印象派から

公式オンラインチケット

Audio Guide 音声ガイド

梅原裕一郎

アーツビジョン所属、静岡県出身
主な出演作品は「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」ジークフリード・キルヒアイス役、
「ゴブリンスレイヤー」ゴブリンスレイヤー役、
「機動戦士ガンダムNT」ゾルタン・アッカネン役など

※価格はすべて税込

プログラム
日本語※英語版はスクリプトを端末機器で貸し出しております。
詳しくはチケット窓口にお問い合わせください。
貸出料金
550円 ※お一人様1台につき

耳の不自由なお客様へ:1部550円で、文字原稿の貸出をしています。

梅原裕一郎さん インタビュー

収録を終えたご感想は?

カタカナが多く少し苦労しましたが、印象派は自分でも好きな題材なので、そのガイド音声を当てられるというのはとても嬉しかったです。絵画だけでなく、クラシック音楽も当時のフランスの印象派であるドビュッシーやラヴェルが好きです。
今回の展示の中ではマティスも好きで、ちょうどつい先日、展覧会で一目惚れして購入したポスターを家に飾ったところでした。収録は作品の画像を見ながらできたので、イメージしやすかったです。

収録で心掛けてくださったことは?

主役は皆さんが見ている絵なので、邪魔をしないよう、音声によって気が散らないようにあまり出しゃばらないようにしようというのは、意識しました。

気になった作品は?どんなところがお好きですか?

今回、シャガールの亡き奥さんを描いた作品というのがありまして、シャガールは詳しくなかったのですが、この作品に感情移入してしまいました。ガイドの中にもあったように、奥さんを亡くして、筆が執れなくなってからの復帰というところに、すごく苦悩があったんだろうなと思います。音楽などでも明るい作品よりは暗い作品の方が好きなので、そういう背景を知って、シャガールにとても興味が湧きました。

展覧会への期待は?

素晴らしい絵画がたくさんありますので、何も知らずに見てもきっと何か受け取るものがあると思いますが、せっかくの機会ですのでこういったガイド音声を聞いて、時代背景や画家たちの生きざまを知ったうえで見ると、さらに感じ方が変わると思います。たとえば、最初はガイドを聞かずに見て、2周目ではガイドを聞いてみながら…と、いろいろ楽しんでいただけたらと思います。