美術館ニュース

2014年4月3日

内閣総理大臣夫人の安倍昭恵さんがご来館になりました。

4月1日(火)午後に内閣総理大臣夫人の安倍昭恵さんが「ザ・ビューティフル―英国の唯美主義1860-1900」展を鑑賞されました。
一つ一つの作品を丁寧にご覧になり、回廊から望む日当たりの良い中庭の風景も楽しまれました。
「ポスターにも使われていますが、アルバート・ムーアの《真夏》はオレンジ色が綺麗で感動しました。
日本で初めての唯美主義展ということで、今回、私も初めて拝見しましたが、
伝統に立ち向かう当時の若者のエネルギーを強く感じ、現代の若者にも頑張ってもらいたいと思いました。
建物も雰囲気が良く、空間に入ると日々の忙しさも忘れてしまうほど、まるで別世界にいるような気分になりますね。
今日は、絵画や美術作品からパワーをもらったような気がします。」
と笑顔でコメントを寄せてくださいました。
140401ザビューティフル

美術館ニューストップへ