三菱一号館美術館公式ブログ「「画鬼・暁斎」展 解説動画はもうご覧になりましたか?」

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2015年8月27日

「画鬼・暁斎」展 解説動画はもうご覧になりましたか?

皆様こんにちは。
本日は暁斎展に関する動画のお知らせです。
9月6日(日)まで開催中の暁斎展の解説動画が、暁斎特設サイトからご覧いただけます。
河鍋暁斎記念美術館館長の河鍋楠美氏、当館館長高橋、暁斎展担当学芸員の野口の解説を
掲載しております。展覧会開催期間中の公開予定ですので、まだご覧になっていない方は、
一度ご覧くださいませ。
◆展覧会関連動画はこちら

また、暁斎展広報担当による展覧会解説動画も作成致しましたので、併せてご紹介いたします。
コンパクトで解りやすい内容になっておりますので、気軽にお楽しみください。
◆暁斎展広報担当による展覧会解説はこちら

20150717

2015年8月26日

丸ビル1階マルキューブにてイベント実施しております。
『大阪の陣400年 丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち』

皆様こんにちは。
8月もいよいよ残り僅かとなりました。
夏の暑さも少々和らいで、過ごしやすい日も増えて参りました。
本日は、そんな夏の終わりに丸の内で開催しているイベントのお知らせです。

丸ビル1階マルキューブでは『大阪の陣400年 丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち』
と題して、真田幸村をはじめ、豊臣秀吉や徳川家康など名将たちの甲冑レプリカ(全6体)
や東京では初となる「真田丸※」復元ジオラマを展示しております。今年は大阪夏の陣から
400年を迎える年に当たります。美術館にいらした際に立ち寄られてはいかがでしょうか。

甲冑 20150825

大坂の陣で活躍した真田幸村と戦国武将に関する甲冑等の展示の他にも、関連グッズの
販売や、丸ビル内カフェ店舗にてイベントに連動したメニューの展開も行っております。
【『大阪の陣400年 丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち』概要】
日  時:8月13日(木)~8月29日(土)
開催時間:11:00~21:00(日・祝 20:00まで)
会  場:丸ビル1階マルキューブ
詳細はこちら

※「真田丸」:真田幸村が大坂城を守るために築いたとされる出城「真田丸」をメインに、
       当時の大坂城惣構~真田丸~四天王寺・茶臼山までを復元したジオラマを、
       東京で初めて展示します。本ジオラマは、天王寺真田幸村博実行委員会に
       よって企画され、奈良大学千田嘉博教授が監修し、京都造形芸術大学の
       関本徹生教授により制作されました。
       サイズ:縦1800mm×横1200mm×高さ(設置台含む)1000mm
201508255

2015年8月18日

チケット提示で近隣の託児所の利用料がお得になります!

皆様こんにちは。
三菱一号館美術館では、「画鬼・暁斎展」より、小さなお子様のいらっしゃるお客様への
サービス向上の一環で、近隣の託児所「キッズスクウェア」と連携を行っています。
展覧会期間中、三菱一号館美術館のチケット提示で、託児所の臨時託児サービスの
利用料金が、一般料金(税抜)より特別に10%割引となります。ぜひご利用ください。
 
ご利用に当たっては前日16時までに、事前予約が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。
なお、三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)サポーターの方は、カードの提示で
展覧会期間に限らずいつでも10%割引の本優待サービスをご利用いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。
 
 キッズスクウェア(小)
キッズスクウェアイメージ

2015年8月12日

Café 1894 撮影協力実績ページを作りました!

皆様こんにちは。
今日は当館併設のCafé 1894のホームページにある「撮影協力実績」ページのご紹介です。
Café 1894は、度々雑誌やテレビ等のロケ地として使用されており、その一部を今後こちらのページでお知らせして参ります。
あの雑誌やあのドラマで見かけた建物は三菱一号館?と思ったときは、こちらのページをご覧になってください。
掲載協力実績※「撮影協力実績」ページは、掲載許可を頂いた内容を載せています。

 

 

2015年8月7日

未来の巨匠発掘!
「アートアワードトーキョー 丸の内 2015」結果発表!

皆様こんにちは。
本ブログでもご紹介いたしましたアートアワードトーキョー 丸の内 2015の審査が
去る7月31日(金)に行われ、受賞者が決定いたしました。受賞者は以下の通りです。
posuta-gazou  20150703

受賞された皆様おめでとうございます!

グランプリ     西 太志 (京都市立芸術大学大学院)
三菱地所賞     田中 彰 (武蔵野美術大学大学院)
フランス大使館賞  鈴木のぞみ(東京藝術大学大学院)
シュウ ウエムラ賞 奥村彰一(多摩美術大学)
今村有策賞     田中 彰 (武蔵野美術大学大学院)
神谷幸江賞  田島大介 (愛知県立芸術大学)
後藤繁雄賞 玉山拓郎 (東京藝術大学大学院)
小山登美夫賞  大和美緒 (京都造形芸術大学大学院)
高橋明也賞  小林あずさ(東京藝術大学大学院)
建畠晢賞  額賀苑子(東京藝術大学大学院)

今回当館からは、館長の高橋と野口学芸グループ長が審査に参加いたしました。
野口曰く、今回の作品と展示について
「展示空間が変わったことで、作品をより間近に鑑賞できることが、前回までとは全く異なります。
 マルキューブの開放的な空間で、作品をご覧ください。本物には写真にはないパワーがあります。
 受賞作品はもちろんですが、ご自身が惹かれる作品を探してみてください。全体的には、作品数が
 過去の30点から20点に絞られたことで、より凝縮されたような印象を受けました」
とのことでした。

ちなみに、今回グランプリを獲得した西さんは、スペインの画家、ゴヤに
インスピレーションを受けたそうです。宮廷画家としてのゴヤではなく、
彼が晩年、自分の家に描いた「黒い絵」に刺激を受けたそうです。
スペインと言えば、10月10日から開催のプラド美術館展には
ゴヤの作品が出品されます!

今週8月9日(日)21時まで「アートアワードトーキョー 丸の内 2015」の展示
(入場無料)を丸ビル1階で行っております。暁斎展と共に足をお運びください!

20150807