Store 1894

ストアニュース

2013年7月3日

STORE1894オリジナル・ペインター色鉛筆、販売中!


この度、STORE1894では
三菱一号館美術館オリジナルセレクション「ペインター色鉛筆」
の販売を始めました!

 

三菱一号館美術館の学芸員によって選ばれた、
「19世紀の画家達の色」の色鉛筆です。
一号館に縁の深い6人の画家:
ロートレック、ルドン、ルノワール、モネ、マネ、ヴァロットン。

個性溢れる画家達ひとりひとりを象徴する色を6色ずつ選び、
STORE1894・オリジナルペンケースに納めました。




三角形のかたちが三菱一号館美術館のロゴを彷彿とさせますね。



タグには19世紀を意味するフランス語が入っています。





普通のペンケースとして使用しても可愛いですよ!
さて、6人の画家とその色をご紹介します。


《トゥールーズ・ロートレック》
所蔵作品の要、ロートレック。
今秋開催の
「三菱一号館美術館名品選2013ー近代への眼差し 印象派と世紀末美術ー」
でも多数展示される予定です。
三菱一号館美術館所蔵のポスター作品を連想させる色みです。



アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
『悦楽の女王』
1892年
リトグラフ、洋紙
17.9 x 97.3cm
三菱一号館美術館 蔵
 




《オディロン・ルドン》
三菱一号館美術館所蔵「グラン・ブーケ」の作者です。
昨年の収蔵記念展では、その圧倒される迫力と
独特な雰囲気で一気にファンになった!という方も多いはず。
色鉛筆も、そのものずばり「グラン・ブーケ」から色をとっています。

 

オディロン・ルドン
≪グラン・ブーケ(大きな花束)≫
1901年
パステル、カンヴァス
248.3 x 162.9cm
三菱一号館美術館 蔵
 




《オーギュスト・ルノワール》
前回、大好評で幕を閉じた・クラーク・コレクション展の主役。
華やかなパステルカラーが目にも鮮やかですね。
 



《クロード・モネ》
こちらもクラーク・コレクション展でおなじみのモネです。
明るい中にも複雑な色みをのぞかせるのがモネらしいですね。
 



《エドゥアール・マネ》
三菱一号館美術館こけら落としの展覧会、
「マネとモダンパリ展」で人気を博しました。
暗色の中にヴィヴィッドな色が効いていて、洗練された印象ですね。
 



《フェリックス・ヴァロットン》
来年、日本初の個展「フェリックス・ヴァロットン -冷たい炎の画家」展
が三菱一号館美術館で開催されます!シックな色の組み合わせが新鮮ですね。
 



お好きな色の組み合わせはありましたか?
色鉛筆の鮮やかな色を眺めているだけで楽しい気持ちになりますよね。
色の組み合わせで確かに、
その画家の絵がイメージできるのがおもしろいところです。

ぜひとも三菱一号館にお越しの際には、記念におひとつ手に取ってみて下さい!
19世紀の画家の気分になれるかも?しれません。
常設ショップにて販売中(1,554円)です。

STORE1894

ストアニューストップへ