11日(日)まで、下記の通りイベントを開催します。尚、当日は「テート美術館所蔵 コンスタブル展」【会期:2021年2月20日(土)〜5月30日(日)】を開催しております。

◆4月6日(火)~11日(日)の期間中、「テート美術館所蔵 コンスタブル展」にご来場のお客様毎日先着111名の方に、出品作品《虹が立つハムステッド・ヒース》にインスパイアされたオリジナルイラストのトートバッグ(非売品)をプレゼント!

◆11周年記念トートバッグにはさらに嬉しい特典が!対象期間:4月6日(火)~11日(日)

丸の内エリアの「トートバッグキャンペーン」参加店舗*にトートバッグを持参すると様々なサービスが受けられます。トートバッグを持って丸の内エリアで素敵な1日をお過ごしください!

詳しくはこちらをご覧ください!

2021-2022年 年間スケジュール

2021年から2022年春に開催する展覧会スケジュールを公開しました。

新しく公開した展覧会は「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」です。

年間スケジュール

2021年3月16日

歴史資料室で個展を開催します

このたび三菱一号館 歴史資料室にて、「アートアワードトーキョー丸の内2020」
三菱地所賞受賞者、岩森咲季さんの個展「テツノホシ」を
2021年3月16日(火)~4月11日(日)まで開催いたします。

開館時間 10:00~18:00 入館は閉館の30分前まで
休館日  月曜日

<岩森咲季さんのプロフィール>
1993年 東京都生まれの美術家。
2020年 東京造形大学造形学部美術学科彫刻専攻領域卒業。
現在、東京造形大学大学院造形研究科造形専攻修士課程美術研究領域在籍。
2020年「アートアワードトーキョー丸の内2020」三菱地所賞受賞の他、
2019年度 ZOKEI展 ZOKEI賞(卒業制作大賞)受賞。
今後の活躍が期待される。

※2007年から始まった「アートアワードトーキョー丸の内」(以下、a.a.t.m)は、
若手アーティストの発掘・育成を目的に開催され、2020年で14回目を迎えました。
この機会にぜひご高覧ください。

2021年3月5日

3月の夜間開館中止、ならびにカフェの営業時間変更のお知らせ

現在開催中の「テート美術館所蔵 コンスタブル展」は新型コロナウイルス感染拡大における緊急事態宣言下での開幕となり、夜間開館中止やカフェの営業時間を変更しておりました。(過去のニュース)

三菱一号館美術館では、引き続き3月中も展覧会告知物等の公示情報から内容を変更し、運営することに致しました。以下ご確認ならびに予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

◆美術館 開館時間 (3月中)
変更前)祝日を除く金曜日は21:00まで開館
変更後)祝日を除く金曜日は18:00まで開館
※4月以降は、運用が決まり次第WEBサイトでお知らせさせていただきます。

◆美術館「トークフリーデー」 (3月中)
会話をお楽しみいただく企画の「トークフリーデー」は当面の間中止とさせていただきます。
変更前)トークフリーデーの3月29日、4月26日は月曜開館
変更後)3月29日、4月26日は月曜開館
※4月以降の「トークフリーデー」については、運用が決まり次第WEBサイトでお知らせさせていただきます。

◆Café 1894 営業時間 (3月21日まで)
新型コロナウイルス感染症の感染拡散防止のため、引き続き短縮営業とさせていただきます。
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:00)
※3月22日以降の営業時間は決まり次第WEBサイトでお知らせさせていただきます。

◆MSS(三菱一号館美術館サポーター)貸切鑑賞会
延期させていただきましたMSS貸切鑑賞会の日程は、緊急事態宣言解除後に、美術館トップページ「美術館ニュース」とMSS会員ページにてお知らせ申し上げます。

◆マジックアワーチケットの販売について
3月10日(水)のマジックアワー(毎月第2水曜日夜間開館)は、中止します。楽しみにお待ちいただいていた皆さまにはお詫び申し上げますとともに、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。夜間開館を再開する際に是非ご利用ください。

 

2020年11月30日

【終了しました】MSSサポーターカード ご購入キャンペーン

ご好評につき終了しました。

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)では「展覧会に何度でも入館可能」、
「貸切鑑賞会へのご招待」 、「提携施設優待サービス」などのサービスが受けられます。
この度、MSSの提携施設をご紹介するため、キャンペーンを行います。
2020年12月1日(火)以降にサポーターカードをご購入いただいた方
先着30名様に
当館の提携施設である森美術館で2021年1月3日(日)まで開催の
「STARS展」のチケットを
当館チケット窓口にて、1枚プレゼント致します。
どうぞこの機会にご購入ください。

2020年9月17日

再掲出 MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)の有効期限の延長方法

MSSサポーターの皆さま、いつも当館をご支援いただき
ありがとうございます。

当館は「画家が見たこども展」を
2月28日(金)から6月7日(日)まで、101日間休館しておりました。
※月曜日を含む日数

休館により、MSSサポーターの方々が、有効期限中であるにもかかわらず
来館できなかった日数分(機会損失日数)を、6月9日を起点に延長しております。

具体例をご案内します。
例えば、MSSカードの裏面に記載されている有効期限が
3月1日までの方は機会損失日数が  3日、新有効期限は6月11日まで。
4月1日までの方は機会損失日数が 34日、新有効期限は7月12日まで。
6月7日までの方は機会損失日数が101日、新有効期限は9月17日まで。
6月7日以降の方はすべて有効期限から101日間延長となります。

詳しくは添付の早見表をご覧ください。

カードの裏に記載された旧有効期限の書き換えは行いませんが、
機械的に処理しますので、
ご来館の際はカードをご提示いただければ、
新有効期限内は、そのままご入館いただけます。

※但し、MSSの方も美術館ウェブサイト・チケットページ[https://mimt.jp/ticket/]で紹介するチケット販売システム「Webket」でご来場の日時指定を行い、「ご来場枠」をご予約ください。
ご入場の際に必要なQRコードが発行されます。プリントアウトをお持ち頂くか、スマートフォンの画面を入り口でご提示ください。

これからもMSSをどうぞ宜しくお願いします。

※こちらの日にち部分をクリックされると、新有効期限の早見表をご覧いただけます。
旧有効期限が2020年2月28日~2020年5月31日の方
2020年6月1日~2020年9月30日の方
2020年10月1日~2021年1月31日の方
2021年2月1日~2021年2月27日の方

2017年11月27日

2017年12月5日~10日 「思いやりウィーク」を開催します!

三菱一号館美術館は、障がいの有無に関わらず、お互いに譲り合い、思いやりの心を持って、美術作品が与える感動を共有できる環境づくりを目指しており、2017年12月5日(火)~10日(日)に「思いやりウィーク」を開催します。
今回の思いやりウィークが、ご来館の皆様にとって、観覧マナーについて考えるきっかけとなれば幸いです。

■「思いやりウィーク」」開催期間
2017年12月5日(火)〜12月10日(日)
■開館時間
10:00 – 18:00(祝日を除く金曜、11月8日、12月13日、1月4日、1月5日は21:00まで)
■期間中は、障がい者手帳をお持ちの方と同伴者の方1名様まで、「パリ❤グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター」展を無料でご鑑賞いただけます。

詳細はイベントページをご参照ください。

2017年10月11日

【参加費無料!】パリ♥グラフィック展 記念講演会

10月18日(水)に開催する「パリ♥グラフィック展 記念講演会」の参加費を
無料としました!

パリ♥グラフィック展 記念講演会(英語による講演・逐次通訳付)
日 時  10月18日(水)14:00~15:30(受付開始13:30)
講 師  フルール・ルース・ローサ・ド・カルヴァジョ氏
(本展監修者、ファン・ゴッホ美術館 版画・素描部門 学芸員)
会 場  コンファレンススクエアエムプラス「サクセス」
     (千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1階)
     ※当館より徒歩2分 ※フリードリンク付
参加費  無料
     事前申込制・先着順

皆さまどうぞお早めにお申し込みください!

なお、オンライン予約(イープラス)で既にお支払い済の方は、
講演会当日お越しの方についてのみ、お支払い済の参加費1,000円を
現金にて返金いたします。

会期中には、他にも教育普及プログラムとして、館長の高橋の講演会や
教育普及担当によるギャラリートークも開催します。
各申込方法・プログラム詳細(随時更新)はこちら

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展

2017年8月10日

【お知らせ】 8/11(祝・金)~8/13(日) 美術館地下入口を封鎖いたします

8月11日(祝・金)より8月13日(日)まで 混雑緩和のため、三菱一号館美術館の地下入口を閉鎖いたします。
美術館にお越しの際には、美術館中庭口(一号館広場に隣接したガラスの入口)をご利用ください。

なお、当館HPの「アクセス」ページでご案内しております下記バリアフリールートもご利用いただけませんので、ご注意ください。
※三菱一号館美術館 アクセスページURL⇒http://mimt.jp/access/

・D JR東京駅 地下鉄丸の内線東京駅からの
雨に濡れない地下バリアフリールート
・E 地下鉄(三田線大手町駅、千代田線二重橋駅前)からの
雨に濡れない地下バリアフリールート
・F 地下駐車場からの
雨に濡れない地下ルート(車でお越しの方)

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2017年8月9日

【満員御礼】レオナルド×ミケランジェロ展「夜のギャラリートーク」開催のお知らせ

平日の夜の美術館でレオナルド×ミケランジェロ展の鑑賞を楽しむ「夜のギャラリートーク」を開催します。お仕事やご予定などで、日中のプログラムには都合がつかなかったという方も、もう一度観たい!という方も、ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

「夜のギャラリートーク」
いずれの回も定員に達し、申込受付を締め切りました。沢山のお申込みをありがとうございました。なお、キャンセル待ちは設けておりませんのでご了承願います。
【第一回目】8月16日(水)18:30~19:15頃まで(受付開始18:15)☆夜間開館時間に開催します。
【第二回目】8月30日(水)19:00~20:00 (受付開始18:45)☆閉館後に特別に行います。
定員: 各回15名(いずれの回も事前申込制)
参加費:8月16日(水):無料(但し当日有効の鑑賞券またはサポーターカードが必要)
8月30日(水):2,000円(貸切入場料込(税込))
詳細・申込方法はこちら

2017年7月14日

【レオナルド×ミケランジェロ展】重要なお知らせ

【レオナルド×ミケランジェロ展】重要なお知らせ

①一部で配布された本展チラシに出品作として掲載された《美しき姫君》は都合により出品中止となりました。
楽しみにされていたお客様には謹んでお詫び申し上げます。

②7月11日から展覧会にミケランジェロの大型大理石彫刻作品が追加されました。→美術館ニュース

 

2017年7月6日

★夏休み特別企画★ 「親子で学ぶ 建築探検ツアー」

夏休み特別企画として「親子で学ぶ 三菱一号館 建築探検ツアー」を開催いたします。
通常一般公開していない館内のスポットもご案内しますので、ぜひ奮ってご参加ください!
申込方法等の詳細につきましては、三菱一号館美術館イベントページをご覧ください。

【日程】①2017年7月25日(火)10時~12時
    ②2017年7月27日(木)10時~12時
【対象】小学校4年生~中学校3年生とその付添いの大人の方 各回先着16名様

2017年5月23日

【重要なお知らせ】三菱一号館は6月4日(日)点検のため休業します

三菱一号館美術館は、
電気設備法定点検のため全館休業いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、予めご了承ください。

■日時 2017年6月4日(日) 終日
 ※カフェ1894・歴史資料室・三菱センターデジタルギャラリーも休業します。

2017年5月18日

【お知らせ】 5/20(土)~5/21(日) 美術館地下入口を封鎖いたします

5月20日(土)より5月21日(日)まで 混雑緩和のため、三菱一号館美術館の地下入口を閉鎖いたします。
美術館にお越しの際には、美術館中庭口(一号館広場に隣接したガラスの入口)をご利用ください。

なお、当館HPの「アクセス」ページでご案内しております下記バリアフリールートもご利用いただけませんので、ご注意ください。
※三菱一号館美術館 アクセスページURL⇒http://mimt.jp/access/

 ・D JR東京駅 地下鉄丸の内線東京駅からの
    雨に濡れない地下バリアフリールート
 ・E 地下鉄(三田線大手町駅、千代田線二重橋駅前)からの
    雨に濡れない地下バリアフリールート
 ・F 地下駐車場からの
    雨に濡れない地下ルート(車でお越しの方)

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2017年5月10日

[終了しました] MSSサポーター ご来館キャンペーン

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)の会員になると、「展覧会に何度でも入館可能」
「貸切鑑賞会へのご招待」 「提携施設優待サービス」などのサービスが受けられます。

この度、MSSの提携施設をご紹介するため、
サポーターご来館キャンペーンを行います。
2017年5月11日(木)からご来館いただいた
サポーター先着30名様に
森美術館で開催されている「N・Sハルシャ展」のチケットを
1枚プレゼント致します。

ご来館いただいたサポーターの皆さまは
当館チケット窓口にて、有効期限内のサポーターカードをご提示の上、
お申し出ください。


 

 

2017年4月7日

【ナビ派展】ゴールデンウィーク期間、先着30名様にポストカードプレゼント!

現在開催中の「オルセーのナビ派展」は、ゴールデンウィーク中(2017年4月29日(土)~5月7日(日))休まず開館しますまた、同期間中にご来館頂いたお客様(各日先着30名様)に、「オルセーのナビ派展」オリジナルポストカードを進呈します。春のお散歩とともに、展覧会をお楽しみください!
ポストカード

<<<春の丸の内情報>>>>
◎三菱一号館美術館隣接の商業施設「ブリックスクエア」にて、春限定メニュー&春のおすすめ商品が登場!

■Café 1894
4月16日(日)まで、店内でお花見が楽しめる「HANAMIフェア」を実施中!店内の大きな桜の木がライトアップされ、「桜」や「春」をテーマにした特別メニューを期間限定販売します。
hanami

hanami2

(上)店内に2本の桜の木が出現!(イメージ)
(下) 桜と抹茶のmonaka モンブラン仕立て 918円(税込)

■GRILL UKAI MARUNOUCHI
5月上旬まで(予定)、人気の赤身肉のグリルや春らしい木の芽の香りを添えたタケノコのパスタが味わえます。緑あふれる開放的な店内で、季節を彩る華やかなグリル料理をお召し上がり頂けます。
ukai
スペシャルランチコース 4,860円(税込・サ別)

■キャス・キッドソン 丸の内店
春の旅行にも最適なアイテムが登場。キャス・キッドソンらしいフラワープリントのキャリーケースです。機内持ち込みも可能です。
cas1

cas2
(上)四輪キャンピングバッグ23,544円、トラベルホールドオール ピオニーブロッサム13,608円(税込)
(下)四輪キャンピングバッグ ウインドウフラワーパンチ 23,544円(税込)

■マリネッラ ナポリ 丸の内店
ブランドを代表するセッテピエゲ(7つ折り)と呼ばれる伝統的製法によるネクタイの、春らしい色とりどりのモデルが入荷しました。プレゼントにも最適です。
napori
セッテピエゲ小紋タイ32,400円(税込)

◎街なかで楽しめるクラシックコンサート
5月4日(木・祝)~6日(土)に開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017」に合わせて、4月29日(土・祝)~5月7日(日)の期間で丸の内エリアコンサートを開催。お散歩やショッピングの合間に無料で演奏をご堪能頂けます。
concert

◎女性を中心に圧倒的な人気を誇る蜷川実花氏最新作を展示
新丸ビル7階の飲食店ゾーン「丸の内ハウス」では、5月14日(日)まで写真家・蜷川実花氏の展覧会を[the MOTHER of DESIGN meets Mika Ninagawa @ (marunouchi) HOUSE] MIKA NINAGAWA「earthly flowers, heavenly colors」展を開催中。
蜷川作品のなかでも人気の高い「花」シリーズの最新写真集「earthly flowers, heavenly colors」より選りすぐりの作品をご紹介します。*詳しくは、www.marunouchi-house.comをご覧ください。
ninagawa

2017年2月13日

【参加者募集中!】ナビ派展 家族プログラム

現在開幕中の「オルセーのナビ派展」に関連し、
春休み期間中の3月25日(土)・29日(水)に、小学生とご家族対象のプログラム
「絵の中の世界を体験してみよう!」を開催します。
展示室でご家族一緒に作品を鑑賞しながら、対話やアクティビティーを通して
ナビ派展の鑑賞体験を深めるプログラムです。
皆さまのご参加をお待ちしています!
申込方法・詳細はこちら

オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき
チラシ表紙 (450x640)

2016年12月21日

MSS 新規ご入会キャンペーン

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)の新規ご入会キャンペーンとして、
2016年12月21日(水)から先着10名様に
映画「エゴン・シーレ 死と乙女」のチケットを 1枚プレゼント致します。

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)の会員になると、
「展覧会に何度でも入館可能」 「貸切鑑賞会へのご招待」 「提携施設優待サービス」などの
サービスが受けられます。
ぜひこの機会にMSSへご入会ください。

小エゴン・シーレ_main1

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」
28年の生涯を駆け抜けた天才画家 エゴン・シーレの名作「死と乙女」の誕生を解き明かす。
スキャンダルとエゴイズム、そしてシーレをめぐる女性たちとの物語。
(c) Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH
2017年1月28日 Bunkamuraル・シネマ、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

 

2016年12月2日

【テレビ放映のお知らせ】12月4日(日)NHK・Eテレ「日曜美術館・アートシーン」

開催中の「拝啓 ルノワール先生」展が紹介されます。

番組名:「日曜美術館・アートシーン」(NHK・Eテレ)

日 時:12月4日(日)朝9時45分~10時00分放送/同日夜8時45分~9時00分再放送(予定)

※番組HP:詳細はこちら

2016年11月25日

2016年12月4日~10日 「思いやりウィーク」を開催します!

160905_思いやりウィークロゴ_fix_color三菱一号館美術館は、障がいの有無に関わらず、お互いに譲り合い、思いやりの心を持って、美術作品が与える感動を共有できる環境づくりを目指しており、2016年12月4日(日)~10日(土)に「思いやりウィーク」を開催します。
今回の思いやりウィークが、ご来館の皆様にとって、観覧マナーについて考えるきっかけとなれば幸いです。

■「思いやりウィーク」」開催期間
2016年12月4日(日)〜12月10日(土) ※12月5日(月)は休館
■開館時間
10:00 – 18:00(金曜のみ20:00まで開館)
■期間中は、障がい者手帳をお持ちの方と同伴者の方1名様まで、「拝啓 ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え」展を無料でご鑑賞いただけます。

詳細はこちらのリーフレットをご参照ください。
思いやりウィーク リーフレット

 

 

 

 

 

 

2016年11月22日

MSSサポーター限定 貸切鑑賞会について

10月24日(月)に開催した
「拝啓ルノワール先生 -梅原龍三郎に息づく師の教え」展の
MSS貸切鑑賞会は、多くのサポーターの方にご参加いただきましたこと、
深く感謝申し上げます。

MSS貸切鑑賞会の予定は下記の通りです。
詳細については、追ってサポーター専用ページにてご案内いたします。
皆さまぜひご参加ください。

<これからの展覧会>
【オルセーのナビ派展:美の預言者たち-ささやきとざわめき】
会期       2017年2月4日(土)~5月21日(日)
MSS貸切鑑賞会 2017年2月6日(月)15時00分~20時00分(入場は19時30分まで)
※サポーター及びご同伴者(1名様まで)

【レオナルド×ミケランジェロ展(仮称)】
会期       2017年6月17日(土)~9月24日(日)
MSS貸切鑑賞会 2017年6月19日(月)15時00分~20時00分(入場は19時30分まで)
※サポーター及びご同伴者(1名様まで)

2016年11月18日

城戸真亜子さんが三菱一号館美術館サポーター(MSS)会員サイト「オルセーのナビ派展」館長対談に登場されます!

三菱一号館美術館サポーター(MSS)会員サイトの「オルセーのナビ派展」時に公開となる「館長対談」のページに、城戸真亜子さんにご登場いただくことになりました。

当館館長の高橋とは旧知の仲の城戸さん。対談に先立って、「拝啓 ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え」展も高橋の案内でご覧いただきました。

ルノワールと梅原龍三郎の作品はもちろん、梅原が愛蔵したピカソやルオーらの作品を1点、1点、ゆっくりと鑑賞される城戸さん。最晩年に梅原が描いた《パリスの審判》の前では、「90歳の画家の手によるものとは思えない、なんて
エネルギッシュな作品なんでしょう」と思わず感嘆される様子も。同じアーティストとしての視点で語られる感想に、高橋も興味深く聞き入る場面が多くみられました。
ブログ用_ニュースレター対談(城戸様)城戸さん、楽しい時間をどうもありがとうございました。

◆城戸さんと館長の対談は来年2月頃公開予定「オルセーのナビ派展時館長対談(WEB版)」に掲載予定です。
◆三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)について、詳しくはこちらをご覧ください。

2016年9月14日

三菱センターデジタルギャラリー 一時休業のお知らせ

三菱一号館美術館内の三菱センターデジタルギャラリーは、

展示機器入替えのため下記の期間休業いたします。

■ 日時 2016年9月17日(土) 午後~9月28日(水) 終日まで

ご迷惑をおかけいたしますが、予めご了承ください。

9月29日(木)より再オープンしますので、

どうぞ宜しくお願いします。

2016年6月14日

Webketシステムのバージョンアップ作業による休止のお知らせ

平素より、Webketサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
システムのバージョンアップ作業のため、下記時間においてWebketサービスを休止いたします。

■休止日時
6月15日(水)深夜0:00~6月16日(木)10:00まで

バージョンアップ作業中はチケット販売サービスをご利用いただけません。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

2016年5月24日

【キャメロン展】タイアップメニュー販売のお知らせ

三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」では、
「From Life ―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン」展
(会期:2016年7月2日(土)~2016年9月19日(月・祝))の会期中限定で、
展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。
「キャメロン展」ご鑑賞のあとに、ぜひお立ち寄りください。

■ランチメニュー 「From Life ―キャメロンの人生を辿って」 1,980円(税抜)

キャメロンのユニークな人生を辿るランチセット。
彼女のゆかりの地・英国フレッシュウォーター、インド、フランスをイメージしました。
キャメロンの人生、美しく型破りな芸術表現に思いを馳せてお召し上がりください。
キャメロンランチ サイズ小
・前 菜 真鯛のカルパッチョ ライムミントのフレッシュウォータージュレ 
・メイン 大山鶏のロティ 夏野菜のバイエルディ※1とスペルト小麦※2のサラダ添え
※1 夏野菜のグラタン
※2 現在の小麦の原種に当たる古代穀物 

■デザートメニュー 「English Garden」 950円(税抜) 

バラが香り、ベリーや赤モモが実る豊かなイングリッシュ・ガーデンをイメージしたデザートプレート。 
夏にぴったりな冷たいパフェと甘味を抑えたスコーンの組み合わせが新鮮です。 
キャメロンデザート サイズ小
・ローズとベリーのパフェ 
・ペッシュヴィーニュ※のスコーン 
※赤モモ

 

2016年4月20日

「夜のギャラリートーク」開催のお知らせ

定員に達したため、いずれの日程も申込受付を締め切りました。沢山のお申込みをありがとうございました。なお、キャンセル待ちは設けておりませんのでご了承願います。

平日の夜に、閉館後の美術館でPARIS―オートクチュール展を楽しむ「夜のギャラリートーク」を開催します。お仕事やご予定などで、日中のギャラリートークには都合がつかなかったという方も、ご参加いただくことができます。ご参加の皆さまだけの美術館を満喫いただける、プライベートツアーのプログラムです。ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

日時: 2016年4月27日(水)、5月10日(火)いずれも19:00~20:00 (受付開始18:45)
定員: 各回15名(要事前申込・先着順)
参加費: 2,000円(鑑賞券代込)

詳細・申込方法はこちら

2015年12月4日

東北支援 女川スペインタイルをストア1894で販売開始します

三菱一号館美術館は、三菱地所株式会社が継続して実施している東日本大震災被災地支援の一環として、
宮城県女川町の「NPO法人みなとまちセラミカ工房」が制作する「女川スペインタイル」を、
当館内併設のミュージアムショップStore 1894で12月5日(土)より販売することとしましたのでお知らせします。

同工房は「色を失くした街をスペインタイルで明るく彩る」そして「つながる」というテーマで、2013年4月に誕生。
被災地の方々が未来への希望を込めて作り出すタイルとその活動を当館がご紹介し、
全国の皆さまと女川の皆さまの絆をつなぐ役目を微力ながらも果たして参ります。

無題
※ 画像下の番号は品名です。
※ 来店するタイミングで取扱い商品が異なる可能性がございます。

2015年11月20日

梅原龍三郎《読書》を石橋美術館(福岡・久留米)に貸出中!

石橋美術館で開催の「伝説の洋画家たち 二科100年」展へ、梅原龍三郎《読書》(当館寄託作品)を出品しています。

読書 

梅原龍三郎
《読書》
油彩・カンヴァス
1911年
三菱一号館美術館寄託

1908年、梅原龍三郎はフランスに留学します。リュクサンブール美術館でルノワール作品を目撃し、衝撃を受けた梅原は、その翌年の1909年、南仏カーニュ・シュル・メールのアトリエに巨匠を訪ねています。紹介状もなく訪ねてきた20歳の梅原を、リウマチを患っていた晩年のルノワールは快く家に迎え入れました。その後、梅原はルノワールに師事することになります。
梅原はたびたび師のアトリエを訪れました。留学時代半ばに描かれたこの作品は、師が得意とした柔らかな肉体表現を梅原が会得したことを示しています。落ち着いた色彩が画面を支配し、留学中、様々な色彩表現を模索した画家の試みを生き生きと伝えてくれます。
この作品は、帰国後の1917年、二科展の京都会場において、梅原の為に特別に設けられた一室で展示されました。

【展覧会情報】
展覧会名:「伝説の洋画家たち 二科100年」
会期:2015年11月7日〜2015年12月27日
会場:石橋美術館(福岡・久留米)
URL:http://www.ishibashi-museum.gr.jp/exhibitions/d/35

2015年10月14日

Café1894ハロウィンメニュー限定販売いたします!

三菱一号館美術館(東京・丸の内)に併設のミュージアムカフェ・バーCafé1894 では、
10月17日(土)~10月31日(土)のディナータイム(17時~22時L.O)限定で
ハロウィンメニューを販売致します。

丸の内にピッタリな、大人が楽しめるメニューをお楽しみ下さい。

◆ハロウィンスイーツ ¥780(税抜) 
ニュース ハロウィン

◆ハロウィンドッグ ¥980(税抜) 
ハロウィン ホットドック
◆ハロウィンナイト ¥880(税抜)
にゅーす ハロウィン

☆10/31(土)ハロウィンイベント行います!!合言葉は「トリックオアトリート!」☆

【美術館】
 ◆チケット窓口で「トリックオアトリート!」と言うと入館料が100円割引!(他の割引との併用不可。)
  ※プラド美術館展は小中学生は入館料無料です。
 ◆仮装したスタッフに「トリックオアトリート!」と言うと、お菓子をプレゼント! 
  ※なくなり次第終了。
【Café1894】
 仮装してご来店頂き「トリックオアトリート!」と言うと、ドリンク「ハロウィンナイト」をお1人1杯サービス!
        ※必ずフードのご注文をお願いします。

2015年9月28日

Café 1894 グランドメニューをリニューアル!

当館併設のミュージアムカフェ・バーCafé 1894では、9月29日(火)のディナータイム(17時以降)よりグランドメニューをリニューアルしますのでお知らせいたします。
今後はより本格的なお食事を楽しんで頂けるよう、食材や調理方法に更にこだわったお料理をご提供します。ハーブやフルーツを使った華やかな見た目のサラダから、お酒に合うおつまみ、フォアグラやローストビーフといった食べごたえのあるお料理まで取り揃え、幅広い層のお客様のご要望に応えて参ります。また、グランドメニューは、今後も1年に2回ほど季節に合わせてアレンジする予定です。
明治期の銀行営業室を復元したクラシカルな空間で、上質な時間とお料理をお楽しみください。

グランドメニュー写真3

【Café 1894】 明治期に銀行営業室として利用された空間を復元したミュージアムカフェ・バー。
クラシックな趣と、2層吹き抜けの高い天井が人気のお店です。
・住所   :東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館1F
・営業時間 :11:00~23:00(L.O.22:00)
・TEL  :03-3212-7156

2015年9月3日

一号館広場の彫刻入れ替えのお知らせ

三菱一号館美術館(東京・丸の内)に隣接する「一号館広場」では、9月3日(木)より、約6年に
わたり皆さまに愛されてきたヘンリー・ムーアの彫刻作品を、エミリオ・グレコの作品に入れ替える
こととなりましたのでお知らせいたします。
一号館広場に設置している作品も、芸術性豊かな街づくりを目指して1972年より丸の内仲通りに彫
刻を展示する「丸の内ストリートギャラリー」と同様に、公益財団法人彫刻の森芸術文化財団の協力
を得て設置しております。
今般定期的な作品入れ替えに伴い一号館広場の彫刻を入れ替えるために、作品の選定には当館も参加
いたしました。今後当広場には3作品を設置いたします。

彫刻彫刻 学芸員コメント

2015年8月6日

Café 1894×おかやま白桃パフェDays

当館併設のミュージアムカフェ・バーCafé 1894では、8月9日(日)~8月10日(月)の2日間、岡山の白桃のおいしさを伝えるイベント「おかやま白桃パフェDays」(主催:岡山ビジットアソシエーション(岡山市、おかやま観光コンベンション協会、岡山商工会議所))に参加いたします。岡山を代表する果物である「白桃」をはじめ、美味しいフルーツ(シャインマスカット、オーロラブラック)をふんだんに使用したオリジナルのフルーツパフェをお手頃価格の800円(税込)で各日限定50食ご提供いたします。

白桃パフェ

2015年7月31日

日本初!中国最大級の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」のシェイク機能を活用した中国語での情報提供を開始

7月31日(金)より、当館に来館する訪日中国人に向けてのインバウンド施策のトライアルを実施いたします。
ツーリズムマーケティング・プロモーションを行う中国企業サイバーマートグループとの共同で、中国最大級の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」(以下ウィーチャット)のシェイク機能を活用した情報取得サービス「サイバーシェイクサービス」を使用し、丸の内の情報提供を行う中で当館と当館併設のミュージアムカフェ・バーCafé 1894について、情報提供を行います。尚、同機能を活用した情報発信は日本で初めてとなります。

<概要>
ウィーチャットは中国本土で月間アクティブユーザー数が5.49億人(2015年第1四半期時点)を超える認知度の高いSNSであり、丸の内エリアを訪れる訪日中国人が情報取得するツールとして使用しやすいと考え、試験的に実施。同時期に丸の内エリア全体でも同様の試験を実施します。

<提供予定情報(中国語)>
三菱一号館美術館 (概要紹介、展覧会情報、アクセス情報、クーポン)
Café 1894 (概要紹介、デザート紹介、アクセス情報、クーポン)

<情報提供方法>
丸の内エリアにビーコンと呼ばれる機械を複数設置し、各訪日中国人の持つスマートフォンに情報を提供します。
※ビーコン設置場所にはサインを掲出。
①ビーコン付近にてスマートフォンのBluetoothをオンにする。
②アプリ「ウィーチャット」を起動する。
③スマートフォンを振ってシェイク機能を使う。
④「周辺」で「丸之内(丸の内)」を選択すると、インターネット経由で情報を取得。
丸の内エリア情報とともに三菱一号館美術館の概要や開催中展覧会情報が確認でき、更にクーポン抽選にその場で参加することができます。
shakePoster※サインイメージ
<実施概要>
実施期間: 2015年7月31日(金)~2016年3月31日(木)
ビーコン設置場所: 三菱一号館美術館、新丸ビル、丸ビル、丸の内ブリックスクエア、三菱ビル、新東京ビル
掲載情報: 三菱一号館美術館、Café 1894、丸の内エリアの地図情報、写真撮影スポット、休憩スポット、商業施設情報、丸の内シャトル(無料シャトルバス)情報、クーポン、観光案内所

サイバーシェイク0
サイバーシェイク2

 

 

2015年4月1日

4月6日(月)は三菱一号館美術館・開館5周年記念日!

三菱一号館美術館(東京・丸の内)は、来る4月6日(月)に開館5周年を迎えます。
感謝の気持ちを込めて、4月6日(月)は10時~21時まで特別開館し、
下記の通りイベントを行います。

◆4月6日(月)昼の部のイベント 時間:10時~18時

5周年ロゴ

① 先着555名にオリジナルエコバックをプレゼント!
  図柄は当館所蔵のロートレック作品「シルヴァヌスのメニューカード」から。(お1人1点限り)
② 抽選会(お1人1回限り。ハズレなし)
③ 「一号館広場」にて音楽生演奏(①12時~13時、②15時~16時)※雨天中止の場合有

 

4月6日(月)夜の部のイベント 時間:18時~21時
①  館内の「Café1894」にてワンドリンクサービス!(Café1894は通常の営業は行いません。)
②  Café1894にて音楽生演奏(演奏時間は19時から)
③  展示作品の写真撮影OK(3階展示室のみ)
※フラッシュ、三脚は使用不可

詳細については当館ブログもご確認下さい。

2015年3月27日

三菱一号館美術館のブランドスローガンを策定しました!

三菱一号館美術館は、来る4月6日に、お陰様で開館5周年を迎えることとなりました。これを契機に更なる発展をめざし、ブランドスローガンを策定しました。
私たち三菱一号館美術館は、このブランドスローガンを実行し、お客様に「感性を開いて、新しい世界に出会う」ことを期待して頂ける美術館、「新しい私に出会うことができた」と感じて頂ける美術館であり続けたいと考えております。今後とも引き続き愛顧賜りますようお願い申し上げます。

スローガン

2014年12月17日

教育普及プログラムの参加申し込み受付を開始しました

2015年2月7日(土)から開幕の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」で開催する教育普及プログラムの参加申し込み受付を開始しました。
・2月7日(土) ワシントン・ナショナル・ギャラリー学芸員による記念講演会
・2月27日(金) 担当学芸員によるレクチャー
・3月28日(土)、31日(火) 春休み企画 家族プログラム
上記3つは、事前申し込みが必要です。展覧会の楽しみ方が広がる各種プログラムに、展覧会鑑賞と合わせて、ぜひ参加してみませんか?詳細・申し込み方法はこちらから。

2014年10月20日

「スクール・プログラム」の申込受付を開始しました

三菱一号館美術館では、来年2月10日(火)より、小・中学校の児童・生徒の団体鑑賞を受け入れ、美術鑑賞の機会を深める、「スクール・プログラム」を開始致します。ぜひご来館をご検討いただければ幸いに存じます。当館教育普及担当によるギャラリートークを中心に、ご希望や学習目標等に合わせて内容のご相談に応じます。申込・詳細はこちら

2014年10月17日

MSS新規ご入会キャンペーン実施中!

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)はこの秋、おかげさまで発足一周年を迎えます。
それを記念して10月17日(金)~11月30日(日)の期間、新規ご入会キャンペーンを実施いたします。
当館オリジナルグッズセットとプレミアム・アウトレットクーポンの2大特典付の
お得なキャンペーンですので、この機会にぜひご入会ください。

2014年8月11日

【本日より募集開始!】ミレー展「展覧会を語る」

10月17日(金)より開催します「ボストン美術館 ミレー展 ―傑作の数々と画家の真実」展のレクチャー「展覧会を語る」を、11月5日(水)14:00~15:30に開催いたします。代表作《種をまく人》が30年ぶりに都内で公開されるミレー展ついて、担当学芸員がお話しします。ちらしに記載がありました参加費:1,000円は無料になり、ご参加いただきやすくなりました!事前申込制・先着順となりますので、皆様のお申込みお待ちしております。

詳細・申込方法はこちらから。

2014年7月18日

資料コーナーリニューアル

詳細は当館公式ブログをご覧ください。
こちら

2014年7月4日

ヴァロットン展「展覧会を語る」が開催されました

6月24日((火)14:00よりエムプラスにて、「ヴァロットン-冷たい炎の画家」展担当学芸員・杉山菜穂子によるレクチャー「展覧会を語る」が開催され、多くの方にご参加いただきました。
ポスト印象派や象徴主義、「ナビ派」など、19世紀末の前衛芸術家たちとヴァロットンとの関係に焦点を当てつつ、どの流派にも属さない異端の画家ヴァロットンの、不思議な魅力に迫りました。

これまでは夜の時間帯に開催しておりましたが、今回は昼の時間帯の開催となり、レクチャーご参加後の展覧会鑑賞が可能となりました。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

2014年6月25日

マリナ・デュクレ氏講演会を開催しました。

現在開催中のヴァロットン展監修者のお一人、マリナ・デュクレさんの講演会を、6月15日(日)午後、日仏会館ホールにて開催しました(当館・日仏会館フランス事務所・日仏美術学会共催)。マリナさんは、スイスのフェリックス・ヴァロットン財団名誉学芸員で、長年ヴァロットンをご研究されています。ヴァロットンの生涯と作品の数々について、スライドを用いてお話しされ、100名を越える参加者の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

??????????????????????

2014年6月24日

6/13(金)オープニングレセプション「ヴァロットン ―冷たい炎の画家」展

6/13(金)に「ヴァロットン ―冷たい炎の画家」展のオープニングレセプションを行いました。
当館館長である高橋明也のご挨拶の後、下記の方々からスピーチを頂戴しました。

オルセー美術館・オランジュリー美術館総裁のギ・コジュヴァル氏
駐日スイス大使のウルス・ブーヘル閣下
駐日フランス大使のクリスチャン・マセ閣下
スイス ヴォ―州参事会参事 教育・青少年育成文化局局長 アンヌ=カテリーヌ・リヨン氏

プレス内覧会の様子。
左から、オルセー美術館・オランジュリー美術館総裁のギ・コジュバル氏、三菱一号館美術館館長の高橋明也、三菱一号館美術館学芸員の杉山菜穂子。
20140613_三菱一号館美術館_Vallotton_N018132

開会式の様子。20140613_三菱一号館美術館_Vallotton_N01837820140613_三菱一号館美術館_Vallotton_N018420

 

 

6/6(金)オープニングレセプション 「バルテュス 最後の写真-密室の対話」展

6/6(金)に「バルテュス 最後の写真-密室の対話」展のオープニングレセプションを行いました。

左から、監修者のニコラス・パージュ様、バルテュスの写真モデルのアンナ・ワーリ様、三菱一号館美術館館長の高橋明也。

DSC03766

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社様よりご提供頂いたシャンパン「ペリエジュエのグランブリュット」で乾杯!!DSC03782

本展覧会では3社様にご協賛を頂きました。

・株式会社レンブラント様、 

・小山登美夫(こやまとみお)ギャラリー株式会社様、

・ペルノ・リカール・ジャパン株式会社様、

この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

 

 

2014年6月6日

【参加者募集中!】展覧会を語る「ヴァロットン-冷たい炎の画家」

「ヴァロットン-冷たい炎の画家」展について、担当学芸員が語るレクチャーを、
6月24日(火)14:00~15:30に開催いたします。スイスに生まれ、19世紀末のパリで活躍した知られざる画家フェリックス・ヴァロットンについてお話しします。会期中担当学芸員による当館主催のレクチャーは今回のみとなりますので、ぜひお見逃しなく!

詳細・申込方法はこちらから。

2014年5月20日

芸術新潮5月号にて、藤野可織さん(芥川賞作家)×高橋館長の対談記事が掲載されております

4月25日発売の『芸術新潮 5月号』・特集「ほんとうは教えたくないパリの小さな美術館」(新潮社)にて、

当館の高橋明也館長と藤野可織さんとの対談記事が掲載されております。

img-519194900-0001

 

何やら、館長が熱く語っておりますが、どのような内容なのでしょうか?

切り抜き高橋館長対談②IMGP7868[1]

 

なかなか興味深い題材で対談されているようです。興味をもった方はぜひ書店へどうぞ。

img-519194951-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年5月15日

「ヴァロットン-冷たい炎の画家」展 講演会開催決定!

6月14日(土)より開催します「ヴァロットン-冷たい炎の画家」展の、講演会開催が決定いたしました。6月15日(日)に日仏会館で開催の講演会では、ヴァロットン展監修者の1人で、フェリックス・ヴァロットン財団名誉学芸員のマリナ・デュクレイ氏が長年ヴァロットンを研究されてきた視点から、この度の展覧会を中心に、ヴァロットンの多彩な活動を紹介します。(日仏同時通訳付)また、6月24日(火)の同展担当学芸員によるレクチャーでは、スイスに生まれ、19世紀末のパリで活躍した知られざる画家フェリックス・ヴァロットンについてお話しします。また、どちらも事前申込制となっておりますので皆様のお申込みをお待ちしております。

 いずれも、詳細・申込方法はこちらから。

2014年4月18日

Webket メンテナンスによる休止のお知らせ

平素より、Webketサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

2014年4月22日(火)の下記時間において、メンテナンスのため一時Webketサービスの利用を休止いたします。

■実施日

 2014年4月22日(火)

■実施時間

 09:00~12:00

メンテナンス中はチケット販売サービスをご利用いただけません。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

2014年3月26日

当館内のスペースに関するお知らせ

家族プログラムならびにレクチャー開催のため、下記の日程で、当館3階の小屋裏の構造を公開している部屋ならびに隣接する資料コーナーは、閉室致しますので、ご了承下さい。

 

3/29(土)開館時~12:00頃(家族プログラム終了時まで)

4/2(水)開館時~12:00頃(家族プログラム終了時まで)

4/15(火)開館時~12:00頃(レクチャー終了時まで)

2014年1月30日

2014年2月6日~9日、「スイス・デイズ」が開催されます

2014年は、日本スイス国交樹立150周年のアニバーサルイヤーです。2014年2月6日(木)~9日(日)まで、六本木ヒルズアリーナでは、両国の友好を祝うフェスティバル「スイス・デイズ」が開催されます。
音楽やワイン、ライトショーなど、スイス色に染まる4日間を是非お楽しみください!
詳しくはこちらをご覧ください☛ 
 
スイス・デイズ 

また、2014年6月には、スイス生まれの画家フェリックス・ヴァロットンの日本初の回顧展「ヴァロットン ―冷たい炎の画家」が当館にて開催されます。詳しくは、 ヴァロットン展特設サイトをご覧ください。  スイスが熱い2014年、どうぞお楽しみに!
 
ヴァロットン展チラシ

2014年1月23日

【重要】美術館内各施設 臨時休業のお知らせ

下記日程において、美術館内各施設が臨時休業となります。お出かけの際にはご注意ください。

【カフェ1894】

1月27日(月) 終日休業

1月29日(水) 終日休業

 

【歴史資料室/デジタルギャラリー】

1月29日(水) 終日休館

 

なお、美術館では1月30日(木)より「ザ・ビューティフル―英国の唯美主義 1860-1900」展を開催いたします。

是非ご高覧いただければ幸いです。

2013年11月1日

11月14日(木)開催!アート×食×音楽が融合した大人の夜アソビ

music@museumトリミング  
クラシックな赤煉瓦の三菱一号館美術館を舞台に繰り広げられるアートな夜―。

11月14日(木)18:00~21:00、三菱一号館美術館で女性限定のイベント「MUSIC@MUSEUM」を開催します。開催中の「三菱一号館美術館名品選2013」展の貸切鑑賞、ミュージアムカフェCaf é1894でのお食事、トークショーとゲストアーティストによるライブで構成された、女性だけの、オシャレで楽しい一夜をお過ごしください。

イベント詳細はこちらをご覧ください☛

申込方法:下記指定応募フォームよりお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/f38dd5af49377

2013年10月25日

【台風関連】開館時間を変更する場合があります。

気象庁発表によりますと、台風27号の影響により、25日から26日にかけて関東地方においても暴風、大雨が予想されております。
26日(土)に関しては、当館もCafé1894等の付帯施設を含め、開館時間、営業時間を変更させていただく場合がございますので予めご了承ください。

開館時間等変更の場合はハローダイヤル(03-5777-8600)、当ホームページにて随時お知らせ致します。お出かけの際には、くれぐれもおきをつけてお越しください。

なお、当館は東京駅より雨に濡れずに入館できるアクセスルートがございますので、ぜひこちらもご利用ください。http://mimt.jp/access/

2013年10月3日

東京駅周辺美術館マップリニューアルのお知らせ

2010年の4月からブリヂストン美術館、出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館の4館でスタートした東京駅周辺美術館マップに、東京ステーションギャラリーが加わって、5館でリニューアルスタートすることとなりました。今までの2館目割は廃止し、どこでも利用できる割引機能を備えたマップに生まれかわりました。ぜひご活用ください。
リリースのダウンロードはこちらから↓
130927_News_Release_1

2013年3月18日

【レポート】クラーク展担当学芸員によるトークイベントが開催されました

3月13日(水)に丸の内カフェSEEKにて、「奇跡のクラーク・コレクション」展担当学芸員・阿佐美淑子によるトークイベント「丸の内アートサロン 展覧会を語る」が開催されました。

 
 
特に会場が沸いたのは、本展のメインビジュアルとなっている《劇場の桟敷席》に関するお話。実はこの作品、エックス線で見ると塗りつぶされた男性が浮かび上がってくる劇的な作品なのです。 
  
 
今でもその痕跡を肉眼で見ることが出来ます。
是非、この作品を目の前でじっくりご覧になってみてください。

2013年3月15日

女優の黒柳徹子さん、建築家の内藤廣さん、クラーク展御来訪

女優・黒柳徹子さんと、建築家の内藤廣さんが、「奇跡のクラーク・コレクション」展にご来訪されました。

  

三菱一号館美術館館長・高橋明也(左)、女優・黒柳徹子さん(中央)、建築家・内藤廣さん
<丸の内仲通りにて>
 
黒柳さんには、今回クラーク展の音声ガイドのスペシャルコンテンツにご出演頂きました。
当館館長・高橋明也とのスペシャル対談という新しい切り口で、クラーク・コレクションの魅力をたっぷりご紹介下さっていますので、ご来館の際は、是非ご利用くださいませ。 
 
詳しくはこちらをご覧ください☛

2013年3月5日

【お知らせ】クラーク展図録/webでの販売を開始しました

美しいデザインと充実の内容でご好評を頂いております「奇跡のクラーク・コレクション」公式図録が、webでもお買い求め頂けるようになりました。

展覧会に足をお運び頂けない方も、美しい図版が満載の図録を是非ご覧くださいませ。 

お申込みはこちら☛ 

 
表紙はルノワールの《劇場の桟敷席》 
 
 
裏表紙は、ルノワールの《鳥と少女》。ブルーがとても爽やかな印象です。
 
 
中面もほんの少しご紹介。ジェロームの《蛇使い》も迫力ある見開きで掲載。
 
尚、「奇跡のクラーク・コレクション」公式図録は、三菱一号館美術館のミュージアムストア「ストア1894」でもお買い求め頂けます。併せてご利用くださいませ。

※但しストア1894では店頭のみでのお取り扱いになります。

2013年2月27日

漫画家の細野不二彦さん、クラーク展内覧会御来訪

 

 
細野不二彦さん(写真左)と三菱一号館美術館館長・高橋明也 
 
『ギャラリーフェイク』で有名な漫画家の細野不二彦さんが、「奇跡のクラーク・コレクション」展内覧会にお越しくださいました。
クラーク展には、細野さんがご自身の作品で取り上げられたルノワール絵画作品も出品されています。
ルノワール作品をはじめ、クラーク・コレクションの世界を満喫してくださいました。

2013年2月26日

東京駅周辺美術館共通券の当館分販売終了のお知らせ

当館窓口で販売しておりました東京駅周辺美術館共通券は、ご好評につき当館販売分が完売となりました。

ご購入をご希望の方は、出光美術館、ブリヂストン美術館では引き続き販売しておりますので、どうぞお早目にお買い求めください。

2013年2月20日

ギタリスト・村治佳織さんとの対談記事が掲載されます

世界的に活躍されているギタリスト・村治佳織さんと、三菱一号館美術館館長・高橋明也の「奇跡のクラーク・コレクション」に関する対談記事が、2月25日(月)発行される読売新聞・夕刊に掲載される予定です。  
 
三菱一号館美術館館長・高橋明也とギタリスト・村治佳織さん。
 

ルノワールの作品の前で。村治さんと高橋館長。 
 
印象派作品が生まれた19世紀、ギター、スペイン・・・。村治さんならではの様々なキーワードで本展について語って頂きました。是非ご覧ください。

2013年2月17日

【レポート】ブロガー内覧会が開催されました

2月13日(水)、著名な美術ブログ「青い日記帳」×「奇跡のクラーク・コレクション」ブロガー内覧会が開催されました。 
 
前半は、「青い日記帳」主宰のTakさんと、三菱一号館美術館主任学芸員・阿佐美淑子によるトークを開催。(時間の関係でTakさんのお話はほとんど伺えず、残念な結果となりました・・) 

トークの様子 。皆様一斉に写真を撮られています!

 
その後、「クラコレ」を貸切でご鑑賞。皆様とても熱心に写真を撮られ、その場ですぐにTwitterにつぶやいて下さいました。  
 

ルノワールの作品が集まっている大きな展示室が人気がありました。  
 
今回残念ながらご参加頂けなかった皆様も、また次の機会に是非ご参加くださいませ。 
 
より詳しいトーク内容をお楽しみ頂ける「青い日記帳」はこちら☛

2013年2月8日

【レポート】館長・高橋明也のトークイベントが開催されました。

昨日、「奇跡のクラーク・コレクション」展開幕前のプレイベントとして、当館館長・高橋明也によるトークイベントがmarunouchi cafe SEEKにて開催されました。 

 
アメリカ人大富豪のクラーク夫妻が収集したクラーク・コレクションをはじめ、ガートルード・スタインや、イザベラ・スチュワート・ガードナーら偉大な女性美術収集家、著名なバーンズ・コレクション、フィリップス・コレクションなど、アメリカにおける多彩な近代美術コレクションを比較しながらご紹介。そして、それらのコレクションが、アメリカとフランスの近代絵画を結び付けていった ・・といったお話に、皆さん非常に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。   

 

次回は、「奇跡のクラーク・コレクション」展を担当した、三菱一号館美術館主任学芸員・阿佐美淑子によるトークイベント「丸の内アートサロン 展覧会を語る」が3月13日にmarunouchi cafe SEEKで開催されます。皆様是非ご参加ください。
 
イベントに関する情報はこちら☛

クラコレサイト更新しました

いよいよ開幕を明日に控えた本日、クラコレサイトも大幅に更新されました。
 
新たに公開したページはこちらです↓

・Café 1894展覧会メニュー 
・グッズ・図録 
・音声ガイド 
・展覧会タイアップ情報 ・見どころ作品② 
・作家紹介② 
 
クラコレを楽しむ情報が盛り沢山です!ご来館前に是非ご覧ください。 
 
 
「奇跡のクラーク・コレクション」いよいよ明日開幕です!

2013年2月7日

いよいよ明後日開幕! 奇跡のクラーク・コレクション

只今三菱一号館美術館の展示室では、「奇跡のクラーク・コレクション ―ルノワールとフランス絵画の傑作」展の展示作業が着々と進められ、展示室が日々華やかになっています。 
 
 <展示作業風景>
 
作品の箱をあけるたびに、ルノワールをはじめとする作品のあまりの美しさ、素晴らしさに、担当学芸員をはじめ関係スタッフ一同がため息をつくほどです・・・。

左)修復家・岩井貴愛氏、中)クラーク美術館のマティー・ケリー氏、右)修復家・岩井希久子氏 
 
まさに「宝石箱」のようなコレクション。いよいよあと3日で開幕です。どうぞお楽しみに!!!

2012年12月21日

女優の黒柳徹子さん、建築家の内藤廣さん、シャルダン展御来訪

女優の黒柳徹子さんと建築家の内藤廣さんがシャルダン展にお越しになりました。
黒柳さんは「今回は初期の静物画、風俗画、後期の静物画という流れの中でシャルダンの作品をいっぱい見て驚き感動しました。初期の兎の絵は耳までよく描けているのが解ります。後期の兎はぬいぐるみみたいに可愛い。風俗画でモデルになっている若い女の子は神々しいまでに清純でイノセンス(無垢)を感じます。行儀正しく教育を受けている佇まいは柔順で美しいですね。それでも兎や女の子も、シャルダンが好んで描いた金属の鍋や陶器と同じように描いたのかな?って思います。この画家の物の見方が解る気がする。それに“バサバサ”“トゲトゲ”した所が全然ないじゃん?!ブレてなくていいじゃん!それに、背景の色の良さといったら!とても綺麗で『品格』とはどういうものであるかが解る絵です。あと《木いちごの籠》の木いちごは「いったいどうやって積んだのかしら??」って物凄い気になるわ!」と語ってくださいました。
内藤さんからは「シャルダンのことは高橋さんから「神無きスルバラン* 」だという話を聞いていましたが、こうして実際に作品を見てみると神はそこに居るように思います。些細で何物でもない中に美しさが宿っていて感動しています。」という素敵なコメントを頂きました。
*フランシスコ・デ・スルバラン(1598-1664)
スペイン絵画の黄金時代と言われる17世紀前半に活躍した画家。厳格なレアリスムを基調とした神秘主義的な宗教画・静物画を描いたことで名高い。
写真右:内藤廣さん/中:黒柳徹子さん/左:高橋明也(当館館長)

2012年12月19日

版画家・山本容子さん、シャルダン展御来訪

銅版画家の山本容子さんがシャルダン展にお越しくださいました。
「一見静かに見えますが、しっかり絵を見れば、シャルダンの絵は細部に至るまで静かなドラマが感じられます。空気感がすばらしいです!とても好きな画家です。」と語ってくださいました。
写真右:山本容子さん/左:高橋明也(当館館長)

2012年12月17日

【参考】年間パスポートについて

大変好評いただいております年間パスポート。もうお求めいただきましたでしょうか?本パスポートは年内いっぱい販売予定です。但し、在庫が無くなり次第販売は終了いたします。現在はまだ販売しておりますが、残部が僅少となってきております。ぜひお早めにお求めください。なお、在庫が無くなり次第こちらの美術館ニュースにてお知らせいたします。販売終了となりました場合はハローダイヤル(03-5777-8600)でもご確認いただけます。
                                                                  

ところで、年間パスポート5,000円(税込)でいったいどれくらいお得なのでしょうか?

例えばご購入者と同伴者一名でシャルダン展、クラーク・コレクション展、浮世絵展(全3期)をご鑑賞いただいた場合、

シャルダン展1,500円+クラーク展1,500円+浮世絵展1期1,300円+浮世絵展2期1,100円※+浮世絵展3期1,100円※=6,500円×2名⇒13,000円
(※リピート割引適用後)もするところがたった5,000円でお求めいただけます。つまり、上記例ですと8,000円もお得です。
                  
        
この機会にぜひお求めください。年間パスポートお求めにあたっての注意事項等、詳しくはこちらをご覧ください。

2012年12月13日

皇后陛下が「シャルダン」展をご鑑賞されました

皇后陛下は12月13日(木)午前、三菱一号館美術館に行啓あそばされ、当館の高橋明也館長の説明を受けながら開催中の「シャルダン展―静寂の巨匠」をご鑑賞されました。
《食前の祈り》、《羽根をもつ少女》、《木いちごの籠》などを熱心にご覧になられ、シャルダンの絵の優しくひめやかな世界に魅せられたご様子でした。また当館所蔵のオディロン・ルドンの《グラン・ブーケ(大きな花束)》にも大きな関心をもたれていらっしゃいました。

2012年11月22日

三連休の開館時間について

明日から三連休ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。当美術館の開館時間のお知らせを申し上げます。

11月23日(祝・金)10:00~18:00
11月24日(土)  10:00~20:00
11月25日(日)  10:00~18:00
※入館は30分前まで

23日は金曜日ですが祝日のため開館時間は祝日扱いとなります。(夜間開館及びアフター6割引もございません。)
24日(土)、25日(日)は通常の土、日曜日の開館時間となります。
なお、カフェストア歴史資料室、三菱センターデジタルギャラリーも同様に23日は祝日扱いです。お間違えのないようお出かけください。

2012年11月9日

年間パスポートご購入希望の方へ(2012.11.9)

当館の年間パスポートは販売数量限定となっております。まだ残部がございますが、在庫が僅少となってきておりますので、ご購入を検討されている方はお早目にお求めいただければ幸いです。なお、在庫払底の場合はまたこちらの美術館ニュースでお知らせいたします。パスポートに関する詳細はこちらをご覧ください。

2012年10月26日

10/25発売の「芸術新潮」でシャルダン展が紹介されました。

10月25日発売の「芸術新潮」にシャルダンの風俗画について本展でも学術協力をして頂いた大野芳材先生の記事が掲載されています。

芸術新潮の目次はこちら→

2012年10月12日

10/10付朝日新聞(夕刊)でシャルダン展が紹介されました。

10月10日付の朝日新聞(夕刊)で「日常の実質、純粋に 仏の巨匠・シャルダン展」という見出しでシャルダン展が紹介されました。
本展監修者でルーヴル美術館名誉総裁・館長のピエール・ローザンベールさんのコメントも掲載されています。

朝日新聞デジタルにも掲載されています。(全文を読むためには登録が必要です。)
こちらをご覧ください→

2012年8月8日

小学生ワークショップ②開催しました

今日は昨日に続きCafe1894にて小学生高学年向けの工作教室が開催されました。
ペルセウスに倒されたはずの大海蛇を復活させよう!ということで、
120cmほどの大海蛇に好きな装飾をして、ぐるぐる巻いて形を作りました。

女の子の作品はリボンがついてかわいい仕上がりになったり、
男の子の作品はうろこがついたり羽が付いたり、強そうな仕上がりになっていました。

ワークショップは終了しましたが、展覧会は8/19(日)まで開催しており、
小学生は無料でご参加いただけるクイズラリーもございますので
ぜひこの機会にご来館ください!

2012年8月7日

小学生ワークショップ①開催しました

今日は小学生1~3年生を対象としたワークショップが

館内にありますミュージアムカフェのCafe1894にて開催されました。

いつもはティータイムで賑わう空間ですが、夏休み中の小学生が集まり

別の賑やかさと微笑ましさが漂う空間になりました。

保護者の方のあたたかい見守りの中、ペルセウスが履いているサンダルと

兜の制作に熱中していました。

最後には講師特製の剣のプレゼントをもらって9人の若き英雄ペルセウスが

誕生しました!

明日は高学年向けの工作教室でペルセウスに倒された大海蛇を復活させます!

2012年8月1日

家族プログラム 第二回終了

本日も暑い中、8組のご家族にお集まりいただき
バーン=ジョーンズ展の家族プログラムが開催されました。

うちわ制作では四コマまんがを描かれたり、
展示作品からヒントを得て独自の物語を描かれたりと
とってもステキな作品ができあがりました☆

2012年7月30日

世紀末芸術 館長対談イベント開催しました

7/29(日)にブリヂストン美術館にて
三菱一号館美術館館長高橋明也と
ブリヂストン美術館島田紀夫館長による
世紀末芸術-イギリスvsフランスの対談が行われ、
事前申し込みをいただきました100名近くの方に
猛暑の中お集まりいただきました。

講演会の内容は8月上旬からブリヂストン美術館にて開催中の
「ドビュッシー 音楽と美術 印象派と象徴派のあいだで」のHPにて
公開予定ですのでどうぞお楽しみに!

2012年7月28日

小学生ワークショップ参加者募集!

現在開催中の「バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴-」では、神話や物語を主題に多くの作品を描いたバーン=ジョーンズ展の世界を、より深く親しんでいただけるよう、ワークショップを開催いたします。

夏休みの自由研究にも最適な工作教室では、実際に自分の手を動かし作ることで、新しい発見ができるはず。是非ご参加ください!

お申込み・詳細はイベントページをご覧ください。

2012年7月24日

バーン=ジョーンズ展“アフター6”割引始まります!

現在開催中の「バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴-」では、

大人入館料が500円もお得になる夜得プラン“アフター6”割引き

8月2日(木)から毎週木曜・金曜に実施いたします。

   ★対象日:毎週木曜・金曜(8/2,3,9,10,16,17)

   ★時 間:18:00~20:00(最終入館:19:30)

   ★料 金:1,000円(大人入館料のみ適用)

※前売券等の払い戻し不可、他の割引との併用不可

日中の混雑を避けて比較的ゆっくりとご鑑賞いただけますので

是非お仕事帰りやデート等でお立ち寄りください!

鑑賞券付きホテル宿泊プラン

もう夏休みの計画はたてられましたか?

現在開催中の「バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴-」の鑑賞券がついた

お得なプランを利用してホテルステイはいかがでしょうか?

2012年7月23日

家族プログラム開催しました

7/22(日)に「バーン=ジョーンズ展」家族プログラムの
第一回目が開催されました。
皆さん真剣に作品を鑑賞され、思い思いの感想を発表し合ったり、
うちわ作りでは、夏の思い出などを描かれたりと
ご家族でお楽しみいただけました!

8月7日と8日は小学生向けの工作教室を開催します!

まだ空きがございますのでこちらも是非ご参加ください!

2012年7月17日

ト-クセミナー「展覧会を語る」が開催されました

7/13(金)にmarunouchi cafe SEEKにて丸の内アートサロン「展覧会を語る」が開催され、担当の加藤学芸員が現在開催中の「バーン=ジョーンズ展」の魅力について語りました。

小学生ワークショップ参加者募集!

現在開催中の「バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴-」では、神話や物語を主題に多くの作品を描いたバーン=ジョーンズ展の世界を、より深く親しんでいただけるよう、ワークショップを開催いたします。

夏休みの自由研究にも最適な工作教室では、実際に自分の手を動かし作ることで、新しい発見ができるはず。是非ご参加ください!

お申込み・詳細はイベントページをご覧ください。

2012年7月11日

小学生クイズ開催中!

バーン=ジョーンズ展会期中、館内にて小学生クイズを無料で開催しています。今回は、物語の世界を多く描いたバーン=ジョーンズの作品にちなみ、展示を見ながらクイズに答えて、最後に王女を助ける冒険ストーリーとなっています。
 クイズに答えたお子様には、記念品をプレゼント!是非チャレンジしてみてください! 
 
バーン=ジョーンズ展では、保護者1人につき中学生以下のお子様2人まで無料でご覧頂ける家族割引も実施しています。 夏休みはご家族揃ってバーン=ジョーンズ展へ! 
 
※小学生クイズは数量限定、なくなり次第終了とさせて頂きます。 
 

2012年7月10日

この後すぐ!20時~「ぶらぶら美術博物館」

本日、20:00~20:54 BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」にて、バーン=ジョーンズ展が紹介されます。みなさん、どうぞご覧下さい! 
 
詳しくはこちら☛

2012年7月9日

7月10日(火) BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」でバーン=ジョーンズ展紹介

7/10(火)20:00~20:54 BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」にて、バーン=ジョーンズ展が紹介されます! 
 
お馴染みの山田五郎さん、おぎやはぎさん、相沢紗世さんに加えて、今回は修復家の岩井希久子先生、三菱一号館美術館の高橋館長がバーン=ジョーンズ展の見どころをご紹介。  バーン=ジョーンズの作品の秘密も・・! 是非ご覧下さい! 
 
詳しくはこちら☛

2012年6月1日

バーン=ジョーンズ展ポスター、街中に続々登場!

みなさん、ポスターはもうご覧になりましたか?
ポスターの様に、多くのお子さんやそのご家族の方、バーン=ジョーンズをご存知の方も、そうでない方も、沢山の方々が当館にお越し頂けることを、心よりお待ちしております!
バーン=ジョーンズ展は6月23日(土)開幕です!
*本展では、家族割引を実施致します。詳しくはこちらへ☛ 
 

 
 

2012年5月29日

東京駅周辺美術館共通券について

今年1月より販売を開始し、大変ご好評を頂きました東京駅周辺美術館共通券ですが、三菱一号館美術館での販売は5月27日(日)の型紙展終了をもって完了いたしました。誠に恐れ入りますが、共通券ご購入希望の方は、ブリヂストン美術館、および出光美術館にて引き続き6月10日(日)まで販売しておりますので、そちらでご購入いただければ幸いです。
なお、当館での共通券のご利用は、6月23日(土)より開催のバーン=ジョーンズ展会期にて、6月30日(土)までとなっております。

2012年5月16日

バーン=ジョーンズ展 本サイトオープンしました!

6月23日(土)より開催される次回展覧会「バーン=ジョーンズ展―装飾と象徴―」の本サイトが本日オープン!

バーン=ジョーンズの精緻な作品の細部をじっくり見れる、虫眼鏡機能も付いています。

是非ご覧ください! こちら→

2012年2月2日

「ルドン」展 小学生クイズ始まります!

「ルドンとその周辺-夢見る世紀末」展 では、2/4(土)より、小学生クイズを開始いたします。

 
 

 
【クイズの流れ】
チケット窓口で、小学生に問題用紙をお渡しいたします。

クイズになっている作品の場所は、問題用紙に載っている地図を参考になさって下さい。

全部のクイズが解けましたら、歴史資料室のスタッフへお声掛け下さいませ。 問題の答えと、参加賞としてご参加頂いたお子様全員へ、ルドン展オリジナルポストカードを1枚差し上げます。

皆様是非、お子様と一緒にクイズに挑戦してみて下さい! 
 

【ご注意点】
ポストカードは2種類ございますが、ご希望に添えない場合がございます。
予めご了承下さいませ。

2011年12月22日

【年末年始 営業時間のご案内】

三菱一号館美術館全館の年末年始営業時間をご案内致します。 
各施設により営業時間・休業日が異なりますので、ご注意ください。
 
【三菱一号館美術館】  
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:oo~18:00
※最終入館時間は17:30まで。
12月26日(月)~2012年1月16日(月) 休館 
 
【Café 1894】 
12月23日(金・祝) 11:00~19:00
12月24日(土)、25日(日) 11:00~22:00
※但し、18:oo~22:00は、完全予約制のクリスマス特別ディナー営業です。
12月26日(月)~31日(土) 11:00~18:00(L.O.17:00)
2012年1月1日(日) 休業 
2012年1月2日(月)~1月15日(日) 11:00~18:00(L.O.17:00)
2012年1月16日(月) 休業 
 
【Store 1894】
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00
12月26日(月)~2012年1月16日(月) 休業
 
【歴史資料室】 
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00 
12月26日(月)~28日(水) 10:00~19:00 
12月29日(木)~31日(土) 10:00~17:00 
2012年1月1日(日) 休業 
2012年1月2日(月)、3日(火) 10:00~17:00
2012年1月4日(水)~6日(金) 10:00~19:00
 
※1月7日(土)~通常営業。但し、1月14日(土)~16日(月)は臨時休業致します。
 
【デジタルギャラリー】
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00 
12月26日(月)~28日(水) 10:00~19:00 
12月29日(木)~2012年1月3日(火) 休業
2012年1月4日(水)~6日(金) 10:00~19:00 
 
※1月7日(土)~通常営業

 
 
 
 
 
 
 

 

2011年12月17日

ロートレック展ぬりえコンテスト 入選作品発表!!!

ロートレック展ぬりえコンテストにご応募頂いた皆様、素敵な作品を沢山生み出して頂き、本当にありがとうございました! どれも選び難い作品ばかりでしたが、高橋館長によって選ばれた入選作品を発表致します!   
 
【 高橋館長賞 】  花島 結花里さん(49歳)の作品/色鮮やかでとてもきれいです!

  
 

  ■   丸山 満ちるさん(9歳)の作品/元気いっぱい!楽しげなコンフェッティです! 
 
                  
 

■ 肥塚 豊子さん(?歳)の作品/ラメがキラキラと効いてます!
  
 

■ 三林 妙子さん(26歳)の作品/なんて独創的なシンプソンのチェーン!!! 
 
 

■ 野中 陽介さん(32歳)の作品/紙吹雪の広告にちなんだアイディアある作品! 
 
 

 
高橋館長のコメントはこちら
「ロートレックの素晴らしい線と色―、応募作品を観ていると、沢山の人たちがその虜になっていることが良く分かりました・・・。」
 
【高橋館長と館長賞作品】 
 
 
【選考風景】 

 
 
入選された5名の方には、2012年1月17日から開催する「ルドン展無料鑑賞券」をお一人につき2枚プレゼント!おめでとうございます!!!  
また、この度は残念ながら選考にもれてしまった方も、ご応募頂き誠にありがとうございました。今後当館で行うまた別のイベントにも、皆様是非ご参加くださいませ!

2011年12月7日

ロートレック展ぬりえコンテスト開催中!!

線と色面構成の天才との呼び声も高いロートレックにちなみ、11月25日(金)~12月12日(月)まで、全ての方を対象にした「ロートレック展ぬりえコンテスト」を開催しています!

「トゥールーズ=ロートレック」展特設サイト内、「ロートレック展を楽しむ10のこと」から4種類のぬりえがダウンロード出来ます。自由に色を塗って、三菱一号館美術館内のポストに応募して下さい。応募作品の中から、入選作品5点が選ばれます。受賞者の作品は当館webサイトに掲載される他、賞品として2012年1月17日から開催する「ルドン展無料鑑賞券」をお一人につき2枚プレゼントします!ふるって応募して下さいね! 

ぬりえダウンロードはこちらから→

   
【開催概要】
応募資格:どなたでもご参加頂けます
募集期間:2011年11月25日(金)~12月12日(月)
応募場所:三菱一号館美術館「歴史資料室」内、コンテスト応募箱へ投函して下さい。
※歴史資料室営業時間:月~金/10時~19時、土・日・祝・年末年始/10時~18時
※応募期間外、または郵送での応募は受け付けません。
発表日 :2011年12月17日(土)
発表方法:受賞者名及び受賞作品は、三菱一号館美術館webサイト内、「美術館ニュース」で発表します。
選考者 :三菱一号館美術館館長 高橋明也

 
 
【応募にあたってのご注意点】
1.作品の裏面に、住所・氏名・年齢・電話番号を明記して下さい。
2.本コンテストにあたり取得した個人情報は、受賞者の発表及び賞品の発送以外の目的には使用しません。 
3.受賞者の発表にあたり、作品、氏名・年齢がwebサイト上に掲載されますので予めご了承下さい。(ペンネームをご希望の方は、氏名に加えてペンネームもご明記下さい
4.応募用紙はA4サイズをご用意下さい。
5.着色の道具は問いません。(絵の具、色鉛筆、クレヨン、マジック等)
6.応募作品はお返ししません。 
7.賞品は発表日当日付で受賞者宛発送します。

  

2011年12月2日

年間パスポート 販売終了しました

ご好評につき販売予定枚数終了いたしました。
なお、今後の販売は未定となっております。

2011年4月20日

The Marunouchi Art Journal 配布開始しました

現在開催中の「マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン」展を紹介したフリーペーパー「The Marunouchi Art Journal」が、大手町・丸の内・有楽町の各ビルで配布されています。
「18世紀のフランスで発行された新聞」という想定で展覧会を楽しくナビゲート。

更に、この「The Marunouchi Art Journal」をご持参頂くと、「ヴィジェ・ルブラン」展の観覧料が100円引きになります。
どうぞ、ご活用下さい。
※美術館館内では配布しておりませんのでご注意下さい。
※チラシは無くなり次第、配布終了とさせて頂きますので予めご了承下さい。

展覧会チケットサービス実施中!

丸の内ブリックスクエアでは、現在開催中の「ヴィジェ・ルブラン」展のチケットをお持ちのお客様を対象に、チケットサービスを行っています。(一部店舗をのぞく)

ワンドリンクサービス、デザートサービス、割引サービスなど各店舗によってサービス内容は異なります。

詳しくはこちらをご覧下さい→

2010年12月28日

ギタリスト・村治佳織さんから展覧会の感想を頂きました。

カンディンスキー展サイト「展覧会の感想」ページを更新しました。
第二弾は、ギタリストの村治佳織さんから展覧会の感想を頂きました。
カンディンスキーが描いたヨーロッパの風景について、海外、特にヨーロッパを中心に活躍されている村治さんならではの視点で語ってくださいました。
―カンディンスキー 旅と音の風景―
是非、ご覧ください!

2010年6月3日

6月5日(土)NHKBShi生放送番組とCS放送のお知らせ

■NHKBSハイビジョン(生放送番組)
「ニッポンが19世紀パリになる!印象派名画大集合」
6月5日(土)午後4:00~8:30

■CS放送 日テレG+
「読売スペシャル 「マネとモダン・パリ」展」
6月5日(土)午前11:00~12:00
「マネとモダン・パリ」展の監修者でもある高橋館長と読売新聞・市原記者の対談を軸に、本展を深く楽しく紹介します。
グッズショップやカフェなどもあわせてお伝えしますので、ぜひご覧ください!
日テレG+の番組表はこちらから→

美術館ニュース

美術館ニュース

2021年6月30日

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)の有効期限の延長

MSSサポーターの皆さま、いつも当館をご支援いただき
ありがとうございます。

当館は「コンスタブル展」を
4月25日(日)から5月30日(日)まで、36日間休館いたしました。
※月曜日を含む日数

本休館に伴う対応として、
お手持ちのサポーターカードの有効期限の延長についてご案内いたします。

休館により、MSSサポーターの方々が、有効期限中であるにもかかわらず
来館できなかった日数分(機会損失日数)を、6月30日を起点に延長いたします。

詳しくは[新有効期限の早見表]の該当する日付をクリックしてご覧ください。

ご来館の際に、カードをご提示いただければ、
新有効期限の期間中、お手持ちのカードでそのままご利用いただけます。
カードの交換や書き換え等は必要ございません。

これからもMSSをどうぞ宜しくお願いします。

[新有効期限の早見表]
旧有効期限が
2021年4月25日~2021年7月31日の方
2021年8月1日~11月30日の方
2021年12月1日~2022年3月31日の方
2022年4月1日~2022年4月25日の方

【三菱の至宝展】夜間開館時間変更のお知らせ

三菱一号館美術館は、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止(まん延防止等重点措置)のため、当面の間、夜間開館を20:00までといたします。

変更がございましたら、美術館ニュースにて随時お知らせいたします。

皆様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021年5月26日

コンスタブル展閉幕と全館臨時休館継続(Café 1894含む)のお知らせ

新型コロナウイルス対応における緊急事態宣言の発令及び緊急事態宣言の延長に伴う東京都の休業要請をうけ、4月25日より当面の間、全館臨時休館としておりましたが、休館を継続することに伴い「テート美術館所蔵 コンスタブル展」(会期5月30日まで)を閉幕することにいたしました。

展覧会の再開を楽しみにお待ちいただいた皆さまには、大変残念なお知らせとなり心苦しい限りですが、ご理解いただきますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。

なお、「テート美術館所蔵 コンスタブル展」の閉幕前に、以下の日程でInstagramアプリを利用したライブ配信を行う予定です。

「テート美術館所蔵 コンスタブル展」をご紹介するInstagram Live配信
■日時:
〈Part1:展示室3階〉5月27日(木)12:30~13:00
〈Part2:展示室2階〉5月28日(金)12:30~13:00
■内容:
ゲスト視聴者としてオンラインで和田彩花さんをお迎えし、担当学芸員・杉山菜穂子のギャラリートークをコンスタブル展の会場から配信します。詳細はこちら

【閉幕】
「テート美術館所蔵 コンスタブル展」

【臨時休館対象施設】
Café 1894
Store 1894
三菱一号館歴史資料室
三菱センターデジタルギャラリー

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)につきましては、臨時休館に伴い販売を中止しております。
臨時休館中の対応として、既存のMSSサポーターカードの有効期限を延長いたします。
延長する期間については、決まり次第ご案内します。

2021年5月25日

三菱一号館美術館 Instagram Live(インスタライブ)配信のお知らせ

三菱一号館美術館は、休館中の館内から「テート美術館所蔵 コンスタブル展」をご紹介するInstagram Live配信を、下記のとおり予定しております。今回は、当館のことを様々な場面で取り上げてくださっている和田彩花さんとの実験企画として開催します!
■日時:
〈Part1:展示室3階〉5月27日(木)12:30~13:00
〈Part2:展示室2階〉5月28日(金)12:30~13:00

■内容:
ゲスト視聴者としてオンラインで和田彩花さんをお迎えし、担当学芸員・杉山菜穂子のギャラリートークをコンスタブル展の会場から配信します。

■視聴方法:
Instagramアプリで
三菱一号館美術館公式インスタグラムアカウント [@mitsubishi_ichigokan_museum]
和田彩花さんの公式インスタグラムアカウント [@ayaka.wada.official]

のいずれかをフォローしていただき、お時間になりますとInstagramご自身のホーム画面の左上の丸いアイコンに「live」の表示と輪郭が点滅しはじめます。点滅しているアイコンをタップするとライブ画面が表示されます。
※事前のお申込み、参加費等は不要です。

■お願い:
この度当館は初めてInstagramのライブ配信機能を使用します。展示室内の通信環境は事前に確認をしておりますが、皆さまがアクセスしてくださる環境においては検証しきれておらず、通信が中断する可能性もございます。
通信が途切れる現象が長く続くと判断した場合は、お送りする場所と一部内容を変更する場合がございます。
予めご理解ならびにご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

2021年5月11日

全館臨時休館(Café1894含む)継続のお知らせ

新型コロナウイルス対応における緊急事態宣言の発令により4月25日より全館臨時休館しておりましたが、緊急事態宣言の延長に伴う東京都の休業要請をうけ、引き続き、当面の間、全館臨時休館とさせていただきます。
【臨時休館対象施設】
「テート美術館所蔵 コンスタブル展」
Café 1894
Store1894
三菱一号館歴史資料室
三菱センターデジタルギャラリー

再開の見込みが立つ場合は、当館WEBサイトの美術館ニュース欄にてお知らせいたします。

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)につきましては、臨時休館に伴い販売を中止します。
臨時休館中の対応として、既存のMSSサポーターカードの有効期限を延長いたします。
延長する期間については、決まり次第ご案内します。

なお、本サイトトップページの開館カレンダーについて、東京都の休業要請に従い、5月末日まで「休館」と表示しております。

皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

2021年3月19日

開館11周年 4月6日(火)~11日(日)までトートバッグキャンペーン  丸の内エリアの物販、飲食店舗も参加!

2010年に開館した三菱一号館美術館(東京・丸の内)は、来る4月6日(火)に開館11周年を迎えます。感謝の気持ちをこめて、2021年4月6日(火)~11日(日)まで、下記の通りイベントを開催します。尚、当日は「テート美術館所蔵 コンスタブル展」【会期:2021年2月20日(土)〜5月30日(日)】を開催しております。

◆4月6日(火)~11日(日)の期間中、「テート美術館所蔵 コンスタブル展」にご来場のお客様毎日先着111名の方に、出品作品《虹が立つハムステッド・ヒース》にインスパイアされたオリジナルイラストのトートバッグ(非売品)をプレゼント!

◆11周年記念トートバッグにはさらに嬉しい特典が!対象期間:4月6日(火)~11日(日)

丸の内エリアの「トートバッグキャンペーン」参加店舗*にトートバッグを持参すると様々なサービスが受けられます。トートバッグを持って丸の内エリアで素敵な1日をお過ごしください!

詳しくはこちらをご覧ください!

2021年3月16日

歴史資料室で個展を開催します

このたび三菱一号館 歴史資料室にて、「アートアワードトーキョー丸の内2020」
三菱地所賞受賞者、岩森咲季さんの個展「テツノホシ」を
2021年3月16日(火)~4月11日(日)まで開催いたします。

開館時間 10:00~18:00 入館は閉館の30分前まで
休館日  月曜日

<岩森咲季さんのプロフィール>
1993年 東京都生まれの美術家。
2020年 東京造形大学造形学部美術学科彫刻専攻領域卒業。
現在、東京造形大学大学院造形研究科造形専攻修士課程美術研究領域在籍。
2020年「アートアワードトーキョー丸の内2020」三菱地所賞受賞の他、
2019年度 ZOKEI展 ZOKEI賞(卒業制作大賞)受賞。
今後の活躍が期待される。

※2007年から始まった「アートアワードトーキョー丸の内」(以下、a.a.t.m)は、
若手アーティストの発掘・育成を目的に開催され、2020年で14回目を迎えました。
この機会にぜひご高覧ください。

2021年3月5日

3月の夜間開館中止、ならびにカフェの営業時間変更のお知らせ

現在開催中の「テート美術館所蔵 コンスタブル展」は新型コロナウイルス感染拡大における緊急事態宣言下での開幕となり、夜間開館中止やカフェの営業時間を変更しておりました。(過去のニュース)

三菱一号館美術館では、引き続き3月中も展覧会告知物等の公示情報から内容を変更し、運営することに致しました。以下ご確認ならびに予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

◆美術館 開館時間 (3月中)
変更前)祝日を除く金曜日は21:00まで開館
変更後)祝日を除く金曜日は18:00まで開館
※4月以降は、運用が決まり次第WEBサイトでお知らせさせていただきます。

◆美術館「トークフリーデー」 (3月中)
会話をお楽しみいただく企画の「トークフリーデー」は当面の間中止とさせていただきます。
変更前)トークフリーデーの3月29日、4月26日は月曜開館
変更後)3月29日、4月26日は月曜開館
※4月以降の「トークフリーデー」については、運用が決まり次第WEBサイトでお知らせさせていただきます。

◆Café 1894 営業時間 (3月21日まで)
新型コロナウイルス感染症の感染拡散防止のため、引き続き短縮営業とさせていただきます。
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:00)
※3月22日以降の営業時間は決まり次第WEBサイトでお知らせさせていただきます。

◆MSS(三菱一号館美術館サポーター)貸切鑑賞会
延期させていただきましたMSS貸切鑑賞会の日程は、緊急事態宣言解除後に、美術館トップページ「美術館ニュース」とMSS会員ページにてお知らせ申し上げます。

◆マジックアワーチケットの販売について
3月10日(水)のマジックアワー(毎月第2水曜日夜間開館)は、中止します。楽しみにお待ちいただいていた皆さまにはお詫び申し上げますとともに、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。夜間開館を再開する際に是非ご利用ください。

 

2020年11月30日

【終了しました】MSSサポーターカード ご購入キャンペーン

ご好評につき終了しました。

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)では「展覧会に何度でも入館可能」、
「貸切鑑賞会へのご招待」 、「提携施設優待サービス」などのサービスが受けられます。
この度、MSSの提携施設をご紹介するため、キャンペーンを行います。
2020年12月1日(火)以降にサポーターカードをご購入いただいた方
先着30名様に
当館の提携施設である森美術館で2021年1月3日(日)まで開催の
「STARS展」のチケットを
当館チケット窓口にて、1枚プレゼント致します。
どうぞこの機会にご購入ください。

2020年9月17日

再掲出 MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)の有効期限の延長方法

MSSサポーターの皆さま、いつも当館をご支援いただき
ありがとうございます。

当館は「画家が見たこども展」を
2月28日(金)から6月7日(日)まで、101日間休館しておりました。
※月曜日を含む日数

休館により、MSSサポーターの方々が、有効期限中であるにもかかわらず
来館できなかった日数分(機会損失日数)を、6月9日を起点に延長しております。

具体例をご案内します。
例えば、MSSカードの裏面に記載されている有効期限が
3月1日までの方は機会損失日数が  3日、新有効期限は6月11日まで。
4月1日までの方は機会損失日数が 34日、新有効期限は7月12日まで。
6月7日までの方は機会損失日数が101日、新有効期限は9月17日まで。
6月7日以降の方はすべて有効期限から101日間延長となります。

詳しくは添付の早見表をご覧ください。

カードの裏に記載された旧有効期限の書き換えは行いませんが、
機械的に処理しますので、
ご来館の際はカードをご提示いただければ、
新有効期限内は、そのままご入館いただけます。

※但し、MSSの方も美術館ウェブサイト・チケットページ[https://mimt.jp/ticket/]で紹介するチケット販売システム「Webket」でご来場の日時指定を行い、「ご来場枠」をご予約ください。
ご入場の際に必要なQRコードが発行されます。プリントアウトをお持ち頂くか、スマートフォンの画面を入り口でご提示ください。

これからもMSSをどうぞ宜しくお願いします。

※こちらの日にち部分をクリックされると、新有効期限の早見表をご覧いただけます。
旧有効期限が2020年2月28日~2020年5月31日の方
2020年6月1日~2020年9月30日の方
2020年10月1日~2021年1月31日の方
2021年2月1日~2021年2月27日の方

2017年11月27日

2017年12月5日~10日 「思いやりウィーク」を開催します!

三菱一号館美術館は、障がいの有無に関わらず、お互いに譲り合い、思いやりの心を持って、美術作品が与える感動を共有できる環境づくりを目指しており、2017年12月5日(火)~10日(日)に「思いやりウィーク」を開催します。
今回の思いやりウィークが、ご来館の皆様にとって、観覧マナーについて考えるきっかけとなれば幸いです。

■「思いやりウィーク」」開催期間
2017年12月5日(火)〜12月10日(日)
■開館時間
10:00 – 18:00(祝日を除く金曜、11月8日、12月13日、1月4日、1月5日は21:00まで)
■期間中は、障がい者手帳をお持ちの方と同伴者の方1名様まで、「パリ❤グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター」展を無料でご鑑賞いただけます。

詳細はイベントページをご参照ください。

2017年10月11日

【参加費無料!】パリ♥グラフィック展 記念講演会

10月18日(水)に開催する「パリ♥グラフィック展 記念講演会」の参加費を
無料としました!

パリ♥グラフィック展 記念講演会(英語による講演・逐次通訳付)
日 時  10月18日(水)14:00~15:30(受付開始13:30)
講 師  フルール・ルース・ローサ・ド・カルヴァジョ氏
(本展監修者、ファン・ゴッホ美術館 版画・素描部門 学芸員)
会 場  コンファレンススクエアエムプラス「サクセス」
     (千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1階)
     ※当館より徒歩2分 ※フリードリンク付
参加費  無料
     事前申込制・先着順

皆さまどうぞお早めにお申し込みください!

なお、オンライン予約(イープラス)で既にお支払い済の方は、
講演会当日お越しの方についてのみ、お支払い済の参加費1,000円を
現金にて返金いたします。

会期中には、他にも教育普及プログラムとして、館長の高橋の講演会や
教育普及担当によるギャラリートークも開催します。
各申込方法・プログラム詳細(随時更新)はこちら

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展

2017年8月10日

【お知らせ】 8/11(祝・金)~8/13(日) 美術館地下入口を封鎖いたします

8月11日(祝・金)より8月13日(日)まで 混雑緩和のため、三菱一号館美術館の地下入口を閉鎖いたします。
美術館にお越しの際には、美術館中庭口(一号館広場に隣接したガラスの入口)をご利用ください。

なお、当館HPの「アクセス」ページでご案内しております下記バリアフリールートもご利用いただけませんので、ご注意ください。
※三菱一号館美術館 アクセスページURL⇒http://mimt.jp/access/

・D JR東京駅 地下鉄丸の内線東京駅からの
雨に濡れない地下バリアフリールート
・E 地下鉄(三田線大手町駅、千代田線二重橋駅前)からの
雨に濡れない地下バリアフリールート
・F 地下駐車場からの
雨に濡れない地下ルート(車でお越しの方)

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2017年8月9日

【満員御礼】レオナルド×ミケランジェロ展「夜のギャラリートーク」開催のお知らせ

平日の夜の美術館でレオナルド×ミケランジェロ展の鑑賞を楽しむ「夜のギャラリートーク」を開催します。お仕事やご予定などで、日中のプログラムには都合がつかなかったという方も、もう一度観たい!という方も、ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

「夜のギャラリートーク」
いずれの回も定員に達し、申込受付を締め切りました。沢山のお申込みをありがとうございました。なお、キャンセル待ちは設けておりませんのでご了承願います。
【第一回目】8月16日(水)18:30~19:15頃まで(受付開始18:15)☆夜間開館時間に開催します。
【第二回目】8月30日(水)19:00~20:00 (受付開始18:45)☆閉館後に特別に行います。
定員: 各回15名(いずれの回も事前申込制)
参加費:8月16日(水):無料(但し当日有効の鑑賞券またはサポーターカードが必要)
8月30日(水):2,000円(貸切入場料込(税込))
詳細・申込方法はこちら

2017年7月14日

【レオナルド×ミケランジェロ展】重要なお知らせ

【レオナルド×ミケランジェロ展】重要なお知らせ

①一部で配布された本展チラシに出品作として掲載された《美しき姫君》は都合により出品中止となりました。
楽しみにされていたお客様には謹んでお詫び申し上げます。

②7月11日から展覧会にミケランジェロの大型大理石彫刻作品が追加されました。→美術館ニュース

 

2017年7月6日

★夏休み特別企画★ 「親子で学ぶ 建築探検ツアー」

夏休み特別企画として「親子で学ぶ 三菱一号館 建築探検ツアー」を開催いたします。
通常一般公開していない館内のスポットもご案内しますので、ぜひ奮ってご参加ください!
申込方法等の詳細につきましては、三菱一号館美術館イベントページをご覧ください。

【日程】①2017年7月25日(火)10時~12時
    ②2017年7月27日(木)10時~12時
【対象】小学校4年生~中学校3年生とその付添いの大人の方 各回先着16名様

2017年5月18日

【お知らせ】 5/20(土)~5/21(日) 美術館地下入口を封鎖いたします

5月20日(土)より5月21日(日)まで 混雑緩和のため、三菱一号館美術館の地下入口を閉鎖いたします。
美術館にお越しの際には、美術館中庭口(一号館広場に隣接したガラスの入口)をご利用ください。

なお、当館HPの「アクセス」ページでご案内しております下記バリアフリールートもご利用いただけませんので、ご注意ください。
※三菱一号館美術館 アクセスページURL⇒http://mimt.jp/access/

 ・D JR東京駅 地下鉄丸の内線東京駅からの
    雨に濡れない地下バリアフリールート
 ・E 地下鉄(三田線大手町駅、千代田線二重橋駅前)からの
    雨に濡れない地下バリアフリールート
 ・F 地下駐車場からの
    雨に濡れない地下ルート(車でお越しの方)

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2017年5月10日

[終了しました] MSSサポーター ご来館キャンペーン

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)の会員になると、「展覧会に何度でも入館可能」
「貸切鑑賞会へのご招待」 「提携施設優待サービス」などのサービスが受けられます。

この度、MSSの提携施設をご紹介するため、
サポーターご来館キャンペーンを行います。
2017年5月11日(木)からご来館いただいた
サポーター先着30名様に
森美術館で開催されている「N・Sハルシャ展」のチケットを
1枚プレゼント致します。

ご来館いただいたサポーターの皆さまは
当館チケット窓口にて、有効期限内のサポーターカードをご提示の上、
お申し出ください。


 

 

2017年4月7日

【ナビ派展】ゴールデンウィーク期間、先着30名様にポストカードプレゼント!

現在開催中の「オルセーのナビ派展」は、ゴールデンウィーク中(2017年4月29日(土)~5月7日(日))休まず開館しますまた、同期間中にご来館頂いたお客様(各日先着30名様)に、「オルセーのナビ派展」オリジナルポストカードを進呈します。春のお散歩とともに、展覧会をお楽しみください!
ポストカード

<<<春の丸の内情報>>>>
◎三菱一号館美術館隣接の商業施設「ブリックスクエア」にて、春限定メニュー&春のおすすめ商品が登場!

■Café 1894
4月16日(日)まで、店内でお花見が楽しめる「HANAMIフェア」を実施中!店内の大きな桜の木がライトアップされ、「桜」や「春」をテーマにした特別メニューを期間限定販売します。
hanami

hanami2

(上)店内に2本の桜の木が出現!(イメージ)
(下) 桜と抹茶のmonaka モンブラン仕立て 918円(税込)

■GRILL UKAI MARUNOUCHI
5月上旬まで(予定)、人気の赤身肉のグリルや春らしい木の芽の香りを添えたタケノコのパスタが味わえます。緑あふれる開放的な店内で、季節を彩る華やかなグリル料理をお召し上がり頂けます。
ukai
スペシャルランチコース 4,860円(税込・サ別)

■キャス・キッドソン 丸の内店
春の旅行にも最適なアイテムが登場。キャス・キッドソンらしいフラワープリントのキャリーケースです。機内持ち込みも可能です。
cas1

cas2
(上)四輪キャンピングバッグ23,544円、トラベルホールドオール ピオニーブロッサム13,608円(税込)
(下)四輪キャンピングバッグ ウインドウフラワーパンチ 23,544円(税込)

■マリネッラ ナポリ 丸の内店
ブランドを代表するセッテピエゲ(7つ折り)と呼ばれる伝統的製法によるネクタイの、春らしい色とりどりのモデルが入荷しました。プレゼントにも最適です。
napori
セッテピエゲ小紋タイ32,400円(税込)

◎街なかで楽しめるクラシックコンサート
5月4日(木・祝)~6日(土)に開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017」に合わせて、4月29日(土・祝)~5月7日(日)の期間で丸の内エリアコンサートを開催。お散歩やショッピングの合間に無料で演奏をご堪能頂けます。
concert

◎女性を中心に圧倒的な人気を誇る蜷川実花氏最新作を展示
新丸ビル7階の飲食店ゾーン「丸の内ハウス」では、5月14日(日)まで写真家・蜷川実花氏の展覧会を[the MOTHER of DESIGN meets Mika Ninagawa @ (marunouchi) HOUSE] MIKA NINAGAWA「earthly flowers, heavenly colors」展を開催中。
蜷川作品のなかでも人気の高い「花」シリーズの最新写真集「earthly flowers, heavenly colors」より選りすぐりの作品をご紹介します。*詳しくは、www.marunouchi-house.comをご覧ください。
ninagawa

2017年2月13日

【参加者募集中!】ナビ派展 家族プログラム

現在開幕中の「オルセーのナビ派展」に関連し、
春休み期間中の3月25日(土)・29日(水)に、小学生とご家族対象のプログラム
「絵の中の世界を体験してみよう!」を開催します。
展示室でご家族一緒に作品を鑑賞しながら、対話やアクティビティーを通して
ナビ派展の鑑賞体験を深めるプログラムです。
皆さまのご参加をお待ちしています!
申込方法・詳細はこちら

オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき
チラシ表紙 (450x640)

2016年12月21日

MSS 新規ご入会キャンペーン

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)の新規ご入会キャンペーンとして、
2016年12月21日(水)から先着10名様に
映画「エゴン・シーレ 死と乙女」のチケットを 1枚プレゼント致します。

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)の会員になると、
「展覧会に何度でも入館可能」 「貸切鑑賞会へのご招待」 「提携施設優待サービス」などの
サービスが受けられます。
ぜひこの機会にMSSへご入会ください。

小エゴン・シーレ_main1

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」
28年の生涯を駆け抜けた天才画家 エゴン・シーレの名作「死と乙女」の誕生を解き明かす。
スキャンダルとエゴイズム、そしてシーレをめぐる女性たちとの物語。
(c) Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH
2017年1月28日 Bunkamuraル・シネマ、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

 

2016年11月25日

2016年12月4日~10日 「思いやりウィーク」を開催します!

160905_思いやりウィークロゴ_fix_color三菱一号館美術館は、障がいの有無に関わらず、お互いに譲り合い、思いやりの心を持って、美術作品が与える感動を共有できる環境づくりを目指しており、2016年12月4日(日)~10日(土)に「思いやりウィーク」を開催します。
今回の思いやりウィークが、ご来館の皆様にとって、観覧マナーについて考えるきっかけとなれば幸いです。

■「思いやりウィーク」」開催期間
2016年12月4日(日)〜12月10日(土) ※12月5日(月)は休館
■開館時間
10:00 – 18:00(金曜のみ20:00まで開館)
■期間中は、障がい者手帳をお持ちの方と同伴者の方1名様まで、「拝啓 ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え」展を無料でご鑑賞いただけます。

詳細はこちらのリーフレットをご参照ください。
思いやりウィーク リーフレット

 

 

 

 

 

 

2016年11月22日

MSSサポーター限定 貸切鑑賞会について

10月24日(月)に開催した
「拝啓ルノワール先生 -梅原龍三郎に息づく師の教え」展の
MSS貸切鑑賞会は、多くのサポーターの方にご参加いただきましたこと、
深く感謝申し上げます。

MSS貸切鑑賞会の予定は下記の通りです。
詳細については、追ってサポーター専用ページにてご案内いたします。
皆さまぜひご参加ください。

<これからの展覧会>
【オルセーのナビ派展:美の預言者たち-ささやきとざわめき】
会期       2017年2月4日(土)~5月21日(日)
MSS貸切鑑賞会 2017年2月6日(月)15時00分~20時00分(入場は19時30分まで)
※サポーター及びご同伴者(1名様まで)

【レオナルド×ミケランジェロ展(仮称)】
会期       2017年6月17日(土)~9月24日(日)
MSS貸切鑑賞会 2017年6月19日(月)15時00分~20時00分(入場は19時30分まで)
※サポーター及びご同伴者(1名様まで)

2016年11月18日

城戸真亜子さんが三菱一号館美術館サポーター(MSS)会員サイト「オルセーのナビ派展」館長対談に登場されます!

三菱一号館美術館サポーター(MSS)会員サイトの「オルセーのナビ派展」時に公開となる「館長対談」のページに、城戸真亜子さんにご登場いただくことになりました。

当館館長の高橋とは旧知の仲の城戸さん。対談に先立って、「拝啓 ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え」展も高橋の案内でご覧いただきました。

ルノワールと梅原龍三郎の作品はもちろん、梅原が愛蔵したピカソやルオーらの作品を1点、1点、ゆっくりと鑑賞される城戸さん。最晩年に梅原が描いた《パリスの審判》の前では、「90歳の画家の手によるものとは思えない、なんて
エネルギッシュな作品なんでしょう」と思わず感嘆される様子も。同じアーティストとしての視点で語られる感想に、高橋も興味深く聞き入る場面が多くみられました。
ブログ用_ニュースレター対談(城戸様)城戸さん、楽しい時間をどうもありがとうございました。

◆城戸さんと館長の対談は来年2月頃公開予定「オルセーのナビ派展時館長対談(WEB版)」に掲載予定です。
◆三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)について、詳しくはこちらをご覧ください。

2016年9月14日

三菱センターデジタルギャラリー 一時休業のお知らせ

三菱一号館美術館内の三菱センターデジタルギャラリーは、

展示機器入替えのため下記の期間休業いたします。

■ 日時 2016年9月17日(土) 午後~9月28日(水) 終日まで

ご迷惑をおかけいたしますが、予めご了承ください。

9月29日(木)より再オープンしますので、

どうぞ宜しくお願いします。

2016年6月14日

Webketシステムのバージョンアップ作業による休止のお知らせ

平素より、Webketサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
システムのバージョンアップ作業のため、下記時間においてWebketサービスを休止いたします。

■休止日時
6月15日(水)深夜0:00~6月16日(木)10:00まで

バージョンアップ作業中はチケット販売サービスをご利用いただけません。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

2016年5月24日

【キャメロン展】タイアップメニュー販売のお知らせ

三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」では、
「From Life ―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン」展
(会期:2016年7月2日(土)~2016年9月19日(月・祝))の会期中限定で、
展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。
「キャメロン展」ご鑑賞のあとに、ぜひお立ち寄りください。

■ランチメニュー 「From Life ―キャメロンの人生を辿って」 1,980円(税抜)

キャメロンのユニークな人生を辿るランチセット。
彼女のゆかりの地・英国フレッシュウォーター、インド、フランスをイメージしました。
キャメロンの人生、美しく型破りな芸術表現に思いを馳せてお召し上がりください。
キャメロンランチ サイズ小
・前 菜 真鯛のカルパッチョ ライムミントのフレッシュウォータージュレ 
・メイン 大山鶏のロティ 夏野菜のバイエルディ※1とスペルト小麦※2のサラダ添え
※1 夏野菜のグラタン
※2 現在の小麦の原種に当たる古代穀物 

■デザートメニュー 「English Garden」 950円(税抜) 

バラが香り、ベリーや赤モモが実る豊かなイングリッシュ・ガーデンをイメージしたデザートプレート。 
夏にぴったりな冷たいパフェと甘味を抑えたスコーンの組み合わせが新鮮です。 
キャメロンデザート サイズ小
・ローズとベリーのパフェ 
・ペッシュヴィーニュ※のスコーン 
※赤モモ

 

2016年4月20日

「夜のギャラリートーク」開催のお知らせ

定員に達したため、いずれの日程も申込受付を締め切りました。沢山のお申込みをありがとうございました。なお、キャンセル待ちは設けておりませんのでご了承願います。

平日の夜に、閉館後の美術館でPARIS―オートクチュール展を楽しむ「夜のギャラリートーク」を開催します。お仕事やご予定などで、日中のギャラリートークには都合がつかなかったという方も、ご参加いただくことができます。ご参加の皆さまだけの美術館を満喫いただける、プライベートツアーのプログラムです。ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

日時: 2016年4月27日(水)、5月10日(火)いずれも19:00~20:00 (受付開始18:45)
定員: 各回15名(要事前申込・先着順)
参加費: 2,000円(鑑賞券代込)

詳細・申込方法はこちら

2015年12月4日

東北支援 女川スペインタイルをストア1894で販売開始します

三菱一号館美術館は、三菱地所株式会社が継続して実施している東日本大震災被災地支援の一環として、
宮城県女川町の「NPO法人みなとまちセラミカ工房」が制作する「女川スペインタイル」を、
当館内併設のミュージアムショップStore 1894で12月5日(土)より販売することとしましたのでお知らせします。

同工房は「色を失くした街をスペインタイルで明るく彩る」そして「つながる」というテーマで、2013年4月に誕生。
被災地の方々が未来への希望を込めて作り出すタイルとその活動を当館がご紹介し、
全国の皆さまと女川の皆さまの絆をつなぐ役目を微力ながらも果たして参ります。

無題
※ 画像下の番号は品名です。
※ 来店するタイミングで取扱い商品が異なる可能性がございます。

2015年11月20日

梅原龍三郎《読書》を石橋美術館(福岡・久留米)に貸出中!

石橋美術館で開催の「伝説の洋画家たち 二科100年」展へ、梅原龍三郎《読書》(当館寄託作品)を出品しています。

読書 

梅原龍三郎
《読書》
油彩・カンヴァス
1911年
三菱一号館美術館寄託

1908年、梅原龍三郎はフランスに留学します。リュクサンブール美術館でルノワール作品を目撃し、衝撃を受けた梅原は、その翌年の1909年、南仏カーニュ・シュル・メールのアトリエに巨匠を訪ねています。紹介状もなく訪ねてきた20歳の梅原を、リウマチを患っていた晩年のルノワールは快く家に迎え入れました。その後、梅原はルノワールに師事することになります。
梅原はたびたび師のアトリエを訪れました。留学時代半ばに描かれたこの作品は、師が得意とした柔らかな肉体表現を梅原が会得したことを示しています。落ち着いた色彩が画面を支配し、留学中、様々な色彩表現を模索した画家の試みを生き生きと伝えてくれます。
この作品は、帰国後の1917年、二科展の京都会場において、梅原の為に特別に設けられた一室で展示されました。

【展覧会情報】
展覧会名:「伝説の洋画家たち 二科100年」
会期:2015年11月7日〜2015年12月27日
会場:石橋美術館(福岡・久留米)
URL:http://www.ishibashi-museum.gr.jp/exhibitions/d/35

2015年10月14日

Café1894ハロウィンメニュー限定販売いたします!

三菱一号館美術館(東京・丸の内)に併設のミュージアムカフェ・バーCafé1894 では、
10月17日(土)~10月31日(土)のディナータイム(17時~22時L.O)限定で
ハロウィンメニューを販売致します。

丸の内にピッタリな、大人が楽しめるメニューをお楽しみ下さい。

◆ハロウィンスイーツ ¥780(税抜) 
ニュース ハロウィン

◆ハロウィンドッグ ¥980(税抜) 
ハロウィン ホットドック
◆ハロウィンナイト ¥880(税抜)
にゅーす ハロウィン

☆10/31(土)ハロウィンイベント行います!!合言葉は「トリックオアトリート!」☆

【美術館】
 ◆チケット窓口で「トリックオアトリート!」と言うと入館料が100円割引!(他の割引との併用不可。)
  ※プラド美術館展は小中学生は入館料無料です。
 ◆仮装したスタッフに「トリックオアトリート!」と言うと、お菓子をプレゼント! 
  ※なくなり次第終了。
【Café1894】
 仮装してご来店頂き「トリックオアトリート!」と言うと、ドリンク「ハロウィンナイト」をお1人1杯サービス!
        ※必ずフードのご注文をお願いします。

2015年9月28日

Café 1894 グランドメニューをリニューアル!

当館併設のミュージアムカフェ・バーCafé 1894では、9月29日(火)のディナータイム(17時以降)よりグランドメニューをリニューアルしますのでお知らせいたします。
今後はより本格的なお食事を楽しんで頂けるよう、食材や調理方法に更にこだわったお料理をご提供します。ハーブやフルーツを使った華やかな見た目のサラダから、お酒に合うおつまみ、フォアグラやローストビーフといった食べごたえのあるお料理まで取り揃え、幅広い層のお客様のご要望に応えて参ります。また、グランドメニューは、今後も1年に2回ほど季節に合わせてアレンジする予定です。
明治期の銀行営業室を復元したクラシカルな空間で、上質な時間とお料理をお楽しみください。

グランドメニュー写真3

【Café 1894】 明治期に銀行営業室として利用された空間を復元したミュージアムカフェ・バー。
クラシックな趣と、2層吹き抜けの高い天井が人気のお店です。
・住所   :東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館1F
・営業時間 :11:00~23:00(L.O.22:00)
・TEL  :03-3212-7156

2015年9月3日

一号館広場の彫刻入れ替えのお知らせ

三菱一号館美術館(東京・丸の内)に隣接する「一号館広場」では、9月3日(木)より、約6年に
わたり皆さまに愛されてきたヘンリー・ムーアの彫刻作品を、エミリオ・グレコの作品に入れ替える
こととなりましたのでお知らせいたします。
一号館広場に設置している作品も、芸術性豊かな街づくりを目指して1972年より丸の内仲通りに彫
刻を展示する「丸の内ストリートギャラリー」と同様に、公益財団法人彫刻の森芸術文化財団の協力
を得て設置しております。
今般定期的な作品入れ替えに伴い一号館広場の彫刻を入れ替えるために、作品の選定には当館も参加
いたしました。今後当広場には3作品を設置いたします。

彫刻彫刻 学芸員コメント

2015年8月6日

Café 1894×おかやま白桃パフェDays

当館併設のミュージアムカフェ・バーCafé 1894では、8月9日(日)~8月10日(月)の2日間、岡山の白桃のおいしさを伝えるイベント「おかやま白桃パフェDays」(主催:岡山ビジットアソシエーション(岡山市、おかやま観光コンベンション協会、岡山商工会議所))に参加いたします。岡山を代表する果物である「白桃」をはじめ、美味しいフルーツ(シャインマスカット、オーロラブラック)をふんだんに使用したオリジナルのフルーツパフェをお手頃価格の800円(税込)で各日限定50食ご提供いたします。

白桃パフェ

2015年7月31日

日本初!中国最大級の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」のシェイク機能を活用した中国語での情報提供を開始

7月31日(金)より、当館に来館する訪日中国人に向けてのインバウンド施策のトライアルを実施いたします。
ツーリズムマーケティング・プロモーションを行う中国企業サイバーマートグループとの共同で、中国最大級の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」(以下ウィーチャット)のシェイク機能を活用した情報取得サービス「サイバーシェイクサービス」を使用し、丸の内の情報提供を行う中で当館と当館併設のミュージアムカフェ・バーCafé 1894について、情報提供を行います。尚、同機能を活用した情報発信は日本で初めてとなります。

<概要>
ウィーチャットは中国本土で月間アクティブユーザー数が5.49億人(2015年第1四半期時点)を超える認知度の高いSNSであり、丸の内エリアを訪れる訪日中国人が情報取得するツールとして使用しやすいと考え、試験的に実施。同時期に丸の内エリア全体でも同様の試験を実施します。

<提供予定情報(中国語)>
三菱一号館美術館 (概要紹介、展覧会情報、アクセス情報、クーポン)
Café 1894 (概要紹介、デザート紹介、アクセス情報、クーポン)

<情報提供方法>
丸の内エリアにビーコンと呼ばれる機械を複数設置し、各訪日中国人の持つスマートフォンに情報を提供します。
※ビーコン設置場所にはサインを掲出。
①ビーコン付近にてスマートフォンのBluetoothをオンにする。
②アプリ「ウィーチャット」を起動する。
③スマートフォンを振ってシェイク機能を使う。
④「周辺」で「丸之内(丸の内)」を選択すると、インターネット経由で情報を取得。
丸の内エリア情報とともに三菱一号館美術館の概要や開催中展覧会情報が確認でき、更にクーポン抽選にその場で参加することができます。
shakePoster※サインイメージ
<実施概要>
実施期間: 2015年7月31日(金)~2016年3月31日(木)
ビーコン設置場所: 三菱一号館美術館、新丸ビル、丸ビル、丸の内ブリックスクエア、三菱ビル、新東京ビル
掲載情報: 三菱一号館美術館、Café 1894、丸の内エリアの地図情報、写真撮影スポット、休憩スポット、商業施設情報、丸の内シャトル(無料シャトルバス)情報、クーポン、観光案内所

サイバーシェイク0
サイバーシェイク2

 

 

2015年4月1日

4月6日(月)は三菱一号館美術館・開館5周年記念日!

三菱一号館美術館(東京・丸の内)は、来る4月6日(月)に開館5周年を迎えます。
感謝の気持ちを込めて、4月6日(月)は10時~21時まで特別開館し、
下記の通りイベントを行います。

◆4月6日(月)昼の部のイベント 時間:10時~18時

5周年ロゴ

① 先着555名にオリジナルエコバックをプレゼント!
  図柄は当館所蔵のロートレック作品「シルヴァヌスのメニューカード」から。(お1人1点限り)
② 抽選会(お1人1回限り。ハズレなし)
③ 「一号館広場」にて音楽生演奏(①12時~13時、②15時~16時)※雨天中止の場合有

 

4月6日(月)夜の部のイベント 時間:18時~21時
①  館内の「Café1894」にてワンドリンクサービス!(Café1894は通常の営業は行いません。)
②  Café1894にて音楽生演奏(演奏時間は19時から)
③  展示作品の写真撮影OK(3階展示室のみ)
※フラッシュ、三脚は使用不可

詳細については当館ブログもご確認下さい。

2015年3月27日

三菱一号館美術館のブランドスローガンを策定しました!

三菱一号館美術館は、来る4月6日に、お陰様で開館5周年を迎えることとなりました。これを契機に更なる発展をめざし、ブランドスローガンを策定しました。
私たち三菱一号館美術館は、このブランドスローガンを実行し、お客様に「感性を開いて、新しい世界に出会う」ことを期待して頂ける美術館、「新しい私に出会うことができた」と感じて頂ける美術館であり続けたいと考えております。今後とも引き続き愛顧賜りますようお願い申し上げます。

スローガン

2014年12月17日

教育普及プログラムの参加申し込み受付を開始しました

2015年2月7日(土)から開幕の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」で開催する教育普及プログラムの参加申し込み受付を開始しました。
・2月7日(土) ワシントン・ナショナル・ギャラリー学芸員による記念講演会
・2月27日(金) 担当学芸員によるレクチャー
・3月28日(土)、31日(火) 春休み企画 家族プログラム
上記3つは、事前申し込みが必要です。展覧会の楽しみ方が広がる各種プログラムに、展覧会鑑賞と合わせて、ぜひ参加してみませんか?詳細・申し込み方法はこちらから。

2014年10月20日

「スクール・プログラム」の申込受付を開始しました

三菱一号館美術館では、来年2月10日(火)より、小・中学校の児童・生徒の団体鑑賞を受け入れ、美術鑑賞の機会を深める、「スクール・プログラム」を開始致します。ぜひご来館をご検討いただければ幸いに存じます。当館教育普及担当によるギャラリートークを中心に、ご希望や学習目標等に合わせて内容のご相談に応じます。申込・詳細はこちら

2014年10月17日

MSS新規ご入会キャンペーン実施中!

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)はこの秋、おかげさまで発足一周年を迎えます。
それを記念して10月17日(金)~11月30日(日)の期間、新規ご入会キャンペーンを実施いたします。
当館オリジナルグッズセットとプレミアム・アウトレットクーポンの2大特典付の
お得なキャンペーンですので、この機会にぜひご入会ください。

2014年8月11日

【本日より募集開始!】ミレー展「展覧会を語る」

10月17日(金)より開催します「ボストン美術館 ミレー展 ―傑作の数々と画家の真実」展のレクチャー「展覧会を語る」を、11月5日(水)14:00~15:30に開催いたします。代表作《種をまく人》が30年ぶりに都内で公開されるミレー展ついて、担当学芸員がお話しします。ちらしに記載がありました参加費:1,000円は無料になり、ご参加いただきやすくなりました!事前申込制・先着順となりますので、皆様のお申込みお待ちしております。

詳細・申込方法はこちらから。

2014年7月4日

ヴァロットン展「展覧会を語る」が開催されました

6月24日((火)14:00よりエムプラスにて、「ヴァロットン-冷たい炎の画家」展担当学芸員・杉山菜穂子によるレクチャー「展覧会を語る」が開催され、多くの方にご参加いただきました。
ポスト印象派や象徴主義、「ナビ派」など、19世紀末の前衛芸術家たちとヴァロットンとの関係に焦点を当てつつ、どの流派にも属さない異端の画家ヴァロットンの、不思議な魅力に迫りました。

これまでは夜の時間帯に開催しておりましたが、今回は昼の時間帯の開催となり、レクチャーご参加後の展覧会鑑賞が可能となりました。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

2014年6月25日

マリナ・デュクレ氏講演会を開催しました。

現在開催中のヴァロットン展監修者のお一人、マリナ・デュクレさんの講演会を、6月15日(日)午後、日仏会館ホールにて開催しました(当館・日仏会館フランス事務所・日仏美術学会共催)。マリナさんは、スイスのフェリックス・ヴァロットン財団名誉学芸員で、長年ヴァロットンをご研究されています。ヴァロットンの生涯と作品の数々について、スライドを用いてお話しされ、100名を越える参加者の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

??????????????????????

2014年6月24日

6/13(金)オープニングレセプション「ヴァロットン ―冷たい炎の画家」展

6/13(金)に「ヴァロットン ―冷たい炎の画家」展のオープニングレセプションを行いました。
当館館長である高橋明也のご挨拶の後、下記の方々からスピーチを頂戴しました。

オルセー美術館・オランジュリー美術館総裁のギ・コジュヴァル氏
駐日スイス大使のウルス・ブーヘル閣下
駐日フランス大使のクリスチャン・マセ閣下
スイス ヴォ―州参事会参事 教育・青少年育成文化局局長 アンヌ=カテリーヌ・リヨン氏

プレス内覧会の様子。
左から、オルセー美術館・オランジュリー美術館総裁のギ・コジュバル氏、三菱一号館美術館館長の高橋明也、三菱一号館美術館学芸員の杉山菜穂子。
20140613_三菱一号館美術館_Vallotton_N018132

開会式の様子。20140613_三菱一号館美術館_Vallotton_N01837820140613_三菱一号館美術館_Vallotton_N018420

 

 

6/6(金)オープニングレセプション 「バルテュス 最後の写真-密室の対話」展

6/6(金)に「バルテュス 最後の写真-密室の対話」展のオープニングレセプションを行いました。

左から、監修者のニコラス・パージュ様、バルテュスの写真モデルのアンナ・ワーリ様、三菱一号館美術館館長の高橋明也。

DSC03766

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社様よりご提供頂いたシャンパン「ペリエジュエのグランブリュット」で乾杯!!DSC03782

本展覧会では3社様にご協賛を頂きました。

・株式会社レンブラント様、 

・小山登美夫(こやまとみお)ギャラリー株式会社様、

・ペルノ・リカール・ジャパン株式会社様、

この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

 

 

2014年6月6日

【参加者募集中!】展覧会を語る「ヴァロットン-冷たい炎の画家」

「ヴァロットン-冷たい炎の画家」展について、担当学芸員が語るレクチャーを、
6月24日(火)14:00~15:30に開催いたします。スイスに生まれ、19世紀末のパリで活躍した知られざる画家フェリックス・ヴァロットンについてお話しします。会期中担当学芸員による当館主催のレクチャーは今回のみとなりますので、ぜひお見逃しなく!

詳細・申込方法はこちらから。

2014年5月20日

芸術新潮5月号にて、藤野可織さん(芥川賞作家)×高橋館長の対談記事が掲載されております

4月25日発売の『芸術新潮 5月号』・特集「ほんとうは教えたくないパリの小さな美術館」(新潮社)にて、

当館の高橋明也館長と藤野可織さんとの対談記事が掲載されております。

img-519194900-0001

 

何やら、館長が熱く語っておりますが、どのような内容なのでしょうか?

切り抜き高橋館長対談②IMGP7868[1]

 

なかなか興味深い題材で対談されているようです。興味をもった方はぜひ書店へどうぞ。

img-519194951-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年5月15日

「ヴァロットン-冷たい炎の画家」展 講演会開催決定!

6月14日(土)より開催します「ヴァロットン-冷たい炎の画家」展の、講演会開催が決定いたしました。6月15日(日)に日仏会館で開催の講演会では、ヴァロットン展監修者の1人で、フェリックス・ヴァロットン財団名誉学芸員のマリナ・デュクレイ氏が長年ヴァロットンを研究されてきた視点から、この度の展覧会を中心に、ヴァロットンの多彩な活動を紹介します。(日仏同時通訳付)また、6月24日(火)の同展担当学芸員によるレクチャーでは、スイスに生まれ、19世紀末のパリで活躍した知られざる画家フェリックス・ヴァロットンについてお話しします。また、どちらも事前申込制となっておりますので皆様のお申込みをお待ちしております。

 いずれも、詳細・申込方法はこちらから。

2014年4月18日

Webket メンテナンスによる休止のお知らせ

平素より、Webketサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

2014年4月22日(火)の下記時間において、メンテナンスのため一時Webketサービスの利用を休止いたします。

■実施日

 2014年4月22日(火)

■実施時間

 09:00~12:00

メンテナンス中はチケット販売サービスをご利用いただけません。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

2014年3月26日

当館内のスペースに関するお知らせ

家族プログラムならびにレクチャー開催のため、下記の日程で、当館3階の小屋裏の構造を公開している部屋ならびに隣接する資料コーナーは、閉室致しますので、ご了承下さい。

 

3/29(土)開館時~12:00頃(家族プログラム終了時まで)

4/2(水)開館時~12:00頃(家族プログラム終了時まで)

4/15(火)開館時~12:00頃(レクチャー終了時まで)

2014年1月30日

2014年2月6日~9日、「スイス・デイズ」が開催されます

2014年は、日本スイス国交樹立150周年のアニバーサルイヤーです。2014年2月6日(木)~9日(日)まで、六本木ヒルズアリーナでは、両国の友好を祝うフェスティバル「スイス・デイズ」が開催されます。
音楽やワイン、ライトショーなど、スイス色に染まる4日間を是非お楽しみください!
詳しくはこちらをご覧ください☛ 
 
スイス・デイズ 

また、2014年6月には、スイス生まれの画家フェリックス・ヴァロットンの日本初の回顧展「ヴァロットン ―冷たい炎の画家」が当館にて開催されます。詳しくは、 ヴァロットン展特設サイトをご覧ください。  スイスが熱い2014年、どうぞお楽しみに!
 
ヴァロットン展チラシ

2014年1月23日

【重要】美術館内各施設 臨時休業のお知らせ

下記日程において、美術館内各施設が臨時休業となります。お出かけの際にはご注意ください。

【カフェ1894】

1月27日(月) 終日休業

1月29日(水) 終日休業

 

【歴史資料室/デジタルギャラリー】

1月29日(水) 終日休館

 

なお、美術館では1月30日(木)より「ザ・ビューティフル―英国の唯美主義 1860-1900」展を開催いたします。

是非ご高覧いただければ幸いです。

2013年11月1日

11月14日(木)開催!アート×食×音楽が融合した大人の夜アソビ

music@museumトリミング  
クラシックな赤煉瓦の三菱一号館美術館を舞台に繰り広げられるアートな夜―。

11月14日(木)18:00~21:00、三菱一号館美術館で女性限定のイベント「MUSIC@MUSEUM」を開催します。開催中の「三菱一号館美術館名品選2013」展の貸切鑑賞、ミュージアムカフェCaf é1894でのお食事、トークショーとゲストアーティストによるライブで構成された、女性だけの、オシャレで楽しい一夜をお過ごしください。

イベント詳細はこちらをご覧ください☛

申込方法:下記指定応募フォームよりお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/f38dd5af49377

2013年10月25日

【台風関連】開館時間を変更する場合があります。

気象庁発表によりますと、台風27号の影響により、25日から26日にかけて関東地方においても暴風、大雨が予想されております。
26日(土)に関しては、当館もCafé1894等の付帯施設を含め、開館時間、営業時間を変更させていただく場合がございますので予めご了承ください。

開館時間等変更の場合はハローダイヤル(03-5777-8600)、当ホームページにて随時お知らせ致します。お出かけの際には、くれぐれもおきをつけてお越しください。

なお、当館は東京駅より雨に濡れずに入館できるアクセスルートがございますので、ぜひこちらもご利用ください。http://mimt.jp/access/

2013年10月3日

東京駅周辺美術館マップリニューアルのお知らせ

2010年の4月からブリヂストン美術館、出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館の4館でスタートした東京駅周辺美術館マップに、東京ステーションギャラリーが加わって、5館でリニューアルスタートすることとなりました。今までの2館目割は廃止し、どこでも利用できる割引機能を備えたマップに生まれかわりました。ぜひご活用ください。
リリースのダウンロードはこちらから↓
130927_News_Release_1

2013年3月18日

【レポート】クラーク展担当学芸員によるトークイベントが開催されました

3月13日(水)に丸の内カフェSEEKにて、「奇跡のクラーク・コレクション」展担当学芸員・阿佐美淑子によるトークイベント「丸の内アートサロン 展覧会を語る」が開催されました。

 
 
特に会場が沸いたのは、本展のメインビジュアルとなっている《劇場の桟敷席》に関するお話。実はこの作品、エックス線で見ると塗りつぶされた男性が浮かび上がってくる劇的な作品なのです。 
  
 
今でもその痕跡を肉眼で見ることが出来ます。
是非、この作品を目の前でじっくりご覧になってみてください。

2013年3月15日

女優の黒柳徹子さん、建築家の内藤廣さん、クラーク展御来訪

女優・黒柳徹子さんと、建築家の内藤廣さんが、「奇跡のクラーク・コレクション」展にご来訪されました。

  

三菱一号館美術館館長・高橋明也(左)、女優・黒柳徹子さん(中央)、建築家・内藤廣さん
<丸の内仲通りにて>
 
黒柳さんには、今回クラーク展の音声ガイドのスペシャルコンテンツにご出演頂きました。
当館館長・高橋明也とのスペシャル対談という新しい切り口で、クラーク・コレクションの魅力をたっぷりご紹介下さっていますので、ご来館の際は、是非ご利用くださいませ。 
 
詳しくはこちらをご覧ください☛

2013年3月5日

【お知らせ】クラーク展図録/webでの販売を開始しました

美しいデザインと充実の内容でご好評を頂いております「奇跡のクラーク・コレクション」公式図録が、webでもお買い求め頂けるようになりました。

展覧会に足をお運び頂けない方も、美しい図版が満載の図録を是非ご覧くださいませ。 

お申込みはこちら☛ 

 
表紙はルノワールの《劇場の桟敷席》 
 
 
裏表紙は、ルノワールの《鳥と少女》。ブルーがとても爽やかな印象です。
 
 
中面もほんの少しご紹介。ジェロームの《蛇使い》も迫力ある見開きで掲載。
 
尚、「奇跡のクラーク・コレクション」公式図録は、三菱一号館美術館のミュージアムストア「ストア1894」でもお買い求め頂けます。併せてご利用くださいませ。

※但しストア1894では店頭のみでのお取り扱いになります。

2013年2月27日

漫画家の細野不二彦さん、クラーク展内覧会御来訪

 

 
細野不二彦さん(写真左)と三菱一号館美術館館長・高橋明也 
 
『ギャラリーフェイク』で有名な漫画家の細野不二彦さんが、「奇跡のクラーク・コレクション」展内覧会にお越しくださいました。
クラーク展には、細野さんがご自身の作品で取り上げられたルノワール絵画作品も出品されています。
ルノワール作品をはじめ、クラーク・コレクションの世界を満喫してくださいました。

2013年2月20日

ギタリスト・村治佳織さんとの対談記事が掲載されます

世界的に活躍されているギタリスト・村治佳織さんと、三菱一号館美術館館長・高橋明也の「奇跡のクラーク・コレクション」に関する対談記事が、2月25日(月)発行される読売新聞・夕刊に掲載される予定です。  
 
三菱一号館美術館館長・高橋明也とギタリスト・村治佳織さん。
 

ルノワールの作品の前で。村治さんと高橋館長。 
 
印象派作品が生まれた19世紀、ギター、スペイン・・・。村治さんならではの様々なキーワードで本展について語って頂きました。是非ご覧ください。

2013年2月17日

【レポート】ブロガー内覧会が開催されました

2月13日(水)、著名な美術ブログ「青い日記帳」×「奇跡のクラーク・コレクション」ブロガー内覧会が開催されました。 
 
前半は、「青い日記帳」主宰のTakさんと、三菱一号館美術館主任学芸員・阿佐美淑子によるトークを開催。(時間の関係でTakさんのお話はほとんど伺えず、残念な結果となりました・・) 

トークの様子 。皆様一斉に写真を撮られています!

 
その後、「クラコレ」を貸切でご鑑賞。皆様とても熱心に写真を撮られ、その場ですぐにTwitterにつぶやいて下さいました。  
 

ルノワールの作品が集まっている大きな展示室が人気がありました。  
 
今回残念ながらご参加頂けなかった皆様も、また次の機会に是非ご参加くださいませ。 
 
より詳しいトーク内容をお楽しみ頂ける「青い日記帳」はこちら☛

2013年2月8日

【レポート】館長・高橋明也のトークイベントが開催されました。

昨日、「奇跡のクラーク・コレクション」展開幕前のプレイベントとして、当館館長・高橋明也によるトークイベントがmarunouchi cafe SEEKにて開催されました。 

 
アメリカ人大富豪のクラーク夫妻が収集したクラーク・コレクションをはじめ、ガートルード・スタインや、イザベラ・スチュワート・ガードナーら偉大な女性美術収集家、著名なバーンズ・コレクション、フィリップス・コレクションなど、アメリカにおける多彩な近代美術コレクションを比較しながらご紹介。そして、それらのコレクションが、アメリカとフランスの近代絵画を結び付けていった ・・といったお話に、皆さん非常に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。   

 

次回は、「奇跡のクラーク・コレクション」展を担当した、三菱一号館美術館主任学芸員・阿佐美淑子によるトークイベント「丸の内アートサロン 展覧会を語る」が3月13日にmarunouchi cafe SEEKで開催されます。皆様是非ご参加ください。
 
イベントに関する情報はこちら☛

クラコレサイト更新しました

いよいよ開幕を明日に控えた本日、クラコレサイトも大幅に更新されました。
 
新たに公開したページはこちらです↓

・Café 1894展覧会メニュー 
・グッズ・図録 
・音声ガイド 
・展覧会タイアップ情報 ・見どころ作品② 
・作家紹介② 
 
クラコレを楽しむ情報が盛り沢山です!ご来館前に是非ご覧ください。 
 
 
「奇跡のクラーク・コレクション」いよいよ明日開幕です!

2013年2月7日

いよいよ明後日開幕! 奇跡のクラーク・コレクション

只今三菱一号館美術館の展示室では、「奇跡のクラーク・コレクション ―ルノワールとフランス絵画の傑作」展の展示作業が着々と進められ、展示室が日々華やかになっています。 
 
 <展示作業風景>
 
作品の箱をあけるたびに、ルノワールをはじめとする作品のあまりの美しさ、素晴らしさに、担当学芸員をはじめ関係スタッフ一同がため息をつくほどです・・・。

左)修復家・岩井貴愛氏、中)クラーク美術館のマティー・ケリー氏、右)修復家・岩井希久子氏 
 
まさに「宝石箱」のようなコレクション。いよいよあと3日で開幕です。どうぞお楽しみに!!!

2012年12月21日

女優の黒柳徹子さん、建築家の内藤廣さん、シャルダン展御来訪

女優の黒柳徹子さんと建築家の内藤廣さんがシャルダン展にお越しになりました。
黒柳さんは「今回は初期の静物画、風俗画、後期の静物画という流れの中でシャルダンの作品をいっぱい見て驚き感動しました。初期の兎の絵は耳までよく描けているのが解ります。後期の兎はぬいぐるみみたいに可愛い。風俗画でモデルになっている若い女の子は神々しいまでに清純でイノセンス(無垢)を感じます。行儀正しく教育を受けている佇まいは柔順で美しいですね。それでも兎や女の子も、シャルダンが好んで描いた金属の鍋や陶器と同じように描いたのかな?って思います。この画家の物の見方が解る気がする。それに“バサバサ”“トゲトゲ”した所が全然ないじゃん?!ブレてなくていいじゃん!それに、背景の色の良さといったら!とても綺麗で『品格』とはどういうものであるかが解る絵です。あと《木いちごの籠》の木いちごは「いったいどうやって積んだのかしら??」って物凄い気になるわ!」と語ってくださいました。
内藤さんからは「シャルダンのことは高橋さんから「神無きスルバラン* 」だという話を聞いていましたが、こうして実際に作品を見てみると神はそこに居るように思います。些細で何物でもない中に美しさが宿っていて感動しています。」という素敵なコメントを頂きました。
*フランシスコ・デ・スルバラン(1598-1664)
スペイン絵画の黄金時代と言われる17世紀前半に活躍した画家。厳格なレアリスムを基調とした神秘主義的な宗教画・静物画を描いたことで名高い。
写真右:内藤廣さん/中:黒柳徹子さん/左:高橋明也(当館館長)

2012年12月19日

版画家・山本容子さん、シャルダン展御来訪

銅版画家の山本容子さんがシャルダン展にお越しくださいました。
「一見静かに見えますが、しっかり絵を見れば、シャルダンの絵は細部に至るまで静かなドラマが感じられます。空気感がすばらしいです!とても好きな画家です。」と語ってくださいました。
写真右:山本容子さん/左:高橋明也(当館館長)

2012年12月17日

【参考】年間パスポートについて

大変好評いただいております年間パスポート。もうお求めいただきましたでしょうか?本パスポートは年内いっぱい販売予定です。但し、在庫が無くなり次第販売は終了いたします。現在はまだ販売しておりますが、残部が僅少となってきております。ぜひお早めにお求めください。なお、在庫が無くなり次第こちらの美術館ニュースにてお知らせいたします。販売終了となりました場合はハローダイヤル(03-5777-8600)でもご確認いただけます。
                                                                  

ところで、年間パスポート5,000円(税込)でいったいどれくらいお得なのでしょうか?

例えばご購入者と同伴者一名でシャルダン展、クラーク・コレクション展、浮世絵展(全3期)をご鑑賞いただいた場合、

シャルダン展1,500円+クラーク展1,500円+浮世絵展1期1,300円+浮世絵展2期1,100円※+浮世絵展3期1,100円※=6,500円×2名⇒13,000円
(※リピート割引適用後)もするところがたった5,000円でお求めいただけます。つまり、上記例ですと8,000円もお得です。
                  
        
この機会にぜひお求めください。年間パスポートお求めにあたっての注意事項等、詳しくはこちらをご覧ください。

2012年12月13日

皇后陛下が「シャルダン」展をご鑑賞されました

皇后陛下は12月13日(木)午前、三菱一号館美術館に行啓あそばされ、当館の高橋明也館長の説明を受けながら開催中の「シャルダン展―静寂の巨匠」をご鑑賞されました。
《食前の祈り》、《羽根をもつ少女》、《木いちごの籠》などを熱心にご覧になられ、シャルダンの絵の優しくひめやかな世界に魅せられたご様子でした。また当館所蔵のオディロン・ルドンの《グラン・ブーケ(大きな花束)》にも大きな関心をもたれていらっしゃいました。

2012年11月22日

三連休の開館時間について

明日から三連休ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。当美術館の開館時間のお知らせを申し上げます。

11月23日(祝・金)10:00~18:00
11月24日(土)  10:00~20:00
11月25日(日)  10:00~18:00
※入館は30分前まで

23日は金曜日ですが祝日のため開館時間は祝日扱いとなります。(夜間開館及びアフター6割引もございません。)
24日(土)、25日(日)は通常の土、日曜日の開館時間となります。
なお、カフェストア歴史資料室、三菱センターデジタルギャラリーも同様に23日は祝日扱いです。お間違えのないようお出かけください。

2012年11月9日

年間パスポートご購入希望の方へ(2012.11.9)

当館の年間パスポートは販売数量限定となっております。まだ残部がございますが、在庫が僅少となってきておりますので、ご購入を検討されている方はお早目にお求めいただければ幸いです。なお、在庫払底の場合はまたこちらの美術館ニュースでお知らせいたします。パスポートに関する詳細はこちらをご覧ください。

2012年10月12日

10/10付朝日新聞(夕刊)でシャルダン展が紹介されました。

10月10日付の朝日新聞(夕刊)で「日常の実質、純粋に 仏の巨匠・シャルダン展」という見出しでシャルダン展が紹介されました。
本展監修者でルーヴル美術館名誉総裁・館長のピエール・ローザンベールさんのコメントも掲載されています。

朝日新聞デジタルにも掲載されています。(全文を読むためには登録が必要です。)
こちらをご覧ください→

2012年8月8日

小学生ワークショップ②開催しました

今日は昨日に続きCafe1894にて小学生高学年向けの工作教室が開催されました。
ペルセウスに倒されたはずの大海蛇を復活させよう!ということで、
120cmほどの大海蛇に好きな装飾をして、ぐるぐる巻いて形を作りました。

女の子の作品はリボンがついてかわいい仕上がりになったり、
男の子の作品はうろこがついたり羽が付いたり、強そうな仕上がりになっていました。

ワークショップは終了しましたが、展覧会は8/19(日)まで開催しており、
小学生は無料でご参加いただけるクイズラリーもございますので
ぜひこの機会にご来館ください!

2012年8月7日

小学生ワークショップ①開催しました

今日は小学生1~3年生を対象としたワークショップが

館内にありますミュージアムカフェのCafe1894にて開催されました。

いつもはティータイムで賑わう空間ですが、夏休み中の小学生が集まり

別の賑やかさと微笑ましさが漂う空間になりました。

保護者の方のあたたかい見守りの中、ペルセウスが履いているサンダルと

兜の制作に熱中していました。

最後には講師特製の剣のプレゼントをもらって9人の若き英雄ペルセウスが

誕生しました!

明日は高学年向けの工作教室でペルセウスに倒された大海蛇を復活させます!

2012年8月1日

家族プログラム 第二回終了

本日も暑い中、8組のご家族にお集まりいただき
バーン=ジョーンズ展の家族プログラムが開催されました。

うちわ制作では四コマまんがを描かれたり、
展示作品からヒントを得て独自の物語を描かれたりと
とってもステキな作品ができあがりました☆

2012年7月30日

世紀末芸術 館長対談イベント開催しました

7/29(日)にブリヂストン美術館にて
三菱一号館美術館館長高橋明也と
ブリヂストン美術館島田紀夫館長による
世紀末芸術-イギリスvsフランスの対談が行われ、
事前申し込みをいただきました100名近くの方に
猛暑の中お集まりいただきました。

講演会の内容は8月上旬からブリヂストン美術館にて開催中の
「ドビュッシー 音楽と美術 印象派と象徴派のあいだで」のHPにて
公開予定ですのでどうぞお楽しみに!

2012年7月28日

小学生ワークショップ参加者募集!

現在開催中の「バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴-」では、神話や物語を主題に多くの作品を描いたバーン=ジョーンズ展の世界を、より深く親しんでいただけるよう、ワークショップを開催いたします。

夏休みの自由研究にも最適な工作教室では、実際に自分の手を動かし作ることで、新しい発見ができるはず。是非ご参加ください!

お申込み・詳細はイベントページをご覧ください。

2012年7月24日

バーン=ジョーンズ展“アフター6”割引始まります!

現在開催中の「バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴-」では、

大人入館料が500円もお得になる夜得プラン“アフター6”割引き

8月2日(木)から毎週木曜・金曜に実施いたします。

   ★対象日:毎週木曜・金曜(8/2,3,9,10,16,17)

   ★時 間:18:00~20:00(最終入館:19:30)

   ★料 金:1,000円(大人入館料のみ適用)

※前売券等の払い戻し不可、他の割引との併用不可

日中の混雑を避けて比較的ゆっくりとご鑑賞いただけますので

是非お仕事帰りやデート等でお立ち寄りください!

2012年7月23日

家族プログラム開催しました

7/22(日)に「バーン=ジョーンズ展」家族プログラムの
第一回目が開催されました。
皆さん真剣に作品を鑑賞され、思い思いの感想を発表し合ったり、
うちわ作りでは、夏の思い出などを描かれたりと
ご家族でお楽しみいただけました!

8月7日と8日は小学生向けの工作教室を開催します!

まだ空きがございますのでこちらも是非ご参加ください!

小学生ワークショップ参加者募集!

現在開催中の「バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴-」では、神話や物語を主題に多くの作品を描いたバーン=ジョーンズ展の世界を、より深く親しんでいただけるよう、ワークショップを開催いたします。

夏休みの自由研究にも最適な工作教室では、実際に自分の手を動かし作ることで、新しい発見ができるはず。是非ご参加ください!

お申込み・詳細はイベントページをご覧ください。

2012年7月11日

小学生クイズ開催中!

バーン=ジョーンズ展会期中、館内にて小学生クイズを無料で開催しています。今回は、物語の世界を多く描いたバーン=ジョーンズの作品にちなみ、展示を見ながらクイズに答えて、最後に王女を助ける冒険ストーリーとなっています。
 クイズに答えたお子様には、記念品をプレゼント!是非チャレンジしてみてください! 
 
バーン=ジョーンズ展では、保護者1人につき中学生以下のお子様2人まで無料でご覧頂ける家族割引も実施しています。 夏休みはご家族揃ってバーン=ジョーンズ展へ! 
 
※小学生クイズは数量限定、なくなり次第終了とさせて頂きます。 
 

2012年7月9日

7月10日(火) BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」でバーン=ジョーンズ展紹介

7/10(火)20:00~20:54 BS日テレ「ぶらぶら美術博物館」にて、バーン=ジョーンズ展が紹介されます! 
 
お馴染みの山田五郎さん、おぎやはぎさん、相沢紗世さんに加えて、今回は修復家の岩井希久子先生、三菱一号館美術館の高橋館長がバーン=ジョーンズ展の見どころをご紹介。  バーン=ジョーンズの作品の秘密も・・! 是非ご覧下さい! 
 
詳しくはこちら☛

2012年6月18日

新コンテンツ「バーン=ジョーンズをもっと楽しむ!」UPしました

バーン=ジョーンズ作品を身近に感じてもらえるような、新コンテンツを3つ公開しました!是非ご覧になってくださいね。  
  
新コンテンツはこちら☛ 
バーン=ジョーンズをもっと楽しむ#1「英雄ペルセウス大解剖」  
バーン=ジョーンズをもっと楽しむ#2「連作ピグマリオンの豆知識」  
バーン=ジョーンズをもっと楽しむ#3「レッド・ハウスと三菱一号館美術館」

2012年6月1日

バーン=ジョーンズ展ポスター、街中に続々登場!

みなさん、ポスターはもうご覧になりましたか?
ポスターの様に、多くのお子さんやそのご家族の方、バーン=ジョーンズをご存知の方も、そうでない方も、沢山の方々が当館にお越し頂けることを、心よりお待ちしております!
バーン=ジョーンズ展は6月23日(土)開幕です!
*本展では、家族割引を実施致します。詳しくはこちらへ☛ 
 

 
 

2012年5月29日

東京駅周辺美術館共通券について

今年1月より販売を開始し、大変ご好評を頂きました東京駅周辺美術館共通券ですが、三菱一号館美術館での販売は5月27日(日)の型紙展終了をもって完了いたしました。誠に恐れ入りますが、共通券ご購入希望の方は、ブリヂストン美術館、および出光美術館にて引き続き6月10日(日)まで販売しておりますので、そちらでご購入いただければ幸いです。
なお、当館での共通券のご利用は、6月23日(土)より開催のバーン=ジョーンズ展会期にて、6月30日(土)までとなっております。

2012年2月2日

「ルドン」展 小学生クイズ始まります!

「ルドンとその周辺-夢見る世紀末」展 では、2/4(土)より、小学生クイズを開始いたします。

 
 

 
【クイズの流れ】
チケット窓口で、小学生に問題用紙をお渡しいたします。

クイズになっている作品の場所は、問題用紙に載っている地図を参考になさって下さい。

全部のクイズが解けましたら、歴史資料室のスタッフへお声掛け下さいませ。 問題の答えと、参加賞としてご参加頂いたお子様全員へ、ルドン展オリジナルポストカードを1枚差し上げます。

皆様是非、お子様と一緒にクイズに挑戦してみて下さい! 
 

【ご注意点】
ポストカードは2種類ございますが、ご希望に添えない場合がございます。
予めご了承下さいませ。

2011年12月22日

【年末年始 営業時間のご案内】

三菱一号館美術館全館の年末年始営業時間をご案内致します。 
各施設により営業時間・休業日が異なりますので、ご注意ください。
 
【三菱一号館美術館】  
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:oo~18:00
※最終入館時間は17:30まで。
12月26日(月)~2012年1月16日(月) 休館 
 
【Café 1894】 
12月23日(金・祝) 11:00~19:00
12月24日(土)、25日(日) 11:00~22:00
※但し、18:oo~22:00は、完全予約制のクリスマス特別ディナー営業です。
12月26日(月)~31日(土) 11:00~18:00(L.O.17:00)
2012年1月1日(日) 休業 
2012年1月2日(月)~1月15日(日) 11:00~18:00(L.O.17:00)
2012年1月16日(月) 休業 
 
【Store 1894】
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00
12月26日(月)~2012年1月16日(月) 休業
 
【歴史資料室】 
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00 
12月26日(月)~28日(水) 10:00~19:00 
12月29日(木)~31日(土) 10:00~17:00 
2012年1月1日(日) 休業 
2012年1月2日(月)、3日(火) 10:00~17:00
2012年1月4日(水)~6日(金) 10:00~19:00
 
※1月7日(土)~通常営業。但し、1月14日(土)~16日(月)は臨時休業致します。
 
【デジタルギャラリー】
12月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00 
12月26日(月)~28日(水) 10:00~19:00 
12月29日(木)~2012年1月3日(火) 休業
2012年1月4日(水)~6日(金) 10:00~19:00 
 
※1月7日(土)~通常営業

 
 
 
 
 
 
 

 

2011年12月17日

ロートレック展ぬりえコンテスト 入選作品発表!!!

ロートレック展ぬりえコンテストにご応募頂いた皆様、素敵な作品を沢山生み出して頂き、本当にありがとうございました! どれも選び難い作品ばかりでしたが、高橋館長によって選ばれた入選作品を発表致します!   
 
【 高橋館長賞 】  花島 結花里さん(49歳)の作品/色鮮やかでとてもきれいです!

  
 

  ■   丸山 満ちるさん(9歳)の作品/元気いっぱい!楽しげなコンフェッティです! 
 
                  
 

■ 肥塚 豊子さん(?歳)の作品/ラメがキラキラと効いてます!
  
 

■ 三林 妙子さん(26歳)の作品/なんて独創的なシンプソンのチェーン!!! 
 
 

■ 野中 陽介さん(32歳)の作品/紙吹雪の広告にちなんだアイディアある作品! 
 
 

 
高橋館長のコメントはこちら
「ロートレックの素晴らしい線と色―、応募作品を観ていると、沢山の人たちがその虜になっていることが良く分かりました・・・。」
 
【高橋館長と館長賞作品】 
 
 
【選考風景】 

 
 
入選された5名の方には、2012年1月17日から開催する「ルドン展無料鑑賞券」をお一人につき2枚プレゼント!おめでとうございます!!!  
また、この度は残念ながら選考にもれてしまった方も、ご応募頂き誠にありがとうございました。今後当館で行うまた別のイベントにも、皆様是非ご参加くださいませ!

2011年12月7日

ロートレック展ぬりえコンテスト開催中!!

線と色面構成の天才との呼び声も高いロートレックにちなみ、11月25日(金)~12月12日(月)まで、全ての方を対象にした「ロートレック展ぬりえコンテスト」を開催しています!

「トゥールーズ=ロートレック」展特設サイト内、「ロートレック展を楽しむ10のこと」から4種類のぬりえがダウンロード出来ます。自由に色を塗って、三菱一号館美術館内のポストに応募して下さい。応募作品の中から、入選作品5点が選ばれます。受賞者の作品は当館webサイトに掲載される他、賞品として2012年1月17日から開催する「ルドン展無料鑑賞券」をお一人につき2枚プレゼントします!ふるって応募して下さいね! 

ぬりえダウンロードはこちらから→

   
【開催概要】
応募資格:どなたでもご参加頂けます
募集期間:2011年11月25日(金)~12月12日(月)
応募場所:三菱一号館美術館「歴史資料室」内、コンテスト応募箱へ投函して下さい。
※歴史資料室営業時間:月~金/10時~19時、土・日・祝・年末年始/10時~18時
※応募期間外、または郵送での応募は受け付けません。
発表日 :2011年12月17日(土)
発表方法:受賞者名及び受賞作品は、三菱一号館美術館webサイト内、「美術館ニュース」で発表します。
選考者 :三菱一号館美術館館長 高橋明也

 
 
【応募にあたってのご注意点】
1.作品の裏面に、住所・氏名・年齢・電話番号を明記して下さい。
2.本コンテストにあたり取得した個人情報は、受賞者の発表及び賞品の発送以外の目的には使用しません。 
3.受賞者の発表にあたり、作品、氏名・年齢がwebサイト上に掲載されますので予めご了承下さい。(ペンネームをご希望の方は、氏名に加えてペンネームもご明記下さい
4.応募用紙はA4サイズをご用意下さい。
5.着色の道具は問いません。(絵の具、色鉛筆、クレヨン、マジック等)
6.応募作品はお返ししません。 
7.賞品は発表日当日付で受賞者宛発送します。

  

2011年4月20日

The Marunouchi Art Journal 配布開始しました

現在開催中の「マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン」展を紹介したフリーペーパー「The Marunouchi Art Journal」が、大手町・丸の内・有楽町の各ビルで配布されています。
「18世紀のフランスで発行された新聞」という想定で展覧会を楽しくナビゲート。

更に、この「The Marunouchi Art Journal」をご持参頂くと、「ヴィジェ・ルブラン」展の観覧料が100円引きになります。
どうぞ、ご活用下さい。
※美術館館内では配布しておりませんのでご注意下さい。
※チラシは無くなり次第、配布終了とさせて頂きますので予めご了承下さい。

2010年12月28日

ギタリスト・村治佳織さんから展覧会の感想を頂きました。

カンディンスキー展サイト「展覧会の感想」ページを更新しました。
第二弾は、ギタリストの村治佳織さんから展覧会の感想を頂きました。
カンディンスキーが描いたヨーロッパの風景について、海外、特にヨーロッパを中心に活躍されている村治さんならではの視点で語ってくださいました。
―カンディンスキー 旅と音の風景―
是非、ご覧ください!

2010年6月3日

6月5日(土)NHKBShi生放送番組とCS放送のお知らせ

■NHKBSハイビジョン(生放送番組)
「ニッポンが19世紀パリになる!印象派名画大集合」
6月5日(土)午後4:00~8:30

■CS放送 日テレG+
「読売スペシャル 「マネとモダン・パリ」展」
6月5日(土)午前11:00~12:00
「マネとモダン・パリ」展の監修者でもある高橋館長と読売新聞・市原記者の対談を軸に、本展を深く楽しく紹介します。
グッズショップやカフェなどもあわせてお伝えしますので、ぜひご覧ください!
日テレG+の番組表はこちらから→

CATEGORIES
ARCHIVES