美術館ニュース

2019年5月10日

Marunouchi Office workers and Fan’s NIGHT[MOF NIIGHT]

「都市生活の中心としての美術館」をミッションとする当館において
2019年5月31日(金)に、当館近隣エリアの就業者や丸の内ファンのための
特別な夜のイベント「Marunouchi Office workers and Fan’s NIGHT[MOF NIGHT]」を開催します。
近隣オフィス街のビジネスパーソンにこそ「日々気軽に美術館を活用して頂きたい」というメッセージを込めて
当日は18:00以降の入館料がお得になるほか、企業とアートの関係について造詣が深い、塩見有子氏(アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]ディレクター)によるトークイベントと、Café 1894でのDJイベントを開催します。
週末目前のFriday Nightを美術館で楽しく過ごす、大人のためのイベントです。
※詳しくは当館WEBサイト・イベントページをご覧ください

■トークイベント「アートのナビゲーション力、企業の牽引力」
企業がアートに関わることで、ビジネスにもたらされる新しい可能性について
企業とアートを繋ぐ事業を数多く担当された、塩見有子氏をお招きし、お話を伺います。

塩見有子氏(アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]ディレクター)
学習院大学法学部政治学科卒業後、イギリスのサザビーズインスティテュートオブアーツにて現代美術ディプロマコースを修了。帰国後、ナンジョウアンドアソシエイツにて国内外の展覧会やプロジェクトのコーディネート、コーポレートアートのコンサルタント、マネジメントを担当。2002年、仲間と共にNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]を立ち上げ、代表に就任。
AITでは、アーティストやキュレーター、ライターのためのレジデンス・プログラムや現代アートの教育プログラムMADを始動させたほか、メルセデス・ベンツやマネックス証券、ドイツ銀行、日産自動車などの企業とのプログラムの企画・コンサルティング、マネジメントを行う。その他、財団や行政機関の委員、アワードの審査員などを務める。

時  間:18時30分~19時30分
会  場:Café 1894(三菱一号館美術館1階)
参 加 費:3,500円(トークイベント参加費、「ラファエル前派の軌跡展」入館料、「夜ふかし一号館(音楽イベント)」参加費込)
※トークイベントのみのチケットの販売はございません。
申込方法:当館WEBサイト・イベントページをご覧ください。

■18:00以降の入館料が1,000円に!(1,700円⇒700円割引)
時間:18時~21時(最終入館 20時30分)

■ライブイベント「夜ふかし一号館」
DJプレイによるミュージックイベントを開催。クラシックなカフェの中で音楽に浸る特別なひとときをお楽しみください。

DJ Leo Gabriel氏
2015年よりDJとしての活動を開始。
現在、RED BARとbar bonoboにてレジデントを務めるパーティーを持つ。
尊敬する父でもある Raphael Sebbag にインスパイアされたジャズを軸に、生音と打ち込み、ジャンルやリズムフォーマットといった境界を自在に越えるプレイは、新旧の音源の探求と時代へのアプローチによって独自の進化を続け、あらゆる世代のリスナーを繋ぐ可能性を持っている

時間:20時30分~22時30分(L.O. 22時)
会場:Café 1894(三菱一号館美術館1階)
料金:1,000円(1ドリンク+おつまみ)

——————————————————————————————
全てのイベントへの参加・入館料の割引適用には「丸の内カード」または「update! MARUNOUCHI for workers」(大手町・丸の内・有楽町エリアの三菱地所グループが運営・管理しているビルにお勤めの方を対象とした、会員制情報ウェブサイト)への登録・提示が必要となります。

2019年4月8日

4月6日 三菱一号館美術館は開館9周年を迎えました!

4月6日三菱一号館美術館はお陰様をもちまして、開館9周年を迎えました。
9・99・999番目に来館された方に「ヴァロットンのマグカップと紅茶のセット」を贈呈しました。

9番目にご来館されたのは、愛知県名古屋市からお越しの鬼頭様ご夫妻!
「一号館には何度も足を運んでいます!」と喜んでいただけました。どうも有難うございます。

ランチタイムと午後のひとときに一号館広場にて、音楽生演奏を実施しました。

18時~21時の夜間の延長開館時は、「ブリティシュ・ナイト」を実施し、たくさんの方が工夫を凝らした衣装でご来館くださり、会話を楽しみながら、展覧会鑑賞の時間を過ごされていらっしゃいました。

また、特別企画として実施していた、【当館初!・特別企画 開館9周年×新しい私 書店2周年×ラファエル前派展】リアル謎解きゲーム「Marunouchi Mystery Museum ホームズからの挑戦状」も大好評のうちに終了となりました。ご参加いただいた皆さま、どうも有難うございました。今後とも三菱一号館美術館にご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

2019年2月7日

開館9周年!4月6日(土)は21時まで延長開館~当館初の謎解きイベントも同時開催!~

2010年に開館した三菱一号館美術館(東京・丸の内)は、来る4月6日(土)に開館9周年を迎えます。感謝の気持ちをこめて、下記の通りイベントを行いますのでお知らせします。尚、当日は「ラスキン生誕200年記念ラファエル前派の軌跡展」【会期:2019年3月14日(木)〜6月9日(日)】を開催しております。

◆◇◆ 9周年イベント詳細◆◇◆

<第1弾>
【当館初!・特別企画 開館9周年×新しい私 書店2周年×ラファエル前派展】
リアル謎解きゲーム「Marunouchi Mystery Museum ホームズからの挑戦状」実施!

3月14日(木)〜4月6日(土)の期間に、当館初となるリアル謎解きゲーム「Marunouchi Mystery Museum ホームズからの挑戦状」を実施します。本イベントは「ラファエル前派の軌跡展」開催に伴い、本展の舞台となるヴィクトリア朝と同時代に活躍した、シャーロック・ホームズからの挑戦として出題されるクイズを、当館とエリアの書店を舞台に解き明かす、リアル謎解きゲームです!

■名称:Marunouchi Mystery Museumホームズからの挑戦状
■日程:3月14日(木)〜4月6日(土)
※当館の休館日、3月18日(月)、4月1日(月)は除く。
■会場:丸善丸の内本店、三省堂書店有楽町店、三菱一号館美術館
■参加方法:丸善丸の内本店、三省堂書店有楽町店、紀伊國屋書店大手町ビル店にて配布を行っている謎解きキットを入手。
■参加費:コンプリートには三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡展」の入館料がかかります。
■企画制作:株式会社ハレガケ(NAZO×NAZO劇団)
■備考:各施設の開館・営業時間はWEBサイト等でご確認ください。

リアル謎解きゲームとは?
参加者が実際に頭と体を使って謎を解き、事件を解決する体感型のゲームイベント。参加者は物語の世界に入り込み、その物語の主人公になって次々現れる謎や暗号を解いて、事件を解決していきます。ショッピングモール、遊園地、水族館、商店街など、様々な場所で開催され、様々な人が熱狂する今注目のエンターテイメントです。

<第2弾:開館9周年当日>
1.来館者全員に9周年のロゴをあしらったオリジナルポストカードプレゼント!

2.「9人目」「99人目」「999人目」の9にちなんだ入館者に記念品を贈呈!
9周年を記念して製作したオリジナルマグカップと紅茶のセットをプレゼントします。

3.一号館広場にて音楽生演奏!
毎年恒例となりました一号館広場での音楽演奏。展覧会と併せて優雅なひと時をお楽しみください。
※雨天の場合中止有。当日スケジュールは詳細が確定次第、当館WEBサイトにてお知らせします。

4.開館時間を21時まで延長し「紳士淑女のブリティッシュ・ナイト」を実施。

この企画は、延長開館(18時~21時)の時間帯に、展覧会と紐づけたファッションで絵画鑑賞を楽しんでいただくイベントです。「ラファエル前派の軌跡展」にちなみ、テーマは「ブリティッシュ・スタイル」。本展と同時代の英国人建築家、ジョサイア・コンドルによる三菱一号館美術館の空間は、紳士淑女の気分を盛り上げます。
更にこの時間帯は、声の大きさを気にせず会話を楽しんで鑑賞可能なトークフリーも実施。ヴィクトリア朝やシャーロック・ホームズ風など、思いおもいのブリティッシュ・スタイルで特別な時間をお楽しみください!館内(一部の展示室)での撮影も可能です。

■□ブリティッシュ・ナイトのドレスコード例□■
フリルやレースのお召し物、蝶ネクタイ、チェック柄など


【ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展】

■展覧会の詳細は「ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展」特設サイトをご覧ください。

2018年4月9日

4月6日 三菱一号館美術館は開館8周年を迎えました!

4月6日三菱一号館美術館はお陰様をもちまして、開館8周年を迎えました。
「8」と「ハチ」をかけて、8・88・888番目に来館された方に「丸の内のはちみつ」を贈呈しました。

見事8番目にご来館されたのは、東京都世田谷区からお越しの甲斐裕子様!
「一号館は大好きな美術館なので、嬉しいです!」と大変喜んでいただけました。
どうも有難うございます。


そのほかにもランチタイムと午後のひとときに一号館広場にて、音楽生演奏を実施しました。


8周年イベントアイコン

今後とも三菱一号館美術館にご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。