三菱一号館美術館公式ブログ「「街角に音楽を」開催中です。丸の内仲通りをお楽しみ下さい!」

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2015年7月31日

「街角に音楽を」開催中です。丸の内仲通りをお楽しみ下さい!

みなさまこんにちは。
今回は三菱一号館美術館が立地している、東京・丸の内エリアでのイベントのご紹介です。
本日7月31日(金)から、丸の内仲通りが、歩行者に開放される時間帯が拡大いたしました。
今後は歩行者が自由に行き交い、移動式店舗・オープンカフェやアート等を楽しめる空間と
なる予定です。 (交通規制実施時間:平日11:00~15:00、土日祝11:00~17:00)

この度の丸の内仲通りの開放を記念して、
「道往く人たちを音楽で癒し、街に潤いを与えること」
~Relax people and streets by our music~
のテーマで始まった「街角に音楽を」が開催されております。

matikado 20150731

「街角に音楽を」の演奏は、4月6日の三菱一号館美術館開館5周年にも開催され、
NGA展のテーマ曲である「展覧会の絵」の演奏を行って、ご好評いただきました。
本日のランチタイムの演奏時は、丸の内にお勤めの方々が、休憩時間に足を止めて
楽しむ姿がみられました。今週の土曜日、日曜日も開催されますので、暁斎展に
ご来館の際は、仲通りと音楽演奏もお楽しみいただければ幸いです。

街角 20150731ブリックスクエア前での演奏の様子

今週末で暁斎展前期が終了し展示替えが行われますので、
前期の展示をご覧になっていらっしゃない方はどうぞお見逃しなく!

【「街角に音楽を」開催日時・出演アーティスト】
●8月1日(土)14:00~14:20、15:00~15:20、16:00~16:20
・丸ビル前:Karen(Bossa nova)
・丸の内ブリックスクエア前:関島種彦&大野ミチル慎矢(Violin/Bagpipe他)
・新東京ビル前:Tommy Jeime(Jazz bs他)
・新国際ビル前:ナカニシトシカツ(Gt.Vo)

●8月2日(日)14:00~14:20、15:00~15:20、16:00~16:20
・丸ビル前:Tsukasa(Violin/Pf)
・丸の内ブリックスクエア前:Simon Cosgrove(Jazz Sax)
・新東京ビル前:Urbane Sax Quartet(サックス四重奏)
・新国際ビル前:Karen(Bossa nova).

■丸ビル・マルキューブでは「アートアワードトーキョー 丸の内 2015」開催中です。
7月31日(金)から8月9日(日)の期間、丸ビル1階・マルキューブにおいて開催されます。
詳細はこちらをご覧ください。
posuta-gazou  20150703
aatm

本日各賞の審査が行われております。審査結果は、後日お知らせいたします。
審査結果をお楽しみに!

2015年7月27日

丸の内で遊ぶ!

当館は丸の内にありますが、実はこのエリアでは様々なイベントが日々開催されています。
美術館に来たついてでに丸の内で楽しめることはないかな…?と情報をお探しのときは、当館ホームページのトップ画面に表示されるニュース欄横の「丸の内イベント情報」をご覧ください!
今開催中のイベントから今後開催予定のイベントまで最新情報をチェックできます。

ここをクリック

2015年7月24日

3階資料コーナー「みどころルーペ」ご紹介

皆様こんにちは。
本日は、作品鑑賞システム「みどころルーペ」のご紹介です。
3階資料コーナーでは、「みどころルーペ」を使用して当館収蔵作品(寄託作品含む)
のデジタル画像をご覧いただけます。暁斎展開催中ご覧いただける作品は、下記8点です。

・オディロン・ルドン《グラン・ブーケ(大きな花束)》1901年
・フェリックス・ヴァロットン《公園、夕暮れ》1895年
・フェリックス・ヴァロットン《怠惰》1896年
・アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》1891年
・オディロン・ルドン《『夢のなかで』VIII. 幻視》1879年
・ジャン=フランソワ・ミレー《ミルク缶に水を注ぐ農婦》1859年
・クロード・モネ《草原の夕暮れ、ジヴェルニー》1888年
・ピエール=オーギュスト・ルノワール《長い髪をした若い娘(麦藁帽子の若い娘)》1884年

タッチパネルでお好きな作品を選び、作品画像に指で触れていただくと下記写真のように、
丸いデジタルルーペが出てきます。指でルーペを動かして作品の細部を観察したり、
鑑賞のヒントや解説をお楽しみいただけます。
20150723縮小版 みどころ拡大
 
「みどころルーペ」は大人の方からお子様まで、作品の理解を深められる楽しい鑑賞システムです。
展覧会毎に、作品の入れ替えを行ったり、新しい作品の解説が登場することもございます。
解説は日本語と英語の二ヶ国語対応で、海外の方もご一緒にお楽しみいただけます。
ぜひ資料コーナーにお立ち寄りいただき、みどころルーペを体験してみてください。
縮小 見どころ

2015年7月17日

暁斎展撮影スポットで記念撮影/「Instagram」に投稿をお待ちしております。

三菱一号館美術館(東京・丸の内)では、
「画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展を開催中です。
8月2日(日)までが会期前半となります。その後展示替えを行いますので、
前期出品作品をご覧になりたい方は、お間違いのないようお越しください。

さて、本日は暁斎展での来館記念用に設けた、撮影スポットのご紹介です。
撮影カメラ

1つ目は、館内3階に設置している大きなバナーの前です。
撮影スポットバナーとして掲出しているのは、どの作品かお分かりになりましたか?
バナー上部に描かれている「何か」に驚いて、のけぞる男性が映っています。
何が描かれているかは、ご来館の際に確かめつつ写真撮影もお楽しみください。
床にある足跡マークは、当館おすすめの撮影位置の目印です。

2つ目の撮影スポットは、美術館南口(出口)に設置されたベンチです。
ベンチに座って、記念撮影をどうぞ。こちらは過去に丸の内で開催された、
「ベンチアート」に出品された作品です。
こんどるさんベンチ

コンドルさんこの人物は、暁斎はもちろん、三菱一号館美術館とも深い関係のある人物です。

3つ目めは、赤煉瓦(レンガ)の外観(美術館北側2階壁面)に掲出している
《鳥獣戯画 猫又と狸》をデザイン化した垂れ幕です。 
20150717

暁斎展にご来館された際は、お好きなスポットで記念撮影もお楽しみください。
そして撮影した写真は、ハッシュタグ#marupixをつけて「Instagram」に投稿
していたくと、Marunouchipixに皆様の投稿が表示されます。
皆様の投稿をお待ちしております!
丸の内ピクス

◆Marunouchipixについて:詳細はこちらをご確認下さい。

2015年7月10日

明日7月11日に、三菱一号館美術館公式ブログが1周年を迎えます。

皆様こんにちは。
三菱一号館美術館では「画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展を開催中です。
御足下が悪い日が続く中、多くのお客様にお運び頂きまして有難うございます。
展示作品についてご連絡です。≪地獄極楽めぐり図≫は7月12日(日)迄の
展示となっております。この週末はやっとお天気が回復しそうですし、
ご覧になりたい場合は、ご来館をお忘れなく!

さて、本ブログもお陰様で明日7月11日(土)に1周年を迎えます。
当館の日々の活動や、三菱一号館美術館のある丸の内エリア情報など、
今後も皆様にお伝えして参りますので、ご覧いただければ幸いです。
引き続き、当館公式ブログをご愛顧賜りますようお願い申上げます。

◆展示作品の詳細をご覧になりたい場合は、こちらから作品リストのダウンロードが可能です。

新しい私に出会う ブログ画像

2015年7月9日

暁斎展鑑賞のお供に。見どころガイド出来ました!

皆様こんにちは。
本日は「見どころガイド」のご紹介です。
見どころガイドは「画鬼・暁斎ーKYOSA」展の見どころをわかりやすくまとめた鑑賞用ツールで、
一般用、ジュニア用の2種類ございます。

見どころガイド

見どころガイド ジュニア

・展覧会鑑賞前の事前資料として
・ご来館時に持参し、実際に展示室で作品を鑑賞しながら参照する資料として
・鑑賞後、あらためて展覧会をふりかえって楽しむ資料として
 などの目的でご活用いただけます。

下記URLからダウンロードして印刷し、観賞のお供としてご活用いただければ幸いです。
暁斎展では動物がたくさん登場しますが、ジュニア版では登場する動物たちにフォーカス。
お子様はもちろん、大人の方でも、動物がお好きな方は併せてチェックしてみてください。

暁斎展・見どころガイドはこちらからダウンロード頂けます。
一般向けはこちら
ジュニア向けはこちら
※暁斎展特設サイト【展覧会概要】→【見どころガイド】からもダウンロードが可能です。

2015年7月6日

暁斎展作品リストのダウンロードが可能です。

皆様こんにちは。
暁斎展作品リスト作品のダウンロードについてお知らせです。
「どの作品が出品されているのか知りたい」「展示替え作品を知りたい」という方は、
作品リストをダウンロードして下さい。

尚、開場でも展示の最初に作品リストを設置しております。
観覧の途中で作品リストをご希望の場合は、館内スタッフに
お声掛け下さいませ。

展示室入口

◆作品リストのダウンロードはこちら
◆暁斎展の見どころについて詳細はこちら

2015年7月3日

ドラマ「天皇の料理番」とCafé1894のコラボメニューは
7月12日まで楽しめます!

TBSテレビ60周年特別企画・日曜劇場「天皇の料理番」が放映中ですが、このドラマに度々登場するレンガの建物「三菱一号館」はかつて丸の内に実在しました。それを復元した建物こそが現在の三菱一号館美術館です。
当館内のカフェ 1894ではドラマとのコラボメニュー7月12日まで1日限定各5食で販売中です。
明治から昭和にかけて、主人公が実際に生きた「激動の時代」に思いを馳せながらお食事してみてはいかがですか?
※ディナータイム(17時~23時)のみのご提供です。

天皇の料理番
集合_5948 - コピー2左上:チキンカツレツ、右上:ビーフカツレツ 
左下:ポークカツレツ、右下:ビスク・オマール

未来の巨匠発掘!
「アートアワードトーキョー 丸の内 2015」のお知らせ

皆様こんにちは。
6月27日(土)から(「画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展
開幕致しました。初日・2日目の開幕初の週末から沢山のお客様にお越し頂きまして、
改めて御礼申し上げます。

さて本日は、丸の内でのイベント「アートアワードトーキョー 丸の内 2015」(以下、a.a.t.m.)のご紹介です。
当館館長の高橋と、学芸グループ長の野口も審査員として参加しており、7月31日(金)から8月9日(日)の期間、
丸ビル1階・マルキューブにおいて開催されます。今年で第9回を迎えるa.a.t.mは、若手アーティストの発掘・育成を
目的とした現代美術の展覧会です。全国の主要な美術大学・大学院の卒業制作の中から選抜した、才能豊かな約20作品
を展示いたします。初日の7月31日(金)には、審査員による公開審査を実施し、グランプリや審査員賞など全10賞
を決定します。

posuta-gazou  20150703(HP2015年版は7月中旬公開予定)

本年度から展示会場を行幸地下通路から丸ビル1階マルキューブに移動致します。昨年度までのように、
ガラスケースに入っている作品を鑑賞するのではなく、より開放的で大きな空間に作品が展示され、
多くのお客様に気軽に作品を楽しんでいただけます。

「展示される空間の変更によって、選ばれる作品もペインティングが少なく、立体が多くなりました」
(当館学芸グループ長・野口談)とのことですので、出品作品の変化にも注目です。
「今までとは異なる作品が登場することが予想され、マルキューブの空間と作品が対面するのが楽しみですね」
(野口談)当館のブログでも、受賞作品が発表されましたら、お知らせいたします。一次選考(一部)をご紹介
いたしますので、どの作品が選ばれるか予想したり、気になるアーティストをチェックしつつ、7月31日から
マルキューブでの展示をお楽しみに!

奥村彰一 おねえ奥村 彰一(多摩美術大学)『おねえ山水 六月の飲茶』
楮紙、皮紙に墨、岩絵具、箔  2000×2540mm

玉山拓郎 20150703玉山 拓郎(東京藝術大学大学院)『PUTTER』
木材にペンキ、ポリエステルに昇華プリント、TVモニター、コンクリート、鉄、ファウンドオブジェクト、その他
サイズ可変

0150703額賀 苑子(東京藝術大学大学院)『not clear01』
テラコッタ 2700×590×580mm

TVの化石額賀 苑子(東京藝術大学大学院)『not clear01』
テラコッタ 2700×590×580mm

◆アートアワードトーキョー 丸の内 2015 について
開催日程 :7月31日(金)~8月9日(日) 会期中無休
開催場所 :丸ビル1階マルキューブ(東京千代田区丸の内2-4-1)
入場 :無料
主催 :アートアワードトーキョー 丸の内2015実行委員会
特別協賛 :三菱地所株式会社
協   賛 :shu uemura            
後   援 :在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
お問合せ :アートアワードトーキョー 丸の内2015実行委員会事務局
      URL 詳細はこちら。(7月中旬公開予定)
過去8回のa.a.t.m.でご紹介したアーティストは約300名に及び、現在では日本国内のみならず
国外でも活躍しています。丸の内は今後も文化・芸術の発信地としてアートとの出会う場を創り出し、
若いアーティスト達の可能性を広げていきます。次代を担うアーティスト達の、清々しく斬新な感性
が一堂に会する丸の内へ、ぜひお越しください。
◆公開最終審査会について
開催日時 : 7月31日(金)
13:00~(予定) ※審査員が会場で作品審査を行います。
開催場所 : 丸ビル1階マルキューブ
ロゴデータ ブログ用

2015年7月2日

東京駅周辺美術館共同イベント「七夕フェア」を開催中です。

皆様こんにちは。
三菱一号館美術館では、「画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展を開催中です。

暁斎20150630

本日は東京駅周辺美術館(出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館、東京ステーションギャラリー)
共同で行ているイベント、「七夕フェア」のご紹介です。6月27日(土)~7月7日(火)の期間中、
「七夕フェア」を開催。期間中、それぞれの館で「七夕割」や記念グッズの販売、
七夕飾りなどを実施します。ぜひ、夏の美術館巡りをお楽しみください。
(館によってフェアの内容は異なります。詳しくは各館のホームページをご覧ください。)
七夕飾り 全体

当館では、ご夫婦、恋人同士などのカップルでご来館いただき、チケット窓口で「カップル割引」
と合言葉を言っていただくと、当日券(一般・学生)をご購入頂く際に、入館料が各100円引きと
なります。フェア期間中は、毎日抽選で50名様に開館5周年を記念したエコバックのプレゼントも。

七夕イベントということで、美術館中庭口(入口)には七夕飾りの笹と短冊が設置しております。
願い事をご記入の上、笹に託していただくと、フェア終了後に短冊を東京大神宮にて
お焚き上げさせて頂きます!

暁斎展鑑賞後は先にブログでもご紹介いたしました、七夕モヒートもCafé1894にてお楽しみ下さい。
皆様のご来館をお待ちしております。

◆七夕フェアについてこちらからご確認頂けます。
◆「七夕モヒート」について
・商 品 名:七夕モヒート 
・価 格:880円(税込)
・提供時間:6/27(土)~7/7(火)のディナータイム限定(17時~23時)
(Café1894の詳細はこちら をご覧ください。)
七夕モヒート