2019年11月18日

クリスマスディナーコースを限定発売

Café 1894では、2019年12月21日(土)~12月25日(水)の5日間限定で、クリスマスディナーコースを販売いたします。

当日は本コースをご利用の方全員に、三菱一号館美術館で開催中の「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」の鑑賞券もプレゼント!シャンパンゴールドに輝く丸の内仲通りのイルミネーションを見た後は、ぜひ当店で上質なクリスマスをお過ごしください。

 

おすすめポイント① クリスマスにふさわしい、豪華な食材を使った華やかな特製ディナーコース

 

クリスマスならではの豪華な食材を使った全6品のディナーコース。お魚のメインは、オマールエビのカダイフ巻きと白子のムニエル ヴェルモット風味のヴァンブランソース。続くお肉のメインは、黒毛和牛のステーキをトリュフ香るマデラソースで。シャンパンやワイン、カクテル「スプリッツ」「チェリーピーチ」(人気のありましたフォルチュニ展タイアップメニュー復活!)とともに、当店自慢のコースをご堪能ください。

 

日時:2019年12月21日(土)~25日(水)

①18:00~20:00

②20:30~22:30

※上記2つの時間帯からお選びいただけます

料金:お一人様8,800円(税込)

 

~コース内容~

・フォアグラコンフィとブリオッシュ 林檎のコンフィチュールと無花果のチャツネ

・オーロラサーモンとホタテ グレープフルーツのタルタル仕立て

・オマールエビのガダイフ巻きと白子のムニエル ヴェルモット風味のヴァンブランソース

・黒毛和牛のステーキ トリュフ香るマデラソース

・苺のミルフィーユ

・マカロン&マドレーヌ&イチゴのホワイトチョコフォンデュ

・コーヒーまたは紅茶またはエスプレッソ

 

ご予約は こちら

 

おすすめポイント② ディナー前鑑賞もOK!「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」鑑賞券プレゼント

 

本ディナーコースをご利用いただいた方全員に、三菱一号館美術館にて2020年1月20日(月)まで開催中の「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」の無料鑑賞券をプレゼント!19世紀印象派の先駆とされるコローやクールベからはじまり、モネやルノワールら印象派、ゴッホらポスト印象派を経て、20世紀まで、近代美術の流れを見渡すことの出来る本展は、まさに近代美術のいいとこどりです。また「グランブーケ」も展示しております!

ディナー前にご鑑賞いただくことも可能です。

※当日お会計の際のお渡しとなりますが、ご希望の方はコースご利用前に店舗にてお受け取りも可能です。

但し、ご利用当日の14時以降に限ります。

※無料鑑賞券は本コースご利用人数分のお渡しとなります。

 

ピエール=オーギュスト・ルノワール《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》1887年、パステル/紙、吉野石膏コレクション

 

グラン・ブーケ(大きな花束) 作家名:オディロン・ルドン 制作年:1901年 技法・素材:パステル、カンヴァス 三菱一号館美術館

 

おすすめポイント③ 毎年大人気!シャンパンゴールドが美しい、丸の内仲通りのイルミネーション

 

今年で18年目を迎える丸の内エリアの冬の風物詩。ブランドショップが並ぶ約1.2kmにおよぶ丸の内仲通りのおよそ220本の街路樹が、上品に輝く丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約100万球で彩られる丸の内の冬の風物詩、丸の内仲通りのイルミネーション。今年は11月8日(金)に点灯開始しました。

また、12月21日(土)~25日(水)は、三菱一号館美術館でもイルミネーションをお楽しみ頂けます。
丸の内仲通りで、クリスマスシーズンに映える華やかで連続的な景観のイルミネーションをお楽しみ頂けます。

 

 過去のイルミネーションの様子

2019年11月11日

アフター5女子割当日限定!お得なディナーセットを再販します!

三菱一号館美術館で毎月第2水曜日に実施し、大好評の「アフター5女子割」。

当日は開館時間を21時まで延長、さらに17時以降「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展 女性(一般)の入館料が、

一律1,000円(税込)になるなど、女性の皆さんを応援する日です。

次回は11月13日(水)。

これに伴い、Café 1894では「アフター5女子割」当日限定で、美術館が閉館する夜21時より、お得なディナーセットを販売します。

前回ご好評だったこちらのセット、人気メニューをお一人様から気軽にお楽しみいただけます。

閉館までゆっくりとご鑑賞いただいた後は、ぜひCafé 1894へお越しください。

 

“アフター5女子割”当日限定ディナーセット

販売日時:2019年11月13日(水)21時~、 12月11日(水)21時~、 2020年1月12日(水)21時~

販売価格:お一人様3,190円(税込) *別途コペルト料330円(税込)を頂戴します

※ご注文の際、「アフター5女子割 特典チケット」をご提示ください。

※「美トク」もご利用いただけます。お会計時に再度チケット等をご提示ください。(お会計より5%OFF)

 

~セット内容~

・グラススパークリングワイン ヴィーニャ・パウ・ブリュット

・Café 1894風 ジヴェルニーの庭園サラダ

・ズワイ蟹と九条葱のクリームパスタ カラスミ風味

・本日のミニデザート

 

2019年11月01日

12月の短縮営業のお知らせ

誠に勝手ながら、下記の通り短縮営業させていただきます。

 

・12月 5日(木) 11:00~16:00(ラストオーダー15:30)

・12月10日(火) 11:00~16:00(ラストオーダー15:30)

・12月17日(火) 11:00~16:00(ラストオーダー15:30)

・12月31日(火) 11:00~18:00(ラストオーダー17:00)

 

皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年10月29日

レトロでかわいい「クリームソーダ」「純喫茶パフェ」を10月30日から販売!

Café 1894では、2019年10月30日(水)~11月30日(土)の間、「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」開催を記念して、19世紀にルノワールやモネといった印象派に代表される画家たちが世に傑作を創作した時代に、時を同じくして日本に誕生した“喫茶文化”にちなんだスペシャルメニュー、「クリームソーダ」および「純喫茶パフェ」の2種類を、数量限定で販売いたします。

 

販売期間:2019年10月30日(水)~11月30日(土)

 

・クリームソーダ(税込650円) 数量限定

【平日のみ14~17時(L.O.16時)】15食/日

【土日含む20~23時(L.O.22時)】15食/日
*20~23時は別途コペルト料(税込 330円)を頂戴いたします

 

・純喫茶パフェ(税込980円)数量限定

【販売期間中の20~23時(L.O.22時)】12食/日
*20~23時は別途コペルト料(税込 330円)を頂戴いたします

 

※貸切利用等で夜の営業がない場合がございます。
営業時間につきましては、Café 1894公式サイトにてご確認ください。

 

コースター画像 表

コースター画像 裏(吉野石膏展)

また、今回特別にデザインした可愛らしい限定オリジナルコースターが、カフェメニューに華を添えます。
ノベルティとしてお持ち帰りいただくこともでき、本コースターを美術館のチケット窓口でご提示いただくと、「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション展」を200円割引でご鑑賞できます。

 

 

喫茶の王道でもある「クリームソーダ」。
爽やかなテイストのメロンソーダに大ぶりのバニラアイスクリームがのり、飲みごたえ満点。サクランボのトッピングが彩りをそえ、見た目も可愛らしく、昔懐かしい仕上がりに。

 

 

こぼれ落ちそうなほど贅沢に盛られた「純喫茶パフェ」は、14種類もの層で彩られる、渾身の一品。
トップにはシガレットクッキー、バニラアイスをはじめ、メロン、りんご、キウイ、オレンジ、とフルーツを盛り合わせ、上段中央には自家製プリンの上に、チェリーとホイップクリームをのせました。中腹にはフルーツカクテル、スポンジケーキが混ざりあい、下段はチョコレートソース、コーンフレークとラズベリーソースを重ねています。最後まで飽きのこない美味しさの「純喫茶パフェ」で、大人の夜の時間にロマンある至福の味わいを。

 

クラシカルな店内で、頑張った一日のご褒美にぴったりなパフェで、“食欲の秋”を満喫してみてはいかがでしょうか。

2019年10月29日

印象派からその先へー世界に誇る 吉野石膏コレクション展タイアップメニュー 10月30日より発売

Café 1894では、「印象派からその先へ- 世界に誇る 吉野石膏コレクション」展【会期:2019年10月30日(水)~2020年1月20日(月)】の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

■タイアップランチ 「モネ、ゴッホ-impression-」(前菜+メイン+パン+コーヒーor紅茶)

販売価格:2,310円(税込)/販売時間:11:00~14:00

 

前菜:サラダ・サン=ジェルマン

クロード・モネ《サン=ジェルマンの森の中で》をイメージし、生ハム、数種のベリーやルッコラなどのお野菜にカラフルトマトを添えた彩り鮮やかな一皿です。

 

クロード・モネ 《サン=ジェルマンの森の中で》1882年 油彩/カンヴァス 81.0×65.9cm 吉野石膏コレクション

 

 

メイン:バルバリー鴨胸肉のロースト フランス産キノコとクリームリゾット バターナッツ南瓜のピューレ添え

フィン・セント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を運ぶ人々》から、農民が薪を運ぶ様子を鴨胸肉とごぼうのフリットで、また、沈む夕日をバターナッツかぼちゃの ピューレで表現しました。
フランス産キノコ“トランペット”の風味とマデラソース※の甘味に、生コショウがアクセントとなった奥深い味わいです。
※フランス料理で一般的な、マデラ酒を煮詰めた甘味のあるソース

 

 

フィンセント・ファン・ゴッホ 《雪原で薪を運ぶ人々》1884年 油彩/ カンヴァス(板に貼付)67.0×126.0cm 吉野石膏コレクション

 

■タイアップデザート 「緑のコンポジション」

販売価格:990円(税込)/販売期間:14:00~17:00

ワシリー・カンディンスキー《結びつける緑》の幾何学的な図形を表したデザートの盛り合わせです。
ショコラタルト、イチゴとバニラのムース、ピスタチオアイスに、カシス のメレンゲやチュイル※など、味や食感の違いもお楽しみいただけるスイーツです。
※アーモンドとキャラメルの焼き菓子

 

 

ワシリー・カンディンスキー《結びつける緑》1926年 油彩/カンヴァス 84.0×57.5cm 吉野石膏コレクション