三菱一号館美術館公式ブログ「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展に前ルーヴル美術館館長アンリ・ロワレットさんがご来館されました。」

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2015年4月21日

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展に前ルーヴル美術館館長アンリ・ロワレットさんがご来館されました。

4月19日(日)、当館の高橋館長の30数年来の友人Henri Loyrette(アンリ・ロワレット)前ルーヴル美術館館長が、フランスを代表する歴史的な宝飾店Chaumet(ショーメ)の方々と共に三菱一号館美術館に来館されました。ロワレットさんは現在開催中の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」と当館のコレクションをご覧になり「三菱一号館の親密な空間に見事に溶け込む素晴らしい展覧会となっている。また、三菱一号館美術館所蔵のルドンの傑作《グラン・ブーケ》はフランスから離れてしまって残念だが、ここで新しい命を得たように感じられる」と仰っていました。
皆様、お忙しい中足を運んでいただき、ありがとうございました。
ロワレットさん写真② 左から、当館学芸員の岩瀬、Jean-Marc Mansveltさん、Anne-Line Roccatiさん、Henri Loyretteさん、Beatrice de Plinvalさん、当館館長の高橋

2015年4月10日

5周年開館記念イベント終了致しました。

去る4月6日(月)に三菱一号館美術館の5周年開館イベントを実施致しました。
月曜日であるにも関わらず、多くのお客様にご来館頂き改めてお礼申し上げます。
天候が心配されておりましたが、お天気にも恵まれイベントを迎えることが出来、
5周年記念のエコバックプレゼントも、お昼前には配布が終了するなどご好評いただきました。

12時から13時のランチタイムに一号館広場で行われた「街角に音楽を」の生演奏は、
来館してくださったお客様だけでなく、ビジネスパーソンの方々にも楽しんでいただけたようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜の部では、普段出来ない展示室内と作品の写真撮影が可能という事で、さながら撮影会のように、
お客様が熱心にシャッターを切っていらしたのが印象的です。5周年イベントの様子や撮影された
お気に入りの一枚を「Marunouchipix」に投稿してくださったみなさま、どうも有難うございます。
お楽しみいただけた様子が伝わってまいりました!

Marunouchipix_ss 123

音楽演奏の様子。夜は大人の雰囲気でジャスのセッションです。
ムーディーなカフェの空間を、お客様だけでなく演奏者の方も楽しんでいらっしゃいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お陰様で無事にイベントを終了することが出来ました。
「新しい私に出会う、三菱一号館美術館」のスローガンのもと、運営して参りますので、
今後とも三菱一号館美術館をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

スローガン

【Marunouchipixとは】
現在Instagram上には丸の内の街並みや様々なイベント風景などを題材にした写真が、
「#丸の内」や「#marunouchi」などのハッシュタグとともに約7万枚以上(2015年2月時点)投稿されています。
Marunouchipixは、これらの公開されている写真を抽出してウェブサイト上に並べることで、エリア就業者や
来街者から投稿された写真をリアルタイムで楽しむことができる写真共有ウェブサイトです。

【Marunouchipix写真展概要】

???????????????????????????????
開催期間:~2015年秋頃まで(予定)
展示場所:千代田区丸の内3丁目2(富士ビル所在地)
     丸の内仲通り側工事仮囲い
主催:三菱地所株式会社
問い合わせ先:meet.at.marunouchi@mec.co.jp

2015年4月6日

開館5周年を迎えて 三菱一号館美術館 —丸の内の美術館―

三菱一号館美術館は本日4月6日(月)、お陰様をもちまして開館 5周年を迎えました。

「三菱一号館」は1894年(明治27年)、英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計により、
丸の内初のオフィスビルとして竣工されました。1968年(昭和43年)に解体されましたが、
2009年(平成21年)4月、当時と同じ場所に明治期の建物を忠実に復元し、翌2010年
(平成22年)4月6日に「三菱一号館美術館」として開館しました。

第1回の開館記念展「マネとモダン・パリ」展以来、現在開催中の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー」展
まで17の展覧会を催し、延べ175万人を超える方々にご来館頂いております。今後も、建物と同時代の19
世紀後半から20世紀前半の近代美術を中心にしながら、過去と現在をつなぎ、未来に向かって新たな視座を
据えることができるような、意欲的な展覧会を開催して参る所存でございます。
引き続き三菱一号館美術館をご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

★外観_メイン

 2015年4月6日                    
                                    三菱一号館美術館館長
                                    高橋 明也

2015年4月3日

4月6日(月)18時から限定。お気に入りの一枚と記念撮影!
「Instagram」に投稿してください!

皆様こんにちは。4月6日(月)は当館開館5周年です!
ニュースやブログでもイベントの内容をお伝えしておりますが、
4月6日(月)は18時~21時限定で3階の示室内で作品の撮影が可能です!

そこで、お気に入りの画像を丸の内全体で共有している、写真共有サイト「Marunouchipix」に投稿してみませんか?
撮影した画像にハッシュタグ(#marupix)を付けてInstagramから貴方の1枚を投稿してください。
投稿された写真は、丸の内全体で共有している写真共有サイト「Marunouchipix」からチェック!

Marunouchipix_ss 123

もしかすると、あなたの作品が「Marunouchipix写真展」に展示されるかもしれません!

???????????????????????????????

???????????????????????????????

ファッションが好きな貴方は作品に関連するドレスコードを設定して、ファッションでも展覧会お楽しみください。
作品から受ける印象や、色味などをファッションに取り入れて、こだわりの一枚をどうぞ!

renoir_flowers

ピエール=オーギュスト・ルノワール《花摘み》 1875年 油彩・カンヴァス 54.3×65.2cm 
National Gallery of Art, Washington, Ailsa Mellon Bruce Collection

vangogh_holland

フィンセント・ファン・ゴッホ《オランダの花壇》 1880年頃 油彩・カンヴァス(板で裏打ち) 
48.9×66cm National Gallery of Art, Washington, Collection of Mr. and Mrs. Paul Mellon

皆様の一枚を楽しみにしております!

【Marunouchipixとは】
現在Instagram上には丸の内の街並みや様々なイベント風景などを題材にした写真が、
「#丸の内」や「#marunouchi」などのハッシュタグとともに約7万枚以上(2015年2月時点)投稿されています。
Marunouchipixは、これらの公開されている写真を抽出してウェブサイト上に並べることで、エリア就業者や
来街者から投稿された写真をリアルタイムで楽しむことができる写真共有ウェブサイトです。

【Marunouchipix写真展概要】

???????????????????????????????
開催期間:~2015年秋頃まで(予定)
展示場所:千代田区丸の内3丁目2(富士ビル所在地)
     丸の内仲通り側工事仮囲い
主催:三菱地所株式会社
問い合わせ先:meet.at.marunouchi@mec.co.jp

2015年4月2日

18時以降は夜の部!5周年記念イベントのお知らせ!

皆様こんにちは。
本日は5周年イベント夜の部の詳細についてご紹介いたします。
21時まで延長開館を行っておりますので、お仕事終わりの方も是非お立ち寄りください!

5周年ロゴ

1、ドリンクサービス
18時以降にご入館されたお客様には、カフェ1894でドリンクのサービスがございます。
こちらは、ご入館後に3階展示室前にてドリンクチケットをスタッフがお配り致します。
展覧会鑑賞後のドリンクと引き換えていただき、展覧会の余韻をお楽しみ下さい。
当日は、スパークリングワインやビールのアルコールもサービスの対象です!!

※カフェは通常営業は行っておりません。
ワンドリンクをお楽しみいただいた後、まだまだ物足りないと思われる方は「美トク」
のお得なサービスを活用して、近隣の施設に繰り出してみては!

美トク 123

2、音楽生演奏
19時からカフェでは、生演奏も実施致します。夜のカフェでの演奏もお楽しみに!

3、3回展示室内で写真撮影出来ます。
さらに、18時以降は3階展示室のみ作品の撮影が可能です。
お気に入りの作品と記念撮影を楽しむチャンスは、開館記念イベント当日のみ!!
是非この機会をお見逃しなく~!!
(※三脚とセルフィースティックのご使用、フラッシュ撮影はできません。)

【演奏者情】
Simon Cosgrove(サイモン コスグローブ)
simon_piano

1982年イギリス生まれ。10歳よりサックスを始め、ドンカスタージャズオーケストラのメンバーとして
アメリカやヨーロッパで演奏した。17歳の時BBCの音楽コンクールで受賞。2000年ケンブリッジ大学に
入学し音楽を専攻し優秀な成績を収めた。大和日英基金の奨学金で2003年に来日し邦楽を勉強した。
2004年より日本でプロジャズミュージシャンとして活動。
東京のコットンクラブでDuke Ellington OrchestraやMartha Reevesと演奏した。
2004年に釣りバカ日誌16のミュージシャン役として出演。2008年より吉乃川のCMに出演。
現在Simon Cosgrove Quintetのリーダーとして国内で活動中。
2009年6月にリーダーとして初レコーディング。

2015年4月1日

いよいよ4月6日(月)!!
三菱一号館美術館開館記念日です!

皆様こんにちは。本日から4月。あっという間に新年度が始まりました。
この丸の内エリアでも新社会人と見受けられる皆様の姿がちらほら。フレッシュな雰囲気が感じられます。
さて、いよいよ4月6日(月)のイベントが近づいて参りましたので、あらためて皆様にお知らせします。

丸の内に「三菱一号館美術館」が誕生してから2015年4月6日(月)で開館5周年を迎えます。
現在開催中の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー」展で17回の展覧会です。
先日お知らせ致しました、丸ビル・マルキューブでは開館5周年を記念した
当館の展覧会ポスター展
が開催さておりますので、開館から現在までの当館の歩みもご覧ください。
年度始めのお忙しい時期かと思いますが、ぜひ足をお運び頂ければ幸いです。

4月6日(月)のイベントは、10時から21時まで特別開館しておりますが、
■昼の部:10時から18時
■夜の部:18時から21時 に別れております。

5周年ロゴ

【お昼のイベントについて】
1、5周年記念エコバックをプレゼント
 4月6日(月)当日ご来館頂いた方先着555名様に配布いたします。
 (こちらはイベント当日にご来館頂いたが対象です。お1人様おひとつのお渡しです。)

ノベルティバック 123

2、抽選会も実施します。
1等の方(1名様)には「三菱地所グループ共通ギフトカード」1万円分!が当たります。
ラッキーな貴方は、展覧会鑑賞後に丸の内界隈でお食事やお買い物を楽しんで下さいませ。
当館併設のStore1894で販売している当館のオリジナル商品のセットもございます。

5周年景品 ストア(マネ)

抽選会は当日の鑑賞券をご提示いただければ皆様ご参加いただけます。
2階展示室出口を出た後の中央階段付近で開催しておりますので、
どうぞお立ち寄りくださいませ。

3、一号館広場での音楽イベント
当館の魅力の一つである一号館広場では「街角に音楽を」という丸の内のエリアで
行われている音楽イベントがやって参ります。

演奏時間は12時~13時のランチタイムと15時~16時のおやつタイムです。
ご来館の前後にお時間が合うようでしたら、中庭での演奏もお楽しみ下さい。
アーバン サクソフォン カルテットというサクソフォン四重奏の演奏で、
NGA展のテーマ曲「展覧会の絵」も演奏曲のなかに含まれております!
音声ガイドで流れるピアノガイズとはまた違った、
「展覧会の絵」をお聴き逃しなく~

【演奏者情報】
rbane saxophone quartet (アーバン サクソフォン カルテット)

20140503-Urbane_Saxophone_Quartet

ソプラノサクソフォン 大上仁彦
アルトサクソフォン 小林浩子
テナーサクソフォン 中村優香
バリトンサクソフォン 千葉一喜

2013年8月に結成された、各フィールドで活躍中の若手サクソフォニストによるサクソフォン四重奏団。
カルテット名である「アーバン(Urbane)」は、「上品な」「洗練された」の意。
サクソフォン四重奏がもつ、モダンかつアーバンな響きで様々な空間に華を添えるべく、
主に都内での演奏活動を行っている。

更に詳しい情報こちらはをご覧ください。

さてさて、夜の部については次回詳しくご紹介いたします。