美術館ニュース

2020年9月17日

再掲出 MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)の有効期限の延長方法

MSSサポーターの皆さま、いつも当館をご支援いただき
ありがとうございます。

当館は「画家が見たこども展」を
2月28日(金)から6月7日(日)まで、101日間休館しておりました。
※月曜日を含む日数

休館により、MSSサポーターの方々が、有効期限中であるにもかかわらず
来館できなかった日数分(機会損失日数)を、6月9日を起点に延長しております。

具体例をご案内します。
例えば、MSSカードの裏面に記載されている有効期限が
3月1日までの方は機会損失日数が  3日、新有効期限は6月11日まで。
4月1日までの方は機会損失日数が 34日、新有効期限は7月12日まで。
6月7日までの方は機会損失日数が101日、新有効期限は9月17日まで。
6月7日以降の方はすべて有効期限から101日間延長となります。

詳しくは添付の早見表をご覧ください。

カードの裏に記載された旧有効期限の書き換えは行いませんが、
機械的に処理しますので、
ご来館の際はカードをご提示いただければ、
新有効期限内は、そのままご入館いただけます。

※但し、MSSの方も美術館ウェブサイト・チケットページ[https://mimt.jp/ticket/]で紹介するチケット販売システム「Webket」でご来場の日時指定を行い、「ご来場枠」をご予約ください。
ご入場の際に必要なQRコードが発行されます。プリントアウトをお持ち頂くか、スマートフォンの画面を入り口でご提示ください。

これからもMSSをどうぞ宜しくお願いします。

※こちらの日にち部分をクリックされると、新有効期限の早見表をご覧いただけます。
旧有効期限が2020年2月28日~2020年5月31日の方
2020年6月1日~2020年9月30日の方
2020年10月1日~2021年1月31日の方
2021年2月1日~2021年2月27日の方

2020年6月5日

MSS(三菱一号館美術館サポーター制度)の有効期限の延長方法

MSSサポーターの皆さま、いつも当館をご支援いただき
ありがとうございます。
休館中はご迷惑をおかけしました。
当館の再開が決まりましたので、
休館に伴う対応として、
お手持ちのサポーターカードの有効期限の延長方法をご案内いたします。

当館は「画家が見たこども展」を
2月28日(金)から6月7日(日)まで、101日間休館しておりました。
※月曜日を含む日数

休館により、MSSサポーターの方々が、有効期限中であるにもかかわらず
来館できなかった日数分(機会損失日数)を、6月9日を起点に延長いたします。

具体的にはMSSカードの裏面に記載されている有効期限が
3月1日までの方は機会損失日数が  3日、新有効期限は6月11日まで。
4月1日までの方は機会損失日数が 34日、新有効期限は7月12日まで。
6月7日までの方は機会損失日数が101日、新有効期限は9月17日まで。
6月7日以降の方はすべて有効期限から101日間延長となります。

詳しくは添付の早見表をご覧ください。

カードの裏に記載された旧有効期限の書き換えは行いませんが、
機械的に処理しますので、
ご来館の際はカードをご提示いただければ、
新有効期限内は、そのままご入館いただけます。

※但し、MSSの方も美術館ウェブサイト・チケットページ[https://mimt.jp/ticket/]で紹介するチケット販売システム「Webket」でご来場の日時指定を行い、「ご来場枠」をご予約ください。
ご入場の際に必要なQRコードが発行されます。プリントアウトをお持ち頂くか、スマートフォンの画面を入り口でご提示ください。

これからもMSSをどうぞ宜しくお願いします。

また、展覧会再開後、当面の間チケット窓口でMSSの販売を中止いたしますので、
ご承知おきいただきますようお願いします。

新有効期限はこちらをご覧ください。
旧有効期限が2020年2月28日~2020年5月31日の方
2020年6月1日~2020年9月30日の方
2020年10月1日~2021年1月31日の方
2021年2月1日~2021年2月27日の方

2020年3月19日

【テレビ番組放映のお知らせ】3/22(日)NHK-Eテレ「日曜美術館・アートシーン」

【画家が見たこども展】

放映情報:3月22日(日)NHK-Eテレ「日曜美術館・アートシーン」午前9時 | 再放送 同日午後8時(アートシーンは午前9時45分|再放送 同日午後8時45分)

「開館10周年記念 画家が見たこども展」が紹介されます。館長の高橋も出演します!是非ご覧ください。

https://www4.nhk.or.jp/nichibi/357/

2017年11月27日

2017年12月5日~10日 「思いやりウィーク」を開催します!

三菱一号館美術館は、障がいの有無に関わらず、お互いに譲り合い、思いやりの心を持って、美術作品が与える感動を共有できる環境づくりを目指しており、2017年12月5日(火)~10日(日)に「思いやりウィーク」を開催します。
今回の思いやりウィークが、ご来館の皆様にとって、観覧マナーについて考えるきっかけとなれば幸いです。

■「思いやりウィーク」」開催期間
2017年12月5日(火)〜12月10日(日)
■開館時間
10:00 – 18:00(祝日を除く金曜、11月8日、12月13日、1月4日、1月5日は21:00まで)
■期間中は、障がい者手帳をお持ちの方と同伴者の方1名様まで、「パリ❤グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター」展を無料でご鑑賞いただけます。

詳細はイベントページをご参照ください。

2017年10月11日

【参加費無料!】パリ♥グラフィック展 記念講演会

10月18日(水)に開催する「パリ♥グラフィック展 記念講演会」の参加費を
無料としました!

パリ♥グラフィック展 記念講演会(英語による講演・逐次通訳付)
日 時  10月18日(水)14:00~15:30(受付開始13:30)
講 師  フルール・ルース・ローサ・ド・カルヴァジョ氏
(本展監修者、ファン・ゴッホ美術館 版画・素描部門 学芸員)
会 場  コンファレンススクエアエムプラス「サクセス」
     (千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1階)
     ※当館より徒歩2分 ※フリードリンク付
参加費  無料
     事前申込制・先着順

皆さまどうぞお早めにお申し込みください!

なお、オンライン予約(イープラス)で既にお支払い済の方は、
講演会当日お越しの方についてのみ、お支払い済の参加費1,000円を
現金にて返金いたします。

会期中には、他にも教育普及プログラムとして、館長の高橋の講演会や
教育普及担当によるギャラリートークも開催します。
各申込方法・プログラム詳細(随時更新)はこちら

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展