ミステリアス

エドゥアール・ヴュイヤール

1868年、キュイゾー―1940年、ラ・ボール
ナビ派結成時のメンバー。日常生活や室内、親しい人物を装飾的な画風で描き、ボナールとともに「アンティミスト」の代表画家とされる。1900年以降は劇場の舞台装置やシャイヨー宮等の大規模な装飾事業、著名人の肖像画制作等に携わった。

エドゥアール・ヴュイヤール《ベッドにて》
1891年 油彩/カンヴァス 74×92cm
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) /Hervé Lewandowski / distributed by AMF

この作家をtweetする