ストアニュース「ナビ派展:ポストカードは塗り絵付き」

ストアニュース

2017年2月14日

ナビ派展:ポストカードは塗り絵付き

2月4日(土)から始まった「オルセーのナビ派」展。ポストカードが好評です。
通常のポストカードにもう一枚、
その作品の塗り絵カードのオマケ付き。
弊社スタッフが、一枚ずつ絵画から手描きで、
トレースした力作です。

ナビ派誕生のキッカケは、
1888年の夏、ポール・セリュジェがブルターニュ地方のポン=タヴェンに
ゴーガンを訪ねた際に描いた一枚の絵でした。
後にその時の事をドニが伝えています。

「これらの木々がどのように見えるかね?黄色だね?
 では、黄色で塗りたまえ。
 影は?むしろ青いね。
 では純粋にウルトラマリン(青色絵具)で塗りたまえ・・・」

ゴーガンに導かれた作品は、”タリスマン(護符)”と呼ばれ、
セリュジェの死後は、ドニが生涯手放さなかったそうです
(蛇足ですが、彼らが生きている間は、外部に展示される事も一度も無く、まさに”イコン”でした)。

タリスマン(ストアブログ)

形態と色彩の単純化、輪郭線の存在、
平面的な着色など、ナビ派の特徴は、
総合主義、クロワゾニスム的な影響を、
ベルナールや、ゴーガンから受けている事です。
言葉ではサッパリわかりにくいですよね。

だから、塗り絵にしてみたのです。
体験してみれば簡単にわかるはず。
だって、印象派では塗り絵はつくれませんから。

ナビ塗り絵PC(ストアブログ)

2017年2月1日

「オルセーのナビ派」展オリジナル・関連グッズ 2月4日より販売します!

三菱一号館美術館内にあるミュージアムショップ「Store 1894」(東京・丸の内)では、
「オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき」(2017年2月4日(土)~5月21日(日))の会期中、
展覧会にちなんだオリジナル・関連グッズを限定販売します。
「ナビ派」を知らない方でも帰る頃には“「ナビ派」派”になってしまうようなグッズを取り揃えました。
展覧会ご鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

 

■“塗り絵付き”ナビ派ポストカード(2枚セット) 税込150円

「あの木はどのように見える?…」。
ゴーガンの教えに基づき、キャンバスに思うままの色を置いていったポール・セリュジエ。
そんなナビ派はじまりのエピソードを彷彿とさせる、
オリジナルの塗り絵が通常のポストカードにもれなくついてきます。
ナビ派の絵画的特徴であるはっきりとした輪郭線を、自分の思うままの色で塗ることができます。

塗り絵つきポストカード単品

 

■ピエール・ボナール《庭の女性》キーホルダー  税込864円

オルセー美術館所蔵後日本初公開の、ピエール・ボナールの作品《庭の女性》。
元々はひとつの屏風だったというこの4作品は、
ボナールが「日本かぶれのナビ」と呼ばれていたのも納得の意匠がちりばめられています。
作品そのままのかたちを活かし、細長いキーホルダーにしました。

キーホルダー見本つき

 

■ペインターボールペン ナビ派バージョン   税込216円

Store 1894の定番商品、画家をイメージした配色の「ペインターボールペン」。
そのナビ派バージョンが、本展覧会ショップ限定で登場します!
ナビ派を代表する3人の作家、「ボナール」「ヴュイヤール」「ドニ」からイメージした新色は、
ナビ派作家ならではの個性を発揮しています。

ペインターボールペンナビ派バージョン

 

■オリジナルアクセサリー 「Les Nabis × Store 1894」  税込4,320円~

ナビ派展出品作品からインスピレーションを受けて考案した、オリジナルアクセサリー。
Store1894とアクセサリー作家とのコラボレーション品です。
ナビ派の独特な雰囲気はどこからくるのか?
その背景や画家の個性に思いを馳せて、かたちにしました。

アクセサリーJYUJEI①

 

■ブルターニュ地方の食材と、
当店でしか手に入らないフリーキュレーター・林綾野さん監修「ナビ派の食卓」レシピも登場!

ナビ派に関わりの深い町・ポン・タヴェンがあるブルターニュ地方は、食の宝庫でもあります。
著書『画家の食卓』『ロートレックの食卓』をはじめとして、
数々のアートに食の視点から迫ってきたフリーキュレーターの林綾野さんを監修者に迎え、
「ナビ派展オリジナルレシピ」を店内に掲示。
こだわりのブルターニュの食材とともにご紹介します。

 

ブルターニュ食品