三菱一号館美術館公式ブログ

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2018年7月27日

AbHerї 新丸ビル店 アフター5女子割参加店舗紹介!

皆さま、こんにちは。
本日は、「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ」での「アフター5女子割」の特典にご協力いている、『AbHerї(アベリ)』さんをご紹介します。

―初めてご来店される方に向けて、「AbHeri(アベリ)」について教えてください。
AbHerї(アベリ)は日本のジュエリーブランドです。日本人のデザイナー・職人によって、デザインから制作まで自社で一貫して行っています。アベリは、アンティークの技術や技法を継承しつつ、最新技術も取り入れ、現代において新しい価値として発信しています。アベリの特徴としては、デザイナーはすべて職人を兼ねていることです。デザイナーが職人であるその強みは、ジュエリーをデザインするとき、初期のデザインイメージを損なわず、立体的に組み立てることが可能だということです。例えば建築のように、図面を引くところから、実際の建築物として立体に起してゆく過程を想像頂けるとわかりやすいと思います。

―素敵な雰囲気のお店ですが、どういったお客様が多いのでしょうか?
新丸ビル店では、30代~50代くらいの近隣の企業に勤めていらっしゃる方が多いです。
当店はブライダル商品にも力を入れているので、休日にはカップルのお客様にもお越しいただいています。

―お店に来店されるきっかけを教えてください。
新丸ビル店では、30代~50代くらいの近隣企業にお勤めの方や東京駅を利用する地方からのお客様に多くご利用いただいております。
弊店はブライダル商品も多数取り揃えておりますので、休日にはカップルのお客様にもお越しいただいております。

―美術館にいらしたお客様にお勧めする商品を教えてください。
弊社は広告をあまり行っていないため、通りがかりに、お店を見てお立ち寄り頂くケースや、同僚や友人の方が実際に身につけているものをご覧になられたことがきっかけとなり、来店されたというお客様が多くらっしゃいます。
ここ数年は、InstagramなどのSNSを通してアベリを知って頂くことが多くなっています。最近のお客様は、ご自身で情報を積極的にとりにいかれる方が多い印象ですね。新丸ビル店もアカウント運用しているので、ぜひご覧になってみてください。スタッフのお勧め商品や、折々入荷した限定商品の情報などを掲載しています。

―美術館にいらしたお客様にお勧めする商品を教えてください。
自由にサイズを調節できるアジャスター付きのチェーンリング、アベリのロングセラーアイテムです。ご自身で簡単にサイズを調節できるので、その日の気分でつける指を変える事が出来、体調や年齢を重ねた事によってサイズが変化した場合でも継続してお使いいただけます。また、リングサイズがお分かりにならない方へのプレゼントとして、サプライズ用にご購入される方もいらっしゃいます。美しさと同時に実用的であるデザインもチェーンリングの魅力なので、ぜひ実際にお試しになってみてください。

レーザーホールダイヤモンドもおすすめです。
こちらも長く愛されているシリーズですが、特殊なレーザーでダイヤモンドに穴をあけて、チェーンを直接取り付けているのが特徴です。石枠がない分、ダイヤモンドのナチュラルな輝きを楽しんでいただけ、デザインもシンプルですので、年齢も問わず、永くご愛用いただけます。ネックレス、ピアス、イヤリング、ブレスレット、チェーンリングをご用意しておりますので、さまざまな用途でお選びいただくことができます。同じシリーズで揃えられる方もいらっしゃいますよ。

宝石は自分の分身のように、いつも傍にある存在であってほしいと思っております。
普段はシンプルに、ある場面では重ね付けを取り入れるなど、色々なシーンに合わせてジュエリーを組み合わせていただくのも楽しいと思います。

―ブログをご覧いただいている方に、メッセージがありましたらお願いします。
ジュエリーは持つ人の思いが託されるものだからこそ、特別な時にだけ身に着けるのではなく、普段の日常でも傍において頂ければと思います。
新丸ビル店では、自分へのご褒美として、何かの区切りのタイミングで、ご自身のためにご購入されるお客様もたくさんいらっしゃいます。すぐに購入の予定がなくても、お気軽にお立ち寄りください。色々な商品をご覧になるなかで、貴方だけのジュエリーが見つかるようお手伝いをさせていただければと思います。ジュエリーの中でも特にリングが人気です。宝石の輝きが視界に入りやすいので、気分が上がりますよ!

 

―新丸ビル店の店舗のコンセプトは、パリにある幾度もリノベートされ利用されてきたアパルトマン。店内の什器もアンティークのものを使用するなど、こだわりの空間でありながら、どこか懐かしさも感じさせるような落ち着いた店内でした。天井には窓もついているのですが、天窓から差し込んでいるように見える照明も、昼と夜で調光出来るそうです!ジュエリーを置くための台も、一つ一つオリジナルで作っていらっしゃるとのこと。
お店に行かれた際には、ジュエリーはもちろん、お店の細部まで楽しんでください。

―さて、「AbHerї」という名前について聞きなれない言葉だな、と思った方も多いのではないでしょうか?
ラテン語を組み合わせた造語とのことですが、その言葉の意味にも素敵な想いが込められていました。気になった方は、ぜひお店でスタッフの方に尋ねてみてください!

◆ショーメ展のアフター5女子割についてはこちら 
◆AbHerї新丸ビルについてこちら

ブログトップへ