トップへ戻る

Skip

The Treasures of Mitsubishi Collection :
The Mitsubishi 150th Anniversary Exhibition

三菱創業150年

三菱の至宝展三菱の至宝展

国宝、集結。国宝、集結。

2021年6月30日[水]〜9月12日[日] 三菱一号館美術館 主催:三菱一号館美術館[三菱地所(株)]、(公財)静嘉堂、(公財)東洋文庫 特別協力:(公財)三菱経済研究所*展示替えあり2021年6月30日[水]〜9月12日[日] 三菱一号館美術館 主催:三菱一号館美術館[三菱地所(株)]、(公財)静嘉堂、(公財)東洋文庫 特別協力:(公財)三菱経済研究所*展示替えあり

【来年に延期のお知らせ】本展の会期は、2021年6月30日~9月12日に変更となりました【来年に延期のお知らせ】本展の会期は、2021年6月30日~9月12日に変更となりました2020年に購入された本展チケットは、2021年にはご利用いただくことができません。何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。2020年に購入された本展チケットは、2021年にはご利用いただくことができません。何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

scroll

日本の芸術文化の研究・発展のために三菱創業の岩崎家四代が集めた、三菱ゆかりの静嘉堂、東洋文庫の国宝12点を含む秘蔵コレクション。日本の芸術文化の研究・発展のために三菱創業の岩崎家四代が集めた、三菱ゆかりの静嘉堂、東洋文庫の国宝12点を含む秘蔵コレクション。

開催カレンダー

21時まで開館閉館日

  • 7月の開催カレンダー
  • 8月の開催カレンダー
  • 9月の開催カレンダー
重要:開館日、開館時間一部変更のお知らせ

下記の通り、開館日、開館時間が変更となりました。訂正してお詫び申し上げます。カレンダーは最新の内容です。

・後期:8月11日(水)から

・休館日:月曜と展示替えの8月10日(火)(但し、祝・振休の場合、7月26日、8月30日[トークフリーデー]、9月6日は開館)

※8月2日(月)は休館日です。

・一部、夜間開館日が変更となりました。

  • トピックス Topics

  • 美術館ニュース News

  • イベント Event
  • 館内一部営業再開のお知らせ

    コンスタブル展閉幕と全館臨時休館継続(Café 1894含む)のお知らせ

本展の概要Overview

三菱を創業し、代にわたり社長をつとめた岩崎彌太郎、彌之助、久彌、小彌太は文化財に多大な関心を抱き、その収集品は現在、それぞれ静嘉堂と東洋文庫に収蔵されています。 彼らは当時の学者や芸術家とも交流し、その収集の態度は社会に貢献する広い視野をもったものでした。

本展では、初代岩崎彌太郎から小彌太に至る、芸術文化の研究・発展を通じた社会貢献の歴史をたどりつつ、静嘉堂、東洋文庫の所蔵する国宝12点、重要文化財31点を含む美術工芸品、古典籍などに三菱経済研究所の所蔵作品をあわせて貴重な作品群点余りを展観します。

また、本展は静嘉堂と東洋文庫の所蔵品が一堂に会する貴重な機会となります。

三菱創業1~4代
その人物像と業績

  • 岩崎彌太郎

    初代岩崎彌太郎
    Yataro Iwasaki

    (天保)~(明治18)年

    三菱創業者、初代社長

    土佐国井ノ口村(高知県安芸市)に生まれ、早くから詩才・文才に優れ、漢学を学ぶ。

    (安政)年、藩職につき、土佐藩開成館での業績が認められ、(明治)年、土佐藩開成館の事業を受け継いだ九十九商会が設立された(「三菱の創業」)。

    その後、台湾出兵、西南戦争での輸送を引受け、一気に日本の海運業界のトップに躍り出た。また、海運業の他、銅山、炭坑、造船、金融、倉庫等、その後の三菱による事業多角化のための基礎を築いた。東洋文庫が引き継いでいる岩崎文庫には、彌太郎が所有していた漢籍を含む蔵書が多数収蔵されている。

    兄弟
  • 岩崎彌之助

    第二代岩崎彌之助
    Yanosuke Iwasaki

    (嘉永)~(明治41)年

    彌太郎の弟、第二代社長

    土佐国井ノ口村に生まれ、彌太郎の勧めで英語を学び、米国留学を経て、(明治)年、三菱商会に入社。(明治18)年、彌太郎の逝去後、社長を引継ぎ、共同運輸との熾烈な競争に決着をつけた。その後「海から陸への戦略転換」を推進し、長崎造船所ほか、数々の銅山と炭坑の買収等を実施、更に政府の要請の下、(明治23)年、後のビジネス街となる丸の内の土地購入を決断した。また、明治の西欧文化偏重の中で軽視されがちであった東洋固有の文化財の収集活動を本格的に開始、(明治25)年、神田駿河台に静嘉堂文庫を創設した。アンドリュー・カーネギーの“The Gospel of Wealth”を読み、資本家の社会に対する使命、文化貢献に共鳴し、その翻訳出版『富の福音』を助成した。

  • 岩崎久彌

    第三代岩崎久彌
    Hisaya Iwasaki

    (慶応元)~(昭和30)年

    彌太郎の長男、第三代社長

    土佐国井ノ口村に生まれ、米国留学を経て、(明治27)年、三菱合資会社社長となる。彌之助のビジネス戦略を引き継ぎ、長崎造船所の近代化、神戸・彦島造船所の建設を行い、造船技術を世界水準にまで押し上げた。更に、「事業部別独立採算制度」を導入、近代的マネジメントを推し進めた。(大正)年、社長を辞任。和漢の古典籍からなる岩崎文庫を拡充するとともに、(大正)年、ジョージ・アーネスト・モリソンが収集した文献、地図等を一括購入、(大正13)年、財団法人東洋文庫を設立した。また、清澄庭園と六義園を東京市(当時)に寄贈した。

    親子
  • 岩崎小彌太

    第四代岩崎小彌太
    Koyata Iwasaki

    (明治12)~(昭和20)年

    彌之助の長男、第四代社長

    駿河台に生まれ、英国留学を経て、(大正)年、三菱合資会社社長となる。

    事業部門毎に株式会社を新設、コンツェルン体制を築き上げた。三菱グループ共通の経営理念となる「三綱領」(所期奉公、処事光明、立業貿易)は、小彌太が述べた訓示を要約し作成されたものである。(大正13)年、父彌之助の17回忌に現在の文庫を世田谷区岡本の廟側に建設して典籍を収納し、美術品ではとりわけ東洋陶磁のコレクションを拡充、(昭和)年、文庫と並んで美術庫を築き、(昭和15)年、蔵書と文庫の一切を寄付し財団法人静嘉堂を設立して公開、学者・研究者の利用に供した。(昭和20)年、小彌太の遺言に基づき収蔵美術品中の優品が財団に寄贈された。

    親子

公式ブログ&SNSBlog & SNS

#Instagram

[TOPページ画像]
国宝 《曜変天目(稲葉天目)》 建窯 南宋時代(12~13世紀) (公財)静嘉堂所蔵
Tea bowl Yohen Tenmoku, Known as “Inaba Tenmoku”, Southern Song dynasty, 12th-13th century, National Treasure, The Seikado Foundation