ストアニュース「「唯、美しい」ビューティフル展ショップのご紹介②」

ストアニュース

2014年2月28日

「唯、美しい」ビューティフル展ショップのご紹介②

「イギリスといえば紅茶」のイメージはもはや定番ですよね。
一説によると、イギリス人年間一人当たりの紅茶消費量は平均的な日本人の20倍以上の量にあたるとか。
イギリスでは起き抜けの一杯にはじまり、朝食で一杯、11時頃には仕事の手を休めて、
昼食で、夕食で、そしてきわめつけは寝る前に…、と一日の中の様々なシーンで、喫茶習慣があります。
もちろん紅茶が大好きだからという理由だけでなく、
ティータイムを通して大切な家族や仲間と語らう時間をもつということも重要なポイント。
美味しいお菓子を食べながら、たわいない会話をするのも日常の中で大切なことですよね!
少しずつ暖かくなってきましたが、たまにはそんなティータイムをお手本にしてみてはいかがでしょうか。

ストアではティータイムにぴったりの英国ヴィンテージのトリオ(一組4,000円税込)を販売中。
トリオとは、ティーを飲むためのカップ&ソーサーに加え、ケーキ用のプレートが付いた3点セットのことです。
全て英国から輸入された一点もの。ぜひお気に入りの一組を見つけてみてください。

スクリーンショット 2014-02-28 11.18.58

Store1894

2014年2月13日

Store1894 おすすめのバレンタインチョコレート

バレンタインの季節がやってきましたね!
今年のストア1894はチョコレートのラインナップが盛りだくさん。
今回ご紹介するのは「英国唯美主義」のザ・ビューティフル展にちなみ、
イギリスから来た「モンテズマ」のチョコレートです。モンテズマは2000年、
元弁護士のヘレン&サイモン・パティンソン夫妻により
「英国の退屈なチョコレート業界に面白いチョコレートを紹介する」という意気込みのもと、
設立された気鋭のチョコレートブランド。全てフェアトレードのカカオを使用しています。

スクリーンショット 2014-02-10 18.04.43

こちらのはその名の通り、
イギリスの伝統的な「プディング」をチョコレートで表現したシリーズ。
…と言ってもプリンのことではありません。
イギリスではデザート全般のことを「プディング」と呼ぶのです。
ティータイムが欠かせないイギリスは紅茶とともにデザートも大好きなお国柄。
家庭の味として代々伝わるお菓子のレシピも日本に比べるととても豊富です。
時代に合わせ、レシピを改良して引き継いでいます。
例えば第2次世界大戦直後の物資が不足していた時代に発明された「クランブル」。
煮たフルーツの上にクリスピーなビスケットをボロボロにしたものを乗せて、
オーブンで焼いたお菓子です。一番人気のアップルクランブルは、
煮たアップルの上にクランブルを載せた英国版アップルパイのようなもの。
モンテズマのシリーズではミルクチョコレートの中に、
ドライアップルとビスケットを詰めて表現しました。
ストアではこのアップルクランブルの他にも、イートン・メス、スポティッド・ディック、
レモン・メレンゲ、トリークル・タルトの5種類をセレクトしてご紹介しています。
中身によって異なる食感が楽しいです。
スタッフもそれぞれの味の説明をしているだけで、お腹が鳴ってしまいます…。

スクリーンショット 2014-02-04 14.28.50

プディングシリーズに加え、カカオをしっかり楽しみたい方のための
モンテズマオリジナルのタブレット3種も揃えました。

全種類を食べ比べてみたくなりますが、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を!

モンテズマチョコレート 各590円

Store1894

ニッポン放送のタイムテーブル2-3月号の撮影で、杏さんがいらっしゃいました!

img-207203432-0001

連日寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。
冬の寒い日には、お部屋にこもってラジオの音楽をききながら、
暖かいミルクティーをお供に読書なんかも素敵ですね。

さて、この度女優の杏さんがストア1894で商品をご覧になっている様子が、
ニッポン放送タイムテーブルの2014年2月-3月号で見開きにて
掲載されております。
※上記に掲載されているのは、ポストカードサイズのものです。

ニッポン放送では、「ごちそうさん」でも活躍中の杏さんの番組も放送中だそうですが、
詳しくは三菱一号館美術館にも設置してあるニッポン放送タイムテーブルをお手に取って、ご確認くださいませ。