美術館ニュース

2015年11月6日

アルフレッド・シスレー《ルーヴシエンヌの一隅》を練馬区立美術館に貸出中!

練馬区立美術館で開催の「アルフレッド・シスレー展―印象派、空と水辺の風景画家」展へ
アルフレッド・シスレー《ルーヴシエンヌの一隅》(当館寄託作品)を出品しています。

???????????????????????????????????

アルフレッド・シスレー
《ルーヴシエンヌの一隅》
油彩・カンヴァス
1872年
三菱一号館美術館寄託

ルーヴシエンヌはパリから10キロほどにあるセーヌ河近くの村の名前です。
フランス生まれのイギリス人の印象主義の画家アルフレッド・シスレーは、1871年、
普仏戦争とパリ・コミューンの混乱が収まりつつあったころ、ルーヴシエンヌに移り住みました。
シスレーは1874年までこの村に住み、四季折々の姿を描きました。ルーヴシエンヌの付近には、
ブ-ジヴァルやポール・マルリーなど印象主義の画家たちが作品を描いた場所が点在しています。

《ルーヴシエンヌの一隅》では、坂の上に並ぶ白い壁の家々と空の青の対比が印象的。
画面手前へ下ってくる坂の草むらの色と、空へまっすぐ伸びた、葉を落とした木々が、
冬の引き締まった空気を伝えてきます。

【展覧会情報】
展覧会名:「アルフレッド・シスレー展―印象派、空と水辺の風景画家」
会場:練馬区立美術館
会期:2015年9月20日〜2015年11月15日
URL:http://www.neribun.or.jp/web/01_event/d_museum.cgi?id=1006

美術館ニューストップへ