三菱一号館美術館公式ブログ「「見終わってこんなに混乱する展覧会は初めて!」<br/>和田彩花さん(スマイレージ)にヴァロットン展をご覧いただきました」

三菱一号館美術館 公式ブログ 当館のイベントの様子や出来事をお知らせしていきます。

2014年7月31日

「見終わってこんなに混乱する展覧会は初めて!」
和田彩花さん(スマイレージ)にヴァロットン展をご覧いただきました

『三菱一号館美術館ニュースレターvol.3』掲載予定の館長対談のために、
三菱一号館美術館に足を運んでくださった和田彩花さん。

対談に先だち、「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展をご覧いただくことになりました。
最初の展示室に入ったとたん、そのやわらかい眼差しに真剣な光が宿り始めました。
日本ではあまり馴染みのないヴァロットンですが、和田さんも実物の作品を見るのは今回が初めてとのこと。
気になる作品の前にさしかかると、近づいたり、少し距離をとってみたりと、作品としっかり向き合う姿が。
なかでも、いま興味を持っているという浮世絵の影響を強く感じさせる作品の前では、
館長の解説に熱心に耳を傾け、鋭い質問を投げかける場面もしばしばありました。

「ヴァロットンの目を通して描かれている女性はみんな強い感じがしますね」

女性に対して屈折した感情を持ち併せていたヴァロットンの本質をズバリと言い当てる感想には、
館長もうなずくことしきりでした。

「こんなに混乱させられる展覧会は初めてでした!でもそれこそがヴァロットンのいちばんの魅力なんですね」

頭で理解すること以上に、自由な感性で美術を鑑賞する大切さをよくご存じな、
和田さんらしいご感想を最後にいただきました。

ブログ用 和田彩花さんトリミング 20140728

展覧会鑑賞後には、Store1894も訪れていただきました。
ご著書『乙女の絵画案内』を手にニッコリ!

※和田彩花さんと高橋館長の対談は10月発行の「三菱一号館美術館ニュースレターvol.3」に掲載予定です。
※「三菱一号館美術館ニュースレターvol.3」送付対象者はヴァロットン展期間終了までに、
  MSS会員となっている方に限ります。

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)について、詳しくはこちら をご覧ください。

2014年7月28日

『三菱一号館美術館ニュースレターvol.3』館長対談ページに
和田彩花さん(スマイレージ)が登場されます!

DPP_0039ブログ
三菱一号館美術館サポーター(MSS)会員の方に向けて発行している『三菱一号館美術館ニュースレター』。
そのなかの「館長対談」に、和田彩花さんにご登場いただくことになりました。

和田さんといえば、アイドル・グループ「スマイレージ」で活躍しながら、
大学で美術史を勉強されている美術ファン。
初の著書『乙女の絵画案内』でも、和田さん独特のやわらかな感性で、
美術鑑賞の楽しみを伝えています。

ところで、和田さんが美術の道に入ったきっかけは、当館で開催された「マネ」展。
たまたま東京駅で目にされたポスターに惹かれて来館されたことが
美術、そして三菱一号館美術館との出会いでした。

今回の対談の前には、開催中の「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展
高橋明也館長とともにご覧いただきました。
「ヴァロットンという画家を初めて知りました!」という和田さん。
先入観がないからこそ飛び出す、新鮮な感想に終始館長の表情もほころびました。

次回のブログでは、ヴァロットン展をご覧いただいた和田さんの様子をレポートいたします。

※和田彩花さんと高橋館長の対談は10月発行の「三菱一号館美術館ニュースレターvol.3」に掲載予定です。
※「三菱一号館美術館ニュースレターvol.3」送付対象者はヴァロットン展期間終了までに、
  MSS会員となっている方に限ります。

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)について、詳しくはこちら をご覧ください。

次回のヴァロットン展レポートもお楽しみに!

2014年7月24日

【お得情報】7/25(金)・26(土)は「東京丸の内盆踊り割引デー」

  1. 7/25(金)・26(土)は「東京丸の内盆踊り割引デー」を開催します!
    ヴァロットン展の入館料が1600円→1000円に!
    丸の内の盆踊りと一緒にお楽しみください。
    詳しい情報はこちらから。

ヴァロットン展「展覧会の愉しみ方講座」第一回を開催しました

7月22日(火)11:00より30分間に渡り、当館学芸員・阿佐美淑子による「展覧会の愉しみ方講座」が開催されました。今回のテーマは「スイス人画家ヴァロットンの描いた都市の人間模様」でした。  
 次回の「展覧会の愉しみ方講座」は8月5日(火)11:00~11:30で、「皮肉屋ヴァロットン 倒錯した神話の主人公たち」についてお話しします。
 また、7/29(火)11:00より教育普及担当の江藤祐子によるギャラリートークもございますので、あわせてぜひご参加ください。
 いずれも参加方法・詳細はこちら。 
                                                                   DSCF4178

2014年7月23日

【テレビ放送】8/1(金)放送予定 ぶらぶら美術・博物館

BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」本編(20:00~20:54放送)にて、三菱一号館美術館「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展が紹介される予定です。
先日、ぶらぶら美術・博物館のMCの山田五郎さん(編集者・評論家)、おぎやはぎさん(お笑いコンビ)、高橋マリ子さん(モデル・女優)が当館に来館され、ヴァロットン作品について独特の視点からご紹介くださいました。目からうろこの意見が盛りだくさんでした!
当館館長・高橋明也とヴァロットン展担当学芸員・杉山菜穂子も出演しますので、是非ご覧ください。

左から:小木博明さん、高橋マリ子さん、矢作兼さん、山田五郎さん、三菱一号館美術館館長 高橋明也。
BuraBi#146_145sCあり

左から:山田五郎さん、矢作兼さん、高橋マリ子さん、小木博明さん。
BuraBi#146_227sCあり

<O.A.予定>
本放送:8月1日(金)20:00~20:54

2014年7月18日

資料コーナーをリニューアルしました

ヴァロットン展の開催にあわせ、美術館3階の資料コーナーをリニューアルしました。

家具はUSM モジュラー ファニチャー ハラー社様、ハーマンミラー社様のご協力をいただきました。
紅白の椅子は美術館シンボルマークをイメージしています。

当館の過去の刊行物と、開催中の展覧会に関する書籍を並べていますので、
皆様ぜひお手に取ってご覧ください。

また、タッチパネルディスプレイを用いて、作品画像を拡大し細部を鑑賞するシステム
「みどころルーペ」(©株式会社DNPアートコミュニケーションズ)を新たに導入し、
資料コーナーに設置しました。

ご覧いただけるのは当館の所蔵品です。
展覧会に併せて内容を更新していきますので、どうぞお見逃しなく!

皆様ぜひ、資料コーナーでのひと時をお楽しみください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年7月14日

中庭にバラが咲いています

美術館の中庭である「一号館広場」にバラが咲いています。
ランチタイムにはビジネスマンやお子様連れの方々がベンチに腰を掛け、丸の内の憩いの場としてご利用されています。
緑いっぱいのお庭にぜひ遊びにいらしてくださいね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

??????????????????????

 

2014年7月11日

【テレビ放送】7/27(日)放送予定 日曜美術館

NHK・Eテレ「日曜美術館」本編(朝9~10時放送予定)にて、三菱一号館美術館「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展が紹介される予定です。先日、日曜美術館のMCの井浦新さん(俳優)、伊東敏江さん(NHKアナウンサー)、そして角田光代さん(作家)が当館に来館され、ヴァロットン作品の不思議さやおもしろさについて番組内で語ってくださいました。
当館館長・高橋も出演しますので、是非ご覧ください。

左から:伊藤敏江さん、井浦新さん、角田光代さん、三菱一号館美術館館長 高橋明也。
20140702 日曜美術館

<O.A.予定>
本放送:7月27日(日)あさ9:00~10:00 

*なお、7月20日(日)には、アンコール放送として  「画鬼と呼ばれた絵師~弟子・コンドルが見た河鍋暁斎」が予定されています。三菱一号館を設計した建築家 ジョサイア・コンドルは、江戸~明治時代の浮世絵師 河鍋暁斎の弟子であり、当館では暁斎を紹介する展覧会「画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展を、2015年6月25日(土)~9月6日(日)まで、開催致します。 併せてご覧ください。
日曜美術館のサイトはこちら

三菱一号館美術館の公式ブログを始めました!

三菱一号館美術館の公式ブログを始めました!
こちらでは美術館での日々の出来事や、各種イベントのお知らせをして参ります。

★外観_メイン中庭