三菱一号館美術館公式ブログ「「アフター5女子割」ご協力店舗のご紹介!<br>新丸ビル オブ・コスメティックス様」

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2016年12月2日

「アフター5女子割」ご協力店舗のご紹介!
新丸ビル オブ・コスメティックス様

皆さま、こんにちは。
本日は「拝啓 ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え」展期間に実施するアフター5女子割にご参加頂いているオブ・コスメティックスさんをご紹介いたします。新丸ビル店の寺内店長にお話を伺いました!

―この度は、アフター5女子割へのご参加ありがとうございます。まずは、まだ「オブ・コスメティックス」をご存じない方のために、お店について教えてください。

オブ・コスメティックスはヘアデザイナー古里オサムが代表を務めるサロン「オブヘア」から生まれたナチュラルコスメブランドです。天然由来の成分を使うことで、髪にも肌にも負担をかけない。また、新しいテクノロジーを積極的に取り入れることで、高い能性を持たせるという2点を柱とし、「ナチュラル」×「テクノロジー」というコンセプトで、商品開発を行っています。

―そのほかに、お店の特徴があれば教えてください。
当店の特徴は、ご来店頂ければ店頭で頭皮チェックを行って頂く事が出来ますので、現在の頭皮状態を確認し、その時々に合わせた商品をご提案することが出来ます。アフター5女子割 店舗紹介_オブ(髪質チェック)

―寺内店長の今の時期におススメな商品を教えてください。
オブ・コスメティックスはローズ系の香りの商品が充実しています。バラの香りがお好きな方、あるいは乾燥が気になる方に、ローズSITTORIシリーズの商品はおすすめですね。タンパク質がたくさん入っているので、しっかりとまとまりの良い髪に仕上げてくれますので、冬の乾燥した時期には良いかと思います。敏感肌の方にもおすすめの商品です。
というのも、代表の古里がもともと敏感肌だったという事から、肌に優しい商品を作ろうと開発された経緯がありますので、敏感肌の方にも使いやすい商品となっているかと思います。
アフター5女子割 店舗紹介_オブ(ローズシャンプー)

ちなみに、初めは色々な商品を試してみたいという方は、ミニサイズも販売しておりますので、気になる商品を選んで、まずは単品でご利用頂いても良いかと思います。

―お客様の来店のきっかけはどのようなことが多いのですか?
初めは、ホームページや雑誌をご覧になって商品を知って頂く事が多いです。雑誌をご覧になったお客様から、お問合せやご来店があったりします。

―お店には、就業者の方もいらっしゃいますか?
はい、就業者の方も多くいらっしゃいます。エリアのワーカーの場合は、同僚の方の口コミでご来店頂く事も多いです。

―お客様は男性の方もいらっしゃるのですか?
男性には、薬用頭皮ケアシャンプーシリーズが大変人気です。
当店はアマゾンにも出店しているのですが、男性ヘアケア部門1位も取ったことがあります。頭皮のにおいを抑える効果があったり、抜け毛の予防に特化していることもあって、男性に人気の商品です。オブ・コスメティックスは百貨店ですと、化粧品売り場に店舗が入っていることが多いのですが、新丸ビル店は、百貨店よりも入りやすい雰囲気なのか、他店よりも男性のお客様が多いのが特徴です。男性のお客様が、同僚の方にご紹介してくださって、その方が買いに来てくださったりもします。アフター5女子割 店舗紹介_オブ(薬用シャンプー)

スタイリング剤も人気があります。一般的なスタイリング剤は、ホールド力を重視したものが多く、ジェルやワックスを付けると、シャンプーでは落ちにくいイメージがあるかもしれませんが、当店の商品はシャンプーでも落ちやすい素材、髪にも、肌にもやさしい素材を使用しています。また補修効果もあるスタイリング剤というのは、オブ・コスメティックスならではかな、と思います。こちらのスタイリング剤は、男性、女性どちらにもご利用頂けます。アフター5女子割 店舗紹介_オブ(スタイリング剤)

また、当店では、オブヘアから美容師がやってきて、店頭でイベントを定期的に行っています。美容室ではなかなか、詳しく聞けないようなブローの仕方などマンツーマンでレクチャーが受けられる機会です。最近始めたインスタグラムで、イベント情報をお知らせしてるので、こちらもぜひチェックしてみてください。アフター5女子割 店舗紹介_オブ(店舗全体)

―寺内店長、どうもありがとうございました!
ぜひ、この機会に特典チケットを使って、髪質チェックをお試しになって、ご自身にあったヘアケアの方法をご相談してみてください。

◆オブ・コスメティックス
◆オブ・コスメティックス新丸ビル店
◆オブ・コスメティックス インスタグラム

<アフター5女子割について>

ブログトップへ