カフェニュース | 新しい私に出会う、三菱一号館美術館

2021年10月08日

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン展 タイアップメニューを10月15日(金)より販売

Café 1894では、「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」展

【会期:10月15日(金)~2022年1月16日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザート、ドリンクをご用意いたします。

 

■タイアップランチ  「印象派の収穫祭」       
販売価格 2,420円(税込)
販売時間 11:00~14:00

 

前 菜:モルタデッラハム、舟形マッシュルーム・玉子のペイザンヌサラダ
ポール・セザンヌ《川のそばのカントリーハウス》をモティーフにした前菜。モルタデッラハムや舟形マッシュルームを散らして、自家製の人参ドレッシング合わせました。色鮮やかな飾り付けで、見た目でも楽しんでいただけるサラダです。生で食べられる舟形マッシュルームの食感や風味をお楽しみください。

ポール・セザンヌ《川のそばのカントリーハウス》 1890年頃 油彩/カンヴァス 81.0×65.0cmイスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Pierre Alain Ferrazzini

 

メイン:奥州いわい鶏と海老のフリカッセ バターライスと共に
フィンセント・ファン・ゴッホ《プロヴァンスの収穫期》をイメージしたプレート。海老の旨味と香りが閉じ込められた濃厚なホワイトソースでいわい鶏を煮込みました。とうもろこしをちりばめたバターライスと一緒に召し上がりください。揚げたポロネギがアクセントです。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《プロヴァンスの収穫期》 1888年 油彩/カンヴァス 51.0×60.0cmイスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital

 

■タイアップデザート 「花咲くリンゴのシブースト」
販売価格 1,100円(税込)
販売時間 14:00~17:00

 

シャルル=フワンソニ・ドービニー《花咲くリンゴの木》をイメージした一皿。
薄くスライスしたリンゴをカルバドスで煮込み、花びらに見立てお花を形作り、シブーストの上に乗せました。ほろ苦いカラメルとバルサミコソース、クリームチーズアイスと一緒に召し上がりください。リンゴの木とお花を描いた、絵画のようなプレートです。

 

シャルル=フランソワ・ドービニー《花咲くリンゴの木》 1860 – 62年 油彩/板 26.5×40.5cmイスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital

 

■タイアップドリンク

「Chai Latte  (チャイラテ)」(ノンアルコール)

販売価格 800円(税込)
販売時間 11:00~23:00  ※営業終了時間変更の可能性有り

煮出したミルクティーに香辛料を加えたドリンクです。

 

「Vin chaud (ヴァンショー)」 (アルコール)

販売価格 880円(税込)
販売時間 11:00~23:00 ※営業終了時間変更の可能性有り

スパイシーで温まるホットワインです。

 

 

 

2021年06月23日

三菱創業150周年記念 三菱の至宝展タイアップメニュー6月30日(土)より販売

Café 1894では、「三菱創業150周年記念 三菱の至宝」展【会期:6月30日(水)~9月12日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザート、ドリンクをご用意いたします。

 

■タイアップランチ  「男爵のハレの日ランチ」       
販売価格:2,530円(税込)
販売時間:11:00~14:00

 

前 菜:グリンピースの冷製ポタージュスープ、フレッシュハーブと柑橘のサラダ
メイン:牛フィレ肉のカツレツ デミグラスソース

三菱が創業した明治期、男爵が特別な日に食べた贅沢ランチをイメージしました。暑い季節にもさっぱりとお召し上がりいただける柑橘のサラダと、コクがあるグリンピースの冷製スープ。そして明治期に流行ったカツレツには、肉の女王ともいわれる柔らかな牛フィレ肉を使用。ザクザクとした触感の衣と、甘めのデミグラスソースが相まって食欲をそそります。

 

■タイアップデザート 「てのひらの宇宙」
販売価格:1,000円(税込)
販売時間:14:00~17:00

 

世界に3点のみが伝存する奇跡の茶碗・国宝《曜変天目(稲葉天目)》が、美しいデザートになりました。濃厚なチョコレートのテリーヌと抹茶アイス、爽やかな柚子の水羊羹による絶妙な味わいが広がります。無数に煌めく星のような斑文を表現した飴細工や、アーモンドとキャラメルの焼き菓子“チュイール”で、味や触感の違いもお楽しみいただけます。

 

国宝《曜変天目(「稲葉天目」)》建窯 南宋時代(12~13世紀)(公財)静嘉堂所蔵

 

 

■タイアップドリンク

左「アイス抹茶ラテ(ホット可)」(ノンアルコール)

販売価格:770円(税込)
販売時間:11:00~23:00

しっかりと抹茶を感じられる甘みとコクのあるラテに仕上げました。

 

右「抹茶モヒート」 (アルコール)

販売価格:880円(税込)
販売時間:11:00~23:00

定番のモヒートに抹茶を合わせて、清涼感のあるカクテルに仕上げました。レモンがさらに爽やかさを引き立てます。

 

 

 

 

2021年02月12日

テート美術館所蔵 コンスタブル展 タイアップメニュー2月20日(土)より販売

Café 1894では、「テート美術館所蔵 コンスタブル展」【会期:2月20日(土)~5月30日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザート、ドリンクをご用意いたします。

 

■タイアップランチ  「コンスタブルの風景」       
販売価格:2,420円(税込)
販売時間:11:00~14:00

 

 

前菜:八海山サーモンと帆立のタルタル仕立て バジルソース
《フラッドフォードの製粉所(航行可能な川の情景)》をモチーフにした前菜。八海山サーモンマリネと帆立、ドライトマト、ブラックオリーブで作ったタプナードと一緒に混ぜ合わせ、ハーブやエディブルフラワーで色鮮やかに飾り付け、見た目でも楽しんでいただける一皿です。

 

メイン:サンデーローストポークとキャロットラペ グレービーソース
イギリスの週末、礼拝後に家族団欒で食べたと言われているサンデーロースト。国産豚を使用し、火加減に細心の注意を払い、ピンク色に仕上げています。付け合わせのキャロットラペ、メークインのフリットと共に、濃厚なグレービーソースと絡めてお召し上がりください。

 

ジョン・コンスタブル《フラットフォードの製粉所(航行可能な川の情景)》1816 -17 年、油彩/カンヴァス、101.6×127.0cm、テート美術館蔵 ©Tate

 

 

■タイアップデザート 「虹〈ピクチャレスク〉」
販売価格:1,000円(税込)
販売時間:14:00~17:00

 

 

《虹が立つハムステッド・ヒース》をイメージした一皿。4種類(青りんご、アプリコット、グロゼイユ、いちご)のムースで虹をイメージし、雲を綿あめで表現しています。アプリコットシロップをかけて、綿あめを溶かして、お召し上がりください。雲がなくなると、素敵な景色が広がります。

 

ジョン・コンスタブル《虹が立つハムステッド・ヒース》 1836 年、油彩/カンヴァス、50.8×76.2cm、テート美術館蔵 ©Tate

 

 

■タイアップドリンク 

「C L O U D (ノンアルコール)」(左側)

販売価格:770円(税込)
販売時間:11:00~23:00

青空をイメージした、ノンアルコールドリンクです。

 

「Rainbow Sunrise (アルコール)」(右側)

販売価格:880円(税込)
販売時間:11:00~23:00

虹色をイメージし、可愛らしく仕上げました。

 

 

 

2020年10月16日

開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展 タイアップメニュー 10月24日より発売

Café 1894では、「開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展」【会期:2020年10月24日(土)~2021年1月17日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「Vision(ヴィジョン)」-モノクロから色彩へ-       
販売価格:2,420円(税込)
販売時間:11:00~14:00

 

前 菜:カリフラワーのムース 竹炭のチュイールを添えて
オディロン・ルドンの絵をモチーフにした前菜です。カリフラワームースにモノクロをイメージさせる竹炭のチュイールを添えました。パリパリのした食感と濃厚なムースのマリアージュをお楽しみいただけます。

 

メイン:オーロラサーモンのポワレ ブールノワゼット
オーロラサーモンのポワレに色彩豊かなハーブや花を飾り、「神秘的な対話」に着想を得た一品です。ソースは、バターの香り豊かなブールノワゼットで仕上げております。紫芋のピューレと一緒にお召し上がりください。

 

オディロン・ルドン 石版画集『夢のなかで』《Ⅷ. 幻視》 1879 年 リトグラフ 三菱一号館美術館蔵 【展示期間:10 月24 日~11 月23 日】

 

オディロン・ルドン 《神秘的な対話》 1896 年頃 油彩/画布 65.0×46.0cm 岐阜県美術館蔵

 

■タイアップデザート 「おとなのグラン・ブーケ」 
販売価格:990円(税込)
販売時間:14:00~17:00

 

 

秘密の花園を一皿に詰め込んだ、華やかな一皿です。ふんわり軽い食感のチョコレートムースに甘酸っぱいカシスのソースをあわせました。柚子ソルベを添えて爽やかさを演出し、蜂蜜レモンのメレンゲや洋梨のキャラメリゼをアクセントに、大人だからこその味覚をお楽しみください。

 

オディロン・ルドン《グラン・ブーケ(大きな花束)》1901年 三菱一号館美術館

 

■タイアップドリンク「カフェ・モカ」
販売価格:770円(税込)
販売時間:11:00~23:00

 

贅沢にチュコレートとダークラムを使用したカフェモカに、クレーム・シャンティを添えてココアパウダーと色鮮やかな花(食用)で芽生えを表現いたしました。 ※ノンアルコールもご提供いたします。

 

 

 

2020年02月07日

開館10周年記念 画家が見たこども展タイアップメニュー 2月15日より発売

Café 1894では、「開館10周年記念 画家が見たこども展」【会期:2020年2月15日(土)~2020年6月7日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「夢のお子さまランチ」(ワンプレート+デザート+コーヒーor紅茶)

販売価格:2,200円(税込)/販売時間:11:00~14:00

 

 

「さあ、こどもに戻ろう」とポスターのキャッチコピーで謳っているように、「画家が見たこども展」は、大人が子どもの頃を思い出すような絵画が並ぶ展覧会です。そんな展覧会のタイアップメニューにはズバリ『お子さまランチ』が満を持して登場します!大人だからこそ楽しめる味覚を童心に返ったような感覚でお楽しみください。

 

ワンプレートランチwithデザート

・ビーツのポタージュ

・有頭ブラックタイガーのカダイフ巻き レムラードソース

・ハンバーグステーキと半熟タマゴ ポルトソース

・サフランライス

・ベーコンとオニオンのキッシュ ~キッシュロレーヌ~

・ジベルニーのガーデンサラダ

・キャラメルプリン

 

フェリックス・ヴァロットン《可愛い天使たち》1894年 木版/紙 三菱一号館美術館

 

■タイアップデザート 「春色の小さなパンケーキ」

販売価格:990円(税込)/販売期間:14:00~17:00

 

 

モーリス・ドニ作品の色合いをイメージしたタイアップデザートの中心には、パンケーキオレンジカラメル、チョコソース。桜色のプレートにオレンジのコンポート、クルミのカラメリゼ、生チョコレート、生クリームと苺にピスタチオを散りばめて、ラムレーズンのアイスクリームを添えました。チョコレートやクリームの甘さとフルーツの酸味がパンケーキによく似合います。

 

モーリス・ドニ《赤いエプロンドレスを着た子ども》1897年 油彩/厚紙 個人蔵

 

■タイアップドリンク

「レモンスカッシュ」 販売価格:770円(税込)/販売期間:11:00~22:00 *ノンアルコール

お子さまでも飲めるさっぱりとしたレモネード。アルコールが苦手な方でもお楽しみ頂けるドリンクです。

 

「ルージュジャポネ」 販売価格:880円(税込)/販売期間:11:00~22:00

ナビ派の巨匠ボナールは自身の作品にも影響が出るほどの日本かぶれだったことから、日本酒と季節の苺を使ったカクテルごご用意しました。

 

 

 

 

ピエール・ボナール《雄牛と子ども》1946年 油彩/カンヴァス 個人蔵 Collection Prof.Mark Kaufman

 

2019年10月29日

レトロでかわいい「クリームソーダ」「純喫茶パフェ」を10月30日から販売!

Café 1894では、2019年10月30日(水)~11月30日(土)の間、「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」開催を記念して、19世紀にルノワールやモネといった印象派に代表される画家たちが世に傑作を創作した時代に、時を同じくして日本に誕生した“喫茶文化”にちなんだスペシャルメニュー、「クリームソーダ」および「純喫茶パフェ」の2種類を、数量限定で販売いたします。

 

販売期間:2019年10月30日(水)~11月30日(土)

 

・クリームソーダ(税込650円) 数量限定

【平日のみ14~17時(L.O.16時)】15食/日

【土日含む20~23時(L.O.22時)】15食/日
*20~23時は別途コペルト料(税込 330円)を頂戴いたします

 

・純喫茶パフェ(税込980円)数量限定

【販売期間中の20~23時(L.O.22時)】12食/日
*20~23時は別途コペルト料(税込 330円)を頂戴いたします

 

※貸切利用等で夜の営業がない場合がございます。
営業時間につきましては、Café 1894公式サイトにてご確認ください。

 

コースター画像 表

コースター画像 裏(吉野石膏展)

また、今回特別にデザインした可愛らしい限定オリジナルコースターが、カフェメニューに華を添えます。
ノベルティとしてお持ち帰りいただくこともでき、本コースターを美術館のチケット窓口でご提示いただくと、「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション展」を200円割引でご鑑賞できます。

 

 

喫茶の王道でもある「クリームソーダ」。
爽やかなテイストのメロンソーダに大ぶりのバニラアイスクリームがのり、飲みごたえ満点。サクランボのトッピングが彩りをそえ、見た目も可愛らしく、昔懐かしい仕上がりに。

 

 

こぼれ落ちそうなほど贅沢に盛られた「純喫茶パフェ」は、14種類もの層で彩られる、渾身の一品。
トップにはシガレットクッキー、バニラアイスをはじめ、メロン、りんご、キウイ、オレンジ、とフルーツを盛り合わせ、上段中央には自家製プリンの上に、チェリーとホイップクリームをのせました。中腹にはフルーツカクテル、スポンジケーキが混ざりあい、下段はチョコレートソース、コーンフレークとラズベリーソースを重ねています。最後まで飽きのこない美味しさの「純喫茶パフェ」で、大人の夜の時間にロマンある至福の味わいを。

 

クラシカルな店内で、頑張った一日のご褒美にぴったりなパフェで、“食欲の秋”を満喫してみてはいかがでしょうか。

2019年10月29日

印象派からその先へー世界に誇る 吉野石膏コレクション展タイアップメニュー 10月30日より発売

Café 1894では、「印象派からその先へ- 世界に誇る 吉野石膏コレクション」展【会期:2019年10月30日(水)~2020年1月20日(月)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「モネ、ゴッホ-impression-」(前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)

販売価格:2,310円(税込)/販売時間:11:00~14:00

 

前菜:サラダ・サン=ジェルマン

クロード・モネ《サン=ジェルマンの森の中で》をイメージし、生ハム、数種のベリーやルッコラなどのお野菜にカラフルトマトを添えた彩り鮮やかな一皿です。

 

クロード・モネ 《サン=ジェルマンの森の中で》1882年 油彩/カンヴァス 81.0×65.9cm 吉野石膏コレクション

 

 

メイン:バルバリー鴨胸肉のロースト フランス産キノコとクリームリゾット バターナッツ南瓜のピューレ添え

フィン・セント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を運ぶ人々》から、農民が薪を運ぶ様子を鴨胸肉とごぼうのフリットで、また、沈む夕日をバターナッツかぼちゃの ピューレで表現しました。
フランス産キノコ“トランペット”の風味とマデラソース※の甘味に、生コショウがアクセントとなった奥深い味わいです。
※フランス料理で一般的な、マデラ酒を煮詰めた甘味のあるソース

 

 

フィンセント・ファン・ゴッホ 《雪原で薪を運ぶ人々》1884年 油彩/ カンヴァス(板に貼付)67.0×126.0cm 吉野石膏コレクション

 

■タイアップデザート 「緑のコンポジション」

販売価格:990円(税込)/販売期間:14:00~17:00

ワシリー・カンディンスキー《結びつける緑》の幾何学的な図形を表したデザートの盛り合わせです。
ショコラタルト、イチゴとバニラのムース、ピスタチオアイスに、カシス のメレンゲやチュイル※など、味や食感の違いもお楽しみいただけるスイーツです。
※アーモンドとキャラメルの焼き菓子

 

 

ワシリー・カンディンスキー《結びつける緑》1926年 油彩/カンヴァス 84.0×57.5cm 吉野石膏コレクション

 

2019年07月03日

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展タイアップメニュー 7月6日より発売

Café 1894では、「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン」展【会期:2019年7月6日(土)~2019年10月6日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「ヴェネツィアの魔術師」(前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)

販売価格:2,200円(税抜)/販売時間:11:00~14:00

 

本展の舞台となるイタリアを代表するメニューを当店らしくアレンジしたセットです。

まるでフォルチュニの魔術にかかったかのように、前菜もメインも様々な隠し味で仕上げられています。

 

前菜:4種の魚介のマリネ セロリラブのビューレとともに

海老や帆立などの4種の魚介のマリネを根セロリのピューレと合わせ、夏らしくさっぱりと仕上げました。赤い粉は中東のスパイス・スマック。そのオリエンタルな風味は、東洋の魔術的なイメージに彩られた水都ヴェネツィアを思わせます。

 

マリアノ・フォルチュニ《デルフォス》1920年代 絹サテン、トンボ玉 神戸ファッション美術館

 

メイン:牛サーロインのタリアータ ラディッキオとアンディーブのサラダ添え バルサミコソースとスパイスを効かせて

牛サーロインを使った豪華なイタリア風ステーキ「タリアータ」。チーズやバルサミコソース、エスニック風味の自家製スパイスなど、様々な味でお楽しみください。トウモロコシの粉を煮たポレンタとも相性抜群です。

 

マリアノ・フォルチュニ《バラ色の衣装のための習作(アンリエット・フォルチュニ)》1932年 テンペラ/厚紙 フォルチュニ美術館  ©Fondazione Musei Civici di Venezia – Museo Fortuny

 

■タイアップデザート 「マリアノ・フォルチュニ」

販売価格:900円(税抜)/販売時間:14:00~17:00

 

フォルチュニの生み出したドレス《デルフォス》は、それまで身体を極端に締め付けていたコルセットから女性を解放し、女性の肢体の自然な曲線を美しく飾りました。そんな彼の服飾作品の華やかさ、柔らかさを、ガーゼに包まれたクレームダンジュで表現。夏にぴったりのマンゴーやパッションフルーツ、白桃のシャーベットなど、織りなす味をご賞味ください。

 

マリアノ・フォルチュニ《室内着》1910年代 絹タフタにステンシル・プリント 公益財団法人 京都服飾文化研究財団 撮影:リチャード・ホートン

 

2019年03月11日

ラファエル前派展タイアップメニュー 3月14日より販売!

Café 1894では、「ラファエル前派の軌跡展」(会期:2019年3月14日(木)~2019年6月9日(日))の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ Art for All (前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)

販売価格:税抜2,200円(税込2,376円)/販売時間:11:00~14:00

 

本展出品作品をイメージした前菜とメインから成る、“食べる芸術”のようなセットです。

“芸術とはあらゆる人のためにあるものである”(Art for All)というラスキンの考えをヒントに考案しました。

 

前菜:フルーツトマトと苺、グリオットチェリーのマリネ アールグレイの香り

モリス商会の《チェリー》からインスパイアされた一品。フルーツトマト、苺、グリオットチェリーを赤ワインビネガーとチェリーシロップに漬け込み、さっぱりと仕上げました。甘さが出すぎないよう、アールグレイの香りを添えて。鮮やかな赤が美しい前菜です。

 

モリス・マーシャル・フォークナー商会(1875年以降はモリス商会)《チェリー》1895年、ルーカス・トゥース婦人の令嬢デュランド婦人より寄贈(1952年)、ウィリアム・モリス・ギャラリー ©William Morris Gallery, London

 

メイン:国産豚肩肉のローストポーク 筍と牛蒡のフリットを添えて アーモンドバルサミコ

ギリシア神話の一場面を描いたバーン=ジョーンズの《赦し(ゆるし)の樹》をイメージしたメインは、まるで作品の人物がそのまま飛び出してきたかのよう。肉厚なローストポークは男性を、それに絡み合う筍と牛蒡のフリットは女性を表現し、ローストアーモンドで作品の背景にある樹を描いています。バルサミコソースの酸味がお肉の旨味を引き立てます。

 

エドワード・バーン=ジョーンズ《赦しの樹》1881-82年、リヴァプール国立美術館、レディ・リーヴァー・アート・ギャラリー ©National Museums Liverpool, Lady Lever Art Gallery

 

■タイアップデザート Femme Fatale Rouge(ファム・ファタル・ルージュ)

販売価格:税抜900円(税込972円)/販売時間:14:00~17:00

 

ロセッティが描いた魔性のヴィーナスをイメージした美しいデザートプレート。フランボワーズのムースに注ぎ込むのは、芳醇な香りが漂う媚薬のようなバラのシロップ。苺のアイス、数種のベリーとともに、甘美な時をお楽しみください。

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス)》1863-68年頃、ラッセル=コーツ美術館 ©Russell-Cotes Art Gallery & Museum, Bournemouth

2018年10月10日

フィリップス展タイアップメニュー 10月17日より販売開始!

Café 1894では「フィリップス・コレクション展」(会期:2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝))の会期中限定で、展覧会にちなんだメニューを販売いたします。

 

■タイアップランチ 「The Modern」(前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)
 販売価格:税抜2,000円(税込2,160円)  ※提供時間 11:00~14:00

 

 

<前 菜> 玉ねぎとカリフラワーのポタージュ   生ハムと白ワイン風味のフェッテ添え
ゴーガンの《ハム》から着想を得た一品。
バターでじっくり炒めた玉ねぎ、カリフラワーに、泡立てた生クリームの甘みが優しいポタージュは、寒い時期に心も身体も温めてくれそう。

ポール・ゴーガン《ハム》1889年 油彩/カンヴァス Acquired 1951フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection, Washington, D.C.

 

<メイン> ノルウェーサーモンと5種きのこのパートフィロー包み ~サフラン風味のヴァンブランソース~
秋から冬にかけて脂が乗ったサーモンと香り豊かなきのこを、サクサクの薄いパイ生地で包みました。
サフラン風味のソースで、まるでフィリップス・コレクション展の抽象絵画のようにモダンな印象に仕上げています。

 

 

■タイアップデザート 「Duncan’s Favorite」スフレ・オ・ショコラとホワイトショコラムース ~ソースシトロンを添えて~ 
 販売価格:税抜900円(税込972円)  ※提供時間 14:00~17:00

 

 

フィリップス・コレクションの創始者であるダンカン・フィリップスの好物だったチョコレートスフレ。
パリのレストランでは必ずと言っていいほど注文していたそうです。

スフレの上はホワイトチョコのムース、さらに生クリームやクルミ、チョコレートで飾りつけました。
レモン風味のソースがアクセントになり、ショコラの味も引き立ち、さっぱりとお召し上がりいただけます。

2018年06月22日

ショーメ展タイアップメニュー 6月28日から販売開始!

Café 1894では、「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ」展

(会期:2018年6月28日(木)~9月17日(月・祝))の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

当館初の宝飾品の展覧会の余韻に浸りながら、華やかなメニューをぜひお楽しみください。

 

■タイアップランチ

「plein de nature プレーン ドゥ ナチュール」

 2,000円(税抜)
 ※提供時間 11:00~14:00  

 

ナポレオンの皇妃ジョゼフィーヌが愛したマルメゾン城の豊かな自然をイメージし、

彩り鮮やかな前菜、大地の恵みを想わせるメインをご用意しました。

 

<前菜>季節野菜のサラダ仕立て ホタテ貝のタルタル ラビゴットソース(※1)

マルメゾン城から眺める庭園に咲き誇る花々を、季節野菜と赤パプリカのソースで表現。

はちみつを加えた白ワインと柑橘のジュレが清々しい一皿です。

 

<メイン>鴨胸肉のロティ 牛蒡のピューレ ノワゼットソース(※2)

本展では、西洋のジュエリー作品における日本美術の影響についてもご紹介しています。

そんな関係の深い「西洋」と「日本」両者の食材を見事に融和させた一品です。

八丁味噌でマリネした鴨胸肉と牛蒡のピューレには、ケッパーと黒七味がアクセントに。

たっぷりの夏野菜とともにお楽しみください。

 

※1 酢、食用油、野菜のみじん切りをベースとしたソース

※2アーモンド色にバターを焦がしたソース

 

 

■タイアップデザート

「bijou exotique ビジュー エキゾティック」
 ~マンゴーとパッションフルーツのバヴァロア仕立て ココナッツとタピオカのソース~

 900円(税抜)
 ※提供時間 14:00~17:00

 

多くの人びとを魅了して止まないジュエリーの輝きを、夏にぴったりの爽やかなデザートで表現しました。

タピオカはパール、色とりどりの果実は宝石をイメージし、

繊細な飴細工が宝石箱のようなプレートに煌めきを添えています。

 

2018年02月22日

「ルドン―秘密の花園」展タイアップメニュー “花”“植物”をテーマにした華やかなメニューが2月8日より登場

Café 1894では「ルドン―秘密の花園」展(会期:2018年2月8日(木)~2018年5月20日(日))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

画家・ルドンの世界観や出品作品をモチーフにしたメニューで、展覧会の余韻を存分に味わっていただけます。

 

■ランチメニュー 「ルドンの世界」 ドリンクつき 2,000円(税抜)

※提供時間11:00~14:00

 

印象派の画家と同世代でありながら奇妙な黒の作品を世に送り出したルドンが、鮮やかな色彩の絵画の世界に目覚めていく

―そんな彼の画家としての変化と本展のキーワード「花、植物」を表現したランチセットです。

 

<前菜> 真っ黒な小ヤリイカとアスパラガス、蕪、キヌア、牛蒡のピューレとともに

「黒」の正体はイカ墨ではなく、黒胡麻のピューレとフレンチドレッシングで和えられたヤリイカ、

アスパラガスと蕪、スーパーフードのキヌア。

反対の「白」は牛蒡と白胡麻のピューレです。

1本のディルにはルドンの彩溢れる絵画への“芽吹き”という意味が込められています。

 

<メイン>豚肉のハニーマスタード焼き 赤ワインのソース パステル画をイメージして

メインは豚バラ肉のハニーマスタード焼き。

下には赤ワインソースが敷かれています。

お肉の周りは黄色人参のピューレ、フランボワーズのソース、

ラディッシュやミニトマトで彩りを添え、お花畑を表現しました。

 

<ドリンク> ローズヒップティー

セットのドリンクはローズヒップティー。

人気のエルダーフラワーをブレンドし、より優しい味に仕上げました。

 

 

■デザートメニュー 「秘密の花園~グラン・ブーケ仕立て」 900円(税抜)

※提供時間 14:00~17:00

 

“秘密の花園”を一皿にぎゅっと詰め込んだ一品。

スフレのように軽い食感のレアチーズケーキに、イチゴとマスカルポーネのソルベを添え、

メレンゲや生クリーム、イチゴやベリーなどでかわいらしく飾り付けました。

まるでルドンの《グラン・ブーケ(大きな花束)》のような華やかなデザートです。

お好みで蜂蜜とエルダーフラワーのシロップをかけて、自分だけの味(花)を探してみては?

 

 

2017年10月17日

Café 1894×パリ・グラフィック展 タイアップメニュー

Café 1894では、「パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター」展

(会期:2017年10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

展覧会鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー C’est Paris[セ・パリ] コーヒー又は紅茶つき 2,000円(税抜)

現在のフランス料理の原型は19世紀頃に完成したと言われています。

19世紀末パリにおける版画の広がりをご紹介する「パリ♥グラフィック展」にちなみ、

フランス・版画をテーマにメニューを考案しました。

<前菜>

鴨胸肉と焼き葱、カリフラワーピューレのコンポジション コンソメと共に

フランスでも伝統的に好相性の鴨と葱を組み合わせ、カリフラワーのピューレとコンソメのマリアージュをお楽しみ頂ける一皿です。

 

<メイン>

仔牛のコルドン・ブルー 季節野菜とドフィノワグラタンを添えて グレービーソース

ハーブやスパイスの効いたカフェ・ド・パリ・バターを添えたカツレツです。

パン粉で包みあげた仔牛、チーズ、ハムを香ばしく焼き上げ、奥行きのある味わいのバターとの組み合わせが絶妙な一品。

付け合せのドフィノワグラタンは、何層にも重なる版画をイメージしています。

 

 

■デザートメニュー 「ロイ・フラー嬢へのオマージュ」 900円(税抜)

たなびく袖を旋回させる踊りでロートレックを魅了した踊り子ロイ・フラーを、パリ生まれのチョコレートケーキ「オペラ」で表現しました。

シロップが染みこんだ生地、ガナッシュ、バタークリーム、フランボワーズの赤いジャムの層は、

色の版を重ねる版画技法リトグラフをイメージしています。

2017年06月20日

「レオナルド×ミケランジェロ」展タイアップメニュー販売中!

Café 1894では、併設の三菱一号館美術館にて開催中の「レオナルド×ミケランジェロ」展(~9月24日(日))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

展覧会鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー 「Pranzo Fiorentino プランツォ・フィオレンティーノ」 1,850円(税抜)

レオナルドとミケランジェロの故郷・フィレンツェ。

オレンジ色に染まるこの歴史ある美しい街をイメージした「フィレンツェのランチ」という名のランチセットです。

 

前菜:スモークサーモンのテリーヌ

爽やかな酸味が広がるオレンジヨーグルトのソースは、まずはそのまま、次にサーモンにかけてお召し上がりください。

 

メイン:牛のタリアータ

イタリアの定番肉料理。タリアータはイタリアでは「薄く切った」という意味で、絶妙な焼き加減が癖になる一品です。

イタリアの野菜と、レオナルドとミケランジェロ両者も好んだと言われるチーズを添えて。

 

 

■デザートメニュー 「パラゴーネ」 850円(税抜)

パラゴーネとは、イタリア語で「対比」の意味。

鏡文字を使うレオナルドの特徴を取り入れ、右から左に流れる線をティラミスで表現しました。

もう一方の赤モモのズコットは、ミケランジェロの彫刻をイメージし、プラムのコンポートを立体的に盛りつけました。

ズコットはルネッサンスからあるイタリアの代表的なスイーツです。夏にぴったりのヨーグルトのソルベを添えて。

二人の作品の対比をワンプレートでお楽しみください。

 

2017年01月31日

「オルセーのナビ派」展タイアップメニュー 2月4日(土)より販売します!

三菱一号館美術館内にあるミュージアムカフェ・バー「Café 1894」(東京・丸の内)では、

「オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき」(2017年2月4日(土)~5月21日(日))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

展覧会鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー 「かわいい色彩革命」 1,800円(税抜)

 

オルセーナビ展_ランチ_横_6092_1600

19世紀末パリで活動した若き芸術家グループ「ナビ派」の造形的な特徴を表現したランチセット。

春にふさわしい明るく鮮やかな色彩と、季節の食材のコラボレーションをお楽しみください。

 

前菜:オードブル4種

メイン:ハーブ三元豚のタプナード焼き ~春の訪れ~

 

 

■デザートメニュー 「はじめまして、クレープ・シュゼットです。」 880円(税抜)

 

オルセーナビ展_デザート_6125_1600

ナビ派の特徴である「平面性」と「装飾性」をオレンジで表現した、Café 1894初のクレープ・シュゼットです。

オレンジカスタードクリームの入った温かいクレープに、

ブランデーがほのかに香るオレンジキャラメルソース、冷たいバニラアイスが溶け合います。

Café 1894オリジナルの大人スウィーツをご堪能ください。

 

2016年10月14日

Café 1894×「拝啓 ルノワール先生」展タイアップメニュー販売します!

Café 1894では、
「拝啓 ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え」展 (2016年10月19日(水)~2017年1月9日(月・祝))の会期中限定で、
展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。
ご鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー 「出会う喜び ~マリアージュ」 2,000円(税抜)

梅原ルノアール_ランチ1_9952_1600日本美術から大きな影響を受けたルノワールと、西洋の文化に憧れた梅原龍三郎。
海を越え、南仏で出会った二人をオマージュし、この時期にぴったりの特別メニューに仕上げました。

 

前 菜:マグロのミ・キュイ ~ニース風サラダ仕立て~
マグロの表面を炙った「ミ・キュイ」に白ゴマをまぶし、
お米でとろみをつけたパプリカのピューレと合わせてさっぱりとした味わいに。
サラダ野菜には大葉を使い、和のエッセンスを取り入れ、オリーブとオレンジで彩りを添えて。

 

メイン:牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ~和のエッセンスで~
牛ほほ肉はじっくり煮込み、とろけるような食感に仕上げました。
赤ワインのソースには八丁味噌をほんのり利かせ、日本風にアレンジ。
お肉の下には大根のコンソメ煮とリンゴの赤ワイン煮が隠れています。

 

 

■デザートメニュー 「イチゴのショートケーキ ~フレジェ・ヌーボー」 950円(税抜)

梅原ルノアール_デザート1_0100_1600フレジェはフランスで苺を使ったケーキ。
日本に紹介された後、日本人になじみやすいよう改良を重ね、現在のショートケーキになった・・・
その歴史を、自分流に洋画を変化させ、スタイルを確立した梅原と重ね合わせました。

 

Café1894では昔ながらのバタークリームではなく、
ホワイトチョコレートを代用することで新しいタイプのフレジェを目指しました。
オリジナリティ溢れる丸いショートケーキは、切った瞬間の驚きをお楽しみください。

2016年05月24日

【キャメロン展】タイアップメニュー販売のお知らせ

三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」では、
「From Life ―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン」展
(会期:2016年7月2日(土)~2016年9月19日(月・祝))の会期中限定で、
展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。
「キャメロン展」ご鑑賞のあとに、ぜひお立ち寄りください。

■ランチメニュー 「From Life ―キャメロンの人生を辿って」 1,980円(税抜)

キャメロンのユニークな人生を辿るランチセット。
彼女のゆかりの地・英国フレッシュウォーター、インド、フランスをイメージしました。
キャメロンの人生、美しく型破りな芸術表現に思いを馳せてお召し上がりください。

キャメロンランチ サイズ小・前 菜 真鯛のカルパッチョ ライムミントのフレッシュウォータージュレ 
・メイン 大山鶏のロティ 夏野菜のバイエルディ※1とスペルト小麦※2のサラダ添え
※1 夏野菜のグラタン
※2 現在の小麦の原種に当たる古代穀物 

■デザートメニュー 「English Garden」 950円(税抜) 

バラが香り、ベリーや赤モモが実る豊かなイングリッシュ・ガーデンをイメージしたデザートプレート。 
夏にぴったりな冷たいパフェと甘味を抑えたスコーンの組み合わせが新鮮です。

キャメロンデザート サイズ小・ローズとベリーのパフェ 
・ペッシュヴィーニュ※のスコーン 
※赤モモ

 

2012年09月19日

「シャルダン展」スタート

9月の中旬だと言うのにまだまだ暑い日が続いていますね。
さてさて、ただ今三菱一号館美術館では、「シャルダン展」が開催されており、連日暑い日にもかかわらず沢山の方がご来場されています!!
当店も「シャルダン展」スタートに合わせてタイアップメニューをご用意いたしました。
シャルダンの代表作品にちなんだお料理をご用意しております!

シャルダン展タイアップランチでは 【肉のある料理】【肉のない料理】をご用意!
肉のある料理の方が人気ですよ♪

シャルダン展タイアップデザートは【木いちごの籠】
季節のベリータルト 白ワインの香りモモのキャラメリゼ添え

白ワイン風味のタルトに5種のベリーと相性抜群です♪♪

※カフェタイムのみご提供です。申し訳ございません。

ディナータイムは【ワインのある料理】
ワインに合うお料理を沢山ご用意しております☆ワインは絵画によく描かれる動物のラベルの物をご用意しました!!もちろんお味も美味しいですよ♪ご来店時にラベルを見てくださいね♪♪

みなさんご来店お待ちしてまーす!!

CAFE NEWS

2021年10月08日

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン展 タイアップメニューを10月15日(金)より販売

Café 1894では、「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」展

【会期:10月15日(金)~2022年1月16日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザート、ドリンクをご用意いたします。

 

■タイアップランチ  「印象派の収穫祭」       
販売価格 2,420円(税込)
販売時間 11:00~14:00

 

前 菜:モルタデッラハム、舟形マッシュルーム・玉子のペイザンヌサラダ
ポール・セザンヌ《川のそばのカントリーハウス》をモティーフにした前菜。モルタデッラハムや舟形マッシュルームを散らして、自家製の人参ドレッシング合わせました。色鮮やかな飾り付けで、見た目でも楽しんでいただけるサラダです。生で食べられる舟形マッシュルームの食感や風味をお楽しみください。

ポール・セザンヌ《川のそばのカントリーハウス》 1890年頃 油彩/カンヴァス 81.0×65.0cmイスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Pierre Alain Ferrazzini

 

メイン:奥州いわい鶏と海老のフリカッセ バターライスと共に
フィンセント・ファン・ゴッホ《プロヴァンスの収穫期》をイメージしたプレート。海老の旨味と香りが閉じ込められた濃厚なホワイトソースでいわい鶏を煮込みました。とうもろこしをちりばめたバターライスと一緒に召し上がりください。揚げたポロネギがアクセントです。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《プロヴァンスの収穫期》 1888年 油彩/カンヴァス 51.0×60.0cmイスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital

 

■タイアップデザート 「花咲くリンゴのシブースト」
販売価格 1,100円(税込)
販売時間 14:00~17:00

 

シャルル=フワンソニ・ドービニー《花咲くリンゴの木》をイメージした一皿。
薄くスライスしたリンゴをカルバドスで煮込み、花びらに見立てお花を形作り、シブーストの上に乗せました。ほろ苦いカラメルとバルサミコソース、クリームチーズアイスと一緒に召し上がりください。リンゴの木とお花を描いた、絵画のようなプレートです。

 

シャルル=フランソワ・ドービニー《花咲くリンゴの木》 1860 – 62年 油彩/板 26.5×40.5cmイスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital

 

■タイアップドリンク

「Chai Latte  (チャイラテ)」(ノンアルコール)

販売価格 800円(税込)
販売時間 11:00~23:00  ※営業終了時間変更の可能性有り

煮出したミルクティーに香辛料を加えたドリンクです。

 

「Vin chaud (ヴァンショー)」 (アルコール)

販売価格 880円(税込)
販売時間 11:00~23:00 ※営業終了時間変更の可能性有り

スパイシーで温まるホットワインです。

 

 

 

2021年06月23日

三菱創業150周年記念 三菱の至宝展タイアップメニュー6月30日(土)より販売

Café 1894では、「三菱創業150周年記念 三菱の至宝」展【会期:6月30日(水)~9月12日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザート、ドリンクをご用意いたします。

 

■タイアップランチ  「男爵のハレの日ランチ」       
販売価格:2,530円(税込)
販売時間:11:00~14:00

 

前 菜:グリンピースの冷製ポタージュスープ、フレッシュハーブと柑橘のサラダ
メイン:牛フィレ肉のカツレツ デミグラスソース

三菱が創業した明治期、男爵が特別な日に食べた贅沢ランチをイメージしました。暑い季節にもさっぱりとお召し上がりいただける柑橘のサラダと、コクがあるグリンピースの冷製スープ。そして明治期に流行ったカツレツには、肉の女王ともいわれる柔らかな牛フィレ肉を使用。ザクザクとした触感の衣と、甘めのデミグラスソースが相まって食欲をそそります。

 

■タイアップデザート 「てのひらの宇宙」
販売価格:1,000円(税込)
販売時間:14:00~17:00

 

世界に3点のみが伝存する奇跡の茶碗・国宝《曜変天目(稲葉天目)》が、美しいデザートになりました。濃厚なチョコレートのテリーヌと抹茶アイス、爽やかな柚子の水羊羹による絶妙な味わいが広がります。無数に煌めく星のような斑文を表現した飴細工や、アーモンドとキャラメルの焼き菓子“チュイール”で、味や触感の違いもお楽しみいただけます。

 

国宝《曜変天目(「稲葉天目」)》建窯 南宋時代(12~13世紀)(公財)静嘉堂所蔵

 

 

■タイアップドリンク

左「アイス抹茶ラテ(ホット可)」(ノンアルコール)

販売価格:770円(税込)
販売時間:11:00~23:00

しっかりと抹茶を感じられる甘みとコクのあるラテに仕上げました。

 

右「抹茶モヒート」 (アルコール)

販売価格:880円(税込)
販売時間:11:00~23:00

定番のモヒートに抹茶を合わせて、清涼感のあるカクテルに仕上げました。レモンがさらに爽やかさを引き立てます。

 

 

 

 

2021年02月12日

テート美術館所蔵 コンスタブル展 タイアップメニュー2月20日(土)より販売

Café 1894では、「テート美術館所蔵 コンスタブル展」【会期:2月20日(土)~5月30日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザート、ドリンクをご用意いたします。

 

■タイアップランチ  「コンスタブルの風景」       
販売価格:2,420円(税込)
販売時間:11:00~14:00

 

 

前菜:八海山サーモンと帆立のタルタル仕立て バジルソース
《フラッドフォードの製粉所(航行可能な川の情景)》をモチーフにした前菜。八海山サーモンマリネと帆立、ドライトマト、ブラックオリーブで作ったタプナードと一緒に混ぜ合わせ、ハーブやエディブルフラワーで色鮮やかに飾り付け、見た目でも楽しんでいただける一皿です。

 

メイン:サンデーローストポークとキャロットラペ グレービーソース
イギリスの週末、礼拝後に家族団欒で食べたと言われているサンデーロースト。国産豚を使用し、火加減に細心の注意を払い、ピンク色に仕上げています。付け合わせのキャロットラペ、メークインのフリットと共に、濃厚なグレービーソースと絡めてお召し上がりください。

 

ジョン・コンスタブル《フラットフォードの製粉所(航行可能な川の情景)》1816 -17 年、油彩/カンヴァス、101.6×127.0cm、テート美術館蔵 ©Tate

 

 

■タイアップデザート 「虹〈ピクチャレスク〉」
販売価格:1,000円(税込)
販売時間:14:00~17:00

 

 

《虹が立つハムステッド・ヒース》をイメージした一皿。4種類(青りんご、アプリコット、グロゼイユ、いちご)のムースで虹をイメージし、雲を綿あめで表現しています。アプリコットシロップをかけて、綿あめを溶かして、お召し上がりください。雲がなくなると、素敵な景色が広がります。

 

ジョン・コンスタブル《虹が立つハムステッド・ヒース》 1836 年、油彩/カンヴァス、50.8×76.2cm、テート美術館蔵 ©Tate

 

 

■タイアップドリンク 

「C L O U D (ノンアルコール)」(左側)

販売価格:770円(税込)
販売時間:11:00~23:00

青空をイメージした、ノンアルコールドリンクです。

 

「Rainbow Sunrise (アルコール)」(右側)

販売価格:880円(税込)
販売時間:11:00~23:00

虹色をイメージし、可愛らしく仕上げました。

 

 

 

2020年10月16日

開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展 タイアップメニュー 10月24日より発売

Café 1894では、「開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展」【会期:2020年10月24日(土)~2021年1月17日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「Vision(ヴィジョン)」-モノクロから色彩へ-       
販売価格:2,420円(税込)
販売時間:11:00~14:00

 

前 菜:カリフラワーのムース 竹炭のチュイールを添えて
オディロン・ルドンの絵をモチーフにした前菜です。カリフラワームースにモノクロをイメージさせる竹炭のチュイールを添えました。パリパリのした食感と濃厚なムースのマリアージュをお楽しみいただけます。

 

メイン:オーロラサーモンのポワレ ブールノワゼット
オーロラサーモンのポワレに色彩豊かなハーブや花を飾り、「神秘的な対話」に着想を得た一品です。ソースは、バターの香り豊かなブールノワゼットで仕上げております。紫芋のピューレと一緒にお召し上がりください。

 

オディロン・ルドン 石版画集『夢のなかで』《Ⅷ. 幻視》 1879 年 リトグラフ 三菱一号館美術館蔵 【展示期間:10 月24 日~11 月23 日】

 

オディロン・ルドン 《神秘的な対話》 1896 年頃 油彩/画布 65.0×46.0cm 岐阜県美術館蔵

 

■タイアップデザート 「おとなのグラン・ブーケ」 
販売価格:990円(税込)
販売時間:14:00~17:00

 

 

秘密の花園を一皿に詰め込んだ、華やかな一皿です。ふんわり軽い食感のチョコレートムースに甘酸っぱいカシスのソースをあわせました。柚子ソルベを添えて爽やかさを演出し、蜂蜜レモンのメレンゲや洋梨のキャラメリゼをアクセントに、大人だからこその味覚をお楽しみください。

 

オディロン・ルドン《グラン・ブーケ(大きな花束)》1901年 三菱一号館美術館

 

■タイアップドリンク「カフェ・モカ」
販売価格:770円(税込)
販売時間:11:00~23:00

 

贅沢にチュコレートとダークラムを使用したカフェモカに、クレーム・シャンティを添えてココアパウダーと色鮮やかな花(食用)で芽生えを表現いたしました。 ※ノンアルコールもご提供いたします。

 

 

 

2020年02月07日

開館10周年記念 画家が見たこども展タイアップメニュー 2月15日より発売

Café 1894では、「開館10周年記念 画家が見たこども展」【会期:2020年2月15日(土)~2020年6月7日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「夢のお子さまランチ」(ワンプレート+デザート+コーヒーor紅茶)

販売価格:2,200円(税込)/販売時間:11:00~14:00

 

 

「さあ、こどもに戻ろう」とポスターのキャッチコピーで謳っているように、「画家が見たこども展」は、大人が子どもの頃を思い出すような絵画が並ぶ展覧会です。そんな展覧会のタイアップメニューにはズバリ『お子さまランチ』が満を持して登場します!大人だからこそ楽しめる味覚を童心に返ったような感覚でお楽しみください。

 

ワンプレートランチwithデザート

・ビーツのポタージュ

・有頭ブラックタイガーのカダイフ巻き レムラードソース

・ハンバーグステーキと半熟タマゴ ポルトソース

・サフランライス

・ベーコンとオニオンのキッシュ ~キッシュロレーヌ~

・ジベルニーのガーデンサラダ

・キャラメルプリン

 

フェリックス・ヴァロットン《可愛い天使たち》1894年 木版/紙 三菱一号館美術館

 

■タイアップデザート 「春色の小さなパンケーキ」

販売価格:990円(税込)/販売期間:14:00~17:00

 

 

モーリス・ドニ作品の色合いをイメージしたタイアップデザートの中心には、パンケーキオレンジカラメル、チョコソース。桜色のプレートにオレンジのコンポート、クルミのカラメリゼ、生チョコレート、生クリームと苺にピスタチオを散りばめて、ラムレーズンのアイスクリームを添えました。チョコレートやクリームの甘さとフルーツの酸味がパンケーキによく似合います。

 

モーリス・ドニ《赤いエプロンドレスを着た子ども》1897年 油彩/厚紙 個人蔵

 

■タイアップドリンク

「レモンスカッシュ」 販売価格:770円(税込)/販売期間:11:00~22:00 *ノンアルコール

お子さまでも飲めるさっぱりとしたレモネード。アルコールが苦手な方でもお楽しみ頂けるドリンクです。

 

「ルージュジャポネ」 販売価格:880円(税込)/販売期間:11:00~22:00

ナビ派の巨匠ボナールは自身の作品にも影響が出るほどの日本かぶれだったことから、日本酒と季節の苺を使ったカクテルごご用意しました。

 

 

 

 

ピエール・ボナール《雄牛と子ども》1946年 油彩/カンヴァス 個人蔵 Collection Prof.Mark Kaufman

 

2019年10月29日

レトロでかわいい「クリームソーダ」「純喫茶パフェ」を10月30日から販売!

Café 1894では、2019年10月30日(水)~11月30日(土)の間、「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」開催を記念して、19世紀にルノワールやモネといった印象派に代表される画家たちが世に傑作を創作した時代に、時を同じくして日本に誕生した“喫茶文化”にちなんだスペシャルメニュー、「クリームソーダ」および「純喫茶パフェ」の2種類を、数量限定で販売いたします。

 

販売期間:2019年10月30日(水)~11月30日(土)

 

・クリームソーダ(税込650円) 数量限定

【平日のみ14~17時(L.O.16時)】15食/日

【土日含む20~23時(L.O.22時)】15食/日
*20~23時は別途コペルト料(税込 330円)を頂戴いたします

 

・純喫茶パフェ(税込980円)数量限定

【販売期間中の20~23時(L.O.22時)】12食/日
*20~23時は別途コペルト料(税込 330円)を頂戴いたします

 

※貸切利用等で夜の営業がない場合がございます。
営業時間につきましては、Café 1894公式サイトにてご確認ください。

 

コースター画像 表

コースター画像 裏(吉野石膏展)

また、今回特別にデザインした可愛らしい限定オリジナルコースターが、カフェメニューに華を添えます。
ノベルティとしてお持ち帰りいただくこともでき、本コースターを美術館のチケット窓口でご提示いただくと、「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション展」を200円割引でご鑑賞できます。

 

 

喫茶の王道でもある「クリームソーダ」。
爽やかなテイストのメロンソーダに大ぶりのバニラアイスクリームがのり、飲みごたえ満点。サクランボのトッピングが彩りをそえ、見た目も可愛らしく、昔懐かしい仕上がりに。

 

 

こぼれ落ちそうなほど贅沢に盛られた「純喫茶パフェ」は、14種類もの層で彩られる、渾身の一品。
トップにはシガレットクッキー、バニラアイスをはじめ、メロン、りんご、キウイ、オレンジ、とフルーツを盛り合わせ、上段中央には自家製プリンの上に、チェリーとホイップクリームをのせました。中腹にはフルーツカクテル、スポンジケーキが混ざりあい、下段はチョコレートソース、コーンフレークとラズベリーソースを重ねています。最後まで飽きのこない美味しさの「純喫茶パフェ」で、大人の夜の時間にロマンある至福の味わいを。

 

クラシカルな店内で、頑張った一日のご褒美にぴったりなパフェで、“食欲の秋”を満喫してみてはいかがでしょうか。

2019年10月29日

印象派からその先へー世界に誇る 吉野石膏コレクション展タイアップメニュー 10月30日より発売

Café 1894では、「印象派からその先へ- 世界に誇る 吉野石膏コレクション」展【会期:2019年10月30日(水)~2020年1月20日(月)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「モネ、ゴッホ-impression-」(前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)

販売価格:2,310円(税込)/販売時間:11:00~14:00

 

前菜:サラダ・サン=ジェルマン

クロード・モネ《サン=ジェルマンの森の中で》をイメージし、生ハム、数種のベリーやルッコラなどのお野菜にカラフルトマトを添えた彩り鮮やかな一皿です。

 

クロード・モネ 《サン=ジェルマンの森の中で》1882年 油彩/カンヴァス 81.0×65.9cm 吉野石膏コレクション

 

 

メイン:バルバリー鴨胸肉のロースト フランス産キノコとクリームリゾット バターナッツ南瓜のピューレ添え

フィン・セント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を運ぶ人々》から、農民が薪を運ぶ様子を鴨胸肉とごぼうのフリットで、また、沈む夕日をバターナッツかぼちゃの ピューレで表現しました。
フランス産キノコ“トランペット”の風味とマデラソース※の甘味に、生コショウがアクセントとなった奥深い味わいです。
※フランス料理で一般的な、マデラ酒を煮詰めた甘味のあるソース

 

 

フィンセント・ファン・ゴッホ 《雪原で薪を運ぶ人々》1884年 油彩/ カンヴァス(板に貼付)67.0×126.0cm 吉野石膏コレクション

 

■タイアップデザート 「緑のコンポジション」

販売価格:990円(税込)/販売期間:14:00~17:00

ワシリー・カンディンスキー《結びつける緑》の幾何学的な図形を表したデザートの盛り合わせです。
ショコラタルト、イチゴとバニラのムース、ピスタチオアイスに、カシス のメレンゲやチュイル※など、味や食感の違いもお楽しみいただけるスイーツです。
※アーモンドとキャラメルの焼き菓子

 

 

ワシリー・カンディンスキー《結びつける緑》1926年 油彩/カンヴァス 84.0×57.5cm 吉野石膏コレクション

 

2019年07月03日

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展タイアップメニュー 7月6日より発売

Café 1894では、「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン」展【会期:2019年7月6日(土)~2019年10月6日(日)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「ヴェネツィアの魔術師」(前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)

販売価格:2,200円(税抜)/販売時間:11:00~14:00

 

本展の舞台となるイタリアを代表するメニューを当店らしくアレンジしたセットです。

まるでフォルチュニの魔術にかかったかのように、前菜もメインも様々な隠し味で仕上げられています。

 

前菜:4種の魚介のマリネ セロリラブのビューレとともに

海老や帆立などの4種の魚介のマリネを根セロリのピューレと合わせ、夏らしくさっぱりと仕上げました。赤い粉は中東のスパイス・スマック。そのオリエンタルな風味は、東洋の魔術的なイメージに彩られた水都ヴェネツィアを思わせます。

 

マリアノ・フォルチュニ《デルフォス》1920年代 絹サテン、トンボ玉 神戸ファッション美術館

 

メイン:牛サーロインのタリアータ ラディッキオとアンディーブのサラダ添え バルサミコソースとスパイスを効かせて

牛サーロインを使った豪華なイタリア風ステーキ「タリアータ」。チーズやバルサミコソース、エスニック風味の自家製スパイスなど、様々な味でお楽しみください。トウモロコシの粉を煮たポレンタとも相性抜群です。

 

マリアノ・フォルチュニ《バラ色の衣装のための習作(アンリエット・フォルチュニ)》1932年 テンペラ/厚紙 フォルチュニ美術館  ©Fondazione Musei Civici di Venezia – Museo Fortuny

 

■タイアップデザート 「マリアノ・フォルチュニ」

販売価格:900円(税抜)/販売時間:14:00~17:00

 

フォルチュニの生み出したドレス《デルフォス》は、それまで身体を極端に締め付けていたコルセットから女性を解放し、女性の肢体の自然な曲線を美しく飾りました。そんな彼の服飾作品の華やかさ、柔らかさを、ガーゼに包まれたクレームダンジュで表現。夏にぴったりのマンゴーやパッションフルーツ、白桃のシャーベットなど、織りなす味をご賞味ください。

 

マリアノ・フォルチュニ《室内着》1910年代 絹タフタにステンシル・プリント 公益財団法人 京都服飾文化研究財団 撮影:リチャード・ホートン

 

2019年03月11日

ラファエル前派展タイアップメニュー 3月14日より販売!

Café 1894では、「ラファエル前派の軌跡展」(会期:2019年3月14日(木)~2019年6月9日(日))の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ Art for All (前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)

販売価格:税抜2,200円(税込2,376円)/販売時間:11:00~14:00

 

本展出品作品をイメージした前菜とメインから成る、“食べる芸術”のようなセットです。

“芸術とはあらゆる人のためにあるものである”(Art for All)というラスキンの考えをヒントに考案しました。

 

前菜:フルーツトマトと苺、グリオットチェリーのマリネ アールグレイの香り

モリス商会の《チェリー》からインスパイアされた一品。フルーツトマト、苺、グリオットチェリーを赤ワインビネガーとチェリーシロップに漬け込み、さっぱりと仕上げました。甘さが出すぎないよう、アールグレイの香りを添えて。鮮やかな赤が美しい前菜です。

 

モリス・マーシャル・フォークナー商会(1875年以降はモリス商会)《チェリー》1895年、ルーカス・トゥース婦人の令嬢デュランド婦人より寄贈(1952年)、ウィリアム・モリス・ギャラリー ©William Morris Gallery, London

 

メイン:国産豚肩肉のローストポーク 筍と牛蒡のフリットを添えて アーモンドバルサミコ

ギリシア神話の一場面を描いたバーン=ジョーンズの《赦し(ゆるし)の樹》をイメージしたメインは、まるで作品の人物がそのまま飛び出してきたかのよう。肉厚なローストポークは男性を、それに絡み合う筍と牛蒡のフリットは女性を表現し、ローストアーモンドで作品の背景にある樹を描いています。バルサミコソースの酸味がお肉の旨味を引き立てます。

 

エドワード・バーン=ジョーンズ《赦しの樹》1881-82年、リヴァプール国立美術館、レディ・リーヴァー・アート・ギャラリー ©National Museums Liverpool, Lady Lever Art Gallery

 

■タイアップデザート Femme Fatale Rouge(ファム・ファタル・ルージュ)

販売価格:税抜900円(税込972円)/販売時間:14:00~17:00

 

ロセッティが描いた魔性のヴィーナスをイメージした美しいデザートプレート。フランボワーズのムースに注ぎ込むのは、芳醇な香りが漂う媚薬のようなバラのシロップ。苺のアイス、数種のベリーとともに、甘美な時をお楽しみください。

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス)》1863-68年頃、ラッセル=コーツ美術館 ©Russell-Cotes Art Gallery & Museum, Bournemouth

2018年10月10日

フィリップス展タイアップメニュー 10月17日より販売開始!

Café 1894では「フィリップス・コレクション展」(会期:2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝))の会期中限定で、展覧会にちなんだメニューを販売いたします。

 

■タイアップランチ 「The Modern」(前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)
 販売価格:税抜2,000円(税込2,160円)  ※提供時間 11:00~14:00

 

 

<前 菜> 玉ねぎとカリフラワーのポタージュ   生ハムと白ワイン風味のフェッテ添え
ゴーガンの《ハム》から着想を得た一品。
バターでじっくり炒めた玉ねぎ、カリフラワーに、泡立てた生クリームの甘みが優しいポタージュは、寒い時期に心も身体も温めてくれそう。

ポール・ゴーガン《ハム》1889年 油彩/カンヴァス Acquired 1951フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection, Washington, D.C.

 

<メイン> ノルウェーサーモンと5種きのこのパートフィロー包み ~サフラン風味のヴァンブランソース~
秋から冬にかけて脂が乗ったサーモンと香り豊かなきのこを、サクサクの薄いパイ生地で包みました。
サフラン風味のソースで、まるでフィリップス・コレクション展の抽象絵画のようにモダンな印象に仕上げています。

 

 

■タイアップデザート 「Duncan’s Favorite」スフレ・オ・ショコラとホワイトショコラムース ~ソースシトロンを添えて~ 
 販売価格:税抜900円(税込972円)  ※提供時間 14:00~17:00

 

 

フィリップス・コレクションの創始者であるダンカン・フィリップスの好物だったチョコレートスフレ。
パリのレストランでは必ずと言っていいほど注文していたそうです。

スフレの上はホワイトチョコのムース、さらに生クリームやクルミ、チョコレートで飾りつけました。
レモン風味のソースがアクセントになり、ショコラの味も引き立ち、さっぱりとお召し上がりいただけます。

2018年06月22日

ショーメ展タイアップメニュー 6月28日から販売開始!

Café 1894では、「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ」展

(会期:2018年6月28日(木)~9月17日(月・祝))の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

当館初の宝飾品の展覧会の余韻に浸りながら、華やかなメニューをぜひお楽しみください。

 

■タイアップランチ

「plein de nature プレーン ドゥ ナチュール」

 2,000円(税抜)
 ※提供時間 11:00~14:00  

 

ナポレオンの皇妃ジョゼフィーヌが愛したマルメゾン城の豊かな自然をイメージし、

彩り鮮やかな前菜、大地の恵みを想わせるメインをご用意しました。

 

<前菜>季節野菜のサラダ仕立て ホタテ貝のタルタル ラビゴットソース(※1)

マルメゾン城から眺める庭園に咲き誇る花々を、季節野菜と赤パプリカのソースで表現。

はちみつを加えた白ワインと柑橘のジュレが清々しい一皿です。

 

<メイン>鴨胸肉のロティ 牛蒡のピューレ ノワゼットソース(※2)

本展では、西洋のジュエリー作品における日本美術の影響についてもご紹介しています。

そんな関係の深い「西洋」と「日本」両者の食材を見事に融和させた一品です。

八丁味噌でマリネした鴨胸肉と牛蒡のピューレには、ケッパーと黒七味がアクセントに。

たっぷりの夏野菜とともにお楽しみください。

 

※1 酢、食用油、野菜のみじん切りをベースとしたソース

※2アーモンド色にバターを焦がしたソース

 

 

■タイアップデザート

「bijou exotique ビジュー エキゾティック」
 ~マンゴーとパッションフルーツのバヴァロア仕立て ココナッツとタピオカのソース~

 900円(税抜)
 ※提供時間 14:00~17:00

 

多くの人びとを魅了して止まないジュエリーの輝きを、夏にぴったりの爽やかなデザートで表現しました。

タピオカはパール、色とりどりの果実は宝石をイメージし、

繊細な飴細工が宝石箱のようなプレートに煌めきを添えています。

 

2018年02月22日

「ルドン―秘密の花園」展タイアップメニュー “花”“植物”をテーマにした華やかなメニューが2月8日より登場

Café 1894では「ルドン―秘密の花園」展(会期:2018年2月8日(木)~2018年5月20日(日))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

画家・ルドンの世界観や出品作品をモチーフにしたメニューで、展覧会の余韻を存分に味わっていただけます。

 

■ランチメニュー 「ルドンの世界」 ドリンクつき 2,000円(税抜)

※提供時間11:00~14:00

 

印象派の画家と同世代でありながら奇妙な黒の作品を世に送り出したルドンが、鮮やかな色彩の絵画の世界に目覚めていく

―そんな彼の画家としての変化と本展のキーワード「花、植物」を表現したランチセットです。

 

<前菜> 真っ黒な小ヤリイカとアスパラガス、蕪、キヌア、牛蒡のピューレとともに

「黒」の正体はイカ墨ではなく、黒胡麻のピューレとフレンチドレッシングで和えられたヤリイカ、

アスパラガスと蕪、スーパーフードのキヌア。

反対の「白」は牛蒡と白胡麻のピューレです。

1本のディルにはルドンの彩溢れる絵画への“芽吹き”という意味が込められています。

 

<メイン>豚肉のハニーマスタード焼き 赤ワインのソース パステル画をイメージして

メインは豚バラ肉のハニーマスタード焼き。

下には赤ワインソースが敷かれています。

お肉の周りは黄色人参のピューレ、フランボワーズのソース、

ラディッシュやミニトマトで彩りを添え、お花畑を表現しました。

 

<ドリンク> ローズヒップティー

セットのドリンクはローズヒップティー。

人気のエルダーフラワーをブレンドし、より優しい味に仕上げました。

 

 

■デザートメニュー 「秘密の花園~グラン・ブーケ仕立て」 900円(税抜)

※提供時間 14:00~17:00

 

“秘密の花園”を一皿にぎゅっと詰め込んだ一品。

スフレのように軽い食感のレアチーズケーキに、イチゴとマスカルポーネのソルベを添え、

メレンゲや生クリーム、イチゴやベリーなどでかわいらしく飾り付けました。

まるでルドンの《グラン・ブーケ(大きな花束)》のような華やかなデザートです。

お好みで蜂蜜とエルダーフラワーのシロップをかけて、自分だけの味(花)を探してみては?

 

 

2017年10月17日

Café 1894×パリ・グラフィック展 タイアップメニュー

Café 1894では、「パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター」展

(会期:2017年10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

展覧会鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー C’est Paris[セ・パリ] コーヒー又は紅茶つき 2,000円(税抜)

現在のフランス料理の原型は19世紀頃に完成したと言われています。

19世紀末パリにおける版画の広がりをご紹介する「パリ♥グラフィック展」にちなみ、

フランス・版画をテーマにメニューを考案しました。

<前菜>

鴨胸肉と焼き葱、カリフラワーピューレのコンポジション コンソメと共に

フランスでも伝統的に好相性の鴨と葱を組み合わせ、カリフラワーのピューレとコンソメのマリアージュをお楽しみ頂ける一皿です。

 

<メイン>

仔牛のコルドン・ブルー 季節野菜とドフィノワグラタンを添えて グレービーソース

ハーブやスパイスの効いたカフェ・ド・パリ・バターを添えたカツレツです。

パン粉で包みあげた仔牛、チーズ、ハムを香ばしく焼き上げ、奥行きのある味わいのバターとの組み合わせが絶妙な一品。

付け合せのドフィノワグラタンは、何層にも重なる版画をイメージしています。

 

 

■デザートメニュー 「ロイ・フラー嬢へのオマージュ」 900円(税抜)

たなびく袖を旋回させる踊りでロートレックを魅了した踊り子ロイ・フラーを、パリ生まれのチョコレートケーキ「オペラ」で表現しました。

シロップが染みこんだ生地、ガナッシュ、バタークリーム、フランボワーズの赤いジャムの層は、

色の版を重ねる版画技法リトグラフをイメージしています。

2017年06月20日

「レオナルド×ミケランジェロ」展タイアップメニュー販売中!

Café 1894では、併設の三菱一号館美術館にて開催中の「レオナルド×ミケランジェロ」展(~9月24日(日))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

展覧会鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー 「Pranzo Fiorentino プランツォ・フィオレンティーノ」 1,850円(税抜)

レオナルドとミケランジェロの故郷・フィレンツェ。

オレンジ色に染まるこの歴史ある美しい街をイメージした「フィレンツェのランチ」という名のランチセットです。

 

前菜:スモークサーモンのテリーヌ

爽やかな酸味が広がるオレンジヨーグルトのソースは、まずはそのまま、次にサーモンにかけてお召し上がりください。

 

メイン:牛のタリアータ

イタリアの定番肉料理。タリアータはイタリアでは「薄く切った」という意味で、絶妙な焼き加減が癖になる一品です。

イタリアの野菜と、レオナルドとミケランジェロ両者も好んだと言われるチーズを添えて。

 

 

■デザートメニュー 「パラゴーネ」 850円(税抜)

パラゴーネとは、イタリア語で「対比」の意味。

鏡文字を使うレオナルドの特徴を取り入れ、右から左に流れる線をティラミスで表現しました。

もう一方の赤モモのズコットは、ミケランジェロの彫刻をイメージし、プラムのコンポートを立体的に盛りつけました。

ズコットはルネッサンスからあるイタリアの代表的なスイーツです。夏にぴったりのヨーグルトのソルベを添えて。

二人の作品の対比をワンプレートでお楽しみください。

 

2017年01月31日

「オルセーのナビ派」展タイアップメニュー 2月4日(土)より販売します!

三菱一号館美術館内にあるミュージアムカフェ・バー「Café 1894」(東京・丸の内)では、

「オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき」(2017年2月4日(土)~5月21日(日))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

展覧会鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー 「かわいい色彩革命」 1,800円(税抜)

 

オルセーナビ展_ランチ_横_6092_1600

19世紀末パリで活動した若き芸術家グループ「ナビ派」の造形的な特徴を表現したランチセット。

春にふさわしい明るく鮮やかな色彩と、季節の食材のコラボレーションをお楽しみください。

 

前菜:オードブル4種

メイン:ハーブ三元豚のタプナード焼き ~春の訪れ~

 

 

■デザートメニュー 「はじめまして、クレープ・シュゼットです。」 880円(税抜)

 

オルセーナビ展_デザート_6125_1600

ナビ派の特徴である「平面性」と「装飾性」をオレンジで表現した、Café 1894初のクレープ・シュゼットです。

オレンジカスタードクリームの入った温かいクレープに、

ブランデーがほのかに香るオレンジキャラメルソース、冷たいバニラアイスが溶け合います。

Café 1894オリジナルの大人スウィーツをご堪能ください。

 

2016年10月14日

Café 1894×「拝啓 ルノワール先生」展タイアップメニュー販売します!

Café 1894では、
「拝啓 ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え」展 (2016年10月19日(水)~2017年1月9日(月・祝))の会期中限定で、
展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。
ご鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー 「出会う喜び ~マリアージュ」 2,000円(税抜)

梅原ルノアール_ランチ1_9952_1600日本美術から大きな影響を受けたルノワールと、西洋の文化に憧れた梅原龍三郎。
海を越え、南仏で出会った二人をオマージュし、この時期にぴったりの特別メニューに仕上げました。

 

前 菜:マグロのミ・キュイ ~ニース風サラダ仕立て~
マグロの表面を炙った「ミ・キュイ」に白ゴマをまぶし、
お米でとろみをつけたパプリカのピューレと合わせてさっぱりとした味わいに。
サラダ野菜には大葉を使い、和のエッセンスを取り入れ、オリーブとオレンジで彩りを添えて。

 

メイン:牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ~和のエッセンスで~
牛ほほ肉はじっくり煮込み、とろけるような食感に仕上げました。
赤ワインのソースには八丁味噌をほんのり利かせ、日本風にアレンジ。
お肉の下には大根のコンソメ煮とリンゴの赤ワイン煮が隠れています。

 

 

■デザートメニュー 「イチゴのショートケーキ ~フレジェ・ヌーボー」 950円(税抜)

梅原ルノアール_デザート1_0100_1600フレジェはフランスで苺を使ったケーキ。
日本に紹介された後、日本人になじみやすいよう改良を重ね、現在のショートケーキになった・・・
その歴史を、自分流に洋画を変化させ、スタイルを確立した梅原と重ね合わせました。

 

Café1894では昔ながらのバタークリームではなく、
ホワイトチョコレートを代用することで新しいタイプのフレジェを目指しました。
オリジナリティ溢れる丸いショートケーキは、切った瞬間の驚きをお楽しみください。

2016年05月24日

【キャメロン展】タイアップメニュー販売のお知らせ

三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」では、
「From Life ―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン」展
(会期:2016年7月2日(土)~2016年9月19日(月・祝))の会期中限定で、
展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。
「キャメロン展」ご鑑賞のあとに、ぜひお立ち寄りください。

■ランチメニュー 「From Life ―キャメロンの人生を辿って」 1,980円(税抜)

キャメロンのユニークな人生を辿るランチセット。
彼女のゆかりの地・英国フレッシュウォーター、インド、フランスをイメージしました。
キャメロンの人生、美しく型破りな芸術表現に思いを馳せてお召し上がりください。

キャメロンランチ サイズ小・前 菜 真鯛のカルパッチョ ライムミントのフレッシュウォータージュレ 
・メイン 大山鶏のロティ 夏野菜のバイエルディ※1とスペルト小麦※2のサラダ添え
※1 夏野菜のグラタン
※2 現在の小麦の原種に当たる古代穀物 

■デザートメニュー 「English Garden」 950円(税抜) 

バラが香り、ベリーや赤モモが実る豊かなイングリッシュ・ガーデンをイメージしたデザートプレート。 
夏にぴったりな冷たいパフェと甘味を抑えたスコーンの組み合わせが新鮮です。

キャメロンデザート サイズ小・ローズとベリーのパフェ 
・ペッシュヴィーニュ※のスコーン 
※赤モモ

 

2012年09月19日

「シャルダン展」スタート

9月の中旬だと言うのにまだまだ暑い日が続いていますね。
さてさて、ただ今三菱一号館美術館では、「シャルダン展」が開催されており、連日暑い日にもかかわらず沢山の方がご来場されています!!
当店も「シャルダン展」スタートに合わせてタイアップメニューをご用意いたしました。
シャルダンの代表作品にちなんだお料理をご用意しております!

シャルダン展タイアップランチでは 【肉のある料理】【肉のない料理】をご用意!
肉のある料理の方が人気ですよ♪

シャルダン展タイアップデザートは【木いちごの籠】
季節のベリータルト 白ワインの香りモモのキャラメリゼ添え

白ワイン風味のタルトに5種のベリーと相性抜群です♪♪

※カフェタイムのみご提供です。申し訳ございません。

ディナータイムは【ワインのある料理】
ワインに合うお料理を沢山ご用意しております☆ワインは絵画によく描かれる動物のラベルの物をご用意しました!!もちろんお味も美味しいですよ♪ご来店時にラベルを見てくださいね♪♪

みなさんご来店お待ちしてまーす!!

CATEGORIES
ARCHIVES