背景
少女の肖像アタリ
レダと白鳥アタリ

宿命の対決!

レオナルド・ダ・ヴィンチ

ミケランジェロ

レオナルド×ミケランジェロ展

2017.6.17.sat.-9.24.sun.三菱一号館美術館

主催
三菱一号館美術館、日本経済新聞社、テレビ朝日

レオナルド・ダ・ヴィンチ 《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》 1483-85年頃、トリノ王立図書館
©Torino, Biblioteca Reale

ミケランジェロ・ブオナローティ 《〈レダと白鳥〉のための頭部習作》 1530年頃、カーサ・ブオナローティ(フィレンツェ)
©Associazione Culturale Metamorfosi and Fondazione casa Buonarroti

本展の見どころ

15世紀イタリアで画家として才能を発揮し、建築、科学、解剖学の分野にまで関心を広げ「万能人」と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチ。10代から頭角を現し「神のごとき」と称された世紀の天才彫刻家ミケランジェロ・ブオナローティ。本展は、芸術家の力量を示す上で最も重要とされ、全ての創造の源である素描(ディゼーニョ)に秀でた2人を対比する日本初の展覧会です。素描のほかに油彩画、手稿、書簡など、トリノ王立図書館やカーサ・ブオナローティ所蔵品を中心におよそ65点が一堂に会します。「最も美しい」素描とされる、レオナルド作《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》と、ミケランジェロ作《〈レダと白鳥〉の頭部のための習作》を間近で見比べる貴重な機会となります。

左)レオナルド・ダ・ヴィンチ《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》
1483-85年頃 金属尖筆、鉛白によるハイライト/明るい黄褐色に地塗りした紙
トリノ王立図書館 ©Torino, Biblioteca Reale

右)ミケランジェロ・ブオナローティ《〈レダと白鳥》〉の頭部のための習作》
1530年頃 赤チョーク/紙
カーサ・ブオナローティ ©Associazione Culturale Metamorfosi and Fondazione Casa Buonarroti

3つの見どころ

  • ルネサンスの2大巨匠による稀少な素描を見比べられる
    日本で初めての機会。
  • 「最も美しい」とされるレオナルドの素描
    《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》が来日!
  • 素描のほか、油彩画、彫刻、手稿、書簡など
    約65点を紹介。(うち日本初公開作品を含む。)

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)とミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)

レオナルドは、ミケランジェロよりも23歳年上ですが、2人は「宿命のライバル」といわれています。フィレンツェのヴェッキオ宮殿の壁画における競作、あるいは、考えの違いから起こる対立など互いを強く意識していました。本展では「顔貌」、「絵画と彫刻のパラゴーネ*」、「人体表現」、「馬・建築」、「レダと白鳥」、「手稿」、「書簡・詩歌」、「肖像」の8テーマに沿って両者の作品を対比する日本初の試みです。
*パラゴーネ:イタリア語のparagone。「比較」という意味

イタリアが生んだ2大天才の素描とは?

レオナルドもミケランジェロも弟子や追随者がいましたが、彼らにとって学ぶべき対象、まさにお手本として扱われたのが絵画、素描、彫刻といった作品でした。弟子たちは先生の素描を間近にみながら学び、日々鍛錬に勤しんでいました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 《自画像》(ファクシミリ版)マルッチェロ・ヴェヌスティ (帰属)《ミケランジェロの肖像》

レオナルド・ダ・ヴィンチ 《自画像》(ファクシミリ版)
1515-17年頃 赤チョーク/紙 トリノ王立図書館
©Torino, Biblioteca Reale

マルッチェロ・ヴェヌスティ (帰属)《ミケランジェロの肖像》
1535年以降 油彩/ヴァカンス カーサ・ブオナローティ
©Associazione Culturale Metamorfosi and Fondazione casa Buonarroti

失われた作品が追随者によって伝えられる―「レダと白鳥」に見る2人の対比

レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく《 レダと白鳥》1505-10年頃 油彩/板 ウフィツィ美術館©Firenze, Gallerie degli Uffizi, Gabinetto fotografico delle Gallerie degli Uffizi

レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく《 レダと白鳥》
1505-10年頃 油彩/板 ウフィツィ美術館
©Firenze, Gallerie degli Uffizi, Gabinetto fotografico delle Gallerie degli Uffizi

レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく《 レダと白鳥》

ミケランジェロの作品と比べて男性性の強調された白鳥が印象的なレオナルドの《レダと白鳥》。画面左下は「レダには、2組の双子が卵から生まれた」とするギリシア神話に基づき描かれています。本作は、レオナルドが生きた時代にオリジナルを観て、構想を理解した追随者により描かれたものです。左手に花を持つレダのポーズ、子どもに目を落とす様子はレオナルドが本来描いた構図とほぼ同じものとして現在はフィレンツェのウフィツィ美術館が所蔵しています。

《美しき姫君》にまつわること

レオナルド・ダ・ヴィンチ(帰属)《美しき姫君 (ビアンカ・スフォルツァ?)》1495年頃ペンとインク、黒チョーク、赤チョーク、鉛白/羊皮紙個人蔵

レオナルド・ダ・ヴィンチ(帰属)《美しき姫君 (ビアンカ・スフォルツァ?)》1495年頃ペンとインク、黒チョーク、赤チョーク、鉛白/羊皮紙個人蔵

ビアンカ・スフォルツァというスフォルツァ家の子女を描いたとされる本作は、近年において作品に残された指紋からレオナルド作ではないかという議論が起こりました。当時のヘアネットや衣服を含めた肖像の正確な描写、左利きを思わせるハッチング、赤・白・黒の3種のチョーク、ペン、インク、鉛白といった画材、羊皮紙という媒体に関するレオナルドの知識などから真作とする説がありつつも、同時代の他の作家による作とする説、19世紀に作られた精妙な贋作とする説まで諸説に分かれています。

ミケランジェロに基づく《 レダと白鳥》

ミケランジェロの失われたオリジナル作品はフェッラーラ公アルフォンソ・デステから依頼されました。ミケランジェロは、自身の作品であるジュリアーノ・デ・メディチの墓碑に置かれた《夜》の寓意像の彫刻を思わせる、うつむいた女性の優美な横顔を印象的に描き、柔らかな雰囲気の中でレダと白鳥を向い合せに描きました。このオリジナルは、ミケランジェロの弟子アントニオ・ミーニの手によりフランスへ渡りましたが、17世紀半ばに焼却される末路を辿ります。本作はオリジナルの下絵に基づき、後代の画家・ブリーナにより制作されたものになります。

フランチェスコ・ブリーナ(帰属) 《 レダと白鳥(失われたミケランジェロ作品に基づく)》1575年頃 油彩/板 カーサ・ブオナローティ ©Associazione Culturale Metamorfosi and Fondazione Casa Buonarroti

フランチェスコ・ブリーナ(帰属) 《 レダと白鳥(失われたミケランジェロ作品に基づく)》
1575年頃 油彩/板 カーサ・ブオナローティ
  ©Associazione Culturale Metamorfosi and Fondazione Casa Buonarroti

《〈レダと白鳥〉の頭部のための習作》のモデルは弟子のミーニではないかと考えられています。ミケランジェロは右利きで、クロスハッチングと呼ばれる、斜線を交差させる描き方をしています。それによって立体感を出し、あたかも「削り取るように」素描を描いていました。本作では赤チョークが用いられ、濃淡をつけた陰影表現は凹凸を巧みに表現しています。

《〈レダと白鳥〉の頭部のための習作》

《〈レダと白鳥〉の頭部のための習作》

開催概要

チケット&アクセス

一般 高校・大学生 小・中学生
前売券 1,500円 ※大学生以下、ペア(一般/チケットぴあで販売)は前売券の設定はありません
当日券 1,700円 1,000円 500円

[前売り券販売中]

5月21日まで:Store1894(三菱一号館美術館内・休業日は美術館に準ずる・Store1894のみの利用可)
6月16日まで:ローソン〈Lコード:34486〉、チケットぴあ〈Pコード:768-106〉、セブンチケット〈セブンコード:051-798〉、
イープラス、チケットポート関東各店、三菱一号館美術館チケット購入サイトWEBKET(QRコード読み取り)
*チケットポート、Store1894では絵柄入りのチケットを販売
※会期中はチケットぴあでペア券3,000円(切り離し無効)を販売します。

相互割引 本展の半券で「アルチンボルド展」(6月20日〜9月24日 国立西洋美術館)が当日料金より100円引き。
各種割引 アフター5女子割:毎月第2水曜日17:00以降/当日券・一般(女性のみ)1,000円
障がい者割引:障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで当日料金の半額

※いずれの割引も他の割引との併用は不可

三菱一号館美術館 アクセスマップ

三菱一号館美術館
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2

  • ・JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
  • ・JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
  • ・東京メトロ千代田線「二重橋前」駅(1番出口)徒歩3分
  • ・東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
  • ・都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分
  • ・東京メトロ丸ノ内線「東京」駅(地下道直結)徒歩6分
ページトップへ