教育普及

三菱一号館美術館の教育普及活動

理念

  • 美術に親しみ、美術への理解を深める。
  • 本物の作品と直接触れる機会を促し、感性を高める。
  • 美術の鑑賞を通じて、考える機会を大切にし、創造力や生きる力を育む。

特色

  • 街に開かれた美術館として、誰もが参加・アクセスできる多面的な活動を展開する。
  • 館内におけるプログラムにとどまらず、館外でも活動を展開する。
  • 丸の内の歴史、建築空間、展示作品など、三菱一号館美術館の魅力や特性を引き出し、鑑賞者の美術館体験を深める。

活動内容(教育普及プログラム)

現在参加者募集中の教育普及プログラムはこちらをご覧ください。
開催済プログラムのレポートについてはこちらをご覧ください。


記念シンポジウム

内容
周年度や企画展に合わせて、国内外の有識者を招き、シンポジウムを開催します。
開催
不定期
対象
どなたでも

記念講演会

内容
外部講師を招き、展覧会に関連した講演会を開催します。
開催
各展覧会1回程度
対象
どなたでも

担当学芸員によるレクチャー「展覧会を語る」

内容
展覧会について担当学芸員がスライドでご紹介する、着席のレクチャーです。
開催
各展覧会1回程度
対象
どなたでも

教育普及担当によるギャラリートーク

内容
展示室で作品を実際に見ながら、教育普及担当が見どころや楽しむポイントをご紹介します。
開催
各展覧会2回程度
対象
どなたでも

家族プログラム/ワークショップ

内容
ご家族で一緒に作品を鑑賞して話をしたり、創作したりすることを通して、
美術館での体験を深めていただくプログラムです。
開催
春休み・夏休み期間に2回程度
対象
ご家族連れ(プログラムによって異なります)

教育普及ツール

内容
子どもたちの鑑賞体験を楽しくし、深めるためのサポートを目的に、作成・配布しています。
配布
展覧会による
対象
中学生以下

スクール・プログラム

内容
平日の開館前の時間帯に、学校団体鑑賞を受け入れます。お申込・詳細はこちら
開催
各展覧会会期中
対象
主に小・中学校