美術館ニュース

2013年3月18日

【レポート】クラーク展担当学芸員によるトークイベントが開催されました

3月13日(水)に丸の内カフェSEEKにて、「奇跡のクラーク・コレクション」展担当学芸員・阿佐美淑子によるトークイベント「丸の内アートサロン 展覧会を語る」が開催されました。

 
 
特に会場が沸いたのは、本展のメインビジュアルとなっている《劇場の桟敷席》に関するお話。実はこの作品、エックス線で見ると塗りつぶされた男性が浮かび上がってくる劇的な作品なのです。 
  
 
今でもその痕跡を肉眼で見ることが出来ます。
是非、この作品を目の前でじっくりご覧になってみてください。

美術館ニューストップへ