三菱一号館美術館公式ブログ「【キャメロン展】黒柳徹子さんが来訪されました」

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2016年8月5日

【キャメロン展】黒柳徹子さんが来訪されました

女優の黒柳徹子さんが来訪され、ジュリア・マーガレット・キャメロン展を鑑賞されました。
1黒柳徹子さんと当館館長・高橋明也

実は、黒柳さん。昔は写真家になりたかったそうです。
「私は昔写真家になろうと思って随分写真を撮り、最終的には動物の写真を撮りました。動物は間違いなく撮影すればきちんと撮ることが出来ますが、人間はなかなかそうはいきません。キャメロンのように愛情を持って人間を撮影するのは本当に難しいんです。」

『動物劇場1、2』.jpg2
黒柳さんが1983年、1984年に話の特集社より出版された写真集「黒柳徹子の動物劇場1、2」
黒柳さんが撮影した動物の写真と、その動物に対する黒柳さんの温かくユーモラスな感想やエピソードが掲載されています。

IMG_0906黒柳さんが撮影された作品

IMG_0911黒柳さんが撮影された作品

IMG_0913黒柳さんが撮影された作品

「キャメロンが撮影した《五月祭》や《ミューズの囁き》のモデルの目線はキャメロンが指定したのだと思いますが、とてもうまくいっているのがすごいですし、その中から醸し出す劇的なものが大好きです。」

4ジュリア・マーガレット・キャメロン《五月祭》1866年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
©Victoria and Albert Museum, London

5ジュリア・マーガレット・キャメロン《ミューズの囁き》1865年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
©Victoria and Albert Museum, London

「《ベアトリーチェ》という作品もドラマチックで素敵ですね。本当に抱きしめたくなるような瞳をしています。」
6ジュリア・マーガレット・キャメロン《ベアトリーチェ》1866年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
©Victoria and Albert Museum, London

「中でも私のお気に入りは《ポールとヴィルジニー》という作品です。子どもが2人日本の傘を持ってカメラのほうを向いて、少しお芝居をしているのですが、疲れてきてしまったのでしょうか、だんだん手が下がってきています。子どもたちはキャメロンにポーズを指示されているのだと思いますが、一生懸命な子どもの可愛らしさ、純粋さが本当によく表れています。」
7ジュリア・マーガレット・キャメロン《ポールとヴィルジニー》1864年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
©Victoria and Albert Museum, London

「キャメロンがそれぞれのモデルに着せている服やアクセサリーも素敵です。キャメロンの趣味や人間性がよく出ていると思います。」
3ジュリア・マーガレット・キャメロン《サッフォー》1865年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
©Victoria and Albert Museum, London

黒柳さんならではの視点でキャメロン展をお楽しみ頂きました。
2