三菱一号館美術館公式ブログ「<アフター5女子割参加店舗!福光屋 丸の内店:インタビュー①福光屋とは?>」

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2017年3月31日

<アフター5女子割参加店舗!福光屋 丸の内店:インタビュー①福光屋とは?>

本日は福光屋丸の内店の店長、小島さんにお話をお伺いしました。
福光屋といえば、金沢のお洒落な酒蔵のイメージですが、この度アフター5女子割にも初参加頂きました!
日本酒の他にもさまざまな商品が置かれている店内には、どのような思いがつまっているのでしょうか?
福光屋外観 左から

―お店のコンセプトを教えてください。
丸の内はいろいろなお客様がいらっしゃるということから、福光屋の旗艦店(フラッグシップショップ)として運営しております。日本のみならず、外国の方に向けても福光屋の日本酒を始めとする発酵技術や発酵文化をご紹介するお店として営業しています。

丸ノ内に開店して感じていることですが、オフィス街という土地柄もあるのか学ぶ意欲の大変高い方が多いな、という印象を受けております。現在は、U樂サークル(就業者向けのサークル)にも参加させて頂いておりますが、就業者の方以外でもお酒であったり、発酵食品に興味をお持ちで、深く知ろうとされる方が多くいらっしゃるので、そのような方を対象として、4月からはもっと学びの場を増やしていこうという事で、企画が進行しております。

光屋

―なるほど、学ぶ意欲が多い方がたくさんいらっしゃるという事で、今後はより深く発酵文化について学ぶイベントが企画されるのはとても楽しみですね。普段のお店の様子はどのような感じなのでしょうか?
ベースが酒蔵ですので、酒蔵直営の商品を始めとして新商品をご紹介しておりますが、そのほかにも金沢の文化であったり、美味しいお菓子、おつまみなどの食品もご紹介させて頂ければと思っております。丸の内は土日や祝日は、街歩きを楽しまれてふらりと立ち寄られる方が多く、平日はワーカーさんが中心です。店内で企画展示を行っていることもありますので、その際には展示会の作家さんや展示を目的としてご来店される方も多いですね。

次回は福光屋さんの商品について、詳しくお伺いします!
◆ナビ派展アフター5女子割について

ブログトップへ