美術館ニュース

2011年4月25日

NHK「日曜美術館」放送後に頂いたご質問について

4月17日(再放送4月28日)に放送されたNHK日曜美術館「マリー=アントワネットと二人の画家 ヴィジェとダヴィッド」について、いくつかご質問を頂きましたので多かった内容についてQ&A形式でお答えします。

 

Q1:番組内で紹介された作品で展覧会で展示中の作品は何ですか?
A1:合計6点

 
・ヴィジェ・ルブランの自画像①(再現VTRとパネルで紹介)

 ヴィジェ・ルブラン《自画像》1791年ナショナル・トラスト、ブリストル・コレクション蔵
 

・ヴィジェ・ルブランの弟

ヴィジェ・ルブラン《エチエンヌ・ヴィジェ、画家の弟》パリ 個人蔵

    
・クリュソル男爵夫人(作曲家グルックの楽譜部分を紹介)

ヴィジェ・ルブラン《クリュソル男爵夫人、アンヌ=ジョゼフィーヌ・ガブリエル・ベルナール》マルセイユ美術館蔵

 
・スタール男爵夫人

ヴィジェ・ルブラン《ミゼノ岬のコリンヌに扮したスタール男爵夫人、ジェルメーヌ・ネッケル》ジュネーヴ、美術歴史博物館蔵

 
・ヴィジェ・ルブランの自画像②

ヴィジェ・ルブラン《自画像》1800年 サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館蔵

 ヴィジェ・ルブラン《自画像》1800年サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館蔵

 
・マリー=アントワネットの肖像画(最後の1カット)

ヴィジェ・ルブラン《フランス王妃、マリー=アントワネット》パリ 個人蔵

 
 
Q2:バラの花を持ったマリー=アントワネットの絵は展示されていますか?
A2:本展で展示はございません。

 
Q3:司会の千住明さんが演奏された楽曲について教えてください。
A3:クリストフ・ヴィリバルト・グルック作曲 「妖精の踊り/オルフェオとエウリディーチェ」です。展覧会出品作《クリュソル男爵夫人》が手に持つ「エコーとナルキッソス」の楽譜は同じグルック作のものです。

 
Q4:出演していた高橋館長のプロフィールを教えてください。
A4:1953年生まれ。
東京藝術大学大学院を修了後、80年国立西洋美術館の研究員に就任。
その間、84~86年には文部省在外研究員としてフランス・オルセー美術館開館準備室に在籍。帰国後、国立西洋美術館にて「バーンズ・コレクション」「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール」ほか、多くの展覧会を企画。同館の学芸課長を経て、2006年三菱一号館美術館館長に就任。
2010年、フランス共和国文化省より芸術文化勲章(シュヴァリエ)を受章。

2011年4月11日

4月17日(日)NHK「日曜美術館」O.A.

来る4月17日(日)NHK「日曜美術館」で、「マリー=アントワネットと二人の画家 ヴィジェとダヴィッド」が放送されます。

18世紀の激動の歴史の中で、共にマリー=アントワネットを描いた2人の画家、ヴィジェ・ルブランとジャック・ルイ・ダヴィッド。番組では、ドイツ文学者で翻訳家の中野京子さんと当館の高橋館長が、二人の画家の人生と残された作品のメッセージに迫ります。

<放映スケジュール>
4月17日あさ9:00-10:00教育テレビ
[再]4月24日よる8:00-9:00教育テレビ

NHK「日曜美術館」のサイトはこちら→

2011年4月6日

3×56 美術館クイズ始まりました

本日より、三菱一号館美術館のサイトに新しいページ「Weekly Quiz」が登場しました。
毎週金曜日、3問のクイズを56週(予定)にわたってお届けするこのクイズ。
展覧会と作品の見どころやその時代背景、三菱一号館美術館と丸の内エリアに関する情報や歴史をクイズ形式でご紹介します。
今よりもっと三菱一号館美術館が楽しくなること間違いなし!
皆様、是非チャレンジしてみて下さい!

クイズはこちら→

2011年3月23日

3月25日(金)から開館いたします。(詳細をご確認ください)

地震・停電の影響により3月24日(木)まで臨時休館とさせて頂きましたが、3月25日(金)より全館開館致します。
開館時間は以下の通りです。
【3月25日(金)】
「ヴィジェ・ルブラン」展/時間短縮 10:00~17:00(入場は16:30まで)
ストア1894/時間短縮 10:00~17:00
カフェ1894/時間短縮 11:00~19:00(L.O.18:00)
歴史資料室・デジタルギャラリー/時間短縮 10:00~17:00

【3月26日(土)以降】
「ヴィジェ・ルブラン」展/通常通り
ストア1894/通常通り(但し29日のみ18:00まで)
カフェ1894/火~金は時間短縮 11:00~21:00(L.O.20:00)
歴史資料室デジタルギャラリー/通常通り

3月26日以降は、カフェ1894を除き通常通り活動を再開致します。当館は開館以来、平日水・木・金曜日を20:00(入場は19:30)まで開館し、ビジネス街という場所柄、多くのお客様に夜間開館をご利用頂いております。現在開催中の「ヴィジェ・ルブラン」展につきましては、お客様の利便性とともに、節電にもご協力申し上げながら、通常通り開館させて頂くことに致しました。

節電につきましては、
・外観のライトアップを消灯(地震発生以降から)
・カフェ1894 営業時間の短縮 
をはじめ、今後も出来る限りのことに努めて参ります。

一方で、今後不測の事態があった場合は全館の開館時間を短縮するなどの対策も同時に検討しております。
お客様にはご理解ならびにご了承下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

2011年3月16日

臨時休館に関する重要なお知らせ[24日(木)まで休館させて頂きます]

3月11日に発生いたしました「東北地方太平洋沖地震」におきまして、被災された皆様には謹んで心からのお見舞いを申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。引き続き余震も心配されておりますが、皆様のご無事と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
当館ではおかげさまでお客様、スタッフ含めて皆無事であり、また地震発生直後から展示室及び収蔵庫等の点検を行いましたが、建物施設、展示作品ともに一切被害が無いことが確認されました。

なお、今回の大震災に伴う計画停電による交通状況の不安定化等、諸情勢を踏まえ、三菱一号館美術館は3月24日(木)までカフェ1894、ストア1894、歴史資料室、三菱センターデジタルギャラリーを含めて全館臨時休館させて頂くことと致しました。現在のところ、25日(金)より開館予定としておりますが、今後の状況により開館日変更の可能性もございますことから、開館日の情報につきましては、当館ホームページおよびハローダイヤル(03-5777-8600)で随時更新いたしますので、ご確認下さいますようお願い申し上げます。

「ヴィジェ・ルブラン」展を楽しみにされております皆様には大変申し訳なく存じますが、引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

以下、日時指定券ならびに期限付き鑑賞券をお持ちのお客様へご案内申し上げます。
【日時指定券について】
3月11日午後~3月24日までの日時指定券をお持ちのお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ヴィジェ・ルブラン展開催中にはいつでも優先的にご入場頂けるよう対応させて頂きます。
ご来館の際、お近くのスタッフにお声かけください。
【期限付き鑑賞券について】
4月3日までの期限付き鑑賞券をお持ちのお客様には、期日までのご来場を予定されていたことと存じますが、上記の通り24日まで臨時休館とさせて頂いております為、使用期限を展覧会期末の5月8日まで延長させて頂くことに致しました。ただし、ゴールデンウィーク期間中には、近隣の丸の内エリアと東京国際フォーラムで開催される「ラ・フォル・ジュルネ オ・ジャポン2011」などの大型イベントをはじめ、4月29日~5月8日は多くの人出と混雑が予想されますので、この期間を避けてのご来館をお薦めいたします。今回の事態が収束し、ご無理のない日程でお越し下さいますよう宜しくお願い申し上げます。