トップへ戻る

1894visions ルドン、ロートレックとソフィ・カル展

時代を超えて、つながるもの。時代を超えて、つながるもの。

2020.10.24㊏~2021.1.17㊐ 三菱一号館美術館 三菱一号館美術館開館10周年記念

  • 主催 : 三菱一号館美術館、日本経済新聞社
  • 後援 : 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
  • 協賛 : 大日本印刷 企画協力 : 岐阜県美術館
  • 左:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて》
    (部分) 1895年 リトグラフ/紙 138.2×98.5cm 三菱一号館美術館蔵
  • 中:オディロン・ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》(部分)
    1901年 パステル/カンヴァス 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵
  • 右:ソフィ・カル Photo:© Jean-Baptiste Mondino

scroll

1894visions ルドン、ロートレックとソフィ・カル展

三菱一号館が竣工した、1894年に注目三菱一号館が竣工した、1894年に注目

開館10周年の最後を飾る本展覧会は、丸の内初のオフィスビルとして三菱一号館が竣工した年、「1894年」を軸に、当館のコレクションの中核をなす画家である、ルドンとトゥールーズ=ロートレックの時代に焦点を当てます。
1894年はルドンが色彩の作品を初めて発表した年であり、ロートレック、ルドン、ゴーガンが参加した『レスタンプ・オリジナル』の刊行年(1893-95)とも重なります。一方、同時代の日本では、フランスへ留学し、ルドンと同じ師のもとで学んだ山本芳翠が、代表作《浦島》を制作した時代でもありました。日本の洋画家と欧州の美術史の関係にも着目します。
本展は岐阜県美術館との共同企画であり、同館が誇る世界有数のルドン・コレクションから貴重な木炭とパステル画、ゴーガンの多色刷りの木版画を中心とした作品群、山本芳翠をはじめとする明治洋画の旗手たちの作品を出品します。そして、ワシントン・ナショナル・ギャラリーからロートレックの初期の油彩画を含む国内外あわせて100点を超える作品で構成します。(前後期展示替えあり)
また、本展では開館以来、初めて本格的に現代アーティストとのコラボレーションを行います。フランスを代表する現代アーティストのソフィ・カルが、新作や国内初公開作品を含む約20点を展示します。

  • 前期オディロン・ルドン
    版画集『夢のなかで』
    《VIII. 幻視》
    1879年 リトグラフ/紙 
    27.4×19.8cm 
    三菱一号館美術館蔵

  • オディロン・ルドン
    《神秘的な対話》 
    1896年頃 油彩/画布 
    65.0×46.0cm 
    岐阜県美術館蔵

  • アンリ・ド・トゥールーズ=
    ロートレック
    《画家の犬フレッシュ》
    1881年頃 油彩/板 
    23.7×14.2cm
    ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵
    National Gallery of Art,
    Washington,
    Ailsa Mellon
    Bruce Collection, 1970.17.84

  • アンリ・ド・トゥールーズ=
    ロートレック
    《カルメン・ゴーダン》 
    1885年 油彩/板  23.8×14.9cm
    ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵
    National Gallery of Art,
    Washington,
    Ailsa Mellon
    Bruce Collection, 1970.17.85

  • 前期
    後期
    フェリックス・ヴァロットン 
    版画集 『レスタンプ・オリジナル』《入浴》
    1894年 木版/洋紙 18.1×22.4cm
    三菱一号館美術館蔵

  • 山本芳翠 《浦島》
    1893-95年頃 油彩/画布 122.0×168.0cm 
    岐阜県美術館蔵

  • 後期ポール・ゴーガン
    『ノアノア』《ノアノア(かぐわしい)》
    自刷り※第3ステート
    1893-94年 木版/和紙 
    35.5×20.4cm 岐阜県美術館蔵

※出品作品・展示期間は変更となる場合がございます。

ソフィ・カルから
ルドン、ロートレックの時代へ
投げかけるまなざしとは ―

  • ソフィ・カル

    ソフィ・カル
    Photo : © Yves Geant

  • 1953年パリ生まれのソフィ・カルは、フランスを代表する現代アーティスト。1970年代後半から作品を発表し始めて、写真、テクストや映像を主体として、視覚や記憶のテーマに取り組みます。ある人物を尾行する《ヴェネツィア組曲》や、自伝的なエピソードが綴られる《本当の話》といった、虚実入り混じる独自の物語世界を展開。その活動は現代美術の枠を超えて広く世界から注目を集めています。

    1999-2000年に東京の原美術館、2003-04年にパリのポンピドゥー・センターで個展開催。2007年にヴェネツィア・ビエンナーレのフランス館代表作家として展示するなど、国際的に活躍しています。2013-16年に「最後のとき/最初のとき」展が原美術館から豊田市美術館、長崎県美術館へ巡回。2019年には都内各地で個展開催、渋谷スクランブル交差点で映像作品《海を見る》の上映が話題となりました。

    また、2018年にパリの狩猟博物館で所蔵品と交えて展示。2020年、三菱一号館美術館では、当館を代表する所蔵品、ルドンの《グラン・ブーケ》から着想を得た新作を発表するほか、国内初公開の《あなたは何がみえますか》など約20点が、「1894 Visions」展に侵入します。

  • オディロン・ルドン
    《グラン・ブーケ(大きな花束)》
    1901年 パステル/画布
    248.3×162.9cm 
    三菱一号館美術館蔵

開催概要

※価格はすべて税込

  • 会期2020年10月24日(土)~
    2021年1月17日(日)
    ※展示替えあり
    ※本展覧会の会期は変更となる場合がございます。
  • 開館時間10:00〜18:00
    (祝日を除く金曜と会期最終週平日、
    第2水曜日は21:00まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 休館日月曜日*と展示替え11月24日(火)、25日(水)、年末年始の12月31日(木)、2021年1月1日(金)
    *月曜日が祝日の場合とトークフリーデー10月26日(月)、11月30日(月)、12月28日(月)、2021年1月4日(月)は開館
  • 入館料・
    当日券
    一般 : 1,700円 
    高校・大学生 : 1,000円 
    小・中学生 : 無料
    ※障がい者手帳をお持ちの方は半額、
    付添の方1名まで無料
  • 前売券一般のみ : 1,500円※ペア券はチケットぴあでのみ販売します。
    ※大学生以下、ペア(一般)は前売券の設定はありません。
  • 主催三菱一号館美術館、
    日本経済新聞社
  • 後援在日フランス大使館/
    アンスティチュ・フランセ日本
  • 協賛大日本印刷
  • 企画協力岐阜県美術館
  • お問い合わせ050-5541-8600(ハローダイヤル)

前売券販売情報

※前売り券の販売開始時期は変更となる場合がございます。
変更する場合は、本サイトや三菱一号館美術館公式WEBサイトで順次お知らせいたします。

2020年7月8日~10月23日
ローソン/ミニストップ、チケットぴあ、セブンチケット、イープラス、都内チケットポート、三菱一号館美術館チケット購入サイトWebket

2020年7月8日~9月22日
Store1894(三菱一号館美術館内、休館日は美術館に準ずる・Store1894のみの利用可)
※絵柄入りのチケットは、Store1894と都内チケットポートで販売しています。

アフター5女子割第2水曜日17時以降/当日券一般(女性のみ)1,000円
※他の割引との併用不可
※利用の際は「女子割」での当日券ご購入の旨お申し出ください。

ACCESS

アクセスマップ

Google map

三菱一号館美術館

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2

  • JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
  • JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
  • 都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分
  • 東京メトロ千代田線「二重橋前」駅(1番出口)徒歩3分
  • 東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
  • 東京メトロ丸ノ内線「東京」駅(地下道直結)徒歩6分

三菱一号館美術館会館10周年三菱一号館美術館会館10周年

Blog & SNS

三菱一号館美術館公式ブログ・SNS公式アカウント

  • 公式Blog
  • Twitter
  • Instagram