三菱一号館美術館ニュース「丸の内アートサロン 美術館を語る」

2010年8月31日

丸の内アートサロン 美術館を語る

9月14日(水)丸の内カフェにて「丸の内アートサロン 美術館を語る『オルセー美術館』」が開催されます。
三菱一号館美術館が協力し、昨年まで好評を博した、丸の内アートサロン「展覧会を語る」シリーズに続き今回「美術館を語る」と題して、フランス近代美術の殿堂・オルセー美術館の魅力を同美術館のドミニク・ロブスタイン氏に紹介していただきます。
オルセー美術館のコレクションの成り立ちや、展覧会の裏側、美術館内の仕事の様子など、普段なかなか聞くことのできない内容です。
講師のロブスタイン氏は、オルセー美術館の「ドキュマンタリスト(美術資料担当)」として美術館内外での数多くの仕事に従事。そんなロブスタイン氏が語るオルセー美術館の魅力溢れる奥深い世界をご紹介いただだきます。

お申し込みは丸の内カフェへ→

国宝《曜変天目「稲葉天目》の展示期間は9月5日まで。

現在、「三菱が夢見た美術館」展で展示中の国宝《曜変天目「稲葉天目」》(静嘉堂所蔵)の展示期間は9月5日(日)今週末までです!

2010年8月20日

「三菱が夢見た美術館」展連動企画のお知らせ

9月7日(火)~9月12日(日)まで丸の内の丸ビル・マルキューブにて連動企画として「岩崎の志展」を開催いたします。

岩崎彌太郎が社員教育のために掲げた“おかめの面”など公開します。

2010年8月19日

丸の内ドットコムに三菱展の記事が掲載されました。

『三菱が夢見た美術館―岩崎家と三菱ゆかりのコレクション』展の見どころ

「明治時代に三菱が作ろうとした美術館とは、どんなものだったのだろうか。」
が掲載されているます。
→丸の内ドットコム記事