展覧会について

次回の展覧会

レオナルド×ミケランジェロ展

2017年6月17日(土)~ 9月24日(日)

特設サイトへ icn_blank

次々回の展覧会

パリ♥グラフィック
― ロートレックとアートになった版画・ポスター展
10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝)

今後の展覧会

ルドンの植物誌展(仮称)

2018年2月8日(木)~5月20日(日)予定

詳細はこちら

展覧会のスケジュール

展覧会クイズアーカイブ

2011年~2013年までに開催した展覧会に関わるクイズアーカイブです。

展覧会クイズアーカイブ
作品リストチラシ

1浮世絵 Floating World -珠玉の斎藤コレクション-

期: 2013年6月22日(土)~9月8日(日)
主催: 三菱一号館美術館
特別協力: 川崎・砂子の里資料館

浮世絵は江戸社会の安定と繁栄を背景に生まれました。そこには役者や遊里、名所など庶民の様々な関心の対象が描き出されています。浮世絵は木版によってイメージを安価に大量複製することで、この時期急増した庶民の欲求に応えたのです。需要層が格段に広まったことで浮世絵の表現は飛躍的な発展をとげます。19世紀に浮世絵がヨーロッパに渡り、彼の地の人々を熱狂させたのも、描かれていたのが都市における成熟した市民の文化だったからなのです。 本展では、浮世絵に反映された江戸庶民のまなざしを、当館がこれまで検証してきた、近代都市における市民の視線と重なりあうものとして見直します。美人画の名品、代表的絵師たちの肉筆画、江戸から明治にいたる都市の変遷を描く風景版画など多彩な浮世絵の世界を、斎藤文夫氏(川崎・砂子の里資料館長)所蔵のコレクションによってたどります。

特設サイト(外部サイトへ)