美術館ニュース

2020年11月30日

【終了しました】MSSサポーターカード ご購入キャンペーン

ご好評につき終了しました。

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)では「展覧会に何度でも入館可能」、
「貸切鑑賞会へのご招待」 、「提携施設優待サービス」などのサービスが受けられます。
この度、MSSの提携施設をご紹介するため、キャンペーンを行います。
2020年12月1日(火)以降にサポーターカードをご購入いただいた方
先着30名様に
当館の提携施設である森美術館で2021年1月3日(日)まで開催の
「STARS展」のチケットを
当館チケット窓口にて、1枚プレゼント致します。
どうぞこの機会にご購入ください。

2020年10月23日

MSSサポーター 入館および同伴者割引購入方法 変更のお知らせ

MSSサポーターの皆さま、いつも当館をご支援いただき
ありがとうございます。
10月24日から開催するVisions展ではMSSサポーターおよび同伴者は
日時指定券が不要となります。
また同伴者割引の購入方法など変更点がありますので、お知らせいたします。

【入館無料】 MSS(本人+同伴者1日1名限定)、MSS‐mini 本人のみ
※変更なし

【音声ガイド】 本展覧会では音声ガイドサービスが無料でご利用いただけます。
ご自身のスマートフォンに公式アプリをダウンロードいただくことでご利用可能です。
(会場でガイド機の貸出もございます。)

【日時指定】MSSサポーターおよび同伴者は
日時指定券の購入が不要となります。
ただし、入館は毎時先着順のご案内となります。
⼈数が上限に達した場合は、次の時間帯をご案内となります。

【同伴者割引】入館料500円引き MSS(2名まで)、MSS-mini(1名まで)
※変更なし

【同伴者割引購入】当館のチケット窓⼝のみでの販売となります。

【提携施設 割引】提携館のコロナ対策のため、当面、東洋文庫、静嘉堂、三井記念美術館、森美術館を除きMSS会員の割引をいたしておりません。

2020年10月9日

11月2日 MSSサポーター限定 1894 Visions ルドン、ロートレック展 貸切鑑賞会のご案内

11月2日(月)にMSS(三菱一号館美術館サポーター制度)
サポーター限定の貸切鑑賞会(参加料無料)を行います。

・ご来館の際は、当館の新型コロナウィルス感染防止対策への
協力をお願いいたします。

当日に実施するギャラリートークは事前の電話申し込みが必要です。
また、今後の感染拡大の状況、担当学芸員の体調などによっては
ギャラリートークを中止する場合もありますので、
お出かけ前に三菱一号館美術館サイトのニュースか、
ハローダイヤルへご確認ください。

<開催概要>
日時   2020年11月2日(月)15時00分~21時00分
(入場は20時30分まで)

参加資格 MSSの方はサポーターご本人及びご同伴者(1名様まで)
MSS-miniの方はサポーターご本人のみ
※当日はサポーターカードをご持参の上、美術館中庭口からご入場ください。
サポーターカードをお持ちでない場合は入場できませんので、ご注意ください。
※ただし、当日チケット窓口でMSS、MSS‐miniをご購入いただくと
ご参加可能となります。
※開館直後は混雑が予想されます。
<当日限定特典>
・音声ガイド無料貸出し 最終貸出20時30分まで
※ミュージアムショップの割引はございません。

<当日のイベント>
・ギャラリートーク(1回目:16時~/2回目:18時~/3回目:19時~)
当館学芸員が本展の見どころについて展示室内で解説を行います。
[ギャラリートーク 各回共通]
※所要時間 :所要時間30分
※受付方法 :10月15日(木)、10月16日(金)8時00分から22時00分まで
03-5777-8600(ギャラリートーク受付)にてお電話で受け付けいたします。
お申し込みの際は「MSSまたはMSS-miniのサポーターである」旨をお伝えください。
(ギャラリートークは、どちらかの回のみお申し込みいただけます)
各回先着10名様まで、MSSの方はサポーターご本人及びご同伴者(1名様まで)、
MSS-miniの方はサポーターご本人のお名前を登録いたします。
登録された方は、当日チケット窓口にお申し出ください。
ギャラリートーク集合場所への案内図をお渡しいたします。

 

2020年9月17日

再掲出 MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)の有効期限の延長方法

MSSサポーターの皆さま、いつも当館をご支援いただき
ありがとうございます。

当館は「画家が見たこども展」を
2月28日(金)から6月7日(日)まで、101日間休館しておりました。
※月曜日を含む日数

休館により、MSSサポーターの方々が、有効期限中であるにもかかわらず
来館できなかった日数分(機会損失日数)を、6月9日を起点に延長しております。

具体例をご案内します。
例えば、MSSカードの裏面に記載されている有効期限が
3月1日までの方は機会損失日数が  3日、新有効期限は6月11日まで。
4月1日までの方は機会損失日数が 34日、新有効期限は7月12日まで。
6月7日までの方は機会損失日数が101日、新有効期限は9月17日まで。
6月7日以降の方はすべて有効期限から101日間延長となります。

詳しくは添付の早見表をご覧ください。

カードの裏に記載された旧有効期限の書き換えは行いませんが、
機械的に処理しますので、
ご来館の際はカードをご提示いただければ、
新有効期限内は、そのままご入館いただけます。

※但し、MSSの方も美術館ウェブサイト・チケットページ[https://mimt.jp/ticket/]で紹介するチケット販売システム「Webket」でご来場の日時指定を行い、「ご来場枠」をご予約ください。
ご入場の際に必要なQRコードが発行されます。プリントアウトをお持ち頂くか、スマートフォンの画面を入り口でご提示ください。

これからもMSSをどうぞ宜しくお願いします。

※こちらの日にち部分をクリックされると、新有効期限の早見表をご覧いただけます。
旧有効期限が2020年2月28日~2020年5月31日の方
2020年6月1日~2020年9月30日の方
2020年10月1日~2021年1月31日の方
2021年2月1日~2021年2月27日の方

2020年7月22日

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)販売再開

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)については、
しばらく販売を休止しておりましたが、
7月21日より、販売を再開いたしましたので、ご利用いただきますよう
どうぞ宜しくお願いします。