ストアニュース「フランスの庶民の生活②ミルクジャム」

ストアニュース

2014年11月27日

フランスの庶民の生活②ミルクジャム

ミレーの出身地、ノルマンディー地方はヨーロッパにおけるミルクジャムの発祥の地と言われています。
ミルクジャムはその名の通り、牛乳と砂糖を煮詰めてつくる練乳のようなジャム。
栄養価の高い牛乳を効率よく保存するために考えられた、酪農が盛んなこの地方ならではの食べ物です。

Store1894ではブルターニュ地方・ペノデのジャム職人がつくる、ひとひねりしたミルクジャムをご紹介中。
ジャム職人、ジャン=マリ・ギルボー氏のオリジナルレシピです。
かつてはフランスの有名ブラッスリー等でシェフとして腕を奮い、
ミシュランの星を獲得したこともあるギルボー氏は、ジャム職人として
2011年に「フランス最優秀ジャム職人勲章 – Ordre des Maîtres Confituriers de France」の栄誉を受けました。
彼のレシピはラム酒が効いた、他にはない大人の味。
ほのかなアルコールの風味ときび砂糖の柔らかい甘み、バニラの香りが相まって、
なんとも贅沢な気分にさせてくれます。
パンケーキやスコーン、バニラアイスなどに添えれば、一段とリッチな味になりますよ。

ジャム小

ミルクジャム小

ミルクジャム 1,680円(税込)

Store1894

2014年11月20日

フランスの庶民の生活①シードル

Store1894ではミレーの生まれ故郷であるノルマンディー地方の名産品や、
隣接するブルターニュ地方の商品を集めて販売しています。
フランス北西部の「古き良き田舎」の雰囲気が感じられ、庶民の暮らしの中で日常的に使われている品々です。

《リンゴのシードル》
シードルはノルマンディー、ブルターニュ地方の名産品のひとつ。
リンゴを皮ごとすりつぶして発酵させたお酒です。
自然な甘みと微炭酸があり、アルコール度数は低め。
果汁100%のリンゴジュースのような
さっぱりとした飲み口なのでどんなお料理にも合います。
この地方で育てられるリンゴはそのほとんどがシードル用の品種だとか。
水道事情が悪かった19世紀のヨーロッパでは、
大人も子供も水の替わりにシードルを飲んでいたといわれており、
昔からフランスを中心として非常にポピュラーな飲み物です。
これからの季節、クリスマスのお料理にもぴったり。
パーティーにもおすすめです。

シードル小

シードル<甘口・辛口> 594円(税込)、シードル<中辛口> 648円(税込)

Store1894

2014年11月13日

ミレー展オリジナルグッズ<東京会場限定・麦チョコレート>

この秋、好評開催中の「ボストン美術館 ミレー展― 傑作の数々と画家の真実」。
Store1894では、東京会場限定の展覧会オリジナル商品として、「麦チョコレート」を販売しております。
ミレーが描いた農村をイメージし、オリジナルのパッケージで包みました。

中身は日本で50年以上前から“麦チョコ”をつくり続けてきたメーカーのもの。
サクッとした麦パフの食感と上品なチョコレートの甘さ、香ばしい風味がやみつきになります。
麦チョコレート自体は日本独自の食べ物ですが、
バルビゾン派絵画の余韻に浸りながら食べるとまたひと味違うかも…?
お土産におひとついかがでしょうか。

麦チョコ

麦チョコ2

【東京会場限定】麦チョコレート 540円(税込)

Store1894