ストアニュース「「唯、美しい」ビューティフル展ショップのご紹介⑤」

ストアニュース

2014年3月20日

「唯、美しい」ビューティフル展ショップのご紹介⑤

英国唯美主義の美しい絵画、工芸品が一堂に会した「ザ・ビューティフル」展。
展示はもちろんのこと、図録も見逃せません!
表紙はハードカバーにゴールドの箔押しが施された豪華仕様。
手にとってみると背景にはうっすらとひまわりのパターンが刷られています。
ひまわりや孔雀は唯美主義を代表するモチーフで、中のページにも随所にちりばめられています。
表紙を開いてすぐの見返しにはクジャクの羽がゴールドで刷られていたり、
章ごとの扉には展示作品のパターンがあしらわれていたり…、
1ページ1ページに「唯美主義」が詰め込まれた一冊となっております。
作家達の居住地域の地図まで収録されています。
地図を見てみると作家同士が本当に近所に住んでいたのが解ります。
当時の会話や関係に思いを巡らせてみるのも楽しいかもしれません。
背表紙を向けて書棚にしまってしまうのがもったいないので、
サイドテーブルなどに飾りたくなりますね!

IMG_2831

IMG_8413

展覧会図録 2,400円(税込)

2014年3月18日

「唯、美しい」ビューティフル展ショップのご紹介④

ビューティフル展から登場の
Store1894オリジナルの文庫本サイズブックカバー。
ウィリアム・モリスが率いたモリス商会デザインの5柄を販売しています。
当時のファブリックをそのまま再現したかのような、大胆なトリミングが特徴で、
印刷、縫製は全て日本で手がけたもの。
モリスデザインの中で特に人気がある柄は「いちご泥棒」柄ですが、
元々モリス商会で販売されていた際はインディゴの藍色を活かした
「インディゴ抜染」という技法で染められていました。
鮮やかな発色とインディゴ抜染ならではの、柔らかい線が現在よく見かける
「いちご泥棒」柄とはまた違った印象で新鮮です。
モリスはこの藍色に並々ならぬこだわりがあったとか…。
ストアのブックカバーは、そんな当時の色味や
プリントの味も活かしたデザインとなっております!
ぜひ一度、手にとってみてください。

スクリーンショット 2014-03-18 9.38.47

スクリーンショット 2014-03-18 9.38.59

IMG_8518

文庫用ブックカバー<全5種> 2,200円

Store1894

2014年3月10日

ホワイトデーギフトにいかがですか?

Store1894おすすめのホワイトデーギフトは、フランスからやってきた
「アートな」チョコレート、CHOC’FLEURS® (ショック フルール) 。

20131208_37b5f1
20120124_b6e955

フランス中部サントル圏ブールジュ近郊で農家を営むクリスチャン・ギィヨミノ夫妻が栽培している
オーガニックハーブや植物がふんだんにちりばめられたタブレットです。

pic05705

一見すると何かのアート作品?とも思ってしまう華やかな見た目ですが、味はれっきとしたチョコレート!
ふんだんに使われたハーブの香りと、チョコレートが溶けたあと、
口に残るハーブや花弁の食感が何とも新鮮な気持ちにさせてくれます。
添加物を一切使用していない柔らかい香りと味なので、
ハーブやミントがこれまで苦手だったという方にもぜひお試しいただきたい一品。
まだまだ肌寒い今の季節には、ちょっと贅沢に、
溶かしてショコラショー(温かいチョコレートドリンクのこと)にしていただくのもおすすめです。
濃厚なチョコレートと自然のハーブやスパイスが効いたドリンクは心も身体も暖かくなります!
色鮮やかな見た目はプレゼントにもぴったり。
一風変わった、ホワイトデーのお返しにいかがでしょうか。
ストアでは同農園で栽培されたハーブティーも合わせてご紹介中。
こちらも寒い日にはもってこいの、身体が暖まるラインナップです。

pic23281

Choc’Fleurチョコレート<全7種>1,280円
Floremハーブティー<全5種>1,390円

Store1894

2014年3月5日

「唯、美しい」ビューティフル展ショップのご紹介③

ビューティフル展ショップに入った瞬間、
まず目に入るウイリアム・モリスのファブリックを使った、バッグやポーチの数々。

IMG_2766

これらのデザインと製造は今、若者を中心に人気のブランド「The Superior Labor」のもの。
同ブランドのメーカー「nap」は、岡山の山奥に自社工場と従業員の住まいが一体となった
”villege”をもっているという、働き方そのものにもこだわりがある会社です。
ものづくりの姿勢や会社の考え方・デザインが評価され、昨年グッドデザイン賞を受賞しています。

ハンドメイドとメイドインジャパンにとことんこだわったその商品は、
ブランドロゴが刻印された金具ひとつとっても、
東京下町の鋳造工場で作られたものであったり、取手などに使用している革も、
ミモザの樹皮から抽出されたタンニンでなめされた国産のヌメ革が使用されているそう。
金具の絶妙なカーブはひとつひとつ同社の職人が手で打ち付けて作っています。
そんな細部の部品にまつわるストーリーを聞くだけでも、一度じっくり手にとってみたくなりますね。

今回は特別にザ・ビューティフル展ショップとのコラボレーションということで、
生地は英国からのインポートで、モリス商会の柄を使用しています。
ウィリアム・モリスの柄が存分に楽しめる大胆なサイズのトートバッグ達は
モリスのファブリックを使用したデザインとして、とても新鮮な印象です。
荷物をたっぷり入れて永く愛用したいですね。

IMG_2763

Store1894