美術館ニュース

2018年11月1日

「Marunouchi Office workers and Fan’s NIGHT」11月30日(金)初開催!

三菱一号館美術館では、2018年11月30日(金)に、当館近隣エリアの就業者や、丸の内の施設を何度も利用する方に向けた、特別な夜のイベント「Marunouchi Office workers and Fan’s NIGHT [MOF NIGHT]」を開催します。近隣オフィスのビジネスパーソンにこそ「日々気軽に美術館を活用して頂きたい」というメッセージを込めて、当日は18時以降の入館料がお得になるほか、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?─経営における「アート」と「サイエンス」』の著者である山口周氏によるトークイベント、Café 1894でのライブイベントも開催します。週末目前のFriday Nightを美術館で楽しく過ごす、大人のためのイベントです。

 

■トークイベント「アートが鍛えるビジネスの直観力」

―9万部発行『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』著者、山口周さんをお迎えして―
時  間:18時30分~19時30分
会  場:Café 1894(三菱一号館美術館1階)
参 加 費:3,500円
※トークイベント参加費、「フィリップス・コレクション展」入館料、ライブイベント参加費込。
定  員:先着60名(事前申込制・11月1日より受付開始)
申込方法:当館WEBサイト・イベントページをご覧ください。
基調講演:山口周氏(コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社 シニア クライアント パートナー)
クロストーク:山口周氏
安井裕雄(三菱一号館美術館 学芸グループ副グループ長)
【モデレーター】河野安紀(三菱地所株式会社 美術館室 専任部長)

グローバルな先端企業が最近、人材をビジネススクールではなく、アートスクールで学ばせるのはなぜか?「美意識」は判断力・意思決定力をどう磨くのか?アートがもたらす効用について造形が深い山口周氏による、ビジネスパーソン必聴のトークイベントです。山口氏の基調講演ののち、「フィリップス・コレクション展」担当学芸員の安井裕雄とクロストークを行い、なぜ今、ビジネス経営に「アート」が必要とされているのかを、それぞれの立場から解き明かします。

【山口周氏プロフィール】
1970年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。一橋大学経営管理研究科非常勤講師。『武器になる哲学』(KADOKAWA)、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?─経営における「アート」と「サイエンス」』(光文社新書)など、著書多数。

■18:00以降の入館料が1,000円に!(1,700円⇒700円割引)
時間:18時~21時(最終入館 20時30分)

■ライブイベント「夜ふかし一号館」

時間:20時30分~22時30分(L.O. 22時)
会場:Café 1894(三菱一号館美術館1階)
料金:1,000円(1ドリンク+おつまみ)
演奏:YOCOTASAX.氏 ※演奏は21時15分~21時45分を予定

サックスによるライブ演奏とDJプレイによるミュージックイベントを開催。
クラシックな空間の中で音楽に浸る特別なひとときをお楽しみください。


YOCOTASAX.(横田サックス。)サックス奏者/トラックメイカー。
サックスとコントラバスクラリネットを使ったテクノ・ハウストラックを制作。 ジャズエレクトロバンド「ETHNIC MINORITY」のメンバーでもあり、その他、自己のジャズカルテット「ゴウダヴ」を主宰している。これまでに5枚のジャズアルバムを発表。また、サポートとしてのレコーディング多数(水曜日のカンパネラ、KinKi Kids、分島花音、私立恵比寿中学、7!!など)。


全てのイベントへの参加・入館料の割引適用には「丸の内カード」または「update! MARUNOUCHI for workers」(大手町・丸の内・有楽町エリアの三菱地所グループが運営・管理しているビルにお勤めの方を対象とした、会員制情報ウェブサイト。11月20日開設予定。)への登録・提示が必要となります。

美術館ニューストップへ