美術館ニュース

2019年12月18日

小野正嗣さんが『館長対談vol.19』に登場されます!「印象派からその先へ展」もご鑑賞いただきました。

『三菱一号館美術館 館長対談』に関するお知らせです。
三菱一号館美術館開館10周年記念「画家が見た子ども展」の開催(2020年2月15日〜6月7日)にあわせて公開予定の「館長対談」に作家の小野正嗣さんにご登場いただきます。

対談に先だち、館長高橋とともに開催中の「印象派からその先へ展」もご鑑賞いただいた小野さん。NHK Eテレ『日曜美術館』のキャスターも務められている小野さんは、時に絵に近づき、時には距離をとって、一点一点ていねいにご鑑賞されていました。そのなかで、ふと足を止めてじっくり見入られていたのが、シスレーの作品。
「シスレー、いいですねえ。色が美しい。ザワついた心が穏やかになっていくようです。」
シスレーは、高橋もお気に入りの1枚。

今回の展覧会は、会場の壁の色もかなり工夫を凝らしていますが、もちろんそれもご承知の小野さん。「壁の色と照明が絶妙ですね。木漏れ日のなかで作品を見ているように感じる場所もあって、素晴らしい鑑賞環境でした。」としっかりと感想をいただきました。
フランス通の二人だけあって話は尽きませんが、対談の時間も押しそうな勢いのところで、タイムアップ。もちろん、続く対談も大いに盛り上がりましたので、次回の館長対談をぜひお楽しみに。

美術館ニューストップへ