三菱一号館美術館公式ブログ「<ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店インタビュー③: お客様は男性が多い?!いろいろなシーンでの楽しみ方>」

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2017年3月28日

<ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店インタビュー③: お客様は男性が多い?!いろいろなシーンでの楽しみ方>

皆さま、こんにちは。
前回に引き続き、ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店さんのご紹介です。
今回が最終回です。お店にいらっしゃるお客様のチョコレートの楽しみ方をお話頂きました!

-お客様はどのような方が多いのでしょうか?
平日ですと、女性のお客様をあまりお見かけせず、男性のお客様がほとんどだった。という日もあります。
街歩きのついでにお立ち寄りになるというよりは、ギフトやお手土産用だったりすることも多いので、
大きめのしっかりとした箱をお選びになる方が多いですね。

-ご自身用に買いに来る方もいらっしゃいますか?
はい、毎週月曜日にいらっしゃる、(こちらも男性のお客様です)は、ブシェという種類の、お徳用サイズのチョコをご購入されていきます。お味の種類は小さいサイズのチョコよりも少ないのですが、ボリュームは小さいサイズの5個分くらいあります。気分に合わせた味を自分用のおやつとして、ご購入されます。
メゾンドショコラ チョコばら売り(ケース)

こちらは男性に限りませんが、劇場や映画館も近くにございますので、幕間のおやつ用として、チョコレートとマカロンを組み併せてご購入されていく方などもいらっしゃいます。
-なるほど、映画や演劇を見るときのおやつ!という選択肢もあるのですね。
メゾンドショコラ ティラミス
お昼休みや休憩時間には周辺のお茶屋さん、コーヒー屋さんで飲み物を購入され、それに合うチョコレートを選びに来る就業者の方もいらっしゃいます。味で選ばれるのももちろんですが、嫌いなお味がなければ形や模様で選ばれても楽しいと思いますよ。

今年はパリの40周年記念の年でもありますので、毎月のように新作が発表されます。
4月には、フランスのファッションブランドさんの香水とのコラボレーションを行った商品も発売されます。
是非色々な情報サイトをご確認ください。

-店内でチョコを食べることもできるのですか?
はい、奥のサロンをご利用頂けます。普段はチョコレートのドリンクや、コーヒー、紅茶、紅茶はマリアージュフレールさんの紅茶を使用しており、茶葉からお入れしてお出ししています。シャンパンもお楽しみ頂けますし、マカロンやケーキを召し上がって頂く事も可能です。平日は男性お一人で、すぐにパソコンで仕事をしたいという方がご利用になることも多いですね。土日は家族連れの方が多いので、混んでいることが多いです。
メゾンドショコラ 店内 サロンまで

ちなみに、ケーキはお持ち帰り用に1つ用の箱もご準備があるので、1つでも遠慮せずにお求め頂ければと思います。お取り置きも可能ですので、ランチの時に食べたいケーキを選んでおいて、お帰りの時までお取り置きも可能です。是非ご利用ください。

―最後に皆さんへのメッセージをお願いします。
他のブランドさんの方が、知名度が高いという事もあるのか、日本に来てから15年以上たちますし、パリでは40年以上の歴史もあるのですが、そもそも当店をご存じない方も多いので、是非「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」というショップがあるという事を知って頂きたいと思っております。見ているだけで楽しくなるような、お店づくりを心掛けておりますので、ギフト用はもちろんですが、ちょっとした自分へのご褒美といった用途でも、このあたりにお勤めの方に、ご利用頂ければ。

テイクアウト用のチョコレートドリンクも販売しておりますので、たまにはコーヒーではなく甘いものが飲みたいなと思われた時など、気軽にお試しください。メゾンドショコラ チョコレートドリンク

食べて頂ければ、味には自信がありますので!!

東山さん、詳しいお話を有難うございました!
メゾンドショコラ マカロン

※当日アルバイトに出勤していた学生さんに丸の内の印象を聞いてみたところ、なんと「チョコレートの街」という回答が!ビジネス街の印象が強いですが、よく考えると、オアゾのドゥバイヨルさん、や新丸ビルのショコラティエ パレ ド オールさん、そしてお隣のサダハルアオキさんなど有名店がたくさん!新しい丸の内を発見したのでした。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店
ラ・メゾン・デュ・ショコラの歴史はこちら

ブログトップへ