三菱一号館美術館公式ブログ

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2014年11月27日

ノルマンディーVSバルビゾン

皆様こんにちは。
今回はミレー展出品作品の《ミルク缶に水を注ぐ農婦》の見どころについて、ご紹介させていただきます。

☆《ミルク缶に水を注ぐ農婦》注目ポイント!

1、ミルク缶 手前におかれているミルク缶にご注目下さい。本体の片側に取っ手がついています。
  牛乳が入って重くなったミルク缶を肩に担ぐ際、バランスが取りやすいよう、紐を通すためのものです。
  この形状はノルマンディー地方特有のもので、農婦の後ろに描かれている井戸
 (ミレーの実家にあるものと同様の形です)とともに特徴がしっかり描かれています。

2、農婦の頭部
  農婦の頭の被り物は、マルモットと呼ばれるバルビゾン特有のスカーフです。
  
1枚の絵の中にも、ミレーの故郷ノルマンディーや、生活をしていたバルビゾンでのモチーフが
組み合わせられています。それぞれの要素に着目して、もう一度じっくり観察してみてください。

さて、この《ミルク缶に水を注ぐ農婦》にはもうひとつミレーお気にいりのモチーフが描かれているのですが、
おわかりになりますか?次回は3つ目のポイントをご紹介いたします。

ブログトップへ