2017年10月17日

Café 1894×パリ・グラフィック展 タイアップメニュー

Café 1894では、「パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター」展

(会期:2017年10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝))の会期中限定で、

展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

展覧会鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■ランチメニュー C’est Paris[セ・パリ] コーヒー又は紅茶つき 2,000円(税抜)

現在のフランス料理の原型は19世紀頃に完成したと言われています。

19世紀末パリにおける版画の広がりをご紹介する「パリ♥グラフィック展」にちなみ、

フランス・版画をテーマにメニューを考案しました。

<前菜>

鴨胸肉と焼き葱、カリフラワーピューレのコンポジション コンソメと共に

フランスでも伝統的に好相性の鴨と葱を組み合わせ、カリフラワーのピューレとコンソメのマリアージュをお楽しみ頂ける一皿です。

 

<メイン>

仔牛のコルドン・ブルー 季節野菜とドフィノワグラタンを添えて グレービーソース

ハーブやスパイスの効いたカフェ・ド・パリ・バターを添えたカツレツです。

パン粉で包みあげた仔牛、チーズ、ハムを香ばしく焼き上げ、奥行きのある味わいのバターとの組み合わせが絶妙な一品。

付け合せのドフィノワグラタンは、何層にも重なる版画をイメージしています。

 

 

■デザートメニュー 「ロイ・フラー嬢へのオマージュ」 900円(税抜)

たなびく袖を旋回させる踊りでロートレックを魅了した踊り子ロイ・フラーを、パリ生まれのチョコレートケーキ「オペラ」で表現しました。

シロップが染みこんだ生地、ガナッシュ、バタークリーム、フランボワーズの赤いジャムの層は、

色の版を重ねる版画技法リトグラフをイメージしています。

カフェニューストップへ