全員巨匠!フィリップス・コレクション展全員巨匠!フィリップス・コレクション展

2018.10.17(水) → 2019.2.11(月・祝)2018.10.17(水) → 2019.2.11(月・祝)

本展の見どころ本展の見どころ

全員巨匠!フィリップス・コレクション展全員巨匠!フィリップス・コレクション展Duncan and Majorie Phillips in the Main Gallery. Photo by Clala E.Sipprel,c.1922
米国で最も優れた私立美術館の一つとして知られるワシントンのフィリップス・コレクションは、裕福な実業家の家庭に生まれ、高い見識を持つコレクターであったダンカン・フィリップス(1886-1966)の旧私邸であった場所に位置しています。2018年には創立100周年を迎えます。1921年にはニューヨーク近代美術館よりも早く、アメリカでは近代美術を扱う最初の美術館として開館しました。フィリップスの常に鋭い取捨選択によって、コレクションの中核をなす作品群はいずれも質の高いものばかりです。本展では、この世界有数の近代美術コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワ等19世紀の巨匠から、クールベ、近代絵画の父マネ、印象派のドガ、モネ、印象派以降の絵画を牽引したセザンヌ、ゴーガン、クレー、ピカソ、ブラックらの秀作75点を展覧します。

Duncan and Majorie Phillips in the Main Gallery. Photo by Clala E.Sipprel,c.1922

見どころ1 創設から100年、アメリカ初の近代美術館として開館してから97年のフィリップス・コレクションの源泉をたどる見どころ1 創設から100年、アメリカ初の近代美術館として開館してから97年のフィリップス・コレクションの源泉をたどる

見どころ2 ダンカン・フィリップスが生涯を費やし、芸術作品に対する強い情熱と高い見識で積み上げた稀代の近代美術コレクションが一堂に見どころ2 ダンカン・フィリップスが生涯を費やし、芸術作品に対する強い情熱と高い見識で積み上げた稀代の近代美術コレクションが一堂に

見どころ3 フィリップス・コレクションと三菱一号館美術館の共通点である、赤レンガ造りの外観と親密な空間の展示室で名画を味わう貴重な機会見どころ3 フィリップス・コレクションと三菱一号館美術館の共通点である、赤レンガ造りの外観と親密な空間の展示室で名画を味わう貴重な機会

フィリップス・コレクションについてフィリップス・コレクションについて

ダンカン・フィリップスは、米国ペンシルベニア州の鉄鋼王を祖父に持ち、類いまれなフィリップス・コレクションを築いた。1921年、首都ワシントンにある19世紀建築の私邸に増築した大きな天窓のある一室で、亡き父と兄を称える美術館、フィリップス・メモリアル・アート・ギャラリーを開館。
妻で画家のマージョリー・アッカーと共に、印象派の絵画や存命の芸術家たちの作品をくつろいだ雰囲気の中で鑑賞できる場を作り上げた。本展では19世紀以降の作品を展示し、フィリップスの蒐集へのアプローチやモダニズムに対する見方に焦点を当てる。フィリップスは1966年に亡くなったが、その精神はフィリップス・コレクションに受け継がれており、現在、同コレクションは4,000点以上の作品を所蔵している。

The Phillips Collection Address 1600 21st St NW, Washington, D.C. 20009 USAThe Phillips Collection Address 1600 21st St NW, Washington, D.C. 20009 USA
  • 見どころ見どころ
  • 作品紹介作品紹介
  • 主催者メッセージ主催者メッセージ