美術館ニュース

2020年11月17日

「2020 スマイルフラワープロジェクト」とコラボ !三菱一号館美術館所蔵 ルドン、ロートレック作品をイメージした花束プランを販売!

三菱一号館美術館は、11月17日~ 12月22日の期間限定で、「2020スマイルフラワープロジェクト*1」とコラボレーションいたします。現在開催中の「開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展」にちなみ、当館の所蔵品を代表するオディロン・ルドン《グラン・ブーケ(大きな花束)》(以下《グラン・ブーケ》)と、トゥールーズ=ロートレック作品の色彩からインスパイアされた展覧会チケット付き花束プランの販売を開始しますのでお知らせ申し上げます。

この花束により、本展覧会の雰囲気をおうちで楽しんでいただくと共に、社会問題のひとつとされるフラワーロス*2(花の廃棄問題)を考えるきっかけとなれば幸いです。

*1 2020スマイルフラワープロジェクトとは
新型コロナウイルスの影響で廃棄される花とその生産農家を応援するプロジェクトです。

*2 フラワーロスとは
花の廃棄問題のことです。新型コロナウイルスの影響を受け、今年3月以降は日本国内では結婚式や葬儀等の式典やコンサート等のイベントが中止・延期され、花の流通は急激に縮小しました。それに伴い、大切に育てられ美しく咲いた花々が、その行き場を失っていることが、社会問題となっています。自粛制限が解除された今も、卸・仲卸業者の買い控えにより、花の消費は未だ低迷したままです。新しい生活様式を迎えた今、花の流通量を増やすことで、市場価格の下落を防ぎ価格の下支えをすることが、花生産農家さんの救援に繋がります。

【「スペシャル花束」概要】

開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展」開催を記念して、スペシャル花束(ブーケ)付きのチケットを販売します。花束のアレンジメントは、「2020スマイルフラワープロジェクト」に参加する「ローズギャラリー」の武田桃子氏の監修です。
◆「スペシャル花束」プラン特設ページ:https://jfc.thebase.in/categories/2885685

■グラン・ブーケ
パステルで描かれた本作は鮮やかな発⾊が魅⼒です。《グラン・ブーケ》に描かれた植物は実在しないと言われますが、その幻想的な花姿にインスパイアされて花束を考えました。曲線を表すためスプレー咲きのお花をあしらったり、オレンジやイエローなどの部分はひまわりやガーベラなど存在感のあるお花を合わせるなど、作品の魅⼒に近づけました。

■ロートレック
ロートレックの大胆な色使いを再現するべく、色彩のコントラストに注目しました。ディープオレンジのバラや、イエローのスプレーバラをベースとして、ポイントにブラックを置き、花束にリズムをもたせています。

■ルドン
ルドンは《グラン・ブーケ》のみならず、花瓶と花をモチーフに多くの作品を残しています。
ルドンの世界観をおうちでカジュアルにお楽しみいただける、プチ・ブーケも準備しています。

すべてのプランに「1894 Visions ルドン、ロートレック展」チケット(一般2,000円)1枚をセットでお届けします。今回のスペシャル花束付きプランは、農林水産省が定める新型コロナウイルスからの復興支援「#元気いただきますプロジェクト」に参画しており、全国一律送料無料にてご購入いただけます。
※花束や包装の内容は、仕入れ状況により素材が変更となる場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

■販売期間
2020年11月17日(火)~12月22日(火)
(ご注文品の配送は11月20日(金)~12月25日(金)まで可能)

■販売場所
「1894 Visions展 スペシャル花束」特設ページ

■価格(税込、チケット代込、送料無料)
「ルドン」 5,000円、 「ロートレック」 7,000円、 「グラン・ブーケ」 9,000円

また、本プランをお申込みされた方先着50名様に、ノベルティの「三菱一号館美術館開館10周年記念 今治タオルハンカチ」を同梱いたします。(無くなり次第終了)

「おうち」で楽しめる、ルドン・ロートレックの世界!
ご来館された方にも、遠方にお住まいの方にも届けます!

現在のコロナ禍においては、気軽に美術館にご来館いただくことも難しい場合があります。このような状況であっても、ご自宅で展覧会の世界観をお楽しみいただくことができないかを考え、花を主役とした、本企画を考えました。本展覧会で展示する《グラン・ブーケ》は、その名の通り大きな花束が描かれています。当館所蔵作品の中でも特に人気が高く、この作品を見るために遠方からご来館されるファンの方もいるほどです。展覧会タイトルにもなった2人の画家の一人であるルドンは数多くの作品で花や植物を題材に描きました。そして、ロートレックはその名のついたバラもあるほどです。

この度は、「1894 Visions展 スペシャル花束」としてルドン《グラン・ブーケ》や、ロートレックの作品をモチーフにした花束(ブーケ)をご用意しました。この取組みは、花々をフラワーロスから少しでも救い、さらにそのお花を通じて皆さんに展覧会をさらに楽しんでいただきたいとの思いで実現いたしました。新型コロナウイルスの影響で廃棄される花とその生産農家を応援する2020スマイルフラワープロジェクトさんにご協力いただいています。

開館10周年の最後を飾る本展、ご来館後にも鑑賞の思い出とともにこの花束をお楽しみいただいたり、現在の状況下でどうしても展覧会にお越しいただけない方へプレゼントされるなど、自由にお楽しみいただけますと幸いです。

【2020スマイルフラワープロジェクトについて】

日本中の廃棄される運命にあるお花を少しでも多く救いたいコロナの影響を受け既存の花流通はいま、劇的に縮小してしまいました。
イベントやコンサートなどの催しの延期や中止、結婚式や葬儀などの式典の見送りや簡素化、輸出の停滞などにより、業務用花の需要は減少し、価格の低迷・取引量の大幅な減少が続いています。お花は適正な出荷時期を逃すと枯れてしまう、命ある存在。大切に育てられ美しく咲いた花たちが、その行き場を失っています。フラワーロスを救いたい。出来る限り多くのお花たちを 皆様の元にお届けしたい。そんな想いがこのプロジェクト実施の背景にあります。

撮影:小暮 和音

美術館ニューストップへ