イベント

三菱一号館美術館

レクチャーシリーズ「都市と美術館 vol.2」教育普及終了しました

昨年度開催し好評を博した、都市と美術館の在り方を考えるレクチャーシリーズの第2弾です。
三菱一号館美術館は、東京・丸の内に位置する美術館として2010年に開館し、2016年に開館6周年を迎えました。
東京という都市の、丸の内の街と結びついた活動は、当館の根源的なテーマです。
今年度も、第一線で活躍する専門家の方々をお迎えし、都市と美術館との密接な関わりを示す事例をはじめ、
地域に根差した活動と建築との関係などをご紹介頂くとともに、これからの都市と美術館との在り方を考えます。

共同企画

三菱一号館美術館、日経アカデミア

総合モデレーター

高橋明也(三菱一号館美術館館長)

第1回

日時 2017年2月1日(水)19:00~20:30(開場18:30)
講師 坂 茂氏(建築家、慶應義塾大学SFC特別招聘教授)
演題 「作品づくりと社会貢献の両立を目指して」

第2回

日時 2017年2月16日(木)19:00~20:30(開場18:30)
講師 伊東 豊雄氏(建築家)
演題 「明日の建築を考える」

第3回

日時 2017年3月10日(金)19:00~20:30(開場18:30)
講師 西沢 立衛氏(建築家)
演題 「場所と建築が呼応する美術館」

会場

いずれも日経カンファレンスルーム(日本経済新聞社 東京本社6階)

受講料

16,200円(税込)(全3回分セット価格)

申込・詳細

日経アカデミアサイトよりオンライン申込

イベントアーカイブ

今後開催予定のイベントへ戻る