ストアニュース | 新しい私に出会う、三菱一号館美術館

三菱一号館美術館

Store 1894

ストアニュース

2020年11月29日

ロートレックと料理のおはなし

Store 1894ではオリジナルグッズのほか、フランスからの輸入食材も販売しています。
マスタード、ポートワイン、オリーブ、レバームースなど、
本展では、主にロートレックをイメージして、セレクトしています。
画家、版画家、ポスターアーティストとして有名なロートレックですが、
実は美食家、料理家としても知られています。
その才能は芸術家仲間からも認められ、
親友、モーリス・ジョワイヤンによってレシピ本も出版されたほど。
(「La Cuisine de Monsieur Momo(独身モモ氏の料理法)」として1930年に発行)

どんな内容だったのか、邦訳版である『ロートレックの料理法』(美術公論社、1989年)を、
改めて読んでみました。
「玄人向け」とまえがきにもあったので、
多少の料理の知識と経験が必要な本であることは理解したうえで読み進めましたが、
マルロメ酒や、ポート酒、シェリー酒などの酒類や、
イギリス製・フランス製のマスタードを使い分けているところも、美食家としてのこだわりが伝わってきます。
それ以上に個性的なのは、
分量はざっくりながら、材料の調達方法は細かく書いてあり、
料理の名前も変わっていて、真面目なのかふざけて書いたのか、
とにかくあそび心にとんだ内容になっていることです。
そんなロートレックらしいエピソードを、彼の友人ヴュイヤールが後に話しています。
1897年に、ロートレックの家で開かれたその奇妙な宴は、食後のチーズを食べたところで中断されます。
ホストであるロートレックが「ついてきてくれ」と声を掛けて皆を連れ出した先は、近所に住む友人の家でした。
そして、その家の壁の絵を皆に見せながらこう言ったそうです。
「これが、(今日の)デザートさ!」そこには、当時まだ存在があまり知られていなかったドガが描いた傑作が掛かっていたんだそう。その後、かの絵はルーブル美術館に収蔵されました。
どうですか?19世紀末のパリ、物凄く楽しそうですね。
そんな事を想像しながら、寒い季節、フランスの家庭料理を自宅でゆっくりつくるのも、冬の楽しみとしては、なかなか素敵だと思いませんか。

Store 1894

ストアニュース

ロートレックと料理のおはなし

Store 1894ではオリジナルグッズのほか、フランスからの輸入食材も販売しています。
マスタード、ポートワイン、オリーブ、レバームースなど、
本展では、主にロートレックをイメージして、セレクトしています。
画家、版画家、ポスターアーティストとして有名なロートレックですが、
実は美食家、料理家としても知られています。
その才能は芸術家仲間からも認められ、
親友、モーリス・ジョワイヤンによってレシピ本も出版されたほど。
(「La Cuisine de Monsieur Momo(独身モモ氏の料理法)」として1930年に発行)

どんな内容だったのか、邦訳版である『ロートレックの料理法』(美術公論社、1989年)を、
改めて読んでみました。
「玄人向け」とまえがきにもあったので、
多少の料理の知識と経験が必要な本であることは理解したうえで読み進めましたが、
マルロメ酒や、ポート酒、シェリー酒などの酒類や、
イギリス製・フランス製のマスタードを使い分けているところも、美食家としてのこだわりが伝わってきます。
それ以上に個性的なのは、
分量はざっくりながら、材料の調達方法は細かく書いてあり、
料理の名前も変わっていて、真面目なのかふざけて書いたのか、
とにかくあそび心にとんだ内容になっていることです。
そんなロートレックらしいエピソードを、彼の友人ヴュイヤールが後に話しています。
1897年に、ロートレックの家で開かれたその奇妙な宴は、食後のチーズを食べたところで中断されます。
ホストであるロートレックが「ついてきてくれ」と声を掛けて皆を連れ出した先は、近所に住む友人の家でした。
そして、その家の壁の絵を皆に見せながらこう言ったそうです。
「これが、(今日の)デザートさ!」そこには、当時まだ存在があまり知られていなかったドガが描いた傑作が掛かっていたんだそう。その後、かの絵はルーブル美術館に収蔵されました。
どうですか?19世紀末のパリ、物凄く楽しそうですね。
そんな事を想像しながら、寒い季節、フランスの家庭料理を自宅でゆっくりつくるのも、冬の楽しみとしては、なかなか素敵だと思いませんか。

CATEGORIES
ARCHIVES