美術館ニュース

2018年8月30日

美術館では初参加!「第56回 宣伝会議賞」に協賛します。

三菱一号館美術館(東京・丸の内)は、日本最大規模の公募広告賞(第55回実績:45万8955点の応募)である「第56回 宣伝会議賞」に協賛し、「三菱一号館美術館に行ってみたくなるアイデア」の募集を本日8月30 日(木)より開始したことをお知らせいたします。

<課題> 「三菱一号館美術館に行ってみたくなるアイデア」
普段、美術館に行く習慣がない方も「三菱一号館美術館」に 足を運んでみたくなるような、自由なアイデアを募集します。

日常を離れた空間で得られる体験を、これまでの美術館のイメージや先入観にとらわれずにご提案ください。新しい美術館の楽しみ方のヒントになるようなアイデアをお待ちしています。

■三菱一号館美術館の概要
2010年春、東京・丸の内に開館。19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。

■三菱一号館美術館の特徴
①赤レンガの建物。
②東京駅から徒歩5分というアクセスの良さ。
③丸の内というビジネス街に立地する美術館。
※上記以外でも魅力と感じられる切り口があれば、自由に表現してください。

■応募期間:2018年8月30日(木)~ 2018年10月31日(水)13:00まで
■応募方法:第56回 宣伝会議賞特設サイトからご応募ください(https://senden.co/

<宣伝会議賞とは?>
宣伝会議賞は、今年で56回目を迎える日本最大規模の公募広告賞です。1962年の創設以来、糸井重里氏や林真理子氏といった著名な書き手に加え、広告界を牽引する一流クリエイターを多数輩出し、長年に渡り“コピーライターの登竜門”として知られています。