イベント

ワシントン・ナショナル・ギャラリーの印象派コレクション。「親密さ」と「優しさ」の秘密

トークイベント「なぜワシントンの『印象派』はこんなにやさしいのか」終了しました

三菱一号館美術館で開催中の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」の展示作品は、創設者の娘であるエイリサ・メロンが中心となって収集したコレクションです。『楽園のカンヴァス』(山本周五郎賞受賞、直木賞候補)などアートを題材にした作品を発表し、またキュレーターとしてニューヨークのMoMAなどで勤務の経験もある人気作家・原田マハさんと、鈴木芳雄さんによるトーク。美術史的などの側面から印象派を捉えつつ、見どころを紹介。ワシントン・ナショナル・ギャラリーのコレクションの特徴である「親密さ」の魅力に迫ります。

日時

2015年4月1日(水) 開場:18時30分 開演:19時 終演:20時30分(予定)

講師

原田 マハさん(作家)
原田さん©森 栄喜

鈴木 芳雄さん(美術ジャーナリスト)
鈴木さん

会場

集英社アネックスビル8階
(東京都千代田区神田神保町3―17―1)

参加費

前売券1,200円(税別)
当日券1,300円(税別)

詳細・お申込み

https://art.flagshop.jp/news/detail/384

イベントアーカイブ

今後開催予定のイベントへ戻る