美術館ニュース

2019年4月11日

【ラファエル前派の軌跡展】ラスキン生誕200年記念トークイベントの開催が決定!

現在開催中の「ラファエル前派の軌跡展」は、19世紀英国の美術批評家ジョン・ラスキンのまなざしを通して当時の英国美術を概観する展覧会です。「果たしてジョン・ラスキンとはどのような人物なのか?」と、ご興味を持たれた方もいらっしゃるかと思います。そんなラスキンに焦点を当てたトークイベントの開催が決定しました!講師はコミュニティデザイナーで社会福祉士の山崎亮さん。山崎さんはラスキンを師と仰ぎ、ラスキンの思想を紹介する著書もある方です。

ターナーの先駆的な表現をいち早く評価し、ラファエル前派を全面的に擁護したラスキンですが、かれは美術批評家としてだけでなく、社会思想家としての側面も持ち合わせていました。産業革命の機械化により大量生産品が出まわり、人びとの仕事が奪われた時代に、ラスキンは「ひとやものの固有価値を生かすこと」の重要性を訴えました。時を経て情報革命によって私たちの生活が大きく変化する現代にも通じる大切なことを、山崎亮さんと紐解きます。

参加費無料(但し、ラファエル前派展のチケット半券をご提示ください)。皆様のご参加をお待ちしております。

【イベント概要】
●開催日時:2019年5月7日(火)15時~16時半
●会  場:コンファレンススクエアエムプラス サクセス(東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル 1F)
http://www.marunouchi-hc.jp/emplus/access.html
●定  員:80名
●参 加 費:無料。但し、「ラファエル前派の軌跡展」チケット半券をご提示ください。(ご使用前のチケット提示でも可能です。)
●申込方法:氏名、参加人数をご明記の上、eventmitsubishi@mec.co.jp までメールでお申し込みください。

詳細はこちらをご覧ください。
https://mimt.jp/event/#item2401

2019年4月8日

4月6日 三菱一号館美術館は開館9周年を迎えました!

4月6日三菱一号館美術館はお陰様をもちまして、開館9周年を迎えました。
9・99・999番目に来館された方に「ヴァロットンのマグカップと紅茶のセット」を贈呈しました。

9番目にご来館されたのは、愛知県名古屋市からお越しの鬼頭様ご夫妻!
「一号館には何度も足を運んでいます!」と喜んでいただけました。どうも有難うございます。

ランチタイムと午後のひとときに一号館広場にて、音楽生演奏を実施しました。

18時~21時の夜間の延長開館時は、「ブリティシュ・ナイト」を実施し、たくさんの方が工夫を凝らした衣装でご来館くださり、会話を楽しみながら、展覧会鑑賞の時間を過ごされていらっしゃいました。

また、特別企画として実施していた、【当館初!・特別企画 開館9周年×新しい私 書店2周年×ラファエル前派展】リアル謎解きゲーム「Marunouchi Mystery Museum ホームズからの挑戦状」も大好評のうちに終了となりました。ご参加いただいた皆さま、どうも有難うございました。今後とも三菱一号館美術館にご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

2019年4月4日

【終了しました】MSSサポーターカード ご購入キャンペーン

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)では「展覧会に何度でも入館可能」、
「貸切鑑賞会へのご招待」 、「提携施設優待サービス」などのサービスが受けられます。
この度、MSSの提携施設をご紹介するため、キャンペーンを行います。
2019年4月9日(火)以降にサポーターカードをご購入いただいた方
先着30名様に
当館の提携施設である森美術館で2019年5月26日(日)まで開催中の
「六本木クロッシング2019展:つないでみる」のチケットを
当館チケット窓口にて、1枚プレゼント致します。
どうぞこの機会にご購入ください。

2019年3月29日

【アフター5女子割】実施のお知らせ!「ラファエル前派の軌跡展」

「ラファエル前派の軌跡展」にて実施するアフター5女子割のお知らせです。
アフター5女子割実施日は、以下の2回です。

・4月10日(水)
・5月 8日(水)

展覧会と併せて、丸の内にてお食事やお買い物もお楽しみください!

<アフター5女子割・特典チケット参加店舗>

◆アフター5女子割チラシはこちらからご覧ください。
◆ラファエル前派の軌跡展特設サイトはこちらかからご覧ください。

2019年3月15日

開館9周年!4月6日(土)「街角に音楽を」 演奏時間と演者のお知らせ

2010年に開館した三菱一号館美術館は、来る4月6日(土)に開館9周年を迎えます。感謝の気持ちをこめてイベントを実施します。その中の一つである一号館広場での音楽生演奏、「街角に音楽を」の演奏時間と出演アーティストが決定しましたのでお知らせいたします。

■お昼の部
12:30-13:00
関島種彦(violin) / 笠原麻矢 (accordion)

13:10-13:40
YUAN (piano&cello)

■夕方の部
15:30-16:00
YUAN (piano&cello)

16:10-16:40
関島種彦(violin) / 笠原麻矢 (accordion)

※雨天の場合中止有。

<演者情報>

・関島 種彦 (ヴァイオリン & マンドリン)
幼少期にクラシック音楽を学び十代の後半に独学で再出発。以後、様々な音楽グループに参加。2007年から2012年までは東京都の大道芸人「ヘブンアーティスト」として活動し、2017年には渋谷文化村シアターコクーンの舞台「24番地の桜の園」(原作: アントン・チェーホフ、演出: 串田和美、音楽監督: 太田惠資)の劇伴を担当。東欧やその周辺のジプシー音楽、ジャズ等から大きく影響を受け、固定観念に捉われない幅広い視点で音楽の可能性や在り方を模索している。
オフィシャルサイト:http://sekitane.blogspot.com/

・笠原 麻矢 (アコーディオン)
シャンソンブルースデュオSOZORO(そぞろ)にてアコーディオン演奏を開始。現在は自身のインストユニットやシャンソン、ロマ(ジプシー)音楽、明治大正演歌等さまざまなジャンルにて活動中。
オフィシャルサイト http://nigayomogi.info/


・YUAN(YUN cello / AO   piano)
ポピュラー曲やクラシックのカヴァー曲を、アマチュアの方がチャレンジしたくなるようなアレンジで編曲し演奏する、チェロとピアノの2人組ユニット。メンバーはプロミュージシャンとしてレコーディング・ライブ等で幅広く活動している。

展覧会と併せて、優雅なひと時をお楽しみください。皆様のご来館をお待ちしております。