美術館ニュース

2018年7月9日

【終了しました】MSSサポーター ご来館、ご入会キャンペーン

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)の会員になると、「展覧会に何度でも入館可能」
「貸切鑑賞会へのご招待」 「提携施設優待サービス」などのサービスが受けられます。
この度、MSSの提携施設をご紹介するため、
サポーターキャンペーンを行います。
2018年7月12日(木)以降にご来館、ご入会いただいた
サポーター先着30名様に
森美術館で9月17日(月・祝)まで開催中の「建築の日本展」のチケットを
1枚プレゼント致します。

ご来館いただいたサポーターの皆さまは
当館チケット窓口にて、有効期限内のサポーターカードをご提示の上、
お申し出ください。

 

2018年7月6日

三菱一号館美術館 学芸員 安井裕雄「第13回西洋美術振興財団賞『学術賞』」受賞

このたび、三菱一号館美術館 学芸グループ 副グループ長 安井裕雄は、今年2月から5月まで開催した、「ルドン―秘密の花園」展において、第13回西洋美術振興財団賞「学術賞」を受賞しました。三菱一号館美術館としては2011年に第6回西洋美術振興財団賞「文化振興賞」を三菱地所として受賞しており、これに続く栄えある受賞となりました。

西洋美術振興財団賞は、公益財団法人西洋美術振興財団が、過去2年間に開催された西洋美術に関する展覧会の中から、西洋美術の理解と文化交流の促進、西洋美術研究発展に寄与のあった優れた活動に対し表彰を行い、更なる振興を図るものです。

 

【受賞理由】

「ルドン―秘密の花園」展は、フランス象徴主義の代表的画家オルディロン・ルドン(1840-1916年)のパステル画の大作≪グラン・ブーケ(大きな花束)≫を所蔵する三菱一号館美術館ならではの学術的、画期的な展覧会であった。展覧会の中心は、同作がその主役となるドムシー男爵城館食堂の壁画を飾った装飾連作であり、展覧全体を通して「植物」と「装飾」という二つのコンセプトに思索的に巧みにまとめ上げていた。また、美しいが、繊細な扱いが必要とされるフラジルなルドン作品を、オルセー美術館を中心に世界各地から収集しての本展覧会の実現は高く評価される。そうした展覧会の監修と、図録の編集を中心的に担当、執筆したのが安井氏であり、各章解説は簡明かつ深い内容で、それらの文章がおしゃれな造本の内で相互に関連しあい、展示作品と相まって心地よいハーモニーを奏でている。さらに2本のエッセイも新知見に富む秀逸な論考で、それは長年にわたって培ってきた安井氏の研鑽の結晶であり、その成果は顕彰に十分に値すると判断された。

 

※本賞の顕彰式は、2018年10月30日(火)に執り行われる予定。

2018年7月5日

三菱一号館美術館 2018-2019 年間スケジュールのお知らせ

三菱一号館美術館の年間スケジュールを配信しましたのでお知らせします。

・2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝)

フィリップス・コレクション展

・2019年3月14日(木)~6月9日(日)

ラファエル前派の軌跡 展

・2019年7月6日(土)~10月6日(日)

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展

美術館2018-2019 年間スケジュールの詳細はこちらから

2018年6月29日

ゲスト:雨宮塔子さん『館長対談vol.14』公開しました!

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ」展の館長対談を公開しました。
ゲストは、フリーキャスターであり、エッセイストとしても活躍する雨宮塔子さん。長くパリに暮らし、西洋美術も学ばれた雨宮さんにお話を伺いました。

◆対談はこちらからご覧いただけます:https://mimt.jp/newsletter/archive/14/

2018年6月21日

【アフター5女子割】実施のお知らせ!「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」 

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界―1780年パリに始まるエスプリ」展にて実施するアフター5女子割のお知らせです。
アフター5女子割実施日は、以下の3回です。

・7月11日(水)
・8月 8日(水)
・9月12日(水)

展覧会と併せて、丸の内にてお食事やお買い物もお楽しみください!

<アフター5女子割・特典チケット参加店舗>

◆アフター5女子割参加店舗の詳細はこちらからもご覧いただけます。