美術館ニュース

2014年1月31日

【今後の展覧会のお知らせ】ワシントン・ナショナル・ギャラリー展開催決定!

三菱一号館美術館は、2015年2月7日(土)~5月24日(日)まで、「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリ合衆国が誇る印象派コレクションから」を開催します。

ワシントン・ナショナル・ギャラリー(NGA)は、アメリカ唯一の西洋美術を集めた国立美術館で、世界でも有数の量と質を誇る収蔵品を有します。本展は、そのNGAの中でも最も人気があるフランス印象派とポスト印象派のコレクションを展示します。
 
このコレクションは、NGAの創設者の娘エイルサ・メロンを中心に形成されており、彼女の繊細で洗練された感性によって、身近に置くために収集された上質で上品な印象派作品群です。まとまって館を離れるのが極めて稀な作品群が、日本初公開38点を含む計68点が揃います。ルノワール、マネ、モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホなど、アメリカ合衆国が誇る珠玉の印象派コレクションをご堪能ください。

詳しくは「展覧会スケジュール」をご覧ください。  
 
NGA

美術館ニューストップへ