美術館ニュース

2019年12月18日

小野正嗣さんが『館長対談vol.19』に登場されます!「印象派からその先へ展」もご鑑賞いただきました。

『三菱一号館美術館 館長対談』に関するお知らせです。
三菱一号館美術館開館10周年記念「画家が見た子ども展」の開催(2020年2月15日〜6月7日)にあわせて公開予定の「館長対談」に作家の小野正嗣さんにご登場いただきます。

対談に先だち、館長高橋とともに開催中の「印象派からその先へ展」もご鑑賞いただいた小野さん。NHK Eテレ『日曜美術館』のキャスターも務められている小野さんは、時に絵に近づき、時には距離をとって、一点一点ていねいにご鑑賞されていました。そのなかで、ふと足を止めてじっくり見入られていたのが、シスレーの作品。
「シスレー、いいですねえ。色が美しい。ザワついた心が穏やかになっていくようです。」
シスレーは、高橋もお気に入りの1枚。

今回の展覧会は、会場の壁の色もかなり工夫を凝らしていますが、もちろんそれもご承知の小野さん。「壁の色と照明が絶妙ですね。木漏れ日のなかで作品を見ているように感じる場所もあって、素晴らしい鑑賞環境でした。」としっかりと感想をいただきました。
フランス通の二人だけあって話は尽きませんが、対談の時間も押しそうな勢いのところで、タイムアップ。もちろん、続く対談も大いに盛り上がりましたので、次回の館長対談をぜひお楽しみに。

2019年12月11日

【開催決定!】オランジュリー美術館コレクション×吉野石膏コレクション 担当学芸員クロストーク 

横浜美術館で現在開催中の「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展と、当館で開催中の「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション」展の担当学芸員によるクロストークイベントの開催が決まりました。親和性の高い2つのコレクションから、フランス近代絵画の魅力にせまります。

日 時:2019年12月23日(月)14時~15時30分(開場13時30分)

会 場:横浜美術館レクチャーホール ※アクセスはこちらをご覧ください。

参加費:無料 ※入場の際、「ルノワールと12人展」観覧券(または半券)をご提示ください。

定 員:240名(事前申込不要、先着順)

登壇者:片多祐子(横浜美術館学芸員)、岩瀬慧(三菱一号館美術館学芸員)

詳細はこちらをご覧ください。

 

2019年12月6日

【明日です!】12/7(土)19時30分~ニコニコ生放送で「印象派からその先へ展」解説生中継

明日12月7日(土)19時30分~、ニコニコ生放送「ニコ美」にて、「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション」の解説生中継が配信されます。

是非ご覧ください!

【出演者】

茂木健一郎さん(脳科学者、作家、ブロードキャスター)
岩瀬慧(三菱一号館美術館 学芸員)

詳しくはこちらをご覧ください。

2019年12月3日

【テレビ放映のお知らせ】12月4日(水)「なないろ日和!」(テレビ東京)

三菱一号館美術館及びCafé 1894が下記のテレビ番組で紹介されます。ぜひご覧ください。

 

1.日 時:12月4日(水)午前9時26分~11時23分

2.番組名:「なないろ日和!」(テレビ東京)

3.内 容:皇居周辺のお散歩スポットとして、三菱一号館美術館とCafé1894が登場。

2019年12月4日~10日「思いやりウィーク」を開催いたします!

三菱一号館美術館は、障がいの有無に関わらず、お互いに譲り合い、思いやりの心を持って、美術作品が与える感動を共有できる環境づくりを目指しており、2019年12月4日(水)~10日(火)に「思いやりウィーク」を開催します。

また12月4日(水)14時~16時まで「印象派からその先へ—世界に誇る吉野石膏コレクション展」鑑賞者を対象とした「車いす鑑賞体験会」を実施します。実際に車椅子に乗って3階の一部展示室内を鑑賞します。(所要時間10分程度)

参加ご希望の方は、展示室にお入りになり、3階のガラス廊下にお越しください。

今回の思いやりウィークが、ご来館の皆様にとって、観覧マナーについて考えるきっかけとなれば幸いです。

■「思いやりウィーク」」開催期間
2019年12月4日(水)〜12月10日(火)
■開館時間
10:00 – 18:00(祝日を除く金曜、第二水曜、会期最終週平日は21:00まで)
■期間中は、障がい者手帳をお持ちの方と同伴者の方1名様まで、「印象派からその先へ—世界に誇る吉野石膏コレクション展」を無料でご鑑賞いただけます。

※当館では通常、障がい者手帳をお持ちの方は半額、付添いの方1名まで無料です。