芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

浮世絵をこえろ

2023年2月25日(土) — 4月9日(日)

三菱一号館美術館

YOSHITOSHIYOSHIIKU

文明開化の時代―浮世絵の危機!文明開化の時代―浮世絵の危機!

落合芳幾(1833-1904)と月岡芳年(1839-1892)は、幕末を代表する浮世絵師、歌川国芳(1797-1861)の門下でともに腕を磨き、1866-67(慶応2-3)年には、幕末の風潮を反映した残酷な血みどろ絵を共作しています。

良きライバルとして当時は人気を二分した両人ですが、芳幾はその後発起人として関わった「東京日々新聞」(毎日新聞の前身)の新聞錦絵を描くようになります。一方の芳年は、国芳から継承した武者絵を展開し、歴史的主題の浮世絵を開拓しました。

人生半ばの30歳前後で明治維新を迎えた二人は、最後の浮世絵師と呼ばれる世代です。 浮世絵衰退の時代にあらがうべく、彼らがどのように闘ったのかを、浅井コレクションをはじめとする貴重な個⼈コレクションを中⼼に振り返ります。

英名二十八衆句 高倉屋助七YOSHITOSHI
芳年 《英名二十八衆句 高倉屋助七》
1867(慶応3)年 西井コレクション
英名二十八衆句 鳥井又助YOSHIIKU
芳幾 《英名二十八衆句 鳥井又助》
1867(慶応3)年 西井コレクション

3つの見どころ

  1. 国芳門下の二大弟子、ライバル対決!国芳門下の二大弟子、ライバル対決!

  2. 貴重な浮世絵コレクションから―知られざる浮世絵師の全貌に迫る貴重な浮世絵コレクションから―知られざる浮世絵師の全貌に迫る

  3. 江戸から明治―変革の時代、浮世絵はどう生き残ったか!?江戸から明治―変革の時代、浮世絵はどう生き残ったか!?

東京日々新聞111号
芳幾《東京日々新聞111号》
1874(明治7)年 毎日新聞社新屋
文庫
芳年武者旡類 源牛若丸 熊坂長範
芳年《芳年武者旡類 源牛若丸 熊坂長範》
1883(明治16)年 浅井コレクション
太平記英勇伝:明智日向守光秀
芳幾《太平記英勇伝:明智日向守光秀》
1867(慶応3)年 浅井コレクション
※展示替えあり
源頼光公館土蜘作妖怪図
国芳《源頼光公館土蜘作妖怪図》 1843(天保14)年 浅井コレクション
与ハなさけ浮名の横ぐし
芳幾《与ハなさけ浮名の横ぐし》
1860(万延元)年 悳コレクション
福地桜痴題字《吃又(看板絵)》
芳幾福地桜痴題字《吃又(看板絵)》
1894(明治27)年
早稲田大学演劇博物館
東京自慢十二ヶ月 二月 梅やしき 新橋てい
芳年《東京自慢十二ヶ月 二月 梅やしき 新橋てい》
1880(明治13)年
北九州市立美術館
※展示替えあり

開催概要

長期休館前最後の展覧会!

※価格はすべて税込

  • 展覧会名芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル
  • 会期2023年2月25日(土) 〜 4月9日(日)
    ※展示替えあり(展⽰替え作品の詳細は後⽇公開)
  • 開館時間10:00〜18:00
    (金曜日と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 休館日3月6日(月)、3月13日(月)、3月20日(月)
  • 入館料・
    当日券
    一般 : 1,900円 
    高校・大学生 : 1,000円 
    小・中学生 : 無料
    ※本展覧会は⽇時指定予約は不要です。
    ※障がい者手帳をお持ちの方は半額、
    付添の方1名まで無料
  • 前売券一般のみ : 1,700円
    (〜2⽉24⽇まで販売 販売開始⽇は、決定次第本サイトにてお知らせします。)
  • 主催三菱一号館美術館、
    毎日新聞社
  • 協賛DNP大日本印刷
  • 特別協力浅井コレクション
  • お問い合わせ050-5541-8600(ハローダイヤル)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各時間の入場人数に上限を設けています。

※諸事情により、会期や開館時間等を変更する場合がございます。

マジックアワーチケット

(毎月第2水曜日17:00以降に限り適用):1,200円

※マジックアワーチケットは、実施月の1日に展覧会公式オンラインチケットサイトで販売開始となります。

アクセス

アクセスマップ

Google map

三菱一号館美術館

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2

  • JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
  • JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
  • 都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分
  • 東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅
    (1番出口)徒歩3分
  • 東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
  • 東京メトロ丸ノ内線「東京」駅(地下道直結)徒歩6分

Blog & SNS

三菱一号館美術館公式ブログ・SNS公式アカウント

  • 公式Blog
  • Twitter
  • Instagram

〈TOP〉左 : 芳年 《つき百姿 千代能》 1889(明治22)年
浅井コレクション (部分)
右 : 芳幾 《太平記英勇伝 堀尾茂助吉晴》 1867(慶応3)年
浅井コレクション (部分)※展示替えあり