Japanese

English

メニュー開閉

facebook twitter LINE

トップ > カフェメニュー・グッズ・音声ガイド

カフェメニュー・グッズ・音声ガイド

Café 1894展覧会タイアップメニュー

三菱一号館美術館内にあるミュージアムカフェ・バー「Café 1894」(東京・丸の内)では、 「オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき」(2017年2月4日(土)~5月21日(日))の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

<ランチ>
「かわいい色彩革命」
1,800円(税抜)

19世紀末パリで活動した若き芸術家グループ「ナビ派」の造形的な特徴を表現したランチセット。春にふさわしい明るく鮮やかな色彩と季節の食材のコラボレーションをお楽しみください。

◆メイン:ハーブ三元豚のタプナード焼き ~春の訪れ~

「ナビ派」が結成されるきっかけとなった重要な作品をイメージし、 ナビ派の鮮やかで美しい色彩を表現しました。オリーブやアンチョビ、 ケッパーを使ったタプナードソースで焼いた三元豚を、黄色トマトや オレンジトマトのソース、グレービーソースなど、様々なソースで お楽しみいただけます。

ポール・セリュジエ《タリスマン(護符)、愛の森を流れるアヴェン川》1888年、油彩/板
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

◆前菜:オードブル4種

①人参のポタージュ ②真鯛のフリット ③フォアグラのマカロン ④帆立貝、蕪のタルタルとマグロ、赤ビーツのタルタルの4種のオードブル。ナビ派の特徴が表れた4作品をイメージしました。

①モーリス・ドニ《テラスの陽光》1890年 油彩/厚紙
②ピエール・ボナール《黄昏(クロッケーの試合)》1892年 油彩/カンヴァス
③ジョルジュ・ラコンブ《イシス》1895年 マホガニーに浅浮彫、一部多彩色
④ピエール・ボナール《猫と女性》1912年 油彩/カンヴァス
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF


<デザート>
「はじめまして、クレープ・シュゼットです。」
880円(税抜)

ナビ派の特徴である「平面性」と「装飾性」をオレンジで表現した、Café1894初のクレープ・シュゼットです。オレンジカスタードクリームの入った温かいクレープに、ブランデーがほのかに香るオレンジキャラメルソース、冷たいバニラアイスが溶け合います。 Café1894オリジナルの大人スウィーツをご堪能ください。


<ドリンク①>
「début du printemps ~デビュ デュ プランタン~
650円(税抜)

11:00~14:00、17:00~23:00

<ドリンク②>
「オレンジチャイ Café 1894スタイル」
700円(税抜)

14:00~23:00 ※数量限定

カフェ内観

Café 1894

明治期(1894年)に銀行営業室として利用された空間を復元したミュージアムカフェ・バー。クラシックな趣と、2層吹き抜けの高い天井が人気のお店です。

■住所:東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館1F
■営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
■TEL:03-3212-7156

お問い合わせはCafé1894のページをご覧ください。

オルセーのナビ派展 展覧会図録

Store1894店頭にてハードカバーの図録を、電子書籍書店にて電子図録を販売します。

価格

ハードカバー版 2,400円(税込)
電子版 2,200円(税込)

※販売に関する情報は下記リストをご参照ください。
※ご購入についてのご質問、お問い合わせは、各書店運営会社までお願い致します。

内容 ・オルセー美術館館長のインタビュー
・オルセー美術館学芸員、当館館長、本展担当学芸員の論文
・全出品作品写真
・展覧会各章の章解説
・主要作品解説
・ナビ派作家解説

表紙は選べる2種類!(表紙は異なりますが、掲載内容はおなじです。) ※電子版は赤版表紙となります。

◎赤版(表紙:『エッセル家旧蔵の昼食』エドゥアール・ヴュイヤール)
オルセー美術館推薦の表紙デザイン。
刷数限定。売切れ次第、販売終了となります。

◎緑版(表紙:『黄昏(クロッケーの試合)』ピエール・ボナール)
緑色が爽やかな表紙デザイン。
通常版。

【電子書籍版2月4日より順次配信開始予定】

書店 販売元 購入ページ
honto 株式会社トゥ・ディファクト 購入する
kobo Kobo Inc.(楽天株式会社) 購入する
amazon lindle アマゾン・ドット・コム 購入する
iBookstore iTunes 購入する

Store 1894展覧会グッズ情報

三菱一号館美術館内にあるミュージアムショップ「Store 1894」(東京・丸の内)では、「オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき」(2017年2月4日(土)~5月21日(日))の会期中、展覧会にちなんだオリジナル・関連グッズを限定販売します。「ナビ派」を知らない方でも帰る頃には"「ナビ派」派"になってしまうようなグッズを取り揃えました。

"塗り絵付き"ナビ派ポストカード(2枚セット)
150円(税込)

「あの木はどのように見える?…」。ゴーガンの教えに基づき、キャンバスに思うままの色を置いていったポール・セリュジエ。そんなナビ派はじまりのエピソードを彷彿とさせる、オリジナルの塗り絵が通常のポストカードにもれなくついてきます。ナビ派の絵画的特徴であるはっきりとした輪郭線を、自分の思うままの色で塗ることができます。


ピエール・ボナール《庭の女性》キーホルダー
864円(税込)

オルセー美術館所蔵後日本初公開の、ピエール・ボナールの作品《庭の女性》。元々はひとつの屏風だったというこの4作品は、ボナールが「日本かぶれのナビ」と呼ばれていたのも納得の意匠がちりばめられています。作品そのままのかたちを活かし、細長いキーホルダーにしました。


ペインターボールペン ナビ派バージョン
216円(税込)

Store 1894の定番商品、画家をイメージした配色の「ペイン ターボールペン」。そのナビ派バージョンが、本展覧会ショップ限定で登場します!ナビ派を代表する3人の作家、「ボナール」「ヴュイヤール」「ドニ」からイメージした新色は、ナビ派作家ならではの個性を発揮しています。


オリジナルアクセサリー「Les Nabis × Store 1894」
4,320円(税込)〜

ナビ派展出品作品からインスピレーションを受けて考案した、オリジナルアクセサリー。 Store1894とアクセサリー作家とのコラボレーション品です。ナビ派の独特な雰囲気はどこからくるのか?
その背景や画家の個性に思いを馳せて、かたちにしました。


ブルターニュ地方の食材と、当店でしか手に入らない フリーキュレーター・林綾野さん監修「ナビ派の食卓」レシピも登場!

ナビ派に関わりの深い町・ポン・タヴェンがあるブルターニュ地方は、食の宝庫でもあります。著書『画家の食卓』『ロートレックの食卓』をはじめとして、数々のアートに食の視点から迫ってきたフリーキュレーターの林綾野さんを監修者に迎え、「ナビ派展オリジナルレシピ」を店内に掲示。こだわりのブルターニュの食材とともにご紹介します。


ストア内観

Store 1894

各展覧会の世界観を持ち帰れる商品や、オーセンティックで上質な商品を取り揃えるミュージアムショップ。

■住所:東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館1F
■営業時間:10:00~18:00 (金曜、第2水曜、会期最終週平日は20:00まで)
■休業日  毎週月曜(祝日の場合は営業)、展示替え期間
       ※美術館の開館時間に準じます
■TEL:03-3212-7155

お問い合わせはStore1894のページをご覧ください。

音声ガイド

"ささやき"と"ざわめき"が聞こえるナビ派の世界へ・・・

音声ガイドでは、本展のタイトルにもなっている「ささやき」と「ざわめき」をキーワードに、不思議な感覚をもたらすナビ派の魅力をご紹介。「ナビ派ってどういうもの?」という初心者から、「どっぷり楽しみたい!」というナビ派好きまで満足していただける内容です。
特別チャンネルでは、三菱一号館美術館館長 高橋明也が登場。「かわいい」という視点から、ナビ派を読み解きます。

プログラム 日本語・英語
ナレーター 齊藤美絵
特別出演 高橋明也(三菱一号館美術館館長)
解説件数 17件+特別チャンネル2件
解説時間 約30分
貸出料金 520円(税込)
監修 三菱一号館美術館
制作・音響演出 アコースティガイド・ジャパン
音楽協力

(株)マーキュリー

※耳がご不自由なお客様へ、音声ガイドのスクリプト(日本語・英語)を1部520円(税込)にて貸し出しております。

音声ガイドの内容に関するお問い合わせは、株式会社アコースティガイド・ジャパンのホームページをご覧ください。

  • 美トク
  • 学生無料ウィーク
PageTop