トップへ戻る

1894 visions ルドン、ロートレック展

時代を超えて、つながるもの。時代を超えて、つながるもの。

2020.10.24㊏~2021.1.17㊐ 三菱一号館美術館 三菱一号館美術館開館10周年記念2020.10.24㊏~2021.1.17㊐ 三菱一号館美術館 三菱一号館美術館開館10周年記念

  • 主催 : 三菱一号館美術館、日本経済新聞社
  • 後援 : 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
  • 協賛 : 大日本印刷 企画協力 : 岐阜県美術館

scroll

1894visions ルドン、ロートレック展

  • トピックス Topics

  • 美術館ニュース News

  • イベント Event
  • MSSサポーター 入館および同伴者割引購入方法 変更のお知らせ

    三菱一号館美術館2021-2022展覧会スケジュール

三菱一号館が竣工した、1894年に注目三菱一号館が竣工した、1894年に注目

開館10周年の最後を飾る本展覧会は、丸の内初のオフィスビルとして三菱一号館が竣工した年、「1894年」を軸に、当館のコレクションの中核をなす画家である、ルドンとトゥールーズ=ロートレックの時代に焦点を当てます。
1894年はルドンが色彩の作品を初めて発表した年であり、ロートレック、ルドン、ゴーギャンが参加した『レスタンプ・オリジナル』の刊行年(1893-95)とも重なります。一方、同時代の日本では、フランスへ留学し、ルドンと同じ師のもとで学んだ山本芳翠が、代表作《浦島》を制作した時代でもありました。日本の洋画家と欧州の美術史の関係にも着目します。
本展は岐阜県美術館との共同企画であり、同館が誇る世界有数のルドン・コレクションから貴重な木炭とパステル画、ゴーギャンの多色刷りの木版画を中心とした作品群、山本芳翠をはじめとする明治洋画の旗手たちの作品を出品します。国内外あわせて140点を超える作品で構成します。(前後期展示替えあり)

1894年を読み解く

  • 色彩の開花―ルドン

    オディロン・ルドン(1840-1916)は39歳(1879年)の時に石版画集『夢のなかで』でデビューします。この前後のルドンは主に木炭画の制作を継続しながら、石版画を発表していました。次第にフランス国外でも知られるようになり、1894年以降にはパステルや油彩画などの色彩の作品を発表します。1900年にドムシー男爵から発注を受けた《グラン・ブーケ(大きな花束)》は、110年以上秘蔵されてきた、巨大なパステル画です。

    ルドンの見どころ
    《神秘的な対話》 1896年頃
    油彩/画布 65.0×46.0cm 岐阜県美術館蔵
    ルドンの見どころ
  • ヴィンテージ版画
    ロートレック

    南仏の町アルビで生まれたトゥールーズ=ロートレック(1864-1901)は、幼い頃から画才を示し、1880年代後半にはパリのモンマルトルで夜の街の人々をモデルに描くようになります。当時のパリでは、カラー・リトグラフ(多色石版画)で刷られた色彩豊かなポスターが街角を飾り始めていました。1891年、ロートレックはこの技法を用いて《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》で、衝撃的なデビューを果たし、画家としてだけでなく、グラフィック・アーティストとしても活躍しました。

    ロートレックの見どころ
    《アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて》
    1893年 リトグラフ/紙 138.2×98.5cm
    三菱一号館美術館蔵
    ロートレックの見どころ

公式ブログ&SNS
Blog & SNS

#Instagram

  • 右:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて》
    (部分) 1893年 リトグラフ/紙 138.2×98.5cm 三菱一号館美術館蔵
  • 左:オディロン・ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》(部分)
    1901年 パステル/画布 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵