ストアニュース「ナビ派展:ポストカードは塗り絵付き」

ストアニュース

2017年2月14日

ナビ派展:ポストカードは塗り絵付き

2月4日(土)から始まった「オルセーのナビ派」展。ポストカードが好評です。
通常のポストカードにもう一枚、
その作品の塗り絵カードのオマケ付き。
弊社スタッフが、一枚ずつ絵画から手描きで、
トレースした力作です。

ナビ派誕生のキッカケは、
1888年の夏、ポール・セリュジェがブルターニュ地方のポン=タヴェンに
ゴーガンを訪ねた際に描いた一枚の絵でした。
後にその時の事をドニが伝えています。

「これらの木々がどのように見えるかね?黄色だね?
 では、黄色で塗りたまえ。
 影は?むしろ青いね。
 では純粋にウルトラマリン(青色絵具)で塗りたまえ・・・」

ゴーガンに導かれた作品は、”タリスマン(護符)”と呼ばれ、
セリュジェの死後は、ドニが生涯手放さなかったそうです
(蛇足ですが、彼らが生きている間は、外部に展示される事も一度も無く、まさに”イコン”でした)。

タリスマン(ストアブログ)

形態と色彩の単純化、輪郭線の存在、
平面的な着色など、ナビ派の特徴は、
総合主義、クロワゾニスム的な影響を、
ベルナールや、ゴーガンから受けている事です。
言葉ではサッパリわかりにくいですよね。

だから、塗り絵にしてみたのです。
体験してみれば簡単にわかるはず。
だって、印象派では塗り絵はつくれませんから。

ナビ塗り絵PC(ストアブログ)

ストアニューストップへ